佐原で「さわら雛舟」

華やかひな舟巡り おひなさまや三人官女/7隻で小野川パレード 香取・佐原(千葉日報)  観光地として知られる香取市・佐原で15日、ひな人形の格好をした参加者らが約30分間かけて小野川をパレードするイベント「さわら雛舟」が行われた。三人官女や五人囃子(ばやし)などにふんした計58人が、さっぱ舟と呼ばれる観光船7隻に分乗して出発すると、小野川沿いは一目見ようと、多くの見物客らであふれた。昨年に…

続きを読む

上賀茂神社の縁結びスポットが丸ビルに登場

上賀茂神社:東京・丸の内に縁結びスポット 12メートルの参道も(毎日キレイ)  京都最古の神社「上賀茂神社」(京都市北区)の縁結び祈願スポットが7日、丸の内にある丸ビル(東京都千代田区)の1階のイベントスペース「マルキューブ」に登場した。長さ約12メートルの「縁結び参道」と上賀茂神社で授与している葵(あおい)型絵馬の授与所(授与料500円)が設置され、同絵馬で縁結び祈願ができる。また短冊…

続きを読む

太宰府天満宮「梅の使節」が官邸訪問

平成26年2月6日 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬 | 平成26年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 安倍首相「全国津々浦々に花を」(時事通信) 『思いのまま』に?「梅の使節」が首相表敬(日本テレビ)  安倍晋三首相は6日、首相官邸で、太宰府天満宮(福岡県太宰府市)の「梅の使節」のみこさんらの表敬を受けた。「景気回復の実感を全国津々浦々に届けたい」が最近の…

続きを読む

小山で「花桶かつぎ」

健やかな成長、五穀豊穣願う 小山で「花桶かつぎ」(下野新聞) 栃木)7歳女児が主役 小山・寒川で「花桶かつぎ」(朝日新聞)  小山市寒川地区の伝統行事「花桶かつぎ」が25日夕行われ、華やかな着物に身を包んだ女児が、5色の紙の造花で飾られた桶を手に地区内を練り歩いた。  花桶かつぎは、子どもたちの健やかな成長や五穀豊穣などを願う同市の指定無形民俗文化財。数え年7歳の地区内の女児が、み…

続きを読む

水戸八幡宮で節分追儺式の準備

手際よく節分祭準備 水戸・八幡宮(茨城新聞) 手際よく節分祭準備 水戸八幡宮 水戸市八幡町の水戸八幡宮(田所清孝宮司)で、無病息災を祈る2月3日に行う節分追儺(ついな)式の準備が始まっている。 おはらいを済ませた福豆とお守りを升に入れたり、袋詰めしたりするなど、みこたちが手際よく準備を進めている。福升は約千個、小さい袋は約5千個用意される。計4回で1回目は同日午後0時半から時計 裁…

続きを読む

勝浦・遠見岬神社「ビッグひな祭り」成功祈願祭

舞奉納し成功祈願 観光客おもてなしへ 勝浦の「ビッグひな祭り」 来月21日開幕(千葉日報) 60段にひな人形1200体、巫女が舞を奉納(読売新聞) ビッグひな祭り 舞で成功を祈願 勝浦・遠見岬神社(東京新聞)  日本最大級のひな祭りイベント「2014かつうらビッグひな祭り」(2月21日~3月3日)の開幕に先立ち、勝浦市の遠見岬神社(小林崇周宮司)で25日、成功祈願祭が行われた。当日のみ…

続きを読む

三崎・海南神社「チャッキラコ」

三崎港華やかに「チャッキラコ」、ユネスコの無形文化遺産/三浦(神奈川新聞) 子ども達、本番に向け稽古・三崎に舞う伝統の踊り(タウンニュース)  ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されている「チャッキラコ」が15日、三浦市三崎の海南神社などで奉納された。赤や黄色の晴れ着姿に紅を引いた少女たちが舞い、三崎港周辺の小正月を彩った。  チャッキラコは三崎の花暮、仲崎地区…

続きを読む

伊勢崎神社で「上州焼き饅祭」

群馬のソールフード「焼きまんじゅう」奉納-1個5キロ×4個の巨大串(高崎前橋経済新聞) 豪快、直径55センチの焼きまんじゅう 伊勢崎(上毛新聞) 幸せも大きく!焼きまんじゅう 伊勢崎神社で神事(東京新聞)  伊勢崎市の新春の恒例行事「上州焼き饅祭まんさい」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、いせさき初市に合わせ同市の伊勢崎神社境内で開かれ、竹串に刺した直径55センチの巨大な「…

続きを読む

金町・葛西神社で人力車撮影サービス

金町の神社で人力車撮影サービス-自衛隊出身の車夫が提案(葛飾経済新聞)  JR金町駅にほど近い「葛西神社」(葛飾区東金町6)で11月9日、七五三の参拝客を対象に人力車を使った撮影サービスが行われた。  同サービスは今回初めて行われたもの。サービスは1回1,000円で写真撮影のほか、約5分間程度、境内の周遊が楽しめた。1台の人力車には2人まで乗車でき、家族全員での記念撮影にも対応。写真…

続きを読む

那須烏山・慈願寺で稚児行列

親鸞聖人しのび、49年ぶり稚児行列 那須烏山(下野新聞)  親鸞聖人750回御遠忌法要を記念した稚児行列が9日、那須烏山市中央2丁目の慈願寺で49年ぶりに行われた。 (中略)  法要の後、11歳までの子ども約60人による稚児行列が行われ、着飾った子どもたちは保護者に手を引かれながら同寺の周辺を練り歩いた。写真たくさん、動画も映画 時代行列、町並み練る 庄原・東城で「お通り」(山陽新…

続きを読む

益子・鹿島神社で「巫女さん一日体験」

着付けも舞も、巫女さん気分 栃木・益子の鹿島神社(朝日新聞)  巫女(みこ)の装束を着て舞などを体験してもらう「巫女さん一日体験」が2日、益子町益子の鹿島神社であった。県内の小学5年生から50代までの女性19人が、巫女装束の着付けや神社の参拝作法、巫女舞などを学んだ。神社の公式ブログでも紹介していますー(長音記号2) 一日巫女体験 鹿島神社だより「珈琲Time!」 阿智神社の抜き穂祭~宿泊客も初…

続きを読む

巫女さんが「笠間の菊まつり」をPR

秋の笠間観光をPR(茨城新聞) 巫女さんら菊まつりPR 笠間稲荷で19日から 茨城(産経新聞)  かさま観光大使の斉藤弘実さん(33)と笠間稲荷(いなり)神社(笠間市笠間)の巫女(みこ)、富田美里さん(24)が7日、県庁を訪れ、同神社などで19日~11月30日まで開催される「第106回笠間の菊まつり」をPRした。ポスターに隠れて顔しか見えない…もうやだ〜(悲しい顔) 400人稚児行列華やか 瑞泉寺(北…

続きを読む

水戸・偕楽園で「水戸の萩まつり」

名月輝く夜空 神楽舞を披露(茨城新聞) 「中秋の名月」の19日、水戸市常磐町の偕楽園で「水戸の萩まつり」(水戸観光協会主催)の関連イベントが開かれ、満月が輝く夜空の下、神楽舞と雅楽の演奏などが披露された。 月明かりに照らされた見頃の萩と合わせ、秋の風情を味わってもらおうと、水戸雅楽会と水戸女子高生による神楽舞と雅楽の演奏、4流派による野点(のだて)茶会、ろうそく2千個のライトアップな…

続きを読む

鴻巣・吹上鎌塚八幡神社で巫女の舞奉納

小学生が吹上鎌塚八幡神社で奉納 小さな巫女、華やかな舞/鴻巣(埼玉新聞)  鴻巣市鎌塚の吹上鎌塚八幡神社で14日に例大祭が行われ、同市立下忍小学校の女子児童5人が「巫女(みこ)の舞」を華やかに奉納した。  巫女の舞は神前神楽舞「浦安の舞」の通称。同神社での奉納は台風で損壊した社殿の再建を契機に1971年から始まった。地元の小学4年の女児による奉納が伝統。今年の大役を務めた女児5人は夏…

続きを読む

塩原温泉で古式湯まつり

塩原温泉で古式湯まつり(下野新聞) 塩原温泉古式湯まつり:巫女ら御神湯を分湯(毎日新聞)  【那須塩原】秋の訪れを告げる塩原温泉の伝統行事「古式湯まつり」が6日、同温泉街で行われ、温泉の恵みに感謝し、末永い繁栄を祈願した。  同温泉の発祥地・元湯の「御神湯」で湯汲み式が行われた後、御神湯を塩原八幡宮に奉納した。例年は白装束をまとった住民らが町内を歩き各地区の温泉神社や旅館に湯を分…

続きを読む

匝瑳・八重垣神社祇園祭

匝瑳にあふれる熱気 10年ぶり稚児行列も 八重垣神社祇園祭(千葉日報)  匝瑳市の夏を盛り上げる伝統の八重垣神社祇園祭が4日、本町通り商店街など中心市街地で始まった。年番の田町区を筆頭に氏子10町のみこしが繰り出し、にぎやかな祭りばやしに合わせ「あんりゃあどした!」と、担ぎ手たちの熱気あふれる掛け声が2日間にわたって市街地に響く。  早朝から神社で式典を行い神社みこしを宮出し。田町区…

続きを読む

神奈川・寒川町で「さむかわ神輿まつり」初開催

【動画】寒川駅前公園で「さむかわ神輿まつり」初開催/神奈川(神奈川新聞) さむかわ神輿まつり初開催/神奈川新聞(カナロコ)  「さむかわ神輿(みこし)まつり」が15日、寒川駅前公園(寒川町岡田)で、初めて催され、多くの家族連れでにぎわった。同実行委員会の主催。 (中略)  野菜やかき氷、町認定のB級グルメ「さむかわ棒コロ」などを販売する朝市が行われ、浜降祭から戻ってきた町内3神社の神輿が…

続きを読む

小山「思川の流しびな」

暑いですね… 願い込め「流しびな」 小山(下野新聞) 「私の願い届け」 栃木・小山の思川で流しびな(朝日新聞) 栃木 思川で「流しびな」(NHK)  小山市の思川で7日、紙人形に願いを込めて川に流す伝統の「思川の流しびな」があった。  紙人形は「下野しぼり和紙」を使って作り、わらなどの舟に乗せて流す。下野しぼりの技法を継承する「日本紙人形会」(諏訪ちひろ会長)が開いており、…

続きを読む

神田明神で「巫女さん入門講座」開催へ

神田明神「巫女さん入門講座」開催へ-日本女性としての豊かな情操を養成(アキバ経済新聞)  9回目となる今回は、白衣・はかまの着装指導に始まり、講義、資料館見学、神社教養、大祓詞(おおはらえのことば)の解説と行儀作法の指導のほか、本格的な神前挙式を見学し、正式参拝を行った後、修了証を授与する。 (中略)  受講資格は高校生~22歳の未婚女性。受講料は初穂料として5,000円。募集人数は3…

続きを読む

大山阿夫利神社で慰霊祭

大山阿夫利神社で「中興の祖」をしのぶ慰霊祭、高校生が神楽舞奉納/伊勢原(神奈川新聞)  大山阿夫利神社(伊勢原市大山)の初代社司で「大山中興の祖」といわれる権田直助翁と歴代社司をしのぶ慰霊祭が8日、同神社の社務局で行われ、地元の関係者ら約50人が出席した。  同神社によると、権田翁は明治維新、神仏分離後の混乱期にあった1873(明治6)年に初代祠官(しかん)に迎えられ、大山信仰の発展…

続きを読む