長崎原爆殉難者追悼慰霊平和祈願祭

原爆殉難者追悼 神職ら80人参列 平和公園 - 長崎新聞  県内の神職らによる「長崎原爆殉難者追悼慰霊平和祈願祭」が17日、長崎市松山町の平和公園であり、関係者約80人が参列した。  鎮西大社諏訪神社(同市上西山町)主催。原爆で各神社の多くの氏子が犠牲になったことから、神道形式でみ霊を慰めようと2012年から毎年開いている。今回で6回目。  平和祈念像前に設けた祭壇に、神職と参列者が一斉に祝詞を唱和。諏訪神社のみこ2人が平和の世の中を願う「浦安の舞」を厳かに奉奏した。わりと珍しい装束 神戸新聞NEXT|阪神|湯振りまき健康祈る 伊丹・東天神社で湯立神事  地域安寧や五穀豊穣などを願う「湯立神事」が16日、兵庫県伊丹市昆陽4の東天神社であった。巫女が鉄釜の湯につけたササを豪快に振りまく姿を、集まった氏子ら約50人が見守った。  江戸時代から続く同神社の恒例行事。沸かして清めた湯を浴びることで、1年間健康で過ごせるという言い伝えが残る。写真【巫女がササで振りまく湯を浴びる子どもたち】 祇園祭2018:前祭・山鉾巡行 平成最後 鉦の音、優雅に 鎮魂願い、23基練り歩き /京都 - 毎日新聞 京都)祇園祭・前祭の山鉾巡行、都大路を彩る:朝日新聞デジタル  午前9時、音頭取りの「エンヤラヤー」の掛け声とともに、先頭の長刀(なぎなた)鉾が四条烏丸を出発。四条麩屋町(ふやちょう)では、長刀鉾の稚児で同志社小3年の小林勇太朗君(8)が「しめ縄切り」の大役を果たした。鉾から…

続きを読む

博多・櫛田神社で「お汐井てぼ」作り

博多祇園山笠:縁起物「お汐井てぼ」作り - 毎日新聞 山笠へ向け お汐井てぼ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 山笠 無事祈る 櫛田神社で「てぼ」作り|【西日本新聞】 博多祇園山笠 縁起物作り 櫛田神社 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 山笠に向け「お汐井てぼ」作りピーク(RKB) 【福岡】山笠授与品の準備大詰め(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース  福博に夏の到来を告げる「博多祇園山笠」(7月1~15日)を前に、福岡市博多区の櫛田神社では、祭りの参加者が身を清めるのに使う「お汐井(しおい)」(海砂)の入った「てぼ」と呼ばれる竹かごなどの縁起物作りがピークを迎えている。  縁起物は「てぼ」のほか、参加者が身につける「たすき守(まもり)」や山笠絵馬、山笠扇子など10種類。5月の大型連休明けから作業を始め、今年は計約8千個を作る。7月末まで境内の授与所に並ぶという。巫女さん(21)「山笠に参加する方々の無病息災を祈る気持ちを込めて作りました」 滋賀・近江神宮で漏刻祭 時計業界の関係者ら300人参加、時計の新製品奉納 - 産経WEST 「時の記念日」祝う漏刻祭、大津 天智天皇祭る近江神宮 - 共同通信  「時の記念日」の10日、日本で初めて水時計(漏刻=ろうこく)を設置した天智天皇ゆかりの近江神宮(大津市神宮町)で、恒例の「漏刻祭」が行われた。  日本書紀によると、天智天皇は671年4月25日、近江大津宮に漏刻を設置し…

続きを読む

太宰府天満宮で「飛梅ちぎり」

福岡)「生涯ご利益」の梅、今年は少なく 太宰府天満宮:朝日新聞デジタル 太宰府天満宮:飛梅ちぎり 一生一代のお守りに 福岡 - 毎日新聞 神職ら飛梅ちぎり…太宰府天満宮 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 青空の下「飛梅」ちぎり 太宰府天満宮 [福岡県]|【西日本新聞】  太宰府天満宮(福岡県太宰府市)で1日、飛梅(とびうめ)ちぎりがあった。菅原道真を慕って京から一夜で飛んできたと伝えられる本殿前の神木、飛梅の実を採取する恒例の神事。参拝客や修学旅行生らが興味深そうに見守り、カメラを向けていた。  狩衣(かりぎぬ)姿の神職2人が竹ざおで枝をたたき、落ちてきた梅の実をみこ5人が三方(さんぼう)に拾い集めて神前に奉納した。この日取れたのは75個で、昨年の135個の約半分。実は一生一代のお守り「飛梅御守(おまもり)」(10万円)になる。10万円のお守りがどれぐらい売れるのか気になる ウメ、大きく実って奉納 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  大分市牧の県護国神社で1日、初夏恒例の「神梅(しんばい)収穫祭」があり、境内にある豊後梅の実を収穫、奉納した。  八坂秀史宮司(57)ら神職やみこが梅の枝を引き寄せ、黄色く色づいた実をもいで神前に供えた。50年以上続く神事で、権禰宜(ごんねぎ)の海野真さん(45)は「今年も無事にお供えすることができ、よかった」と喜んだ。今年も例年同様、約1トンの収穫を見込んでいます …

続きを読む

豊前・三毛門神楽講で初の「女子神楽」奉納

メンバーは女性だけ「女子神楽」豊前・春日神社で初奉納:朝日新聞デジタル 全国初「女子神楽」を奉納 息の合った演目披露 豊前の団体|【西日本新聞】  国指定重要無形民俗文化財「豊前神楽」の団体の一つ「三毛門(みけかど)神楽講」(福岡県豊前市)が指導する「三毛門子ども神楽」の女子部11人が21日、同市の春日神社春季祇園祭前夜祭で、舞い手とはやし方ともに女子のみの「女子神楽」を奉納した。女子神楽は全国初とみられ、多くの観客が訪れた。  女子部は小学生9人と中学生、高校生の1人ずつで構成。烏帽子(えぼし)や狩衣(かりぎぬ)などに身を包んだ小学生が舞い手となり、扇やササなどを手に舞う演目や、花びらのように紙をまき、せりふを唱える演目を優雅に演じた。一方、はやし方は女子部全員で担当。太鼓や笛、かねを奏で、舞い手と息の合った神楽を披露した。4人で舞う「花」や、2人による「二人手笹(ににんたぶさ)」など4演目を披露 屋台華やか、演奏愛らしく 金ケ崎火防祭 | IWATE NIPPO 岩手日報 郷里に活気 華やぐ季節 花曇り吹き飛ばす - 胆江日日新聞社  金ケ崎火防祭(かぼうさい)(街地区自治会連合会など主催)は15日、金ケ崎町西根の町中心部で開かれた。2年に1度運行するはやし屋台が登場し、地域住民が華やかな屋台と祭りばやしを楽しんだ。  屋台には太鼓や三味線、笛を担当する着物姿の小中学生ら15人が乗った。「祇園ばやし」を奏で、同連合会の約30人が引っ張ったり押しながら約7キロ…

続きを読む

豊前・春日神社祇園祭前夜祭で女子神楽奉納へ

女子神楽奉納へ稽古に熱 21日、春日神社祇園祭前夜祭で披露 豊前市 [福岡県]|【西日本新聞】  国指定重要無形民俗文化財「豊前神楽」の神楽団体の一つ、三毛門神楽講(豊前市)が指導する「三毛門子ども神楽」。囃子(はやし)方と舞い手をすべて女子が担う「女子神楽」が21日、同市三毛門の春日神社春季祇園祭前夜祭で奉納される。女子だけの神楽は全国初とされ、子どもたちは本番に向け、熱のこもった練習をしている。11人いる女子の最上級生(高2)は「メンバーの細かな点を見ている。自分よりもうまくなってほしい」と 平安の歌遊び再現 ふちゅう曲水の宴|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 平成の歌人「願」を詠む 婦中 「曲水の宴」平安期再現:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 平安の歌遊びを再現 | チューリップテレビニュース  平安時代の宮中遊びを再現する「ふちゅう曲水の宴(えん)」が十五日、富山市婦中町長沢の各願寺であった。伝統装束に身を包んだ歌人たちが和歌を詠み、来場者はみやびな雰囲気を楽しんだ。  曲がりくねった小川を流れる杯が、自分の前を通り過ぎるまでに和歌を完成させる遊び。今回は悪天候のため、屋内での実施となった。「曲水の舞」の奉納も 厳かに「猿舞」奉納 島田、日吉神社|静岡新聞アットエス  島田市東光寺の日吉神社でこのほど、県指定無形民俗文化財の「猿舞」が奉納された。六合小の女子児童(4年)が雄の面、男子児童(1年)が雌の面をかぶり、厳かな舞で来場者…

続きを読む

博多松囃子「稚児舞」の稽古大詰め

「稚児舞」稽古大詰め 博多松囃子で披露|【西日本新聞】  「第57回博多どんたく港まつり」(5月3、4日)を前に、祭りの源流「博多松囃子(まつばやし)」で、呼び物の一つの「稚児舞(ちごまい)」を披露する稚児西流(ながれ)の子どもたちの稽古が大詰めを迎えている。  稚児舞は祭り中、商家や個人宅などを回り、祝賀の舞楽を披露する。東流と西流が2年交代で受け持ち、今年は西流の2年目。  11日夜、博多小(福岡市博多区奈良屋町)での練習では、古式ゆかしい装束に身を包んだ5人の舞姫たちが、囃子方の笛や太鼓に合わせて優雅に舞うと、稽古を見守る大人たちから大きな拍手が起こった。稚児西流総務「子どもたちは思った以上に熱心に取り組んでくれた。仕上がりは上々」 武家装束で和歌 戊辰戦争敵味方の子孫初の顔合わせ 鹿児島 | 県内ニュース | 福島民報 薩摩・徳川・会津・庄内の子孫、初めて勢ぞろい 和歌で親睦 鹿児島・仙巌園「曲水の宴」 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com  曲がりくねった水流沿いに並び、和歌を詠む「曲水の宴」が8日、鹿児島市吉野町の仙巌園であった。明治維新150年にあたる今年は、戊辰戦争で敵味方に分かれた薩摩藩島津家と徳川本家、会津藩松平家(福島県)、庄内藩酒井家(山形県)の子孫が初めて一堂に会し、武家装束で和歌をしたためた。和歌のテーマは「語(かたる、ご)」 優美な舞を披露、明治維新150年祭 山口市(宇部日報) - Yahoo!ニュー…

続きを読む

熊本県山都町・男成神社で少女神楽奉納

山都町・男成神社 少女神楽、優雅に - 熊本日日新聞  熊本県山都町の男成神社で3日、五穀豊穣[ほうじょう]や交通安全を祈る祇園大祭が2日間の日程で始まった。地元の少女4人が少女神楽を奉納し、社宝の「友成銘[ともなりめい]の太刀」が地元で四半世紀ぶりに公開された。  戦時中に男性が少なくなったため一度は絶えていた神楽を、代わりに少女が舞ったのが始まりとされる。舞い手は年番の地区から選ばれていたが、近年は少子化の影響で地元の御岳小の児童が担っている。  古式ゆかしい衣装をまとった少女たちは、拝殿で扇や剣、鈴を持って「浦安の舞」を奉納。氏子らが見守る中、雅楽の調べに乗せて優雅に舞った。今春御岳小を卒業した生徒(12)「失敗せずに奉納できて良かった」 稚児行列華やかに 園児ら30人「花まつり」 佐賀市中心部|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  佐賀市の中心部で8日、お釈迦しゃか様の誕生を祝う「花まつり」(佐賀市仏教会主催)があった。色鮮やかな衣装をまとった幼稚園児ら約30人が「稚児行列」で元気に行進した。  行列の先頭には白い像の模型や龍谷高吹奏楽部が歩き、同校保育部の生徒に手を引かれ子どもたちが赤や紫の華やかな衣装をまとい、白山名店街から656広場までを練り歩いた。656広場では、釈迦の像を前に「灌仏会(かんぶつえ)法要」が 五色姫復活祭:あでやかに 伊予で /愛媛 - 毎日新聞 五色姫、舟に乗り商店街パレード 伊予市で復活祭|愛媛新聞ONLI…

続きを読む

宗像大社で献上ワカメの選別

宗像大社で献上ワカメを巫女ら選別、27日に宮中へ 福岡 - 産経ニュース 献上ワカメ:袋詰め作業 巫女ら入念に 宗像大社 /福岡 - 毎日新聞  宗像大社(福岡県宗像市)で、天皇、皇后両陛下をはじめ皇族に贈る「献上ワカメ」の袋詰めと選別作業が進んでいる=写真。地元漁協から奉納された約20キロの乾燥ワカメを巫女(みこ)らが100グラムずつ袋に詰め、特製の杉箱に納めた。  宗像市が面する玄界灘産のワカメは、激しい海流にもまれて肉厚になり、うま味が増す。献上ワカメには漁の解禁(3月1日)に先立ち、地島(じのしま)沖で採取したワカメのうち、最も上質な先端部だけを用いる。水洗いし、乾燥するときには地島特産のつばき油を特別に塗る。皇族方への献上は56回目 兵庫)春を訪れ告げる摩耶詣 馬がパレード:朝日新聞デジタル  馬を連れて摩耶山天上寺(神戸市灘区)に参拝した「摩耶詣」という風習を再現する恒例行事「摩耶詣祭」が24日、同寺などであった。馬や巫女(みこ)らが寺から掬星台(きくせいだい)まで練り歩き、摩耶山に春の訪れを告げた。  同寺によると、摩耶山には古くから旧暦2月の初午(はつうま)の日に、飼い馬を連れて寺に参拝し、馬の息災や一家の繁栄を祈る風習があった。明治期ごろまで盛んだったが、馬を飼う農家が減り、大正期には細々とお参りが続いていたという。1993年に市立六甲山牧場の馬を借りて「復活」 平安期の装束で源氏物語を再現 倉敷で衣紋道高倉流たかくら会: 山陽新聞デジタル|…

続きを読む

柳川でおひな様水上パレード

おひな様、柳川で水上パレード 観光客に「ハロー」:朝日新聞デジタル 水郷に華やかな稚児 柳川雛祭り [福岡県] - 西日本新聞 水郷の街 柳川 おひな様 水上パレード 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 おひな様水上パレード(RKB)  福岡県柳川市の掘割で18日、おひな様水上パレードがあった。着物姿の女児らを乗せた11隻が、約4キロの川下りコースをゆっくりと1時間半、川上りした。  今年24回目となる「柳川雛(ひな)祭り さげもんめぐり」の人気行事。宮司、雅楽隊、お雛様やお内裏様、三人官女、園児と保護者ら約210人が参加した。暖かそうでよかった 阪神、西宮神社で必勝祈願!優勝して秋にはお礼参りや - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)  阪神は2日、甲子園での全体練習前に、金本監督をはじめ関係者約250人が西宮神社で毎年恒例の必勝祈願を行った。お神酒を注ぐ巫女さん

続きを読む

祐徳稲荷神社で外貨両替機など設置

佐賀)外国人向け「神対応」 鹿島・祐徳稲荷神社:朝日新聞デジタル 祐徳稲荷、訪日客もてなし充実 外貨両替機を設置 「SIMカード」受け渡しも|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 祐徳稲荷神社が無料SIMや外貨両替機 外国人観光客対応を加速 佐賀県鹿島市:ニュース:九州経済:qBiz 西日本新聞経済電子版 | 九州の経済情報サイト  タイなどからの訪日観光客が多い鹿島市の祐徳稲荷神社に自動外貨両替機が設置された。12カ国の通貨に対応し、おさい銭や土産品購入などに役立ててもらう。訪日客が携帯電話端末に用いる「SIMカード」の受け渡しも始めた。旅行客に親切な環境を整え「おもてなし」を充実させている。タイ映画やドラマのロケ地となったことがきっかけでインバウンドブームに火が 平安貴族の歌遊び再現 京都・北野天満宮で「曲水の宴」 : 京都新聞  平安貴族の歌遊びを再現する「春の曲水の宴」が10日、京都市上京区の北野天満宮であった。梅の花が咲く中、詠み人が「恋」「賀」を題材にした和歌や漢詩を披露した。  天皇の宴に度々招かれたという祭神・菅原道真を顕彰し、同天満宮が企画。一昨年から秋のみ実施しており、春は初めての開催となった。いい天気 流しびなで子供の無病息災を祈る 京都・下鴨神社 - 産経WEST  桃の節句の3日、和紙で作ったひな人形を川に流す「流しびな」が京都市左京区の下鴨神社で行われた。女児を連れた多くの家族連れらが訪れ、子供の健やかな成長と幸せを願っ…

続きを読む

久留米・水天宮から首相にツバキ贈呈

ツバキの花に首相笑顔 福岡の鉢植え贈呈 - サッと見ニュース - 産経フォト 安倍首相にツバキのプレゼント:時事ドットコム 平成30年3月6日 久留米つばきの贈呈 | 平成30年 | 総理の一日 | 総理大臣 | 首相官邸ホームページ 久留米つばきの贈呈-平成30年3月6日 - 政府インターネットテレビ  安倍晋三首相は6日、福岡県久留米市の神社、「水天宮」宮司の真木大樹さん、みこの中山有美さんらと官邸で会い、赤い花を付けたツバキの鉢植えを贈られた。首相は「すてきですね」と笑顔を見せた。  2人は本村康人久留米商工会議所会頭に同行した。ツバキは水天宮の神紋で、久留米市はツバキの苗木の生産地として全国有数だという。一昨年もありました→産経新聞 ワイルドな絵馬で病除け 日中の医薬神が見守る薬の街:朝日新聞デジタル  こぶのある怖い顔で草をくわえ、草で作った服を着た姿は、とてもワイルド。大阪の中心で出会った神さまは、実は中国生まれの医学と薬の神だそうです。その中国の神と、日本の神を共にまつる神社を訪ねました。 (中略)  毎月23日の「献湯祭(けんとうさい)」では、たすき掛け姿の巫女(みこ)が湯釜にひたした笹(ささ)束で境内に湯をまく神事があり、釜に残った厄除けの湯を求めて多くの人が集まる。11月22、23日の「神農祭」には毎年、5万人以上の参拝者が訪れ、神虎を買い求めるという。大阪市中央区道修町の少彦名神社 枚岡神社であこがれの巫女体験!超人気企画を見学してきま…

続きを読む

太宰府天満宮で曲水の宴

汗ばむ陽気、優雅な時代絵巻 太宰府天満宮で曲水の宴:朝日新聞デジタル 梅の下、春に酔う 太宰府天満宮 - 西日本新聞  福岡県太宰府市の太宰府天満宮で4日、春の訪れを告げる「曲水の宴」があった。祭神の菅原道真も、平安時代の宮中で参宴したとされる伝統行事。うららかな日和に恵まれ、紅白の梅花の下で衣冠、十二単(ひとえ)などを装った男女が風流なうたげを繰り広げた。  姫役は福岡親善大使の丸林千紘さんら5人、諸官役は歌舞伎役者の松本幸四郎さんや地元経済人ら7人が務めた。参宴者は、水路に浮かべた酒杯が自分の前に流れてくるまでに短歌をしたため、杯を飲み干した。左写真【曲水の宴を前に神楽「飛梅の舞」が奉納された】 和歌山)桃の節句、各地で行事 淡嶋神社・紀の川:朝日新聞デジタル 紀の川流し雛:成長祈り紙雛流し 粉河寺で祈願祭 /和歌山 - 毎日新聞  紙の雛(ひな)人形を川に流す「紀の川流し雛」が3日、紀の川市粉河であった。参加者は思いを込めて作った色とりどりの雛を流した。  1982年から毎年営まれ、37回目。粉河寺の本堂前で祈願祭があり、主催する同市文化協会粉河支部の山崎紀久一支部長が「子どもたちの健やかな成長を祈りたい」とあいさつし、粉河寺の逸木盛俊管長が読経した。「お姫さま」役は高校3年生 MBCニュース | 仙巌園で流しびな きょう3月3日は桃の節句、「ひな祭り」です。 鹿児島市の仙巌園では女性の無病息災を願う「流しびな」が行われました。 仙巌園の「…

続きを読む

宮崎神宮・紀元祭

県民「平和」考える 建国記念の日、各地で催し - Miyanichi e-press  建国記念の日の11日、県内各地で奉祝行事や平和な国について考える集会などが催された。【写真】紀元祭で舞を奉納するみこ=11日午前、宮崎市・宮崎神宮 神戸新聞NEXT|総合|パンチ効いた「恋みくじ」 心に刺さる恋愛アドバイス話題  「わたしには華がある。」「撤収。」など強烈な言葉が印象的な恋みくじがある。短い言葉が心に刺さると評判の「イチハラヒロコ恋みくじ」。取り扱う神社は全国で6社しかないにもかかわらず、そのうち3社が神戸市内に集中する。14日はバレンタインデー。あなたも恋の願かけをいかが-。  イチハラヒロコさんは言葉を素材に創作する現代美術家。その作品に感銘を受けた大阪府松原市にある布忍神社の宮司寺内成仁さん(69)が、1999年に恋みくじを作成した。つながりのある神社に声をかけ、神戸市内では中央区の二宮神社と神戸北野天満神社、灘区の六甲八幡神社が応じた。ほかは愛知県清須市の清洲山王宮日吉神社と熊本市の山崎菅原神社。写真は神戸の二宮神社 神戸新聞NEXT|姫路|福餅まいて安寧祈る 姫路・英賀神社で恵美須祭  家内安全、商売繁盛を祈る「恵美須祭」が11日、兵庫県姫路市飾磨区英賀宮町2、英賀神社であった。境内は、小判や米俵が飾られた吉兆や熊手を求める参拝客でにぎわい、恒例の福餅まきには住民ら約1500人が詰め掛けた。  境内中央に高さ約3メートルのやぐらを設置。木村尚樹…

続きを読む

「柳川雛祭り さげもんめぐり」開幕

柳川で「さげもん」開幕 - 西日本新聞 柳川のひな祭り「さげもんめぐり」はじまる 子供たちが山車で市内をパレード 4月3日まで 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 福岡県の水郷・柳川で、子供の健やかな成長を願うひな祭り「さげもんめぐり」がはじまり、色鮮やかなつるし飾りが訪れた人を楽しませています。 華やかな稚児衣装や冠を身にまとった子どもたち。 祭り初日の11日は、福岡県柳川市の日吉神社でおひな様始祭が開かれ、祭り期間中の安全と子どもたちの健やかな成長が祈願されました。 ちょっと寒そう? 小山で伝統の「花桶かつぎ」 華やか着物でみこし先導【動画】 |下野新聞「SOON」  小山市寒川地区の伝統行事「花桶(おけ)かつぎ」が27日夕行われ、晴れ着姿の稚児たちが紙の造花で飾られた花桶を担いで地区内を練り歩いた。  五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全、子どもたちの健やかな成長を願う祭礼で、同市の指定無形民俗文化財。みこしなどを先導する祭りの主役は数え年7歳の女児(中略)3人。 「きれいな着物。みんなのために頑張る」と笑顔で

続きを読む

西鉄大牟田線で「観梅電車」運行

太宰府天満宮 門前まつり 西鉄大牟田線で”観梅電車” 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 梅の季節を迎え、太宰府天満宮でさまざまな催しが始まるのに合わせ3日、西鉄大牟田線で観梅電車が運行されました。 この観梅電車は梅の名所・太宰府天満宮で「門前まつり」が始まるのに合わせ、毎年運行されます。 西鉄福岡駅で行われた出発式では、太宰府天満宮の巫女から駅長に紅白の梅が贈られ、特製のヘッドマークをつけた特別電車が合図と共に出発しました。博多芸妓の練り歩きや曲水の宴なども 例年の2倍1万人参拝 湊川神社で豆まき神事 - 産経ニュース  節分の3日、神戸市中央区の湊川神社で、恒例の「豆まき神事」が行われた。同神社によると、土曜日と重なったことで例年の2倍近い約1万人が参拝したといい、参拝者らは一年の「除災招福」を願って福豆に手を伸ばしていた。  この日は、本殿で神楽を奉納したりする「節分祭」の祭典に続き、本殿前に設けられた特設舞台で、矢を放って厄を祓う「御弓神事」が行われた。写真【湊川神社の豆まき神事で、一年の幸福を願って豆をまく福娘ら】 早期鎮火で文化財守れ那智山社寺で対応訓練 | 紀南新聞ONLINE  第64回文化財防火デーとなる26日、那智勝浦町那智山の熊野那智大社と那智山青岸渡寺で、防火訓練が行われた。神職や僧侶、職員などが初期消火を、消防が到着すると連携消火で、拡大を防ぐための手順を確認した。消防本部の指導のもとで消火器の取り扱い訓練も行い…

続きを読む

櫛田神社の神職らが節分大祭PR

櫛田神社の節分大祭PR 神職らが本社来訪 [福岡県] - 西日本新聞  福岡市博多区の櫛田神社の神職とみこが30日、同市・天神の西日本新聞社を訪れ、2月3日に同神社で開催される「節分大祭」をPRした。  神職2人が赤鬼と青鬼に扮(ふん)して登場すると、柴田建哉社長と約20人の社員らが「鬼は外」の掛け声とともに威勢よく豆まきをした。その後、みこから柴田社長に福をかき寄せるという縁起物の熊手「福寄せ」が贈呈された。3日は午前10時から30分おきに豆まきを行います 神戸新聞NEXT|神戸|節分祭の福豆 開運願いみこらが袋詰め 湊川神社  2月3日の節分祭を前に、湊川神社(神戸市中央区多聞通3)で24日、豆まき神事に使う「福豆」の袋詰め作業が始まった。  みこや婦人会の女性らが、いった大豆と、色鮮やかな砂糖をピーナツにまぶした「五色豆」を黄色い袋に詰めていった。紹介済み。すごい量です 京都に住まうスポーツの神々 必勝祈願、今からでも : 京都新聞  2018年がスタートした。今年は平昌冬季五輪・パラリンピックがあり、サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会も開催される。選手自らが祈願することはもちろん、スポーツを見る側も選手を応援してみてはいかが。京都にあるスポーツにかかわる神社をいくつか紹介する。 (中略)  <足腰>護王神社  「足腰の守護神」で知られ、陸上選手をはじめけがの回復を願う参拝者が集まる。奈良、平安期の貴族の和気清麻呂が祭神。清麻…

続きを読む

宗像大社で防火訓練

巫女らがバケツリレー 世界文化遺産・宗像大社で防火訓練 26日は文化財防火デー 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 文化財防火デ ー宗像大社で消火訓練(RKB) 世界遺産に登録された、福岡県の宗像大社で、消火訓練が実施されました。 宗像大社で行われた消火訓練には、神職や巫女、地元の消防団などおよそ140人が参加しました。 訓練は、境内の森から出火したという想定で参加した人たちはバケツリレーをするなどして消火の手順を確認しました。巫女さんも走ります 文化財防火デー 広島城で消防訓練(RCC) 26日は文化財防火デーです。国の史跡・広島城で、自衛消防隊などが参加して消防訓練が行われました。訓練は、広島市中消防署と広島城の自衛消防隊、それに近くの保育園などの園児も参加し、二の丸の平櫓(ひらやぐら)から出火したという想定で行われました。参加者たちは、初期消火や園児の避難誘導、負傷者の救助などに取り組みました。「参加出来て良かったです」(広島護国神社の巫女)雪の舞う中 福升作り:節分会に向け 日光山輪王寺 /栃木 - 毎日新聞 福豆300キロ用意 節分の福升作り始まる 日光山輪王寺|下野新聞「SOON」  【日光】山内の日光山輪王寺で19日、2月3日の節分会(せつぶんえ)に向けた福升作りなどの準備作業が始まった。  大寒の日に前後して準備が始まる。本坊に僧侶ら7人が集まり、清めの儀式を行ってから福升作りやお札の書き入れに当たった。  山伏姿…

続きを読む

博多・櫛田神社で節分の縁起物づくり

博多・櫛田神社:福を集めて 節分の縁起物づくり - 毎日新聞 「福は内」たくさん届け、櫛田神社で縁起物準備 : 文化 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 来月3日は節分 神社で縁起物準備(RKB) 博多区の櫛田神社では、けさ神職と巫女5人が「節分大祭」に向けた縁起物の準備作業に追われていました。 毎年人気のお多福の面が飾られた「福寄せ」と呼ばれる熊手や、5色の豆を入れた「福五色豆」などに加え、今年は新たに「節分絵馬」も用意されます。 縁起物は、全部で6種類、およそ8000個に上るということです。節分当日は午前10時から午後4時まで30分おきに豆まき神事が 節分を前に‥伊勢の神社で「福ます」づくり | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  夫婦岩で有名な伊勢市の二見興玉神社では、2月3日の節分に向けて縁起物の福ますが1500個準備されます。  「福ます」は、白木の一升ますで、商売繁盛や無病息災を願い底には、お多福、また側面には鬼や宝物、それに夫婦岩と今年の干支である「戊戌(つちのえいぬ)」の印が押されます。  この「福ます」づくりに関わるのは、3人の女性神職と3人の巫女さんに限られていて、今の時期、通常の神事の合間をぬって、静かに準備作業が続けられています。女性限定なのは何かいわれがありそう

続きを読む

櫛田神社に良縁みくじ

櫛田神社に良縁みくじ 「出会い」博多弁でアドバイス - 西日本新聞  福岡市博多区上川端町の櫛田神社境内にある夫婦恵比須(めおとえびす)神社に、今年から、博多祇園山笠の公式キャラクター「博多祝めで鯛(たい)」をモチーフとした「博多良縁みくじ」が新登場した。  「良縁みくじ」は1回300円。「結婚や恋愛だけでなく、仕事や友人まで含めた縁を良い方向に導く指針」(櫛田神社)という。  「大吉」「吉」などの運勢のほか、「良縁への道しるべ」として「言葉遣いに気を配りんしゃい」「稽古事ば初めてみらんね」といった博多弁のアドバイスや「博多うどん」「博多織」など博多名物のラッキーアイテムも記される。巫女さんニコニコ 参拝者商売繁盛願う 日吉神社で十日恵美須祭 久留米市 [福岡県] - 西日本新聞  1年間の商売繁盛や家内安全を願う「十日恵美須祭」が9日、久留米市城南町の日吉神社で始まった。11日まで。  新年の恒例行事で、神社の入り口にはえびす様の顔をかたどった「福門」が設置され、多くの参拝者は口の中をくぐり境内へ。えびす像に手を合わせた後、縁起物を買ったり、福引をしたりしていた。10日、11日には餅まきが

続きを読む

那覇・波上宮で七五三

健やかな成長祝う 七五三 沖縄県内各地で親子連れ参拝 - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース  7歳、5歳、3歳の子どもの健やかな成長を祝う「七五三」の行事が15日、沖縄県内各地の神社であり、多くの家族連れらが参拝した。那覇市の波上宮も着物姿の子どもたちで華やぎ、境内には元気な声が響いた。  御殿では祭事が行われ、子どもたちも緊張した様子で玉串を供えた。みこから記念メダルとちとせあめを受け取ると、とびきりの笑顔を見せていた。3歳の子「大きくなったら(きかんしゃ)トーマスに乗りたい!」 成長へジャンプ 七五三、石浦神社で「碁盤の儀」 - 撮れたてニュース | 北國新聞社  「七五三」の15日、金沢市本多町3丁目の石浦神社で、子どもの健やかな成長を祈る「碁盤の儀」が執り行われた。晴れ着姿の子どもたちが元気よく碁盤の上から飛び降り、両親や祖父母が見守った。  碁盤の儀は平安時代の宮中行事に由来し、盤上に一人で立つことで子どもが自立し、勢いよく飛び降りることで運が開けると伝わる。ポーズが決まってる 境内彩る子どもたちの着物姿 七五三前に、山形・県護国神社|山形新聞 健やかに七五三参り 徳島市の天神社【徳島ニュース】- 徳島新聞社 県内神社にぎわう 七五三 - Miyanichi e-press  子どもの健やかな成長を願う15日の「七五三」を前に、徳島市新町橋2の天神社(瀧本彰宮司)は11日、お参りに訪れた親子連れらでにぎわった。  華やかな振…

続きを読む