ハワイの小学生が石鎚神社で巫女舞練習

ハワイの小学生、石鎚神社で巫女舞練習|愛媛新聞ONLINE  正しい巫女(みこ)舞を身に付けようと、ハワイ・ホノルル市に住む日系5世の小学生リベリオ・サチさん(10)が愛媛県西条市西田の石鎚神社を訪れ、練習に励んでいる。リベリオさんは「練習は順調。奇麗に舞えるようになりたい」と意気込んでいる。ハワイ石鎚神社があるそう 移民の真摯な想いとともに -ハワイ石鎚神社の歩みと今- | お寺・神社の”いま”を伝える情報メディア 寺社Now 赤い衣装で優雅な舞 細江神社、祇園祭が開幕|静岡新聞アットエス  地震の神様として親しまれている浜松市北区細江町の細江神社の例大祭「祇園祭」が14日、同神社周辺で始まった。初日は神事や祭り屋台の引き回しが行われた。15日まで。  かつて湖西市新居町にあったご神体が2度の地震による津波で同神社近くの赤池に流れ着いたとの言い伝えにまつわる行事。氏子総代や地元住民計約100人の行列はご神体を載せたみこしを引き、神社から赤池まで歩く赤池神幸祭を執り行った。  赤池ではご神体の前で神職が祝詞を読み上げた後、赤い衣装を着た地元の女子児童4人が笛と太鼓の音色に合わせ、優雅な舞を奉納した。15日は地震、津波からの安全を祈願する海上渡御が 地域安寧へ「天王祭舞楽」 森町・山名神社祇園例大祭|静岡新聞アットエス 児童ら舞楽披露 森町・山名神社:静岡写真ニュース:中日新聞しずおか:中日新聞(CHUNICHI Web)  森町飯田の山名神社の祇園例大祭で14…

続きを読む

香川大学の外国人留学生が巫女体験

香川大学の外国人留学生が神社で巫女体験 玉串奉奠や舞など | KSB瀬戸内海放送  香川大学の外国人留学生が高松市の神社で伝統的な巫女の作法や舞などを体験しました。  高松市の「ちきり神社」で巫女の体験を行ったのは香川大学経済学部の留学生など5人です。  本殿で巫女の舞が披露されると、5人は驚いた様子でスマートフォンで撮影していました。「自分がその格好になってみたら大変だと思った」「日本の文化を体験しますのですごくうれしい」 五島で御田植祭 | NCC長崎文化放送 五島で献上米の御田植祭(NBC長崎放送)  ことし秋に皇居で行われる新嘗祭に献上する米の「御田植祭」がこのほど五島市で行われた。  献上されるのは「ヒノヒカリ」という品種のお米。今月23日、五島市岐宿町の川谷光男さんの田んぼでは豊作を祈願する神事などが行われた。献穀米の生産地に五島市が選ばれたのは13年ぶり。この日は早乙女・早男の衣装を着た岐宿小学校の児童10人が一列に並びヒノヒカリの苗を等間隔に丁寧に植えていった。秋には、収穫した米一升を献上 御田植祭:幼い早乙女、豊作を祈願 宇佐神宮で /大分 - 毎日新聞  全国各地で行われる御田植祭のルーツといわれる宇佐神宮(宇佐市)の御田植祭が24日、境内であった。上宮本殿での祭祀(さいし)後、水守役の宇佐小5年、島田斗真さん(10)がくわを担いで能楽殿横に設けられた小さい「斎田」をゆっくり回ると、伝統のかすり姿の幼い早乙女が早苗を次々と田に投げ入…

続きを読む

吉備津神社で巫女体験研修

みこ体験研修 歴史や礼儀作法学ぶ 岡山で県神社庁、記者も参加: 山陽新聞デジタル|さんデジ  白衣に朱色の緋袴(ひばかま)を身にまとい、清らかな雰囲気に包まれた「みこ」。人気アニメ映画に登場するなど、近年若者たちを中心に注目を集める中、「みこ体験研修」が27日、吉備津神社(岡山市北区吉備津)で初めて開かれた。岡山県内から応募した20人とともに記者も参加。歴史的背景や役割を知ることで、これまでとは違うみこの姿が見えてきた。  みこ体験をきっかけに伝統文化や神社に親しみを持ってもらおうと、県内の神社を取りまとめる県神社庁(同市中区奥市)が企画。15~41歳の参加者が歴史や礼儀作法、舞の動作を学んだ。高校1年女子(15)「憧れの衣装を着られてよかった。神社やみこさんに親しみを感じるようになった」 【動画】楠公さん勇壮に、700人が武者行列 神戸・湊川神社 - 産経WEST  「楠公(なんこう)さん」の愛称で親しまれる南北朝時代に活躍した武将、楠木正成(まさしげ)を祭る湊川神社(神戸市中央区)周辺で26日午前、「楠公武者行列」が始まった。行列は5年ぶりで、約700人が甲冑や直垂(ひたたれ)などの装束を身につけ、神戸の街を勇壮に練り歩いた。女性の騎馬武者も 熊本)ハナショウブが見ごろ 玉名・裏川水際緑地:朝日新聞デジタル  熊本県玉名市高瀬地区の裏川水際緑地で25日、「高瀬裏川花しょうぶまつり」が始まった。初日は、紺のかすり、赤いタスキにすげ笠姿の早乙女に扮した高校生ら4…

続きを読む

津和野・太皷谷稲成神社で春季大祭

山陰中央新報社|太皷谷稲成神社で春季大祭  日本五大稲荷(いなり)の一つ、島根県津和野町後田の太皷谷稲成神社で15日、春季大祭があった。神事が厳かに執り行われ、県内外から訪れた参拝者たちが家内安全や商売繁盛を祈願した。  角河和幸宮司ら神職と責任役員総代、巫女(みこ)らが、境内でおはらいの儀を行い、本殿に移動。続いて角河宮司が厳かに祝詞(のりと)を読み上げ、巫女が優雅な舞を奉納した後、参拝者約100人が玉串をささげた。7代目津和野藩主・亀井矩貞(のりさだ)が、京都の伏見稲荷大社から稲成大神を太皷谷の峰に迎えた日 勇まし大神輿、雅に「浦安の舞」 京都・宮津の「宮津祭」本祭 : 京都新聞  初夏を感じさせる陽気となった15日、京都府宮津市の市街地一帯で、宮津祭の本祭が営まれた。太鼓や笛の音が街中に響き渡り、勇壮な神輿(みこし)巡行や、巫女(みこ)による舞の奉納などで地域の安寧と繁栄を願った。  祭りは、西部の山王宮日吉神社(宮町)と東部の和貴宮神社(宮本)の例祭で、江戸時代から続くとされる。 (中略)  山王宮日吉神社の神輿行列は、午後2時ごろ市役所(同市柳縄手)に着き、舞姫3人による「浦安の舞」を奉納した。高3と中2の姉妹と中学3年生 つつじまつり イベントデーで賑わい|チバテレ  つつじまつりが開かれている東庄町・雲井岬つつじ公園で6日、さまざまなイベントが行われ、大勢の住民らでにぎわいました。  雲井岬つつじ公園は歴史のある神社・東大社の神…

続きを読む

四万十「土佐一條公家行列藤祭り」玉姫役が就任報告

「土佐一條公家行列」玉姫役に19歳の高知高専生 高知県四万十市|高知新聞 玉姫の紙芝居 新しく : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  高知県四万十市で5月3日に行われる「土佐一條公家行列『藤祭り』」の玉姫役に、同市岩田出身で高知高専5年生の山崎萌果さん(19)=高知市=が選ばれた。27日は四万十市中村新町3丁目の「玉姫の墓」で就任を報告した。「華やかな衣装に負けないよう、笑顔で玉姫様を務めたい」と抱負を あでやか十二単に「役の重み」 京都・三船祭、衣装合わせ : 京都新聞  平安時代の船遊びを大堰川で再現する「三船祭」の衣装合わせが27日、京都市右京区の車折神社で行われた。清少納言役に今年は主婦網田奈央さん(36)=中京区=が選ばれ、あでやかな十二単(ひとえ)姿を披露した。  網田さんは「(三船祭は)美しいお祭りで写真にも映える。一人でも多くの方に来ていただき、嵐山、京都、日本の美しさをお届けしたい」と抱負を語った。祭りは5月20日の午前11時~午後3時、渡月橋上流左岸で 歴史思い、舞厳かに 祐綏神社で明治維新百五十年奉祝祭(山口新聞) 明治維新150年に合わせて、周南市徳山の祐綏(ゆうすい)神社(黒神直大宮司)で22日、明治維新百五十年奉祝祭があり、関係者ら約60人が参列した。 祝詞奏上や玉串拝礼などがあり、黒神宮司(55)が「近代国家の幕開けとなった幕末、多くの長州の志士が活躍した。明治維新と徳山藩に思いをはせてもらい、歴史を次の…

続きを読む

道後温泉まつり

道後温泉まつり:湯に感謝、神楽厳かに あすまで松山 /愛媛 - 毎日新聞  松山市道後湯之町の国重要文化財「道後温泉本館」周辺で19日、恒例の「道後温泉まつり」(実行委主催)が始まった。21日まで。  まつりの始まりとして「湯祈とう」が本館2階の大広間であり、関係者ら約60人が温泉の恵みに感謝した。湯を奉納するため、みこしや子どもたちの行列が道後商店街を歩いて湯神社へ向かうと、観光客らは珍しい光景に足を止め、写真に収めるなどしていた。3月20日の記事でした 御田植祭:早乙女6人が“早苗”植え、豊作祈る 日田・大原八幡宮 /大分 - 毎日新聞 日田市・大原八幡宮「御田植祭」 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  日田市の総鎮守の大原八幡宮で15日、古来の作法にのっとった御田植祭(春季例大祭)=県指定無形民俗文化財=があり、早乙女6人が早苗に見立てたセキショウを植えて今年の豊作を祈った。  鎌倉時代から伝わる伝統の神事。牛使い役の衛藤龍雄さん(71)と牛役の庄内輝彦さん(65)が演じる「代かき」では、重労働に文句たらたらの牛と、なだめる牛使いのユーモラスな掛け合いが参拝客の笑いを誘った。早乙女は保育園児ら 豊作祈る かわいい早乙女 杵築市内で「御田植祭」 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate 五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄を祈る「御田植(おんたうえ)・・・八幡奈多宮のようです →御田植え(おん…

続きを読む

松山・伊予豆比古命神社で椿まつりの説明会

みこの心得学ぶ 椿まつり前に説明会|愛媛新聞ONLINE  22~24日の「椿まつり」を前に、愛媛県松山市居相2丁目の伊予豆比古命神社で10日、巫女(みこ)を務める中学生から大学生までの約60人が心得や参拝者の応対を学んだ。  白衣(はくえ)に緋袴(ひばかま)を身につけた参加者は社殿に参拝後、お札とお守りの受け渡し方や、値段を意味する初穂料など神社独特の言葉遣いを確認した。中学2年生(14)「覚えなければならないことが多いが、本番までに完璧にしたい」 御湯の神事:御湯で清め、商売繁盛願う 桜井・恵比須神社 /奈良 - 毎日新聞  桜井市三輪の恵比須(えびす)神社で7日、巫女(みこ)が釜の湯にササを浸して参拝者らに振りかける「御湯(みゆ)の神事」が営まれた。  商売繁盛や家内安全を願い、5~7日に開かれた「三輪の初えびす」の神事。同神社は日本最初の市場とされる古代の「海石榴市(つばいち)」の守護神で、商業者の信仰を集めてきた。こちらのブログに写真たくさん 初市大祭!御湯の神事@恵比須神社 – 奈良の宿大正楼 ◆上田市の上田大神宮で「節分祭神事」2018!特設会場で浦安の舞! 長野県 上田市 | 東信ジャーナル[Blog版]  上田市中央北の上田大神宮では節分祭神事の後、特設会場で浦安の舞があった。  舞姫は高2の小林さくらさん、中2の岡崎双葉さん、小6の小林なのはさんと掘内かよ梨さん。舞女さんは豆まきもしたようです

続きを読む

広島・住吉神社「焼嗅がし」の神事

イワシ1000匹焼き厄払い 広島 | 中国新聞アルファ イワシを焼いて鬼退治 広島・住吉神社で節分行事「焼嗅がし」 - 産経ニュース  節分の3日、広島市中区の住吉神社で、約千匹のイワシを焼き、その強烈な臭いで鬼などを退治する行事「焼嗅(やいか)がし」が営まれた。時事ネタを取り入れたユニークな人物も登場し、次々と“厄払い”される姿が参拝者の笑いを誘った。  焼嗅がしは、元々は平安時代の神事。神社では平成7年から親しみやすい節分祭として、今の形式の神事を続けている。  境内で大勢の参拝者が見守る中、祭主や若君、「あわてものの貴族」、巫女が一列に並んで登場。貴族が「赤鬼がやってまいりました!」と告げると、若君がイワシを焼いて追い払うよう指示。「はよ焼け~、そら焼け~」の掛け声の中、巫女が用意されたイワシの頭を次々と焼いた。今年は仮想通貨ビットコインの暴落にちなんだ「貧乏神」や、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」にちなんだ「疫病神」などが登場 節分 福よ来い 福男、福女が豆まき 高岡・射水神社:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  節分の三日、県内各地で豆まきなどの行事があり、大勢の人たちが今年一年の幸福や無病息災を願った。  〇…高岡市古城の射水神社であった節分祭では、福男と福女が参拝者約百五十人に豆をまいた。  「鳴弦の儀」では松本正昭宮司が鬼門と裏鬼門に向かって弦を引き、音で邪気を払った。「鬼追いの儀」では、現れた鬼に、松本宮司が「鬼、追い遣(や)ろう…

続きを読む

金刀比羅宮「稽古始式」

精進誓い舞披露 金刀比羅宮で稽古始式 | 香川のニュース | 四国新聞社 神職ら 上達祈願 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  約54万人の初詣客でにぎわった琴平町の金刀比羅宮で11日、神職らが祭事に奉納する雅楽や舞の技量向上を祈願し、一年の奉仕を誓う「稽古始(はじめ)式」が営まれた。  宮内の緑黛(りょくたい)殿で、白衣にはかま姿の神職と、黒の紋付きはかま姿の巫女(みこ)ら計16人が参列。神前で祝詞などをささげた後、笙(しょう)や篳篥(ひちりき)、和琴など計9種類の和楽器で荘厳な雅楽を演奏し、美しい音色に合わせて優美な舞を奉納した。男性神職らが神主舞と諸司舞を、巫女は鈴や扇を手にして八(や)少女(おとめ)舞をそれぞれ披露 15歳5人「社会に尽くす」 古式ゆかしく元服式 - 宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS  宮崎市の宮崎神宮で8日、15歳になったことを祝う元服式があった。同市跡江の剣道場「神武館道場」(小山田敏館長)に通う中学3年生5人が参加し、古来からの衣装に身を包み、社会のために尽くすことを誓った。女子は浦安の舞の装束のようです 開運射抜け 園児ら武射祭 薩摩川内・新田神社 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com  薩摩川内市の新田神社で7日、新春恒例の「武射祭」があった。600年以上の歴史があるとされる行事で、毎年七草参りの日に行われる。今年は近くのみくに幼稚園から数えで7歳になる園児約30…

続きを読む

鳴門・事代主神社「御湯神楽」

商売繁盛の願い込め 徳島県内各地で「えびす祭り」【徳島ニュース】- 徳島新聞社  鳴門市撫養町南浜の事代主(ことしろぬし)神社であり、湯を浴びて無病息災を祈る「御湯神楽(おゆかぐら)」が行われた。  境内にしめ縄と紙垂(しで)を取り付けた釜を置いて湯を沸かし、みこが清めの塩、供え物の米と酒を入れた後、両手に持ったササを湯の中へ。ササを勢いよく振り上げ、しぶきを参拝者にかけた。2007年から始まり12回目 徳島・えびす祭り始まる : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  商売繁盛などを願う「えびす祭り」が9日、徳島市通町の事代主神社で始まり、商店主や家族連れらが、はかま姿の福娘から縁起物を買い求めたり、神前で手を合わせたりしていた。  社務所では、小判などを飾りつけた縁起物の「福笹」や熊手などを次々と買い求める参拝客らでにぎわった。3日間で、約18万人の人出を見込みます 招福行列にぎやか 大阪天満宮・宵えびす - 大阪日日新聞  大阪市北区の大阪天満宮で9日、「天満天神えびす祭」が宵宮を迎え、北新地と大阪天満宮を往復する「堂島北新地えびす詣招福行列」が盛大に行われた。事前公募で選ばれた「天満えびす招福娘」ら約100人の奉仕者が参加し、「商売繁盛でササ持ってこい」とにぎやかに練り歩いた。  招福行列は、同宮の氏子青年会の主催で、地元関係者らの協力を得て2009年から実施している。写真【飲食店が連なる北新地をにぎやかに練り歩く招福娘ら=9日…

続きを読む

防府天満宮で「合格はちまき」の洗濯

防府天満宮:「合格はちまき」の洗濯始まる - 毎日新聞 山口朝日放送 » 「学問の神様」祀る 山口・防府天満宮で「合格はちまき」の洗濯 hibakama / 緋袴白書RT @hofutenmangu904: ~受験生応援~ 合格はちまき洗濯 めでたく志望校に合格された受験生から返納された「はちまき」を洗濯し、アイロンをかけて、努力と汗が染み込んだ縁起のよい「合格はちまき」として希望される方に無料で差し上げています。 詳細はこちら http… at 12/15 20:38巫女さん(20)「一枚一枚良い結果が残せるようにと思いを込めました」 奈良)おん祭始まる 奈良で御湯立:朝日新聞デジタル 春日若宮おん祭始まる 「御湯立神事」で清らかに 17日にはお渡り式 - 産経WEST 古都彩るおん祭 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  古都の師走を彩る春日大社摂社・若宮神社の例祭「春日若宮おん祭」が15日、始まり、奉仕者らの身を清める「御湯立(みゆたて)神事」などが奈良市餅飯殿町の同大社大宿所で行われた。  大宿所は精進潔斎(しょうじんけっさい)が行われてきた参籠(さんろう)所で、御湯立は同県大和郡山市の巫女(みこ)、加奥満紀子さんが作法を継承している。加奥さんはこの日、大勢の市民や観光客らが詰めかける中、煮え立つ大釜の湯に酒や米などを入れた後、「左右左(サヨーサ)」と唱えながらササの葉で清めの湯を振りまいた。名物料理「のっぺ汁」も振る舞わ…

続きを読む

高知県土佐町・河内神社秋大祭で浦安の舞

高知県土佐町児童が舞奉納35年 地蔵寺の伝統に 河内神社秋大祭|高知新聞  高知県土佐郡土佐町地蔵寺にある河内神社の秋の大祭で、1983年から毎年、地域の女子児童が「浦安の舞」を奉納している。祭りに花を添えるために始まり、神社近くに住む1人の女性が舞を手ほどき。今では母子2代にわたって舞うケースも出るなど、地区の伝統としてしっかり根付き、10日の大祭で35回目を迎えた。今年、巫女を務めたのは土佐町小4,5,6年の三人 6色「まゆ玉」作りがピーク―熱海・来宮神社 - 伊豆新聞 福招く「まゆ玉」 熱海・来宮神社、新年へ準備進む|静岡新聞アットエス  熱海市西山町の来宮神社で、新年の縁起物として知られる「まゆ玉」作りが最盛期を迎えている。  まゆ玉はかつて熱海で盛んだった養蚕に由来し、家庭や職場にまつると家内安全や商売繁盛などの福をもたらすとされる。  11月中旬から、みこが作業を開始した。上新粉に魔よけの色とされる紅や青、白などの色を付けて練り込んだ玉を用意し、一つずつ萩(はぎ)の枝に通している。大黒様や招き猫、小判などの装飾品もつり下げ、稲穂がこうべを垂れたような形に仕上げている。紹介済み。12月下旬までに約千本を作る予定 7年目の被災地:語り継ぐ大切さ再認識 大槌でドキュメンタリー映画 町民ら鑑賞 /岩手 - 毎日新聞  東日本大震災発生から6年9カ月の11日、被災者の心の軌跡をつづったドキュメンタリー映画「東北の新月」の上映会が、大槌町のシーサイドタウンマスト…

続きを読む

大洲・白滝公園で「るり姫まつり」

瑠璃姫、魂安らかに 大洲・白滝地区で「まつり」| 愛媛新聞ONLINE  戦国時代に滝に身を投げた瑠璃姫を供養する「るり姫まつり」が23日、愛媛県大洲市白滝の白滝公園で2年ぶりに行われ、鮮やかな稚児行列が紅葉の名所に帰ってきた。稚児装束もいろいろあるようです 高知)稚児華やかに、一條神社の大祭 四万十市:朝日新聞デジタル  「いちじょこさん」の名で親しまれている四万十市の一條神社大祭で23日、稚児行列があった。稚児衣装の子どもと、中世の女官や公家装束をまとった保護者ら約80人が市街地を練り歩き、沿道から「かわいい」などと声が飛んだ。神社近くでは大衆芸能大会も 湯の街舞って!走って! 山鹿温泉祭が開幕 26日まで | 熊本のニュース | ニュース | 熊本日日新聞社  湯の恵みに感謝する山鹿温泉祭が23日、山鹿市中心部で始まった。古式ゆかしい巫女[みこ]の舞や、さくら湯まで400メートルを駆ける一番乗り競走など、今昔織り交ぜた多彩な催しで初日から盛り上がった。26日まで。  一度は途絶えかけた湯が再び湧き出たとされる1473年の温泉復活を祝う伝統行事。中嶋憲正市長らによる薬師堂での祈祷[きとう]で幕を開けた。巫女姿の女性たちは湯壽[ゆことぶき]の舞を披露し、ササの葉のしずくを見物客に振り掛けて無病息災を祈った。さくら湯までの競走も

続きを読む

福山・備後一宮吉備津神社「市立大祭」

市立大祭 児童が優雅な巫女舞奉納 福山・備後一宮吉備津神社: 山陽新聞デジタル|さんデジ  広島県福山市新市町宮内の備後一宮吉備津神社で22日、秋の収穫を感謝する恒例の「市立(いちだて)大祭」が5日間の日程で始まった。初日は例大祭があり、地元小学生による巫女(みこ)舞などが奉納された。  氏子ら約200人が国指定重要文化財の本殿に集まり、追林貴之宮司が祝詞を奏上。網引小6年の瀬戸川葉月さん、岡村栞奈さん、松本望歩さん、近藤凌加さん=いずれも(12)、藤本結名衣さん(11)の5人が巫女姿で登場し、優雅な「浦安の舞」を披露した。参列者は一年間の感謝の気持ちを込めて玉串を奉納した。「緊張したけど上手にできた。4月から練習してきた成果が出せた」 いい夫婦目指す よりどころに:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  「いい夫婦の日(十一月二十二日)」にちなんで、高岡市古城の射水神社は、結婚が決まり式場見学に訪れるカップルに贈呈する「幸(さきわ)ひ守」と「えんむすび絵馬」をおはらいした。お守りは花婿と花嫁の姿をイメージさせる黒紋付き羽織袴(はおりはかま)と白無垢(しろむく)のデザイン。  同神社が、お守りを心のよりどころとして晴れの結婚式の日を迎えてほしいとの願いを込めて、二〇一三年から毎年、準備している。同神社では毎年、百組が結婚式を挙げており、贈ったお守りは五百組以上になる。  神事では、松本正昭宮司が祝詞を奏上し、巫女(みこ)がお神楽「末広の舞」を舞った。絵馬の…

続きを読む

金刀比羅宮で紅葉祭

優雅に歴史絵巻 金刀比羅宮で神職ら紅葉祭 | 香川のニュース | 四国新聞社  琴平町の金刀比羅宮(琴陵容世宮司)で10日、恒例の神事「紅葉祭(もみじさい)」が営まれた。澄んだ秋空の下、伝統装束に身を包んだ神職や巫女(みこ)らの行列が優雅に練り歩き、多くの参拝客を歴史絵巻の世界にいざなった。  行列はモミジの枝を飾り付けた太玉串(ふとたまぐし)を先導に、冠に小枝を挿した舞人(まいびと)や伶人(れいじん)ら約30人が参列。笛や笙(しょう)の音色がみやびやかに響く中、大門から本宮までをゆっくりと進んでいった。祭典では巫女さんが「八少女舞(やおとめまい)」を奉納 和装の子ら200人、かわいらしく七五三 京都・平安神宮 : 京都新聞  京都市左京区の平安神宮で11日、京都織物卸商業組合(中京区)主催の「七五三詣(まい)り」が行われた。和装姿の子どもたち約200人とその保護者らが神前で、健やかな成長を祈った。  七五三は子どもたちの健康を願う神事として11月15日前後に全国の神社で行われている。同組合は幼少期から着物文化に親しんでもらおうと、数え年で3歳の男女、5歳男児、7歳女児を招待した。7歳女児の代表「計算が上手になるようお願いしました」 【バイト体験談】女子限定! 年末年始におすすめの巫女バイトの実態【学生記者】 | バイト体験談 | バイト・家庭教師 | マイナビ 学生の窓口 女子大生のみなさんは、巫女のかわいい服装に憧れたことはありませんか? また、人とは…

続きを読む

八幡浜・八幡神社秋祭り

豊栄の舞、最後も優雅に 八幡神社秋祭り| 愛媛新聞ONLINE  御鎮座1300年の節目を迎えた八幡神社(愛媛県八幡浜市矢野神山)の秋祭りが19日あり、みこしや四ツ太鼓などが市内中心部を練り歩いた。写真【八幡神社の秋祭りで優雅に舞う八幡神子】 【社寺】今宮神社の神々をお出迎え 女児12人が「豊栄の舞い」奉納 | 熱海ネット新聞 【社寺】例大祭に向け総ざらい稽古 稚児舞リハーサル、本番「0K」 | 熱海ネット新聞 今宮神社で19日夕、例大祭・宵宮祭があり、地元の熱海の女児12人が本殿で「豊栄の舞(とよさかのまい)」を奉納した。MOA熱海、富士、小嵐、緑ガ丘保育園の園児で今年9月から稽古に励んできた。稚児舞育成会の藤間浩さんが泉明寺みずほ宮司ととも指導してきた。 「豊栄の舞」は、太陽に感謝し、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う舞で稚児たちは厳かな雰囲気の中、雅楽独特の琴や拍子に合わせ、もみじを手に優雅な舞いを披露。参拝者から拍手を浴びた。写真たくさん。本番は結構狭い所ですね… 富山県 「浦安の舞」奉納へ稽古 11月 砺波の比賣神社大祭|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  11月1日に砺波市柳瀬の比(ひ)賣(め)神社で行われる大祭で、地元の砺波東部小学校の女子児童4人が「浦安の舞」を披露する。今月から週2回、地域の大人に指導を受けて練習に励んでいる。  浦安の舞は1940(昭和15)年から毎年奉納され78回目。小林愛梨さん(5年)と山川未来さん(4年)、武波…

続きを読む

真庭・湯原温泉郷で「露天風呂の日」イベント

露天風呂の日 温泉の恵みに感謝 湯原温泉郷、割安料金で開放: 山陽新聞デジタル|さんデジ  真庭市の湯原温泉郷で26日、「6(ろ)・(てん)26(ぶろ)」の語呂にちなんだ「露天風呂の日」のイベントが開かれ、岡山県内外の観光客らが温泉の恵みに感謝する催しや内湯巡りを楽しんだ。  午前6時26分、湯原町旅館協同組合の幹部ら7人が温泉街にある「温泉之祖神(おんせんのそじん)」を参拝した後、地元の観光関係者ら総勢約50人で露天風呂・砂湯を大掃除。「温泉感謝の集い」では、巫女(みこ)らが清酒と温泉郷内10カ所の源泉から集めた湯を砂湯に注いで清めた。今年で31回目 御田植祭:可愛い早乙女 宇佐神宮 /大分 - 毎日新聞 早乙女が苗投げ入れ 宇佐神宮で御田植祭 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  宇佐神宮(宇佐市)の御田植祭が25日、雨のため境内の能楽殿に設けられた「斎田」であった。全国各地の御田植祭のルーツと言われ、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る県選択無形民俗文化財になっている。  斎主の大久保博範祢宜(ねぎ)の祝詞の後、白装束の水守役・江島大輔さん(11)=宇佐小6年=が、水を注ぐなど田を整える祭事。続いて花笠をかぶり、そろいのかすりを着た幼い早乙女たちが斎田の周りを歩きながら苗の束を次々に投げ入れた。大分合同は会員限定 「3粒でも必ず雨が降る」 伊勢神宮内宮別宮の伊雑宮で御田植祭 - 伊勢志摩経済新聞  伊勢神宮内宮(ないくう)の…

続きを読む

八幡浜・八幡神社で御鎮座千三百年の春季例祭

復興願い込め、春季大祭で舞楽奉納 八幡神社| 愛媛新聞ONLINE  2017年が「御鎮座1300年」の節目となる八幡神社(愛媛県八幡浜市矢野神山)で19日、春季大祭があった。雅楽に合わせて舞う「舞楽(ぶがく)」が奉納され、東日本大震災と熊本地震からの復興を祈った。  清家貞宏宮司によると、神事で舞楽を奉納するのは四国では八幡神社だけとされる。貴重ですね 44人優美に練り歩く 氷見でまるまげ祭り|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 独身女性が良縁願う 氷見「まるまげ祭り」:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 氷見でまるまげ祭り(4月17日)  独身の女性が良縁を願って丸まげ姿で街を練り歩く「まるまげ祭り」が十七日、氷見市の中心市街地であった。紫や水色の着物に身を包んだ女性たちが、街を華やかに彩った。  県内外の平均年齢二十六歳の女性四十四人が参加。大半が市外の参加者で、東京や大阪からも訪れた。山車や花がさ童子に先導され、両手で造花を持ちながらしっとりと歩いた。和太鼓やホラガイの音が響き渡り、地元の住民や写真愛好家が熱心に写真を撮っていた。川沿いや商店街など約二キロを歩き、同市幸町の千手寺に到着した。一時は衰退しましたが、一九八七年に参加者を公募で集めるようになってから人気が復活 幼稚園児が稚児姿で行列 | 鎌倉 | タウンニュース  市内大町の妙本寺で4月13日、立教開宗慶讃千部会法要が執り行われた。  これは日蓮上人が日蓮宗の開宗を宣言し…

続きを読む

松山・国津比古命神社で春の例大祭

豊作願い春の例大祭 国津比古命神社| 愛媛新聞ONLINE  秋祭りのみこし落としで知られる愛媛県松山市八反地の国津比古命神社で15日、豊作を願う春の例大祭があり、地元の正岡小学校5年の女子児童3人が神楽を披露した。浦安の舞のようですが、座っている一人は何を舞うのだろう… 児童も桜も優雅に舞う 新潟西区 赤塚神社春祭り|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア  新潟市西区の赤塚神社で15日、春季大祭が開かれ、赤塚地域に伝わる「赤塚太々(だいだい)神楽」が奉納上演された。朱色や桃色など、きらびやかな装束に身を包んだ地元の小学生らの優雅な舞に、観客から大きな拍手が送られた。  神楽は明治時代初期に伝えられ、昔話をはじめ、五穀豊穣(ほうじょう)や住民の無病息災を祈る12の舞で構成されている。このうち五つは稚児舞で、地元の赤塚小の児童有志が赤塚神社の春季大祭や地域の祭りなどで披露している。新潟も各地に神楽があるようですね <全文>巫女が新茶摘み奉納 熊野本宮大社/AGARA 紀伊民報 熊野本宮大社「新茶祭」 (関西テレビ) - Yahoo!ニュース  和歌山県田辺市本宮町の熊野本宮大社(九鬼家隆宮司)で16日、本宮町特産「音無(おとなし)茶」の茶摘みシーズンを前に新茶祭が営まれた。巫女(みこ)らが柔らかい新芽を摘み取り、神前に供えた。  音無茶の品質向上や産業の発展を祈る神事。熊野古道沿いの祓戸王子近くにある大社の茶園(広さ約10アール)で、赤いたすきの巫女2…

続きを読む

赤間神宮で「先帝祭」の初顔合わせ

山口)5人の太夫、緊張と喜び 先帝祭の初顔合わせ:朝日新聞デジタル しものせき海峡まつり:先帝祭の太夫5人、初顔合わせ 「女性が主役、使命果たして」 来月2~4日 /山口 - 毎日新聞 太夫ら「しっかり務める」先帝祭上臈参拝に向け初顔合わせ(山口新聞) 下関市の初夏の風物詩「しものせき海峡まつり」のメイン行事、先帝祭の上臈(じょうろう)道中・参拝(5月3日)で太夫や禿(かむろ)、官女などを務める奉仕者約30人が5日、同市阿弥陀寺町の赤間神宮(水野大直宮司)を参拝し、初顔合わせをした。二番太夫を務める高校3年生「太夫は憧れだったので本当にうれしい。上臈参拝を見た人に『自分も先帝祭で太夫をしたい』と思ってもらえるよう務めたい」 両陛下とスペイン国王夫妻が鑑賞 静岡の郷土芸能「稚児舞」 - 写真ニュース 47NEWS(よんななニュース)  天皇、皇后両陛下は7日、国賓として来日中のスペイン国王フェリペ6世夫妻と共に静岡市を訪問。静岡浅間神社で披露された郷土芸能「稚児舞」を鑑賞された。(代表撮影)「家康の時計」ご鑑賞も お釈迦さまの生誕祝う 無量寿寺でお練り供養大法会 兵庫・加東 - 産経WEST  仏教を開いた釈迦の誕生日とされる8日、兵庫県加東市の無量寿寺(むりょうじゅじ)「佛教之王堂」で「仏教の日」お練り供養大法会が行われ、色とりどりの衣装を身にまとった子供たちが参道を練り歩いた。 (中略)  お練り供養には約1250人が参加。僧侶や43カ国の国旗を掲…

続きを読む