福岡・筥崎宮で「放生会」始まる

放生会:秋の息吹、軽やかに 福岡・筥崎宮 - 毎日新聞 チャンポン秋の音色、筥崎宮「放生会」始まる : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 筥崎宮で放生会 福博に秋の訪れ告げる - 西日本新聞 放生会、静かなスタート - 西日本新聞  福博に秋の訪れを告げる筥崎宮(福岡市東区)の放生会(ほうじょうや)が12日始まった。例年徹夜組もいた限定の縁起物「おはじき」…

続きを読む

筥崎宮で放生会の準備大詰め

チャンポンに秋の音色 福岡市筥崎宮で放生会を前に準備作業大詰め|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 チャンポンに秋の音色 福岡市筥崎宮で放生会を前に準備作業大詰め (17/09/05 12:00) 12日から始まる博多三大祭りのひとつ「放生会」を前に、福岡市の筥崎宮では準備作業が大詰めです。 放生会に欠かせないガラス細工の名物「チャンポン」。 さまざまなサイズやデザインのものな…

続きを読む

長崎・諏訪神社でくんちデザインの御朱印帳

長崎)諏訪神社でくんちデザインの御朱印帳 1日から:朝日新聞デジタル  諏訪神社(長崎市上西山町)が、長崎くんちをモチーフにしたオリジナルの御朱印帳を作った。1日から、同神社とお旅所(同市元船町)で受けることができる。  オリジナルの御朱印帳は、参拝客の要望を受けて4年前から作っており、表は「龍踊(じゃおどり)」、裏はその年の踊町(おどりちょう)の演(だ)し物からデザインを決めている…

続きを読む

阿蘇・霜神社で「火焚き神事」始まる

「火焚き神事」豊作祈る 阿蘇市・霜神社(熊本日日新聞) - goo ニュース [TKU-NEWS 夕方 17.08.19 ] 霜神社で火焚き神事 霜害防ぐ阿蘇の神事「火たき乙女」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース  阿蘇の早霜から農作物を守り、豊作を祈る火焚[ひた]き神事の「乙女入り」が19日、阿蘇市役犬原の霜神社であった。10月16日にある「乙女揚げ」までの59日間、火…

続きを読む

佐賀・佐嘉神社「七夕星祈願祭」

七夕星祈願祭 佐嘉神社にぎわう|佐賀新聞LiVE  佐賀市松原の佐嘉神社で5日夜、「七夕星祈願祭」が行われた。雅楽や神楽の奉納があり、浴衣姿で訪れた参拝者らは短冊に思い思いの七夕の願いを込めた。  境内に設置された祭殿には、古式にのっとり夜空の星を映す水盤が用意され、雅楽の生演奏に合わせて巫女(みこ)が「豊栄(とよさか)の舞」や「浦安の舞」を披露。笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、横笛…

続きを読む

小倉・八坂神社で児童らが巫女舞

福岡)児童らが八坂神社で巫女舞:朝日新聞デジタル  創建400年を迎えた北九州市小倉北区城内の八坂神社で28日、夏越(なごし)祭りが始まり、地元の児童らが伝統的な「巫女(みこ)舞」を披露した。児童による舞は創建400年を記念したもので、29、30日の夜にも披露される。  舞ったのは、神社に近い市立西小倉小の3~5年生の20人。6月下旬から週2回ほど、巫女や巫女経験者らに教わりながら練…

続きを読む

筥崎宮で巫女さんがチャンポンの絵付け

ガラス細工「チャンポン」:花やトンボ描き涼しげに 福岡 - 毎日新聞 秋の風物詩へ絵付け本格化 福岡・筥崎宮の放生会:朝日新聞デジタル チャンポン秋の響き、筥崎宮 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 絵筆涼しげ秋模様 筥崎宮でチャンポン絵付け始まる - 西日本新聞  盛夏の中、福岡市東区の筥崎宮では、秋祭り「放生会(ほうじょうや)」名物のガラス細工「チャ…

続きを読む

佐賀・松原神社「河童祭」

兵主部に水難防止や安産祈念 松原神社|佐賀新聞LiVE サガテレビ | 佐賀のニュース | 「河童祭」で水難事故防止を祈願  水難防止や安産を祈念する松原河童(かわそう)の例祭「河童祭(かわそうさい)」が25日、佐賀市の松原神社で開かれた。  約230年前、松原神社に奉納されたという河童の木像「兵主部(ひょうすべ)」をまつっている松原河童社には、関係者ら約20人が参加した。きゅうり…

続きを読む

博多・櫛田神社で「お汐井てぼ」作り

山笠、縁起物の準備が大詰め 福岡・櫛田神社:朝日新聞デジタル 博多祇園山笠:準備着々 お汐井てぼ作り大詰め - 毎日新聞 縁起物作り大詰め 山笠ムード高まる 櫛田神社 [福岡県] - 西日本新聞 博多衹園山笠 縁起物作りがピーク(RKB News)  ユネスコ(国連教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録された博多祇園山笠(7月1~15日)に向けて、山笠が奉納される福岡市博多区の櫛田神…

続きを読む

太宰府天満宮「飛梅ちぎり」

飛梅ちぎり:平年並み 135個収穫 太宰府天満宮で /福岡 - 毎日新聞 太宰府天満宮で飛梅ちぎり [福岡県] - 西日本新聞  太宰府市の太宰府天満宮で1日、本殿前のご神木「飛梅」の実を採る神事「飛梅ちぎり」があった。神職2人が竹ざおで梅の実を揺すって落とし、5人のみこが一個一個拾い集めた。  今年、収穫した梅は135個で「例年よりは少なめ」(同宮)。「祭神・菅原道真公のみ霊(た…

続きを読む

宮地嶽神社で花菖蒲の初刈り神事

初夏告げるハナショウブ、宮地嶽神社・初刈り神事 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 宮地嶽神社で菖蒲まつり 雅やかに初刈り神事 - 西日本新聞  福津市の宮地嶽神社で31日、ハナショウブの花を刈り取り、神前に供える「初刈り神事」があった。  初夏の訪れを告げる神事。境内にある「民家村江戸菖蒲苑(しょうぶえん)」で白装束姿の神職が鎌で花を刈り=写真=、巫女…

続きを読む

宗像大社で巫女さんが世界遺産の研修会

研修会:巫女さん、世界遺産学ぶ 宗像大社 /福岡 - 毎日新聞  今夏の世界遺産登録をめざす「宗像・沖ノ島と関連遺産群」について学ぼうと1日、構成資産の一つ、宗像大社(宗像市)で巫女(みこ)の研修会があった。  構成資産の中核になる宗像大社辺津宮(へつみや)には最も多くの来訪者が予想され、最前線で応対する巫女の理解を深めるために実施した。講師の市世界遺産登録推進室の岡崇さんが、100…

続きを読む

福岡・博多小で「どんたく集会」

福岡)博多小で「どんたく集会」 稚児舞愛らしく:朝日新聞デジタル  博多どんたく港まつりに参加する博多小学校(福岡市博多区)の児童たちが2日、学校で開かれた「どんたく集会」で練習の成果を披露した。保護者も見守るなか、どんたくのルーツとされる博多松囃子(まつばやし)の稚児西流(ながれ)が稚児舞を演じ、3日からの本番に備えた。  稚児西流と東流が2年ごとに交代して披露する稚児舞。この日は…

続きを読む

荒尾・上荒尾熊野座神社で春の例祭

荒尾市で春の例祭「ごんげんさん」 祈り込めて子ども神楽 - 熊本日日新聞  荒尾市の上荒尾熊野座神社で14、15日、「ごんげんさん」と親しまれる春の例祭があり、地元の上小路区の子どもたちが五穀豊穣[ほうじょう]と家内安全、熊本地震の被災者への祈りを込め、伝統の神楽を奉納した。  神楽は、約160年の歴史を持つ市無形民俗文化財。氏子の青年が務めていた舞い手は現在、子どもが担う。今年は小…

続きを読む

宇佐で「巨石祭」

巨石祭り:春告げる 宇佐で登山客の安全祈願 /大分 - 毎日新聞  神が都を築こうとしたという、いわれのある宇佐市安心院町熊の「京石(きょういし)」(市指定史跡)で12日、春を告げる米神山(475メートル)の山開きを兼ねた「巨石祭」があり、登山客の安全祈願をした。  佐田神社神職がおはらいをした後、県神社庁宇佐支部から派遣された巫女(みこ)が京石の前で「浦安の舞」を披露した。地元の佐…

続きを読む

宮崎県木城町・石河内稲荷神社「梅まつり」

梅を満喫、神楽奉納 石河内稲荷神社で催し - Miyanichi e-press  木城町石河内の石河内稲荷神社(十住優(とすみまさる)宮司)は19日、恒例の「梅まつり」を同神社で開いた。中之又神楽と浦安の舞を奉納。集まった地域住民らは神社周辺の梅園に咲き誇る梅の花を眺めたり、シシ汁の振る舞いを楽しんだりして親睦を深めた。梅は3月上旬ごろまで楽しめるという。笑顔が良いです 勝浦のビッ…

続きを読む

ホノルル「福岡フェア」で巫女舞

【デイリートピックス】ハワイ・ホノルルにて「福岡フェア」開催されました! | asianbeat 福岡県とハワイ州は1981年に姉妹提携が結ばれ、今年で35周年。福岡県は現ハワイ州、デービッド・イゲ州知事より「ハワイにて福岡をPRするイベントを実施してほしい」という親書を受け、2017年1月19日(木)~22(日)の4日間、ハワイ・ホノルルで「福岡フェア」を開催しました。福岡からさまざま…

続きを読む

熊本城稲荷神社で初午大祭

初午大祭:商売繁盛や家内安全願う 福餅まき、両手を広げ 熊本城稲荷神社、参拝客でにぎわう /熊本 - 毎日新聞  熊本地震で被災した熊本市中央区本丸の熊本城稲荷神社(本田伊熙宮司)で12日、商売繁盛や家内安全を願う初午大祭があった。人気の福餅まきは8回に分けて3000個ずつ餅がまかれ、多くの参拝客でにぎわった。  福餅まきは境内の特設ステージで行われ、太鼓や獅子舞が奉納された後、今年…

続きを読む

五島市・白浜神社で春祭り

五島市で春祭り みこ神楽を奉納 [長崎県] - 西日本新聞  長寿のお年寄りや厄払いの男女、宮参りの赤ちゃんといった祝い事を、地区でひとまとめにして行う「春祭り」が2日、五島市向町の白浜神社であった。  祭りは毎年この日に行われることから、地元の崎山地区では「二月二日(にがんのふつか)」とも呼ばれる。この日、神社には老若男女約50人が晴れ着やスーツ、はかま姿で参拝。子どもみこたちが本…

続きを読む

熊本・加藤神社で「節分豆」の準備

節分前に豆まき準備進む 熊本市加藤神社-熊本のニュース│ くまにちコム  3日は節分。熊本市中央区の加藤神社で、豆まきに使う「節分豆」の準備が進んでいる。おはらいしたいり豆約千袋、計20キロが同日の節分祭で参拝客に配られる。  1日は午後から巫女[みこ]たちが最後の袋詰め作業。社務所には「節分豆」が並んだ。権禰宜[ごんねぎ]の田中大善さん(38)は「昨年は震災もあったが、豆をまき、災…

続きを読む