宮地嶽神社で菖蒲の初刈り神事

宮地嶽神社で菖蒲の初刈り /福岡 - 毎日新聞  福津市の宮地嶽神社で31日、伝統の菖蒲(しょうぶ)の初刈り神事があった。神職による初刈りや巫女(みこ)の舞が厳かに奉納され、参拝者らが見入った。  神事は天候不順のため、例年の江戸菖蒲苑から本殿前に場所を代えて実施された。写真「宮地嶽神社であった菖蒲の初刈り神事で優雅に舞う巫女」 新型コロナ お札にアマビエ、祈り込め手書き 熱海の神社が無料配布 /静岡 - 毎日新聞  新型コロナウイルスの影響が続く中、少しでも多くの人に元気になってもらいたいと熱海市の今宮神社が、疫病の流行を鎮めるとされる妖怪「アマビエ」を描いたお札を無料で配布している。  お札は泉明寺みずほ宮司(49)と娘のさくやさん(18)が祈りを込めて手書きする。紹介済み 全国で一斉に祈願祭 新型コロナ早期終息 神青協:中外日報 神道青年全国協議会(神青協)は6日、全国の青年神職に呼び掛け各神社で一斉に「新型コロナウイルス感染症早期終息祈願祭」を執り行った。神社へ参拝することが困難な中でそれぞれの神社や自宅で神職、崇敬者が祈りの時間を共有した。写真「大國魂神社で祈願祭を行う神職ら(東京都府中市)」

続きを読む

福岡・愛宕神社「七福神大祭」

みこが舞奉納、医療従事者の安全願う 福岡市の愛宕神社で七福神大祭|【西日本新聞ニュース】  福岡市西区の愛宕神社で商売繁盛や長寿を祈る「七福神大祭」があった。今年は新型コロナウイルスと闘う医療従事者の安全を祈願し、24日にみこが豊栄(とよさか)舞を奉納した。  神社の地蔵堂には七福神のお地蔵さんが安置されており、祭りは江戸時代から行われている。「新型コロナ退散」を願い、例年より約1カ月早い先週末には大茅の輪を神門に設置 宮崎)高千穂峡貸しボート営業再開 水上で川祓の神事 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル 高千穂峡ボート 終息願い祝詞奏上 - Miyanichi e-press 新緑まぶしい高千穂峡の貸しボートも再開 宮崎県高千穂町|宮崎ニュースUMK|UMKテレビ宮崎  新型コロナウイルス感染症予防のため運休していた宮崎県高千穂町の高千穂峡貸しボートの営業が25日、再開された。川の水位調査や増水による運休も重なり、営業再開は4月20日以来。この日は県内外から訪れた10組24人が利用した。  再開に先立ち、貸しボートを運行する町観光協会は安全祈願祭として「川祓(かわはらえ)の儀」をボート乗り場近くの水上で執り行った。協会職員や町関係者ら約20人が参加。高千穂神社の後藤俊彦宮司や巫女(みこ)らがボートに乗り込み、祝詞(のりと)を奏上した。当面の間、稼働するボートは8隻に限定 力を込め豊作願う 竹駒神社で御田植祭 | 河北新報オンラインニュース 豊作が明…

続きを読む

祐徳稲荷神社でコロナ収束鎮静祈願祭

コロナ収束を祈願 宗教の枠超えて 鹿島・祐徳稲荷 /佐賀 - 毎日新聞  日本三大稲荷の一つとされる佐賀県鹿島市の祐徳(ゆうとく)稲荷(いなり)神社本殿で29日、新型コロナウイルス感染拡大の一日も早い収束を願う鎮静祈願祭があった。県内外から寺の住職やキリスト教の神父らも駆け付け、約20人が祈りをささげた。  同神社には中国やタイなどから多くの参拝客が訪れるが、感染拡大の影響で3月の外国人観光客はほぼゼロとなり、参拝者全体の約3割減ったという。  祈願祭は異宗教で団結し、苦難を乗り越えようと同神社が企画。キリスト教関係者を含む合同祈願祭は初めてで、みこが神楽を奉納した他、神に見立てた鷹(たか)を飛ばして上空から厄を払い、疫病を天に持って行く「鷹翔(ようしょう)神事」もあった。浦安の舞でしょうか ツバキ供えて終息祈願 - 祝詞奏上、巫女ら神楽舞/玉列神社で「椿まつり」|奈良新聞デジタル  桜井市慈恩寺の大神神社の摂社、玉列(たまつら)神社で29日、神前にツバキを供え、家内安全などを祈る「椿まつり」が営まれた。  同神社は万葉集に「つらつら椿」と歌われる「玉椿」の名所。平成10年の台風で境内の林が大きな被害を受けた後、地元氏子らがツバキを中心に境内整備。現在では200種500本のツバキが咲く。…冠にも椿が 伊勢神宮で舞女ら稽古 来月に初奉仕 三重 - 伊勢新聞 三重)伊勢神宮の新人舞女もうすぐ初舞台 倭舞の稽古:朝日新聞デジタル 高校を卒業したばかりの新人舞…

続きを読む

宮崎神宮で紀元祭

紀元祭や平和学習 建国記念日、各地で集い - Miyanichi e-press 建国記念の日 宮崎神宮で紀元祭 宮崎県(宮崎ニュースUMK) - Yahoo!ニュース 建国記念の日は初代の天皇「神武天皇」が即位した日とされています。 神武天皇が祀られている宮崎神宮では紀元祭が行われ 市民など約100人が参列しました。 紀元祭では祝詞が奏上された後巫女が「悠久の舞」を奉納しました。いい天気 商売繁盛を祈願 今山恵比須神社「延岡十日えびす」 延岡市 - FNN.jpプライムオンライン 今山恵比須神社の「延岡十日えびす」は、九州3大えびす祭りの一つに数えられ、毎年2月10日から2日間行われます。初日は午前中から大勢の市民が訪れ、本殿を参拝したあと、縁起物で飾り付けられた福笹や熊手などを買い求めていました。そして商売繁盛などを願い巫女などが威勢のいい掛け声をかけながら、拍子木をたたきました。きまってます 和歌山)裁縫の上達を願い「針祭り」 淡嶋神社:朝日新聞デジタル わかやま新報 » Blog Archive » 5万本に感謝込め 加太の淡嶋神社で針祭り  折れたりさびたりした針の労をねぎらい、裁縫の上達を願う「針祭り」が8日、和歌山市加太の淡嶋神社で開かれた。全国の手芸愛好家らから約5万本の縫い針やミシン針が集まり、神職によってはらい清められ、境内の針塚の中に納められた。近年は集まる針の数が減少しているとのこと

続きを読む

太宰府天満宮「梅の使節」が官邸を表敬訪問

令和2年2月10日 太宰府天満宮「梅の使節」による表敬 | 令和2年 | 総理の一日 | ニュース | 首相官邸ホームページ 首相「香りが素晴らしい」 梅の使節が表敬 - フォトジャーナル - 産経フォト 首相に「令和」ゆかりの太宰府天満宮から梅届く:朝日新聞デジタル 「令和」ゆかりの太宰府から梅の花 首相に贈呈 | NHKニュース  「令和」ゆかりの地、福岡県太宰府市の太宰府天満宮の紅白の梅が10日、安倍晋三首相に届けられた。西高辻信宏宮司や巫女(みこ)らが首相官邸に持参した。「令和」の典拠は、奈良時代に大宰府長官だった大伴旅人(おおとものたびと)が邸宅で開いた「梅花の宴」で詠まれた歌の序文とされる。西高辻宮司は首相との面会後、「梅は春の訪れを告げる花。日本中が春に満ち満ちていけたら」と語った。恒例です hibakama / 緋袴白書RT @kantei: 《総理の動き》本日(2月10日)安倍総理は官邸で太宰府天満宮「梅の使節」による表敬を受けました。https://t.co/3aOy5lsyWs https://t.co/zVLmt9aSrO at 02/11 20:24 hibakama / 緋袴白書RT @dazaifutenmangu: 当宮「梅の使節」が首相官邸を表敬訪問し、紅梅の「記念梅」・白梅の「青萼(せいがく)」をお贈りいたしました。春の訪れを告げる梅の香に、安倍首相は笑みを浮かべていらっしゃいました。#太宰府天満宮 #天神さま #梅花 #早春 #梅鉢 …

続きを読む

太宰府天満宮の巫女さんがたまプラーザ「福岡物産展」PR

グルメ充実「福岡物産展」29日から東急百たまプラーザ店(カナロコ by 神奈川新聞) - Yahoo!ニュース  福岡親善大使の関美織さん(21)と太宰府天満宮の新西杏依子さん(29)らが28日、神奈川新聞社を訪れ、東急百貨店たまプラーザ店(横浜市青葉区)で29日から始まる「福岡物産展」をPRした。2月5日まで。  福岡県内の約40店舗が出店。「梅ケ枝餅」「博多通りもん」などの名菓や、辛子めんたいこなどの定番の品に加え、海鮮丼や鶏皮串の実演販売もある。イートインでは人気店「モヒカンらーめん」の豚骨ラーメンが味わえる。29日には学業鉛筆などをのプレゼントもあったそう hibakama / 緋袴白書RT @dentoliving: 東急百貨店たまプラーザ店で明日1月29日から開催される『福岡物産展』。福岡親善大使の関美織さんと、太宰府天満宮巫女さんの新西杏依子さんがリビング田園都市のオフィスを訪問。福岡の〝うまかもん〟が一堂に会する物産展。2月5日まで開催。#福岡物産展… at 01/31 19:27 豊作願い舞奉納 棚倉で御田植祭 | 福島民報 豊作願い「御田植祭」 棚倉・八槻都々古別神社、力強い舞奉納:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  福島県棚倉町の八槻都々古別(やつきつつこわけ)神社で30日、国指定重要無形民俗文化財の御田植祭が行われた。地域住民が今年1年の豊作を願い、力強い舞を奉納した。  旧暦の1月6日に合わせ、600年以上にわたり行…

続きを読む

宗像大社で「福豆」準備

宗像大社で「福豆」準備進む 節分祭、1万袋を用意へ|【西日本新聞ニュース】  2月3日の節分祭を前に、福岡県宗像市の宗像大社で豆まきに使う「福豆」の準備が進んでいる。使用する大豆は地元産の約210キロ。みこ4人がちょこを使って小袋に入れ、当日までに約1万袋を用意する。  大豆のほか、お菓子も準備。大社の福みくじ無料券や観光協会の共通商品券など662枚の当たり券と一緒にまく。当日は午前11時から辺津宮本殿で神事、終了後本殿右側の特設舞台で豆まき 文化財を火災から守れ | 1月24日(金) | 大分のニュース | OAB 大分朝日放送  1月26日の文化財防火デーを前に、国宝の宇佐神宮で防火訓練がありました。参拝者のたばこの不始末で出火した想定で、神職や巫女たちが放水をしました。1月26日は1949年に法隆寺金堂の壁画が焼失したことから「文化財防火デー」に定められています。2019年は沖縄の首里城やパリのノートルダム大聖堂など文化財の火災があり、参加者は非常時の対応を念入りに確認しました。巫女さん大活躍 住吉大社で、松下洸平が1日消防署長に | Lmagajp 国宝建造物「住吉大社」(大阪市住吉区)で1月28日に、『文化財防火デーに伴う消防総合訓練オープニングイベント』が開催。NHK連続テレビ小説『スカーレット』で川原八郎役の松下洸平が、1日消防署長を務めた。写真「住吉大社の神楽女とおこなった消火訓練」

続きを読む

博多・櫛田神社で節分の縁起物作り

節分間近「福」を呼び込め 博多・櫛田神社で縁起物作り|【西日本新聞ニュース】 櫛田神社で「節分大祭」を前に縁起物の準備で大忙し|ニュース|KBC九州朝日放送 節分に向け”縁起物”づくり(RKB毎日放送) - Yahoo!ニュース  節分まで2週間余りとなり、福岡市博多区の櫛田神社では節分の縁起物作りがピークを迎えている。今年の縁起物は福を引き寄せる熊手の「福寄せ」、福をすくうひしゃくの「福寿久井(すくい)」など6種類で、約8千個を用意。いずれもお多福面が飾られている。  16日は神職やみこ7人が福寄せに商売繁盛のお札を付けたり、厄よけ祈願で渡す豆を袋に詰めたりする作業に追われた。巫女さん(22)「令和最初の節分です。立春にむけて厄を落とし、たくさんの方に福が来るように願っています」 那智山で節分準備 青岸渡寺が祝枡、大社は鬼面札:紀伊民報AGARA 節分の準備が佳境 鬼面札や祝枡を仕上げ 熊野那智大社 那智山青岸渡寺 / 太平洋新聞電子版  節分(2月3日)に向け、和歌山県那智勝浦町那智山の那智山青岸渡寺と熊野那智大社では、豆まきに使う「祝枡(いわいます)」を作ったり、災難よけのお札「鬼面札」を刷ったりして準備を進めている。 (中略)  また、熊野那智大社の鬼面札は玄関や門に張るお札で、しめ縄の内に赤鬼と青鬼を閉じ込めた図の版画(縦35センチ、横45センチ)。半世紀前に、篠原四郎・元宮司が作った版木を使っている。  作業は今月上旬から始まり、神職が画…

続きを読む

熊本・世界女子ハンドボール選手権開会式

日本初戦、9100人が歓声 24カ国の着物、開会式彩る|【西日本新聞ニュース】 熊本)女子ハンド世界選手権 トップレベルの迫力体感 - 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル 宝塚の轟悠さん、りんと国歌独唱 世界女子ハンド開会式(熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース  世界の強豪24カ国が熊本で女王の座を争う女子ハンドボール世界選手権が30日開幕した。開会式と日本代表の初戦があったパークドーム熊本(熊本市東区)はほぼ満員となり、熱い歓声で2週間にわたる戦いの皮切りを盛り上げた。  開会式を彩ったのは、出場24カ国それぞれをイメージした着物。尚絅高(同市中央区)和装礼法部の生徒らがモデルを務めて披露し、華やかな立ち振る舞いに拍手がわいた。「しょうけい」と読むそう 「2019女子ハンドボール世界選手権大会 開会式」に本校生徒が出演しました | 尚絅中学・高等学校 稚児行列華やかに 紀貫之しのび「土佐日記大湊出港祭」 南国市|高知新聞  高知県南国市前浜の大湊公園でこのほど、紀貫之の寄港にちなんだ「土佐日記大湊出港祭」が開かれ、貫之一行に扮(ふん)した住民らの行列などで平安の歌人をしのんだ。    土佐日記には貫之が離任時に「大湊」に寄港、荒天で停泊したとの記述がある。「大湊」は前浜という説が有力で、実行委員会(高木貞夫委員長)が毎年実施している。    4日は大湊保育所と大湊小学校の子どもたちが稚児に、香南中学校…

続きを読む

太宰府天満宮「残菊の宴」

小春日和に「残菊の宴」 太宰府天満宮|【西日本新聞ニュース】  太宰府市の太宰府天満宮で23日、伝統行事「残菊の宴」があった。平安時代の同宮で催されていた「四度(しど)の宴」の一つで、菊をめでたとされる祭神・菅原道真公をしのぶ行事。戦後に復活し、今年で36回目。男女の書家9人が平安時代の衣装を着て参加した。  始めに曲水の庭で古来「長寿の効力がある」とされる菊酒を飲む「盃(さかずき)の儀」があった。庭を蛇行する水路の前に座った書家たちは、流れてきた菊酒を神妙な面持ちで口にした。この後、傍らの文書館に場所を移して「墨書の儀」が “リンゴの使節”青森県から太宰府天満宮へ 実は蜜が多く糖度も高い 出荷のピークは12月から 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 園児の拍手で出迎えられたのは、青森県のリンゴの使節「ミスりんごあおもり」です。 太宰府天満宮への奉納は、生産量日本一の青森県産のリンゴを福岡県でもPRしようと、22年前から行われています。 28日は「さんフジ」や「金星」など、青森のリンゴを代表する4品種420個が奉納されました。 2019年の出来は、実が大きくなる初夏に雨が少なかった影響で蜜が多く、例年に比べ2度ほど糖度が高いということです。奉納後には園児たちにもプレゼント hibakama / 緋袴白書RT @dazaifutenmangu: 青森りんごの使節の皆さまが訪れ、「ミスりんごあおもり」による青森県産りんごの奉納式および当宮幼稚園園児…

続きを読む

LAで高千穂神社が巫女舞奉納へ

LAで高千穂神社が舞 映画祭奉納へ - Miyanichi e-press  高千穂町の高千穂神社(後藤俊彦宮司)は、米国・ロサンゼルスで開催中の映画祭「アジアン・ワールド・フィルム・フェスティバル」で巫女(みこ)が舞うなど神事を奉納する。最終日となる現地時間の14日に大トリで公開される新海誠監督のアニメ映画「天気の子」の上映前に披露され、現地で続く大規模山火事の沈静化や世界平和へ祈りを込める。【写真】米国ロサンゼルスで山火事の沈静化などを願って奉納する「豊栄舞」を練習する安在菜央さん=高千穂町・高千穂神社 七五三の季節…神社に招かれた近くの保育園児らがおはらい 巫女から千歳飴も 三重・二見興玉神社 - FNN.jpプライムオンライン  二見興玉神社では毎年11月に地元の保育園児らを招いていて、午前10時半から3歳から5歳の保育園児およそ70人が、本殿でおはらいを受け玉串を奉げました。  この後、巫女が「おめでとうございます」と声をかけながら一人一人に千歳飴を手渡し園児らは笑顔を見せていました。元気いっぱい 徐福大祭を中国人の呉さんら訪問 熊野・波田須神社:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  熊野市波田須町の徐福の宮と波田須神社で5日開かれた例大祭を中国人3人が訪れた。波田須は、紀元前に中国・秦の始皇帝の命を受け、「不老不死の薬」を探しに来た徐福(じょふく)が上陸したとされる。例大祭を見学した中国人は、今も地域で親しまれている徐福に思いをはせ、今後の交…

続きを読む

佐賀・みやき町「西乃宮浮立」

みやき町の伝統行事「西乃宮浮立」奉納 五穀豊穣や子孫繁栄祈る【佐賀県】(佐賀ニュース サガテレビ) - Yahoo!ニュース みやき町で明治時代後期から100年以上続く「西乃宮浮立」が20日奉納され、子供たちの可愛らしい舞が披露されました。 西乃宮浮立は明治時代後期から五穀豊穣や子孫繁栄などを祈願しみやき町と上峰町の7地区が持ち回りで毎年奉納しています。20日はみやき町の住民約200人が参加し巫女の衣装をまとった地元の子供が境内で稚児の舞を披露した後、地域の男性らも交え鉦や太鼓の音に合わせて町を練り歩きました。参加した子供たちは「覚えるのは難しかったけどなんとか間に合ってよかったしとても楽しかった」「たのしかった」と 神事の火、乙女鎮める 阿蘇市の霜神社(熊本日日新聞) - Yahoo!ニュース  熊本県阿蘇市役犬原の霜神社で16日、農作物を早霜の害から守る火焚[た]き神事の火を消す「乙女揚げ」があり、8月19日から59日間温めてきたご神体を本殿に戻した。  国指定重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」の一つ。輪番地区の少女が火焚き乙女となり、本殿近くの火焚き殿で火を見守る習わし。今年は乙女役を阿蘇小4年の山口夕綺[ゆき]さんが務め、上役犬原地区の約30人が昼夜交代で火を守り続けた。夕綺さんは「満願日の29日まで乙女役を頑張りたい」 厳かに響く 和の音色 - 太子に雅楽奉納/明日香の橘寺|奈良新聞デジタル  聖徳太子の月命日の22日、御所市の「九品寺雅楽こど…

続きを読む

博多・櫛田神社「ぎなん落とし」

【動画あり】秋告げる「ぎなん落とし」 櫛田神社|【西日本新聞ニュース】 秋の訪れ「ぎなん落とし」、櫛田神社に黄金色の実り(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース  博多の秋の風物詩「ぎなん落とし」が3日、福岡市博多区上川端町の櫛田神社であった。境内のイチョウの木「夫婦銀杏(めおとぎなん)」の実を収穫し、神前に供えた。実は皮をむいて清水で洗い、自然乾燥させて来年3月の「ぎなん祭」で配る。  夫婦銀杏は高さ22メートル、幹回り6メートル。樹齢300年余りの神木で、雌雄の木が根本から寄り添うように伸びた姿から名付けられた。夫婦円満や子孫繁栄のシンボルになっている。  この日は、古式ゆかしい装束にたすき掛けした神職が、竹ざおで枝を揺すって実を落とし、3人のみこが箸で丁寧に拾い集めた。9月末の台風でかなり実を落としましたが、色づきや生育は上々 【動画あり】大嘗祭ゆかりの舞 宗像大社|【西日本新聞ニュース】  宗像大社(宗像市)秋季大祭中日の2日、辺津宮(へつみや)本殿で例祭があり、天皇陛下の皇位継承に伴う重要祭祀(さいし)「大嘗祭(だいじょうさい)」(11月14日、15日)にゆかりの深い「主基(すき)地方風俗舞」が奉納された。  大嘗祭は、即位した天皇が初めて執り行う「新嘗祭(にいなめさい)」を指す。昭和天皇の即位の儀式があった1928(昭和3)年、主基斎田(さいでん)が福岡市早良区脇山に定められたことから、これを後世に伝えようと宗像大社が伝承・保存し、春と秋の大祭で…

続きを読む

福岡・東長寺で「和の博多」

伝統の稚児舞も 東長寺で「和の博多」|【西日本新聞ニュース】  和文化の魅力を発信するイベント「和の博多」が14日、開幕した。初日は福岡市博多区御供所町の東長寺でオープニングイベントがあり、本堂で博多松囃子の稚児舞を特別に披露。通常は「博多どんたく港まつり」でしか見ることのできない伝統芸能に、訪れた見物客らが見入っていた。10月31日まで 「お稚児さん参り」盛岡で 子どもの成長を願う - FNN.jpプライムオンライン 衣装きらきら、参道てくてく 盛岡八幡宮お稚児さん参り | 岩手日報 IWATE NIPPO  盛岡市八幡町の盛岡八幡宮(藤原隆麿宮司)の例大祭行事「お稚児さん参り」は15日、同八幡宮周辺で行われ、華やかに着飾った子どもたちが参道を練り歩いた。  朱色や緑の衣装に身を包み、金色の冠や烏帽子(えぼし)を着けた2歳から10歳までの81人が参加。同市松尾町の盛岡劇場を出発し、八幡通りを通って同八幡宮まで歩いた。家族らと手をつなぎ晴れやかに歩く子どもたちに、沿道の市民らは声援を送った。「きらきらした衣装を着ることができて楽しかった」「見に来てくれた人たちを笑顔にできてうれしい」 上山八幡宮「稚児行列」 秋の収穫を祝う例祭 宮城県南三陸町 - FNN.jpプライムオンライン 南三陸町志津川の上山八幡宮では、9月15日、秋の収穫を祝う例祭が開かれました。 来年小学校に入学する地元の子供たち25人が神に仕える「童子」の衣装に身を包み、みこしを先頭に、参道…

続きを読む

平戸神楽後継者育成講習会

「平戸神楽」継承へ基礎学ぶ 小中学生らに講習 | 長崎新聞 神職の子どもたち12人、寝食共にし神楽学ぶ 平戸市の亀岡神社|【西日本新聞ニュース】 平戸神楽後継者育成講習会(NBC長崎放送) - Yahoo!ニュース  平戸市と松浦市の神職が継承する平戸神楽(国指定重要無形民俗文化財)の後継者育成講習会が19、20日、平戸市岩の上町の亀岡神社であった。神職の子どもの小中高生と大学生12人が寝食を共にしながら練習に励んだ。  平戸神楽は350年前、松浦家家臣の橘三喜が古来の平戸神楽を基礎とし、諸国の神楽の粋を集めて全24番を完成させたという。太刀をくわえて乱舞する「二剣」や、問答を取り入れた「猿田彦」は見もの。1958年に平戸神楽振興会が発足し、後継者育成に努めている。小学3年生も初参加。偉い 平成最後の初詣用おみくじ準備始まる 西区・愛宕神社|【西日本新聞ニュース】  残暑が続く中、福岡市西区の愛宕神社では早くも初詣用のおみくじの準備が始まった。  みこの城野桜穂さん(22)と富永あやさん(23)が社務所で、木製の「だるまみくじ」と紙製の「目出鯛(めでたい)みくじ」の中に、おみくじを詰めている。10月中に計17種類約30万個を用意する。秋以降は七五三などで忙しくなるため、例年この時期から取りかかる。「平成最後の初詣。皆さんが幸せになるよう心を込めて作っています」

続きを読む

阿蘇・霜神社で火焚き神事「乙女入り」

豊作祈る乙女の炎 阿蘇市で火焚き神事 | 熊本日日新聞 霜害から守る「火焚き神事」|NNNニュース  阿蘇の早霜から農作物を守り、豊作を祈る火焚[た]き神事の「乙女入り」が19日、熊本県阿蘇市役犬原の霜神社であった。10月16日の「乙女揚げ」までの59日間、火をたき続けてご神体を温める。  国指定重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」の一つ。3地区が輪番で火を見守る「火焚き乙女」の少女を出す習わしで、今年は上役犬原地区(56戸)が担当。「熱かったけど、無事に火をつけることができて安心した」 「室蘭神楽」華やか…八幡宮例大祭で五穀豊穣を祈願  室蘭八幡宮例大祭は15日が本祭。台風の影響で雨模様となったが、海岸町の同神社境内では市指定民俗文化財「室蘭神楽」が奉納された。厳かな雰囲気の中、室蘭神楽保存会(榊栄一会長)による勇壮な舞で祭りを華やかに彩った。  室蘭神楽は新潟県指定無形民俗文化財「三条神楽」をルーツに、明治時代に室蘭に伝わった。1974年(昭和49年)に保存会が結成されて現在に至る。  33演目から構成されており、前日の宵宮祭と本祭で11演目ずつ披露された。華やかな和装の小学1~5年生の稚児、仮面や剣を身に付けた舞手が神話や能、狂言に由来する演目を、笛や太鼓などの雅楽に合わせて優雅に舞い、五穀豊穣(ほうじょう)や大漁を祈願した。出演した5年生「グループのみんなと一緒にできることが一番楽しい。(参拝者から)いっぱい拍手してもらってうれしくなりました」

続きを読む

長崎・原爆殉難者慰霊祭

長崎)宗教超え、500人平和祈る 原爆殉難者慰霊祭:朝日新聞デジタル  宗教や宗派の違いを超えて平和を祈る原爆殉難者慰霊祭が8日夜、長崎市松山町の爆心地公園であった。キリスト教や仏教、神道などの聖職者や市民約500人が集い、平和を祈った。  県内の宗教関係者でつくる県宗教者懇話会が1973年の8月8日から毎年開催し、今年で47回目になる。式はセミの鳴き声に包まれた公園で午後7時に開幕。日が沈んでいく中、権禰宜(ごんねぎ)がおはらいをし、仏教徒が平和の誓いを述べた。写真「諏訪神社の巫女(みこ)は舞を披露した=2019年8月8日午後7時39分、長崎市松山町、横山輝撮影」 神戸新聞NEXT|西播|陰陽師2人の塚を結ぶ1キロ歩く 佐用で「七夕行列」  平安時代に占いの術で名をはせた陰陽師、安倍晴明と芦屋道満を祭った石塔がある兵庫県佐用町江川地域で3日、「七夕行列」が行われた。広島、岡山県、神戸市など県内外から集まった約20人が、陰陽師や巫女の姿で二つの塚を結ぶ約1キロを歩いた。  大木谷の谷を挟んで、「甲」集落には晴明、「乙」集落には道満の塚がある。この地で2人が戦い、道満が敗れたという言い伝えがあり、地元住民でつくる江川地域づくり協議会は「陰陽師の里」としてPRし、旧暦の七夕に合わせて行列を催している。猛暑を避けるため、一行は予定を約30分遅らせ、午後3時半すぎに晴明塚で神事を

続きを読む

長崎原爆殉難者追悼慰霊平和祈願祭

長崎原爆殉難者追悼慰霊平和祈願祭 神職ら70人参列 | 長崎新聞  長崎県内の神職らによる「長崎原爆殉難者追悼慰霊平和祈願祭」が25日、長崎市松山町の平和公園であり、関係者ら約70人が参列した。  鎮西大社諏訪神社(同市上西山町)が主催。原爆で各神社の多くの氏子が犠牲になったことから、神道形式でみ霊を慰めようと2012年から毎年開いている。今年で7回目。諏訪神社の巫女2人が平和な世の中を願う「浦安の舞」を奉奏 古式ゆかしく 茅の輪くぐり 猛暑彩る「住吉祭」 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で31日、大阪の夏祭りシーズンの最後を飾る「住吉祭」の夏越祓(なごしのはらえ)神事が執り行われた。せみ時雨に境内で、古式ゆかしい時代装束姿の奉仕者らに続いて一般の参拝者が、列をなして大きな茅(ち)の輪をくぐった。  神事は1972年に「住吉大社の夏越祭」として大阪府民俗文化財に指定されている。  同市内の最高気温は35・4度まで上がり、今年の最高を更新する猛暑日。厳しい暑さの中、境内・五月殿では大祓式があり、式を終えた夏越女や稚児らが、神職に続いて第一本宮までの3カ所に設けられた茅の輪をくぐり、さらに身を清めた。同本宮前の祭典では、伝統の神楽や住吉踊などが奉納

続きを読む

筥崎宮でチャンポンの絵付け

放生会名物“チャンポン”の絵付け作業ピーク 筥崎宮で9月12日から 福岡市東区(TNCテレビ西日本) - Yahoo!ニュース 福岡・放生会の“チャンポン”絵付け(RKB毎日放送) - Yahoo!ニュース 放生会名物チャンポン絵付け 最盛期(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース 福岡市東区にある筥崎宮では、9月の放生会を前に、5人の巫女さんたちがチャンポンの絵付け作業を進めています。 巫女さんたちは、チャンポンに花や金魚、花火などの絵柄を一つずつ丁寧に描いていました。 今年は、職人の高齢化で多くのチャンポンを作れなくなったことなどから例年より500個程度少ない、7種類840個のチャンポンが用意され、1つ3000円から販売されます。放生会初日の9月12日午前8時から販売 西宮神社で小学生が巫女の体験 日本の伝統文化を学ぶ | サンテレビニュース 西宮神社で小学生が巫女の体験 日本の伝統文化を学ぶ/兵庫県(サンテレビ) - Yahoo!ニュース 子どもたちが巫女の作法などを体験する学習会が22日、西宮神社で開かれました。 この体験学習会は、子どもたちに日本の伝統文化について、学んでもらおうと毎年、実施されているもので、西宮市や神戸市などに住む小学4年生から6年生までの6人が参加しました。 はかまを着た子どもたちは、西宮神社の禰宜、千鳥祐兼さんから西宮神社の歴史や作法などについて話を聞いた後、拝殿へ移動。 おはらいをしてもらい、神聖な気持ちで、境内…

続きを読む

太宰府天満宮の巫女らが護身術を学ぶ

性犯罪防止講座:太宰府天満宮の巫女ら護身術学ぶ 筑紫野署 /福岡 - 毎日新聞  太宰府市の太宰府天満宮で1日、巫女(みこ)や女性職員向けの性犯罪防止講座があった。性犯罪が増える夏場を前に筑紫野署が主催し、巫女ら35人が護身術などを学んだ。  県警によると、昨年の性犯罪は県内で381件あった。6~9月ごろの発生が多いという。防止講座は危機意識や自己防衛の意識醸成のため企画された。動画あり。何かと物騒ですからね… hibakama / 緋袴白書RT @eizo_desk: 福岡県太宰府市の太宰府天満宮で、巫女や女性職員向けの性犯罪防止講座がありました。オリジナル版は→https://t.co/m0HUOpZ2z1 https://t.co/ciNVtLh1XT at 07/02 22:25 氷柱供え 厳かに神事 - 氷室神社で献氷祭|奈良新聞デジタル  古代、夏に宮中に氷を献上した氷室が周囲に点在し、氷の神を祭る天理市福住町の氷室神社(田中慎二宮司)で1日、献氷祭が営まれた。神前に高さ約50センチの氷柱2本が供えられ、雅楽の音とともに厳かに神事を挙行。氏子ら約60人が五穀豊穣や家内安全を祈願した。巫女さんが「浦安の舞」を奉納 フナの包み焼きやセタシジミ、息災祈り古代の食神前に 大津  : 京都新聞  この半年のけがれを払い、無病息災を祈願する「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の30日、大津市神宮町の近江神宮では饗宴(みあえ)祭が行われた。強い雨の中、約…

続きを読む