益子・太平神社「献花祭」

みこ姿の稚児がアジサイ献花 益子・太平神社【動画】|地域の話題,動画,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) みこ姿の稚児がアジサイ献花 益子  春夏秋冬の四季を表す4人の稚児が旬のアジサイの花を献花する恒例の献花祭が24日、益子の太平(たへい)神社で執り行われた。氏子らが自然の恵みを感謝し、無病息災などを祈った。  35年前から氏子青年会がアジサイを…

続きを読む

神奈川・寒川神社で小中学生が巫女体験

寒川神社で子どもたちが神主や巫女を体験 TBS NEWS  神奈川県寒川町の寒川神社で、子どもたちが神主や巫女の体験をするイベントが開かれました。  巫女さんの衣装に着替え、真剣な表情の子どもたち。およそ1600年の歴史を誇る寒川神社について地元の子どもたちにもっと知ってもらおうと、寒川町の青年団体が企画しました。小中学生とその保護者12組が参加 6月度例会「神主さん・巫女さん半日…

続きを読む

大山阿夫利神社・権田祭で「田舞」奉納

10年ぶり「田舞」奉納  伊勢原市の神社で権田祭|カナロコ|神奈川新聞ニュース  神奈川県伊勢原市大山の大山阿夫利(あふり)神社で8日、「大山中興の祖」と呼ばれる初代宮司の権田直助(1809~87年)と歴代宮司を慰霊する権田祭が開かれた。中高生が権田ゆかりの田舞(たまい)を10年ぶりに披露し、歴史に思いをはせた。  埼玉出身の権田は医者、国学者、神道家、勤王の志士などさまざまな顔を持…

続きを読む

東京・日枝神社山王祭「神幸祭」

東京新聞:都心彩る江戸装束 日枝神社・神幸祭 元気に「ワッショイ!」:東京(TOKYO Web) 東京新聞:ビル街ゆったり、王朝絵巻 日枝神社・神幸祭:社会(TOKYO Web)  王朝装束の行列が都心を彩り、江戸時代にタイムスリップしたよう-。千代田区永田町の日枝神社山王祭(まつり)は八日が神幸祭(じんこうさい)。日本橋や銀座を含む広大な氏子域で「神霊の巡幸」が行われ、沿道を埋めた多…

続きを読む

川崎・長念寺で稚児行列

川崎・長念寺が一新 500人稚児行列で祝う|カナロコ|神奈川新聞ニュース  本堂などが川崎市文化財に指定されている長念寺(同市多摩区登戸)の改修工事が終了し、その完成を祝う法要や稚児行列が12、13の両日、同寺周辺で行われ、信徒や市民でにぎわった。  赤や緑の金襴(きんらん)やはかまに金色の冠をかぶった子ども約90人は、木やりや雅楽の演奏に先導された。総勢およそ500人の行列に、珍しそう…

続きを読む

小山・血方神社で「五行の舞」奉納

「五行の舞」を愛らしく披露 小山の血方神社で地元児童ら|下野新聞「SOON」  【小山】田間の血方(ちかた)神社で14日、春例祭が始まり、地元の女子児童らによる「五行の舞」など市無形民俗文化財の太々神楽が奉納された。15日まで。  「五行の舞」は12座ある太々神楽の一つで五穀豊穣(ほうじょう)などを願う。稚児舞ともいわれ、女児10人が2組に分かれて演じる。通常は小学2、3年生が対象だ…

続きを読む

日光二荒山神社の巫女さんらが交通安全呼び掛け

みこや姫様が交通安全呼び掛け 日光|下野新聞「SOON」  【日光】6日から始まる「春の交通安全県民総ぐるみ運動」を前に、市や日光署は5日、安川町の国道120号で事故防止を呼び掛ける街頭広報を行った。  斎藤文夫(さいとうふみお)市長、柿沼好裕(かきぬまよしひろ)署長をはじめ、二社一寺のみこと寺務員、江戸ワンダーランド日光江戸村のお姫様らも参加。総勢約40人が各社寺のお守りと交通安全…

続きを読む

日光二荒山神社「八乙女間政授与式」

巫女が入“社”式で神楽初披露 「緊張した」 栃木・日光 - 産経ニュース  世界遺産「日光の社寺」の一つ、日光二荒山神社(栃木県日光市山内)で1日、新人職員が「八乙女(やおとめ)」と呼ばれる巫女(みこ)になるための儀式「八乙女間政(あいまさ)授与式」に臨んだ。  企業の入社式に当たる儀式で、高校を卒業したばかりの新人4人の女性が拝殿で辞令を交付された後、先輩の八乙女が、束ねられた後ろ…

続きを読む

日光二荒山神社で八乙女の新人研修

八乙女:日光二荒山神社で研修 神楽舞の稽古に汗 来月1日「初仕事」 /栃木 - 毎日新聞 初々しく神楽特訓 新人八乙女4人が研修 日光・二荒山神社|下野新聞「SOON」 二荒山神社で新卒の「みこ」研修|NHK 栃木県のニュース  日光市の世界遺産・日光二荒山神社で、八乙女(やおとめ)と呼ばれる巫女(みこ)の新人研修が今月中旬から続いている。4月1日の「初仕事」に向けて、16日は神楽舞…

続きを読む

川越八幡宮で中学生が巫女さん修業

埼玉)中学生が巫女さん修業 川越八幡宮:朝日新聞デジタル  川越市立砂中学1年の女子生徒2人が、川越八幡宮で巫女(みこ)さんの修業中だ。市立各中が毎年取り組む社会体験事業で、砂中では55カ所の職場へ生徒2~4人ずつが向かう。八幡宮の2人は3日間の修業で、参拝者の御朱印帳に記入押印したり、拝殿で玉串拝礼を導いたりする役目も担う。「神様はいっぱいいるのだと勉強になった。御朱印は筆が細くて難しい…

続きを読む

太宰府天満宮「梅の使節」が首相表敬

首相「梅干しで国会乗り切る」 福岡・天満宮使節が官邸を表敬 - 共同通信 首相「梅干しで乗り切る」:時事ドットコム 太宰府天満宮「梅の使節」が首相表敬:時事ドットコム 首相に“甘酸っぱい”贈り物 梅とチョコ 「衆院予算委乗り切れる」 - 産経ニュース 太宰府天満宮「梅の使節」が首相表敬 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 平成30年2月14日 太宰府天満…

続きを読む

太田・大隅俊平美術館で「王朝装束着装実演」

東京新聞:平安貴族の正装の王朝装束着装実演 太田・大隅俊平美術館:群馬(TOKYO Web)  太田市の大隅俊平美術館で恒例の「王朝装束着装実演」があった。披露されたのは平安貴族の正装とされる女性の十二単(ひとえ)や男性の直衣(のうし)と呼ばれた衣装。  来場者の目の前で一枚一枚重ねて羽織り、憧れの十二単姿になったのはミス八瀬川の千吉良(ちぎら)菜穂さん(23)。直衣姿の光源氏を思わ…

続きを読む

勝浦・遠見岬神社「かつうらビッグひな祭り」成功祈願祭

ビッグひな祭り:30人が成功祈願 勝浦・遠見岬神社 - 毎日新聞  今年で18回目を迎える「かつうらビッグひな祭り」(2月23日~3月4日)の成功祈願祭が27日、メイン会場の一つである千葉県勝浦市浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社であった。  本殿に通じる60段の「冨咲(とみさき)の石段」には本番同様、地元婦人会員の手で約1800体のひな人形が飾られた。巫女さんが舞(たぶん豊栄の舞)を奉…

続きを読む

国学院大学で「成人加冠式」

国学院大学で「加冠式」 平安時代の儀礼で新成人祝福 - シブヤ経済新聞 成人式、奈良・平安へタイムスリップ 国学院大で儀礼:朝日新聞デジタル いにしえの加冠式で大人の仲間入り 東京・国学院大学 | TOKYO MX NEWS 成人加冠式 | 國學院大學 取材日誌 いにしえの加冠式で大人の仲間入り 東京・国学院大学  国学院大渋谷キャンパスで20日、奈良・平安時代の成人儀礼「成人加冠…

続きを読む

三浦で「チャッキラコ」

大漁や航海の安全願って 三浦で「チャッキラコ」|カナロコ|神奈川新聞ニュース 晴れ着で「チャッキラコ」…三浦 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 東京新聞:豊漁を願い少女が踊る 三浦でチャッキラコ:神奈川(TOKYO Web)  海上安全や大漁、商売繁盛などを祈る小正月の伝統行事「チャッキラコ」が15日、三浦市三崎の海南神社であった。鈴や色紙のついた「チャッキラコ」…

続きを読む

水戸八幡宮「はねつき神事」

茨城)羽根つきで作柄占い、結果は「豊作」 水戸八幡宮:朝日新聞デジタル  羽根つきの勝敗で今年の稲の作柄を占う「はねつき神事」と、邪気払いの矢を放って1年の厄災を払い除く「破魔弓神事」が8日、水戸市八幡町の水戸八幡宮の境内であった。  はねつき神事では、羽子板を手にした女性神職と巫女(みこ)の3組が羽根を打ち合って対戦。勝敗結果などから、今年の稲の作柄は「早稲(わせ)、中稲(なかて)…

続きを読む

川崎・中野島稲荷神社の巫女さん

中野島在住青戸さん 「巫女さん」叶え、次の夢へ 春から神道学ぶ | 多摩区 | タウンニュース  「巫女さんになりたい」。小学生の頃からの夢を叶え、中野島稲荷神社で巫女として手伝いをする青戸かがみさん(18)。神職に就くことを目指し、春から国学院大学で神道を学ぶ。  幼少期から神社や寺院に興味があったという青戸さん。自然と「巫女さん」に憧れ、中野島小6年の時、自分の将来の姿をテーマに…

続きを読む

日光二荒山神社中宮祠で落ち葉焚き

秋に別れの落ち葉たき 立冬の奥日光・二荒山神社中宮祠|下野新聞「SOON」 立冬:奥日光で落ち葉たき /栃木 - 毎日新聞 立冬恒例 落ち葉焚き : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 昼夜の差15度の所も 寒暖差で?ネコ事故が増加(テレビ朝日)  立冬の7日、県内は移動性高気圧に覆われた影響で、各地で青空が広がった。宇都宮地方気象台によると、最高気温は佐野で21・1…

続きを読む

國學院大學観月祭

神職の学び舎に響く、観月の調べ。 | Blog | Pen Online 今回、國學院大學神道文化学部の学生達が毎年実施している「観月祭」にご招待いただいた。 代官山からほど近い渋谷キャンパスは近年校舎が一新され、現代的な都市型大学として整備された。 明治15年に創設された皇典講究所に端を発する由緒ある歴史を基礎に、日々進化を続けているのだ。今回取材した観月祭もその進化の一つ…

続きを読む

佐野・唐澤山神社秋季例祭で浦安の舞奉納

児童が奉納「浦安の舞」 佐野の唐澤山神社で例大祭|下野新聞「SOON」  【佐野】富士町の唐澤山神社(佐野正行(さのまさゆき)宮司)で25日、秋季例祭が開かれ、栃本小の児童が恒例の「浦安の舞」を奉納した。  舞は地域で継承されており、6年生の女子4人が夏休みから練習を始めていた。この日は4人のうち、小平心音(おだいらここね)さん(11)と矢沢瑞咲(やざわみさき)さん(12)が披露した…

続きを読む