防府天満宮「梅ちぎり」

防府天満宮 疫病収束願い込め梅ちぎり  / 山口新聞 電子版 職員のみで「梅ちぎり」 防府天満宮 /山口 - 毎日新聞  初夏の恒例行事となっている「梅ちぎり」が1日、防府市松崎町の防府天満宮であった。例年は地元の幼稚園児や婦人会の関係者が参加しているが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、みこだけで行った。  マスク姿の5人のみこは、境内の梅林に入ると青く実った梅を一つずつ丁寧に摘み取り、器に収めて神前に供えた。巫女長さん(22)「お福梅には厄よけや疫病よけの言い伝えがある。収穫した梅を食べていただき、新型コロナなどの病気に打ち勝ってもらいたい」 さきほど恒例の「梅ちぎり」を行いました。本年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、敬神婦人会と園児たちのご奉仕はありませんが、職員で収穫した梅の実をご神前に御供えしました。これから約10日間、神職・巫女が収穫し、 pic.twitter.com/PB34XQxDWY— 防府天満宮 (@hofutenmangu904) June 1, 2020 山王まつり最終日、地域の発展祈る 富山・日枝神社、氏子らコロナ収束も願う - 富山県のニュース | 北國新聞社 山王まつり 今年は神事のみ 露店、みこし中止|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 「3密」避けられない 山王まつり 今年は神事のみ|富山県のニュース|あしたに、もっとハッピーを。株式会社チューリップテレビ  日枝神社(富山市山王町、平尾旨明…

続きを読む

山口・赤崎神社創始一三五〇年式年大祭

25年ぶり式年大祭 山口・赤崎神社 : ニュース : 山口 : 地域 : ニュース : 読売新聞オンライン  山口市秋穂東の赤崎神社で25日、創始から1350年を記念した式年大祭が営まれた。  大祭の開催は25年ぶり。今回は新型コロナウイルスの影響で餅まきなど一連の行事をすべて中止し、神事のみを行った。2人の巫女が五穀豊穣を祈る「豊栄の舞」を奉納 新型コロナ退散祈願 アマビエのクラフト塗り絵制作 - 長崎新聞 2020/04/19 [10:43] 公開  諫早市宇都町の諫早神社が、疫病退散や無病息災の御利益があるとされるアマビエのクラフト塗り絵を制作、無料で配布している。  アマビエは日本に伝わる妖怪。人魚に似た容姿でくちばしやうろこを持ち、豊作や疫病の予言をするという伝説があることから全国的に注目を集めている。病気治癒の御利益があるといわれる諫早神社

続きを読む

下関で神楽舞と朗読劇

「浦安の舞」優雅に/下関出身・江原さんが神楽舞と朗読劇 動画サイトで公開へ / 山口新聞 電子版  下関市出身の女優でモデル、江原千花さん(24)が主催公演する神楽舞と朗読劇「うらやす物語~ふるさとの神話」が22日、同市豊北町滝部の市立豊北歴史民俗資料館「太翔館」であった。新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため無観客で実施し、公演の様子は今月中に動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」で公開する。4人で優雅に「浦安の舞」を hibakama / 緋袴白書RT @chika_E: 本日は、神楽舞と朗読劇「うらやす物語~ふるさとの神話~」無観客上演・動画撮影を行いました。新型コロナの影響でどうなるかと心配していましたが、各所よりご協力を頂き、無事開催することができました。動画公開の続報をおたのしみに! Photo by Shinj… at 03/24 20:13 住吉大社 神種頒賜祭・祈年祭 | やさしいニュース | TVO テレビ大阪 大阪・住吉大社で国家の安泰と五穀豊穣を願う神種頒賜祭と祈年祭です。 神種頒賜祭とは、種をつかさどる神を祀った 「種貸社」がある住吉大社ならではの祭りでホウレンソウや枝豆など、様々な作物の種をお祓いします その後行われた祈年祭では、巫女の舞や三世・桐竹勘十郎さんらによる文楽が披露されました。3月17日。巫女舞は一瞬ですが… 新型コロナ終息願い祈願祭(20-03-20)(とちぎテレビ) - Yahoo!ニュース …

続きを読む

徳島県那賀町・蛭子神社で浦安の舞を奉納

建国記念の日、県内で催し 奉祝派・児童ら平和願う舞を奉納|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞  日本会議県本部は徳島市雑賀町東開の県護国神社で奉祝式典を開いた。阿南市の吉井小学校5、6年生ら4人が国の平和を願う「浦安の舞」を奉納。参加者約80人が君が代や紀元節の歌を斉唱した。  県本部の神原常経会長は「令和が幸せな時代であるよう祈り、英霊の遺志に応えよう」とあいさつした。  那賀町大久保の蛭子神社では、那賀神社総代会が奉祝祭を開き、約140人が参加。地元の小中学生による「浦安の舞」の奉納などがあった。写真「浦安の舞を奉納する子ども=那賀町大久保の蛭子神社」 さげもんめぐり開幕、稚児姿の子どもたちがパレード(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース かわいらしい子どもたち、柳川伝統のひな祭り「さげもんめぐり」です。今年は「春節」に合わせて、3週間ほど早く“プレオープン”していましたが、11日に本格的に開幕しました。 柳川市の日吉神社では、「さげもんめぐり」の開幕を告げる「おひな様始祭」がありました。きらびやかな衣装を身にまとった子どもたちは少し緊張した様子で、「さげもん」が飾られた山車に乗って、商店街などを巡りました。4月3日まで 踊り子に選ばれた児童4人が始動 大垣まつり、師匠と対面:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)  大垣市の中心部を13両の巨大なやまが巡行する5月の「大垣まつり」。祭りに登場するやまで唯一、からくりと稚児舞踊のある「松竹…

続きを読む

広島・住吉神社「焼嗅がし」

疫病神を退散、福よこい /広島 - 毎日新聞 2020年2月3日イマナマ! 広島・住吉神社 節分の「焼き嗅がし」 | RCC PLAY! 動画配信サービス | RCC  中区の住吉神社(森脇宗彦宮司)では、イワシの頭を焼いた煙と匂いで邪気を追い払う行事「焼嗅(やいか)がし」が営まれた。時事問題を絡めたユニークな厄よけが、訪れた参拝者らを楽しませた。  平安時代に由来する神事を、節分行事として1995年から実施している。この日は、定番の鬼以外にも胸に「新型ウイルス」と書いた紙を貼った疫病神も登場。危険運転やアポ電詐欺も 神戸新聞NEXT|姫路|福娘7人が豆や餅まき 播磨国総社「節分祭」  節分の日に合わせ、播磨国総社(兵庫県姫路市総社本町)で3日、毎年恒例の「節分祭」があった。約600人が境内に訪れ、豆や餅に懸命に腕を伸ばした。  まず本殿でかみしも姿の福男と福女ら約70人が宮司からおはらいを受けた。その後、巫女装束と金烏帽子を身にまとった福娘7人が「福は内、福は内」の掛け声とともに拝殿から宮司らと豆や餅をまいた。用意した福豆1万2千袋(約150キロ)と紅白餅約3千個は5分ほどでなくなりました 神戸新聞NEXT|阪神|タカラジェンヌらが豆まき 宝塚・中山寺「星祭節分会」  節分の3日、兵庫県宝塚市の中山寺で恒例の「星祭節分会」が営まれた。古くから伝わる「追儺式」を現代風にアレンジした音楽法要が営まれた後、きらびやかな衣装を身にまとったタカラジェンヌらが、約…

続きを読む

松山・伊予豆比古命神社「椿まつり」巫女の説明会

みこ万端、春呼ぶ手伝い 椿まつりへ中高大生研修|愛媛新聞ONLINE  31日から2月2日に開かれる椿まつりを前に、愛媛県松山市居相2丁目の伊予豆比古命神社(椿神社)で19日、みこ奉仕者の説明会が開かれた。中高大学生51人が、心構えや応対を学んで本番に備えた。  社会学習の一貫で参加する地元の南、南第二、椿の3中学校の生徒を含めた58人が、みことしてお札やお守りの受け渡しなどを担当する。椿まつりで巫女経験があるという大学4年生(22)「地元の椿まつりには、小学生の頃から参拝していた。当日は忙しいと思うが、参拝者に笑顔で接して、いい気持ちで帰ってもらいたい」 商売繁盛祈願にぎわう 50回目、からつ二十日恵比須祭|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  商売繁盛などを祈願する「第50回からつ二十日恵比須祭」が19日、唐津市南城内の唐津神社境内の二十日恵比須神社で始まった。ご利益を求め大勢の参拝客が訪れた。20日は本恵比須が行われる。  開運くじ、お札、福笹の3点セットのほか熊手、宝船、福箕などの縁起物の販売もあり、数万円する大型サイズも人気を集めていた。ぜんざいの無料振る舞いや数量限定の福袋販売も 学問の神様に合格祈願 深志神社絵馬ずらり | 地域の話題 | 株式会社市民タイムス  受験シーズンが本格的に始まり、「学問の神様」として崇敬される菅原道真公(天神様)をまつる深志神社(松本市深志3)の境内の絵馬掛けには、合格祈願の絵馬が鈴なりになっている。…

続きを読む

松江で子供たちが佐陀神能を披露

島根)伝統を継承へ 子どもたちが佐陀神能を披露:朝日新聞デジタル  2011年にユネスコ世界無形文化遺産に登録された松江市鹿島町の佐太神社の神事の舞「佐陀神能(さだしんのう)」。この舞の若者への継承を目的に今年、佐陀神能保存会や同町の鹿島公民館などにより立ち上げられた「子ども佐陀神能体験教室」の初めての発表会が22日、同公民館であった。小学1~5年の9人の子どもたちが日頃の練習の成果を披露。集まった約80人の観客は温かい拍手を送った。巫女舞を披露した小学5年生(11)は「緊張したけど、2人で息を合わせてうまくできた。難しそうだけど、次は笛をやってみたい」と笑顔 奈良)春日若宮おん祭始まる:朝日新聞デジタル 奈良)おん祭のお渡り式、時代行列は雨で一部縮小:朝日新聞デジタル  春日大社(奈良市)の「春日若宮おん祭」は17日、時代行列「お渡り式」や芸能を奉納する「お旅所祭(たびしょさい)」があった。県庁前を出発した時代行列は途中で雨のため一部が縮小されたが、お旅所では神楽や舞楽が奉納された。初めてお渡り式に参加した大学4年生(22)「名古屋出身で、伝統ある奈良の祭りに参加できて光栄です。華やかな着物も着させてもらい、いい思い出になりました」 湯郷温泉街でゆず湯のサービス 甘酸っぱい香りで心身癒やして:山陽新聞デジタル|さんデジ  冬至(22日)を前に、美作市湯郷の湯郷温泉街で21日、恒例のゆず湯のサービスがあった。甘酸っぱい香りが湯煙に溶け込み、観光客らが心身を癒やした…

続きを読む

防府天満宮で合格はちまきの洗濯

先輩から「合格はちまき」リレー 志望校へ実績十分:朝日新聞デジタル 後輩に幸せをお裾分け 「合格はちまき」で激励 山口・防府天満宮 - 毎日新聞 防府天満宮で合格はちまきの洗濯|山口朝日放送  「学問の神様」の菅原道真公をまつる防府天満宮(山口県防府市)で16日、今春の受験で志望校に合格した人たちから返納された「合格はちまき」を巫女(みこ)が洗濯し、天日で干した。  「努力」の文字が青く染められたはちまきには、「努力は噓(うそ)をつかない」「絶対合格」といったメッセージが書かれたものや、だるまの絵が描かれたものも。「合格のバトンリレーを」と、巫女4人が乾いた約3200枚にアイロンをかけ、この日から無料で配布を始めた。希望者には郵送も受け付けている。「受験生が良い結果を出せるよう祈りを込めて洗濯しました」と巫女さん(18) hibakama / 緋袴白書RT @hofutenmangu904: 受験生応援!!合格はちまき洗濯https://t.co/nZ10iF0UML#受験生 #応援 #合格 #はちまき https://t.co/I0Upnc6ifR at 12/16 20:45 平穏願って 琴崎八幡宮すす払い / 山口新聞 電子版 1年間のすす払う 琴崎八幡宮で恒例の年末行事【宇部】|宇部日報 このまちメディアWeb 2019歳末点描:琴崎八幡宮で年末すす払い 宇部 /山口 - 毎日新聞  宇部市上宇部の琴崎八幡宮で12日、正月準備のすす払いがあった。神職…

続きを読む

福山・備後一宮吉備津神社「市立大祭」

福山で恒例の市立大祭始まる 五穀豊穣に感謝 児童は巫女舞奉納:山陽新聞デジタル|さんデジ  五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する恒例の「市立(いちだて)大祭」が22日、福山市新市町宮内の備後一宮吉備津神社で3日間の日程で始まった。初日は、国重要文化財の本殿で例大祭が執り行われ、地元小学生による巫女(みこ)舞などが奉納された。小学6年生「4人息をそろえて舞うことができた。来年も平和で楽しく過ごせるよう願いながら舞った」 ◆長和町の大門神社春宮が「新嘗祭(にいなめさい)」2019の祭典を行う!初めて地元の中学生による「神楽」「浦安の舞」を奉納!今年も収穫に感謝! | 東信ジャーナル[Blog版] 長和町大門の大門神社春宮(相馬実総代会長)は、今年も収穫に感謝する「新嘗祭(にいなめさい)」の祭典を行った。  今回、初めて地元中学生による「神楽」「浦安の舞」が奉納された。  また、神社境内に地域住民が集まり、神社内では関係者16人により神事が行われた。依田窪南部中学校2年の4人が舞姫に 大町の仁科神明宮 式年遷宮祭 華やかに幕  | 信濃毎日新聞[信毎web]  20年に一度の式年遷宮祭を開いている大町市社の仁科神明宮は17日、例大祭を開いて3日間の日程を終えた。この日は稚児行列や子どもみこし、県無形文化財の太々(だいだい)神楽の奉納などがあり、境内は参拝者や観光客でにぎわった。  例大祭は毎年9月に開いているが、今年は式年遷宮祭に合わせて実施した。稚児行列は式年遷宮祭…

続きを読む

岡山の中学生が「今様合」に挑戦中

平安時代の「今様合」に挑戦中 鏡野の中1、本紙記事きっかけに:山陽新聞デジタル|さんデジ  平安時代に貴族の間で流行した歌会遊び「今様合(いまようあわせ)」に、岡山県鏡野町立鏡野中1年の岡田花望(かの)さん(12)が挑戦している。今年1月、今様合に取り組む団体を紹介した本紙記事を読んだのがきっかけで、団体が京都市で開く教室や発表の場に夏から参加。「日本の伝統文化を身に付けたい」と張り切っている。謌舞楽会が法住寺(京都市)で開いた「今様合の会」では白拍子姿で冒頭に舞ったほか、歌人にすずりなどを運ぶ「諸役」を務めました 後白河法皇が愛した遊び、令和に 「今様合の会」法住寺で白拍子舞う|文化・ライフ|地域のニュース|京都新聞  平安時代後期に流行した歌謡「今様」を詠む「今様合(あわせ)の会」が13日、京都市東山区の法住寺で開かれた。歌人が詠む歌に合わせて、白拍子姿の女性たちが即興で優雅な舞を披露した。  今様は七五調を基本とした四節から成る。鎌倉時代以降に衰退したが、日本今様謌(うた)舞楽会(右京区)が現代に継承しようと戦後に復興し、国内外で公演を開いている。先月。上記記事に出てきた話題が 白拍子の舞、衣装新調 小松で15日イベント、中学生が稽古 - 石川県のニュース | 北國新聞社  平清盛の寵愛(ちょうあい)を受けたとされる白拍子(しらびょうし)・仏御前(ほとけごぜん)をしのぶイベント「座・白拍子」(本社後援)は15日、仏御前の出身地とされる小松市原町で行われる。今年…

続きを読む

愛媛県上島町・生名八幡神社の創建四百年記念祭

生名八幡神社、創建400年 稚児行列でお祝い|愛媛新聞ONLINE  愛媛県上島町の生名島にある生名八幡神社の創建400年記念祭がこのほどあり、子どもたちが華やかな稚児行列を披露した。みこしやだんじりも加わり、地域全体で大きな節目を祝った。  吉田浩喜宮司(49)によると、神社は生名島が石清水八幡宮(京都)の荘園だった頃からあったと考えられるが、詳細は不明。社殿が再建された記録が残る1616年を創建年としている。1966年には350年祭を実施しており、当時の参加者の話を参考に400年祭を開催した。写真「神事で舞を奉納するみこ」 ラグビー日本代表の勝利で宮崎・日向の「大御神社」の参拝客増加  - 日向経済新聞  ラグビー日本代表は前回のワールドカップが行われた2015(平成27)年の宮崎キャンプの際に、大御神社で必勝祈願をし、南アフリカ戦で歴史的勝利を収めた。今年はワールドカップの事前キャンプ最終日の7月17日に選手、スタッフなど合わせて60人が参拝した。宮司の新名光明さんによると当時のヘッドコーチ、エディー・ジョーンズ(現イングランド代表ヘッドコーチ)さんが同神社に国家「君が代」に登場する「さざれ石」があることを知り、2014(平成26)年に、毎年10月に行う「宵まつり」を見に来たことがきっかけという。「20代の巫女の女性によると、日本代表が勝ち進むにつれ、2割ほど参拝客が増えたという」 福井県 今庄宿のにぎわい体感 「街道浪漫」に飲食ブースや踊り 福井県南越前町|北…

続きを読む

防府天満宮「花神子社参式」

山口)花神子、愛らしく 防府天満宮:朝日新聞デジタル  山口県防府市の秋を華やかに彩る防府天満宮の「花神子(はなみこ)社参式」が13日、あった。JR防府駅前から天満宮までの約1・5キロにわたり、愛らしく着飾った稚児ら約500人が往時の大名行列をしのばせる時代絵巻を繰り広げた。  天満宮で11月23日に催される御神幸祭(裸坊祭)に向けて、一夜づくりの御酒(ごしゅ)を神前に供えて無事を祈願する伝統行事。長持ちや馬、花かご、御所車など古式ゆかしい行列が練り歩いた。主役の小学6年生(12)は重い衣装を身にまとい、緊張した様子で「結構大変だった」 この投稿をInstagramで見る ~花神子社参式~  本日花神子社参式を斎行致しました。  御神前に御酒をお供えし、御神幸祭の無事斎行と皆様方の益々の弥栄をお祈り申し上げました。花神子社参式にご奉仕いただいた皆さま、長時間に渡るご奉仕誠にありがとうございました。 また、多くの方々にお参り戴きましたことを重ねて御礼申し上げます。ありがとうございました。  花神子社参式とは・・・ その年の御神幸祭【裸坊祭】(令和元年11月23日)に供奉する大行司・小行司役(道真公ご着船時に在庁官人であった藤井・清水両家の末裔)が祭りの無事斎行を祈願するため、大行司・小行司役が醸した一夜御酒を花神子をして奉献する社参の式です。   #花神子社参式 #山口県 #防府市 #防府天満宮 #天満宮 #神社 #神社巡り #…

続きを読む

小豆島・阿豆枳島神社で秋の例大祭

小豆島の阿豆枳島神社で秋の例大祭 島の守り神に「巫女の舞」奉納 香川(KSB瀬戸内海放送) - Yahoo!ニュース 島の繁栄願い舞奉納 阿豆枳島神社で例大祭 小豆島(四国新聞) 小豆島の阿豆枳島神社で秋の例大祭 島の守り神に「巫女の舞」奉納 香川  小豆島の守り神を祭っている阿豆枳島(あずきじま)神社で16日、秋の例大祭が行われ、「巫女の舞」などを奉納しました。  香川県小豆島町の寒霞渓山頂にある拝殿には、島の人たち約100人が集まりました。  阿豆枳島神社の本殿は小豆島の最高峰、星ヶ城の東西の峰にあり、島の守り神を祭っています。  祝詞奏上(のりとそうじょう)の後は、4人の巫女が雅楽に合わせて「浦安の舞」を奉納しました。地元保存会のメンバーが「安田おどり」を披露 神戸新聞NEXT|総合|成長願い千歳飴の袋詰め 「七五三」前に神戸・湊川神社  子どもの健康と成長を願う「七五三」のシーズンを前に、神戸市中央区多聞通3の湊川神社で18日、参拝者に配る千歳飴の袋詰めが行われた。同神社の巫女や神職ら約30人が、約1時間半で5千袋を用意した。4月に巫女になったばかりという女性(20)は「子どもたちに『来て良かった』と思ってもらえるよう、七五三の当日もお手伝いをしたい」と 神木の「すぎ守」授与 南砺・高瀬神社の観月祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社  南砺市の越中一宮高瀬神社は15日、観月祭を営み、島年県出雲市の国重要無形文化財「大土地(おおどち)神楽」が奉…

続きを読む

愛媛県愛南町・金峯神社で浦安の舞奉納

中学生6人が地域伝統の舞 柏の神社 無病息災祈る|愛媛新聞ONLINE  愛媛県愛南町柏の金峯神社で夏祭りがこのほどあり、みこ姿の中学生が地域に伝わる「浦安の舞」を奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を祈った。  浦安の舞は一度途絶していたが、1989年に復活して以来、旧暦6月13日に執り行われている。  神事に参加したのは、地元の内海中学校1、2年生の6人。扇を広げたり鈴を鳴らしたりしながら、地域の平穏を願って厳かに舞った。女子生徒(13)は「地元柏が良くなってほしいと思いながら踊れた」と 大福梅ずらり、甘酸っぱい香り広がる 北野天満宮で「土用干し」 : 京都新聞  京都市上京区の北野天満宮で26日、正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」の土用干しが始まった。せみ時雨の中、白衣に緋(ひ)袴(ばかま)姿の巫女(みこ)が梅の実をむしろの上に並べ、甘酸っぱい香りが広がった。  梅雨明けに行う夏の風物詩。梅の実は6月に境内の約1500本から収穫し、約2・2トンをたるで塩漬けしていた。この日から順次取り出し、1カ月ほど天日干しする。  本殿前の中庭では、巫女が額に汗を浮かべながら実が重ならないように気を使っていた。事始めの12月13日から参拝者に有料で授与 佼成雅楽会 靖国神社「みたままつり」で舞楽奉納 | 佼成新聞デジタル 佼成雅楽会は7月15日、靖国神社(東京・千代田区)で開催された「みたままつり」(13~16日)で、舞楽を奉納した。 同…

続きを読む

防府天満宮で七夕まつり

山口)願いも色々、七夕まつり 防府天満宮:朝日新聞デジタル LEDで幻想的に 防府天満宮で七夕まつり - 毎日新聞  防府市の防府天満宮で1日、七夕まつりが始まった。参拝者の願いが込められた短冊が下がるササ飾りや、星空をイメージしたオブジェ「傘玉」が境内を彩っている。7日まで。  傘玉はビニール傘6本を組み合わせて直径約1・2メートルの球体にし、中に入れた発光ダイオード(LED)を点灯させている。楼門前の参道に20個が並べられ、牛乳パックで手作りした灯籠(とうろう)とともに天の川をイメージしている。点灯時間は午後6~9時。巫女さん(21)「願いはきっとかないますので、ぜひお参りください」 この投稿をInstagramで見る 七夕まつり開幕!! #七夕 #七夕まつり #傘玉オブジェ #織姫 #彦星 #短冊に願いを込めて #星空 #日本の風景 #防府天満宮 #神社 #御朱印 #伝えたい日本の心 #shrine #Shinto #japan #japanese #japan_of_insta #japantrip #instagood #instapic #love_nippon #photography #jalan_travel #beautifulworld #love_united_japan #love_united_asia #beautiful_japan #starrysky 防府天満宮さん(@hofutenmangu)がシェアした…

続きを読む

防府天満宮で「梅ちぎり」

山口)初夏感じる風物詩 防府天満宮で「梅ちぎり」:朝日新聞デジタル  初夏の風物詩となっている「梅ちぎり」が27日、山口県防府市の防府天満宮であった。地元の園児や婦人会の女性ら約100人が梅の実を摘み取って、神前に供えた。塩漬けにした後、天日干しし、祈願者に「お福梅」として授けたり、正月の参拝者に梅茶として振る舞ったりする。  梅は祭神の菅原道真公がこよなく愛したことから、境内の6600平方メートルに約1100本が植えられている。園児らは梅林で歓声をあげながら梅の実を収穫。今年の作柄は例年並みで、1週間かけて計900キロの収穫を見込んでいます hibakama / 緋袴白書RT @hofutenmangu904: 昨日、毎年恒例の「梅ちぎり」を行いました。今年も敬神婦人会、双葉幼稚園・双葉保育園の園児にご奉仕いただき、収穫したばかりの梅の実を御神前に御供えしました。これから約1週間、神職・巫女が収穫し、塩漬けした後に夏の土用干しをして「お福梅」「… at 05/28 20:37 平和と発展祈り 松原恵比須社で「とんさんえびす」|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  佐賀市松原の松原神社境内にある松原恵比須社の鎮座建立を記念した「とんさんえびす祭り」が3、4の両日、開かれた。「とんさんえびす」と呼ばれる高さ2・5メートルの巨大えびす像を前に、市内外から訪れた人たちは平和な日々や地域の発展を願った。  3日の宵宮祭は、約300個のちょうちんがともる…

続きを読む

徳島県美波町・薬王寺で稚児行列

薬王寺周辺で伝統の稚児行列|徳島の話題,暮らし|徳島ニュース|徳島新聞  美波町奥河内の四国霊場23番札所・薬王寺周辺で、子どもの健やかな成長を願う伝統の稚児行列が行われた。  きらびやかな衣装を着た町内の幼児ら約50人が、門前町の桜町商店街を出発。縁起がいいとされる白い象をかたどった台車を引き、寺までの約400メートルを練り歩いた。園児(4)は「友達と一緒に歩いて楽しかった」と 釈迦の誕生像に花まつりの稚児行列と灌仏式(ケンオー・ドットコム) 新潟県三条市の三条市仏教会(青山信太郎会長)は5月11日、真宗大谷派三条別院を拠点に釈迦(しゃか)の生誕を祝う行事「花まつり」の稚児行列のおねりと釈迦の誕生像に甘茶をかける灌仏(かんぶつ)式を行った。 花まつりは原則として釈迦の誕生日とされる4月8日に行われるが、県内では天気が穏やかになってからと月遅れで行うところが多い。三条市仏教会も同様で、ことしも午後1時半に三条別院からおねりが出発し、中央商店街へ出てから三条別院へ戻って灌仏式となった。行列には約200人が参加 三重)伊賀・柘植の斎王群行 2年ぶりに一部復活:朝日新聞デジタル 斎王さん、華やか群行 伊賀つつじ祭で2年ぶり:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  伊賀市柘植町の余野公園で十二日、恒例の「つつじ祭」があった。園内の約一万五千株のツツジも見頃を迎え、来場者はお花見をしながら、特設ステージでの歌や踊りを楽しんだ。  ステージでは、地元に伝…

続きを読む

松江・熊野大社「御田植神事」

島根)豊作祈り 中学生が踊りを披露 松江の熊野大社:朝日新聞デジタル  松江市八雲町の熊野大社で13日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「御田植(みたうえ)神事」があった。境内で八雲中学校の女子生徒11人が田植え歌と踊りを披露した。参拝者からはさかんな拍手が送られた。  かすりの着物にすげ笠をかぶった女子生徒たちは、手に稲の苗に見立てた松葉を持って一列に並んだ。太鼓や笛の音に合わせて、「秋の稔(みの)りを植えて待つ」などと歌いながら、田植えの動きをしながら踊った。中学1年生(12)は「帯もきつくて、腰も痛かったけど、練習よりもうまくできて楽しかった」と笑顔 御田植祭|お知らせ|淡路島テレビジョン(ATV) 4月15日、下内膳にある栢森住吉神社で伝統行事「御田植祭」が行われました。 はじめに、町内会長や宮総代の他、 この祭りの主役・早乙女衣装の女の子達らが参列して、拝殿で神事が行われました。 続いて境内で、早乙女役の女の子達が、 桜の枝を稲の苗に見立てて豊作と無病息災を願う「お田植踊り」を披露しました。 この日は、加茂小学校に通う、下内膳地区に住む7歳を迎えた1年生8人が、 早乙女衣装を着て舞を披露しました。宮司が叩く太鼓に合わせ、そろりそろりと拝殿前を3往復 健やか成長、願いのせ 用瀬の流しびな | 日本海新聞 Net Nihonkai 用瀬の流しびな 江戸時代からの伝統行事 日本海新聞  江戸時代から続く伝統行事「用瀬の流しびな」(実行委員会…

続きを読む

瀬戸内倉敷ツーデーマーチで中学生巫女が出迎え

岡山)歴史と復興の道へ 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ開幕:朝日新聞デジタル  早春の晴れ空の下、9日に開幕した「第32回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ」(倉敷市、朝日新聞社など主催、明治など協賛)。初日は6165人が、歴史や絶景があふれる5~40キロの4コースを楽しんだ。(中略)  20キロコースの中間にあたる熊野神社。「こんにちは」。巫女(みこ)に扮した岡山市内の中学1年岡田紗来さん(12)と木村真雪さん(13)の2人が、放送部で鍛えた張りのある声で参加者を迎えた。中学校は別だが幼稚園からの幼なじみ。「おなかから声を出し、明るく笑顔で」。そんな心構えで臨み、疲れが見え始めた参加者を癒やした。なんだかいろいろ謎ですが 千葉)雛舟、華やかに 佐原で春祭り:朝日新聞デジタル ひな舟巡り華やかに 7隻で小野川パレード 香取 | 千葉日報オンライン  歴史的建造物が立ち並ぶ香取市佐原を流れる小野川で9日、ひな人形に扮(ふん)した参加者が舟に乗ってパレードする「さわら雛舟(ひなぶね)春祭り」が開かれた。おひなさまや五人囃子(ばやし)などの格好をした華やかな一行を見るため、川沿いに多くの観光客らが集まった。  佐原の町並みの商店などにひな人形を並べる「さわら雛めぐり」(24日まで)の関連行事で、今年で7回目。水郷佐原観光協会によると、水上で行うひな祭りは全国でも珍しいという。雅楽の音色が鳴り響く中、1日に3回パレード 西宮神社も矢野阪神1年目に大きな期待「これほど縁起のいい年はない…

続きを読む

宇部・琴崎八幡宮のお守りいろいろ

「ほぼ断らない」お守りの総合デパート 願い839種に:朝日新聞デジタル  大漁祈願からスポーツ上達、美貌(びぼう)、美脚願いまで、まるでお守りの総合デパートのような神社が、山口県宇部市にある。地元の鎮守として地域に親しまれている琴崎(ことざき)八幡宮。その数は839種にのぼり、「日本一」をうたう。参拝客の要望に応えて増え続けたお守りからは世相の移り変わりもうかがえる。写真「安産祈願の特大お守り」 富山)「富富富」入りのお守りを頒布へ 高岡・射水神社:朝日新聞デジタル 富富富入り「一守り」 高岡 射水神社 実り豊かな暮らし願う(北日本新聞)  高岡市古城の射水神社(松本正昭宮司)は3月1日から富山米の新品種「富富富(ふふふ)」の種もみを入れた「一守り」の授与を始める。「一粒万倍」にちなみ、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄など実り豊かに暮らす願いを込めている。  一守りは吉祥の模様である瑞雲(ずいうん)と「一」の文字をあしらい、西陣織の技法で作ったお守りで、1月から白、水色、桃色の3種類を頒布している。米は古くからお供えやおはらいなど神事に用いられ、富富富の名前が縁起がよいことから、今回、富富富を入れた金色の一守りを限定で作ることにした。300体限定 屋根銅板に願い事を 高岡・射水神社、葺き替えで募る - 富山県のニュース | 北國新聞社  高岡市の射水神社は10日までに、社殿の屋根の葺(ふ)き替えに使う銅板に、地域住民らが氏名や願い事を書き込む特別奉納の募集を始…

続きを読む