愛媛県愛南町・金峯神社で浦安の舞奉納

中学生6人が地域伝統の舞 柏の神社 無病息災祈る|愛媛新聞ONLINE  愛媛県愛南町柏の金峯神社で夏祭りがこのほどあり、みこ姿の中学生が地域に伝わる「浦安の舞」を奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)と無病息災を祈った。  浦安の舞は一度途絶していたが、1989年に復活して以来、旧暦6月13日に執り行われている。  神事に参加したのは、地元の内海中学校1、2年生の6人。扇を広げたり鈴を鳴らしたりしながら、地域の平穏を願って厳かに舞った。女子生徒(13)は「地元柏が良くなってほしいと思いながら踊れた」と 大福梅ずらり、甘酸っぱい香り広がる 北野天満宮で「土用干し」 : 京都新聞  京都市上京区の北野天満宮で26日、正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」の土用干しが始まった。せみ時雨の中、白衣に緋(ひ)袴(ばかま)姿の巫女(みこ)が梅の実をむしろの上に並べ、甘酸っぱい香りが広がった。  梅雨明けに行う夏の風物詩。梅の実は6月に境内の約1500本から収穫し、約2・2トンをたるで塩漬けしていた。この日から順次取り出し、1カ月ほど天日干しする。  本殿前の中庭では、巫女が額に汗を浮かべながら実が重ならないように気を使っていた。事始めの12月13日から参拝者に有料で授与 佼成雅楽会 靖国神社「みたままつり」で舞楽奉納 | 佼成新聞デジタル 佼成雅楽会は7月15日、靖国神社(東京・千代田区)で開催された「みたままつり」(13~16日)で、舞楽を奉納した。 同…

続きを読む

防府天満宮で七夕まつり

山口)願いも色々、七夕まつり 防府天満宮:朝日新聞デジタル LEDで幻想的に 防府天満宮で七夕まつり - 毎日新聞  防府市の防府天満宮で1日、七夕まつりが始まった。参拝者の願いが込められた短冊が下がるササ飾りや、星空をイメージしたオブジェ「傘玉」が境内を彩っている。7日まで。  傘玉はビニール傘6本を組み合わせて直径約1・2メートルの球体にし、中に入れた発光ダイオード(LED)を点灯させている。楼門前の参道に20個が並べられ、牛乳パックで手作りした灯籠(とうろう)とともに天の川をイメージしている。点灯時間は午後6~9時。巫女さん(21)「願いはきっとかないますので、ぜひお参りください」 この投稿をInstagramで見る 七夕まつり開幕!! #七夕 #七夕まつり #傘玉オブジェ #織姫 #彦星 #短冊に願いを込めて #星空 #日本の風景 #防府天満宮 #神社 #御朱印 #伝えたい日本の心 #shrine #Shinto #japan #japanese #japan_of_insta #japantrip #instagood #instapic #love_nippon #photography #jalan_travel #beautifulworld #love_united_japan #love_united_asia #beautiful_japan #starrysky 防府天満宮さん(@hofutenmangu)がシェアした…

続きを読む

防府天満宮で「梅ちぎり」

山口)初夏感じる風物詩 防府天満宮で「梅ちぎり」:朝日新聞デジタル  初夏の風物詩となっている「梅ちぎり」が27日、山口県防府市の防府天満宮であった。地元の園児や婦人会の女性ら約100人が梅の実を摘み取って、神前に供えた。塩漬けにした後、天日干しし、祈願者に「お福梅」として授けたり、正月の参拝者に梅茶として振る舞ったりする。  梅は祭神の菅原道真公がこよなく愛したことから、境内の6600平方メートルに約1100本が植えられている。園児らは梅林で歓声をあげながら梅の実を収穫。今年の作柄は例年並みで、1週間かけて計900キロの収穫を見込んでいます hibakama / 緋袴白書RT @hofutenmangu904: 昨日、毎年恒例の「梅ちぎり」を行いました。今年も敬神婦人会、双葉幼稚園・双葉保育園の園児にご奉仕いただき、収穫したばかりの梅の実を御神前に御供えしました。これから約1週間、神職・巫女が収穫し、塩漬けした後に夏の土用干しをして「お福梅」「… at 05/28 20:37 平和と発展祈り 松原恵比須社で「とんさんえびす」|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  佐賀市松原の松原神社境内にある松原恵比須社の鎮座建立を記念した「とんさんえびす祭り」が3、4の両日、開かれた。「とんさんえびす」と呼ばれる高さ2・5メートルの巨大えびす像を前に、市内外から訪れた人たちは平和な日々や地域の発展を願った。  3日の宵宮祭は、約300個のちょうちんがともる…

続きを読む

徳島県美波町・薬王寺で稚児行列

薬王寺周辺で伝統の稚児行列|徳島の話題,暮らし|徳島ニュース|徳島新聞  美波町奥河内の四国霊場23番札所・薬王寺周辺で、子どもの健やかな成長を願う伝統の稚児行列が行われた。  きらびやかな衣装を着た町内の幼児ら約50人が、門前町の桜町商店街を出発。縁起がいいとされる白い象をかたどった台車を引き、寺までの約400メートルを練り歩いた。園児(4)は「友達と一緒に歩いて楽しかった」と 釈迦の誕生像に花まつりの稚児行列と灌仏式(ケンオー・ドットコム) 新潟県三条市の三条市仏教会(青山信太郎会長)は5月11日、真宗大谷派三条別院を拠点に釈迦(しゃか)の生誕を祝う行事「花まつり」の稚児行列のおねりと釈迦の誕生像に甘茶をかける灌仏(かんぶつ)式を行った。 花まつりは原則として釈迦の誕生日とされる4月8日に行われるが、県内では天気が穏やかになってからと月遅れで行うところが多い。三条市仏教会も同様で、ことしも午後1時半に三条別院からおねりが出発し、中央商店街へ出てから三条別院へ戻って灌仏式となった。行列には約200人が参加 三重)伊賀・柘植の斎王群行 2年ぶりに一部復活:朝日新聞デジタル 斎王さん、華やか群行 伊賀つつじ祭で2年ぶり:三重:中日新聞(CHUNICHI Web)  伊賀市柘植町の余野公園で十二日、恒例の「つつじ祭」があった。園内の約一万五千株のツツジも見頃を迎え、来場者はお花見をしながら、特設ステージでの歌や踊りを楽しんだ。  ステージでは、地元に伝…

続きを読む

松江・熊野大社「御田植神事」

島根)豊作祈り 中学生が踊りを披露 松江の熊野大社:朝日新聞デジタル  松江市八雲町の熊野大社で13日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「御田植(みたうえ)神事」があった。境内で八雲中学校の女子生徒11人が田植え歌と踊りを披露した。参拝者からはさかんな拍手が送られた。  かすりの着物にすげ笠をかぶった女子生徒たちは、手に稲の苗に見立てた松葉を持って一列に並んだ。太鼓や笛の音に合わせて、「秋の稔(みの)りを植えて待つ」などと歌いながら、田植えの動きをしながら踊った。中学1年生(12)は「帯もきつくて、腰も痛かったけど、練習よりもうまくできて楽しかった」と笑顔 御田植祭|お知らせ|淡路島テレビジョン(ATV) 4月15日、下内膳にある栢森住吉神社で伝統行事「御田植祭」が行われました。 はじめに、町内会長や宮総代の他、 この祭りの主役・早乙女衣装の女の子達らが参列して、拝殿で神事が行われました。 続いて境内で、早乙女役の女の子達が、 桜の枝を稲の苗に見立てて豊作と無病息災を願う「お田植踊り」を披露しました。 この日は、加茂小学校に通う、下内膳地区に住む7歳を迎えた1年生8人が、 早乙女衣装を着て舞を披露しました。宮司が叩く太鼓に合わせ、そろりそろりと拝殿前を3往復 健やか成長、願いのせ 用瀬の流しびな | 日本海新聞 Net Nihonkai 用瀬の流しびな 江戸時代からの伝統行事 日本海新聞  江戸時代から続く伝統行事「用瀬の流しびな」(実行委員会…

続きを読む

瀬戸内倉敷ツーデーマーチで中学生巫女が出迎え

岡山)歴史と復興の道へ 瀬戸内倉敷ツーデーマーチ開幕:朝日新聞デジタル  早春の晴れ空の下、9日に開幕した「第32回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ」(倉敷市、朝日新聞社など主催、明治など協賛)。初日は6165人が、歴史や絶景があふれる5~40キロの4コースを楽しんだ。(中略)  20キロコースの中間にあたる熊野神社。「こんにちは」。巫女(みこ)に扮した岡山市内の中学1年岡田紗来さん(12)と木村真雪さん(13)の2人が、放送部で鍛えた張りのある声で参加者を迎えた。中学校は別だが幼稚園からの幼なじみ。「おなかから声を出し、明るく笑顔で」。そんな心構えで臨み、疲れが見え始めた参加者を癒やした。なんだかいろいろ謎ですが 千葉)雛舟、華やかに 佐原で春祭り:朝日新聞デジタル ひな舟巡り華やかに 7隻で小野川パレード 香取 | 千葉日報オンライン  歴史的建造物が立ち並ぶ香取市佐原を流れる小野川で9日、ひな人形に扮(ふん)した参加者が舟に乗ってパレードする「さわら雛舟(ひなぶね)春祭り」が開かれた。おひなさまや五人囃子(ばやし)などの格好をした華やかな一行を見るため、川沿いに多くの観光客らが集まった。  佐原の町並みの商店などにひな人形を並べる「さわら雛めぐり」(24日まで)の関連行事で、今年で7回目。水郷佐原観光協会によると、水上で行うひな祭りは全国でも珍しいという。雅楽の音色が鳴り響く中、1日に3回パレード 西宮神社も矢野阪神1年目に大きな期待「これほど縁起のいい年はない…

続きを読む

宇部・琴崎八幡宮のお守りいろいろ

「ほぼ断らない」お守りの総合デパート 願い839種に:朝日新聞デジタル  大漁祈願からスポーツ上達、美貌(びぼう)、美脚願いまで、まるでお守りの総合デパートのような神社が、山口県宇部市にある。地元の鎮守として地域に親しまれている琴崎(ことざき)八幡宮。その数は839種にのぼり、「日本一」をうたう。参拝客の要望に応えて増え続けたお守りからは世相の移り変わりもうかがえる。写真「安産祈願の特大お守り」 富山)「富富富」入りのお守りを頒布へ 高岡・射水神社:朝日新聞デジタル 富富富入り「一守り」 高岡 射水神社 実り豊かな暮らし願う(北日本新聞)  高岡市古城の射水神社(松本正昭宮司)は3月1日から富山米の新品種「富富富(ふふふ)」の種もみを入れた「一守り」の授与を始める。「一粒万倍」にちなみ、五穀豊穣(ほうじょう)や子孫繁栄など実り豊かに暮らす願いを込めている。  一守りは吉祥の模様である瑞雲(ずいうん)と「一」の文字をあしらい、西陣織の技法で作ったお守りで、1月から白、水色、桃色の3種類を頒布している。米は古くからお供えやおはらいなど神事に用いられ、富富富の名前が縁起がよいことから、今回、富富富を入れた金色の一守りを限定で作ることにした。300体限定 屋根銅板に願い事を 高岡・射水神社、葺き替えで募る - 富山県のニュース | 北國新聞社  高岡市の射水神社は10日までに、社殿の屋根の葺(ふ)き替えに使う銅板に、地域住民らが氏名や願い事を書き込む特別奉納の募集を始…

続きを読む

徳島・勝浦町で「ビッグひな祭り」開幕

「ビッグひな祭り」華やか 徳島・勝浦で開幕 恐竜の町 大型模型も|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞  今年で31回目となる勝浦町の「ビッグひな祭り」が23日、同町生名の人形文化交流館で始まった。県内外から家族連れらが訪れ、華やかな雰囲気を楽しんだ。3月31日まで。  会場には、全国544世帯から寄せられた約3万体の人形がずらり。地元の子どもたちが、高さ8メートル、25段のピラミッド型ひな壇の前で、「浦安の舞」や子どもみこしを披露し、オープニングを彩った。動画で浦安の舞が少し 東京新聞:神田明神が奏でる、雅楽体験授業 お茶の水小 厳かな音色を堪能:東京(TOKYO Web)  千代田区立お茶の水小学校(神田猿楽町)で、伝統文化の雅楽を体験する特別授業があった。地元の氏神である神田明神(外神田)が協力し、6年生46人が迫力ある厳かな音色を堪能した。  6年生は音楽の授業で雅楽を学んでおり、普段から神田祭や学校行事の式典などで交流のある神田明神が、「本物に触れて興味を持ってもらいたい」と提案し、実現した。  特別授業は20日にあり、雅楽の代表的な楽曲「越殿楽(えてんらく)」などを、神職の奏者6人が伝統的な打楽器や管楽器で演奏。神社で奉納する神楽「豊栄舞(とよさかのまい)」を、みこが披露すると、児童たちは神妙な顔で鑑賞していた。「雅楽は、音の振動が体に響いてすごかった」 十二単で結婚式 福島八幡宮 園児らとパレードも [福岡県]|【西日本新聞】  八女市本…

続きを読む

広島・住吉神社で「焼嗅がし」神事

イワシの臭いで厄払い 広島・住吉神社で「焼嗅がし」(中国新聞) 広島市の神社 イワシ焼いて鬼退治(RCC中国放送) - Yahoo!ニュース  イワシ千匹の頭を焼いて鬼や厄を払う節分恒例の「焼嗅(やいか)がし」神事が3日、広島市中区の住吉神社であった。  「はよ焼け、それ焼け」の掛け声に合わせてみこがイワシの頭を焼くと、境内に臭いや煙が広がった。次々と現れる鬼に氏子たちが大うちわで煙を浴びせ、追い払った。  世相を反映し、あおり運転する悪質運転手の鬼や、パワハラとセクハラで職を失った貧乏神も登場。境内には約1500人が集まった。雨でも盛況 神戸新聞NEXT|姫路|福娘7人が豆と餅まき 姫路・播磨国総社で節分祭  「節分」の3日、兵庫県姫路市総社本町の播磨国総社で毎年恒例の「節分祭」があった。あいにくの雨にも関わらず、福を授かろうと約400人が境内に詰めかけ、宙を舞う豆や餅に必死に手を伸ばした。  かみしも姿の福男と福女ら約70人が本殿でおはらいを受けた後、巫女装束に金烏帽子の装いの福娘7人が拝殿に登場。境内で今か今かと待ちわびる参拝者に向かって餅をまいた。近いですね 神戸新聞NEXT|阪神|タカラジェンヌ、観音菩薩の衣装まとい豆まき 宝塚・中山寺  節分の3日、兵庫県宝塚市の中山寺で恒例の「星祭節分会」が開かれた。観音菩薩の衣装をまとったタカラジェンヌらが威勢よく豆をまき、参拝客約6千人が福豆をつかみ、1年の平穏を祈った。  中山寺に古くから…

続きを読む

松山・伊豫豆比古命神社「椿まつり」の巫女説明会

巫女の心構え 学ぶ : 地域 : 読売新聞オンライン  伊予路に春を呼ぶとされる伊豫豆比古命(いよずひこのみこと)神社(椿神社、松山市)の「椿まつり」(11~13日)を前に2日、祭りの期間中、巫女を務める中学・高校生や、大学生対象の説明会が椿神社で開かれ、41人が作法や言葉遣いについて学んだ。  女性たちは白衣に緋袴の巫女装束をまとい、神職からおはらいを受けた後、「清楚な身だしなみ、気品ある態度で」、「お札、お守りの受け渡しは必ず両手で」など巫女の心構えについて説明を受けた。また、約100種類あるお札やお守りの初穂料を覚え、授与の練習にも取り組んだ。中学2年生(14)「小さい頃から毎年来ていた椿まつりに、巫女として参加できてうれしい。明るい応対で、参拝に来た人をもてなしたい」 舞妓さん豆まき、幸せ願う 京都・八坂神社の節分祭 - 読んで見フォト - 産経フォト 舞妓さん豆まき、幸せ願う 八坂神社で豆をまく舞妓ら 芸舞妓華やかに豆をまき 京都・八坂神社で節分祭 - 毎日新聞  京都市東山区の八坂神社で2日、節分祭が始まった。花街の舞妓らが華やかな着物姿で「福は内」と豆をまき、1年の幸せと無病息災を願った。  京都五花街の一つ、宮川町の舞妓が本殿前で舞を奉納。芸妓や年男・年女の氏子らとともに豆が入った小袋をまくと、集まった参拝者たちは福を受け取ろうと懸命に手を伸ばした。当日の3日には、祇園甲部と祇園東の舞妓らが豆まきを

続きを読む

金刀比羅宮で稽古始式

精進誓い優雅に舞 金刀比羅宮で稽古始式 | 香川のニュース | 四国新聞社  琴平町の金刀比羅宮(琴陵容世宮司)で11日、新春恒例の「稽古始式(はじめしき)」があった。祭事に携わる神職や巫女(みこ)らが舞や雅楽の基本作法を確認し、新たな年にさらなる精進を誓った。  稽古始式は同宮独自の年頭神事で、斎館で催された。神職や巫女ら約15人が参加し、琴陵泰裕権宮司が稽古を見守った。  神職は白装束、巫女は黒の紋付きはかまに身を包み、祭壇に向かって技能の上達を祈願する祝詞を奏上。笙(しょう)や竜笛(りゅうてき)、琴などの和楽器で雅楽を演奏した。巫女さん(19)「初めて稽古始式に参加し、身が引き締まる思い。これから1年間精進していきたい」 湯を浴びて無病息災祈る 徳島・鳴門市の事代主神社で「御湯神楽」|徳島の話題|徳島ニュース|徳島新聞  鳴門市撫養町南浜の事代主神社で10日、湯を浴びて無病息災を祈る「御湯神楽(おゆかぐら)」が行われた。  物の米と酒を湯に入れた。その後、両手に持ったササを湯に浸し、勢いよく振り上げて参拝者にしぶきをかけた。動画も。カメラマン大変 鳴門市の事代主神社で御湯神楽 伊勢神宮で神々の「大新年会」 雅楽の調べに合わせ「東遊」の舞 - 伊勢志摩経済新聞  伊勢神宮内宮(ないくう)で1月11日、伊勢神宮の別宮や摂社、末社、所管社の計125社の神々が一堂に集まり「大新年会」をするとされる「一月十一日御饌(いちがつじゅういちにちみけ)」が行わ…

続きを読む

金刀比羅宮「幸福の黄色いお守り」五百万体授与

「幸福の黄色いお守り」 授与500万体を突破 金刀比羅宮 | 香川のニュース | 四国新聞社 幸福の黄色いお守り:500万体目の授与で祝福 金刀比羅宮 /香川 - 毎日新聞  金刀比羅宮(琴陵容世宮司、琴平町)が1998年10月から授け始めた「幸福の黄色いお守り」の授与数が4日、500万体を突破した。記念すべき節目を迎えた同宮は「授与された世界中の方々に幸福と健康がもたらされますように」と祈念している。 (中略)  この日、お守りを授与された2人は、伝統的な装束に身を包んだ巫女(みこ)から今年の干支(えと)「亥(い)」をかたどった土鈴などの記念品を受け取り、「お守りの御利益で家族全員が健やかに過ごせれば」と笑顔で話した。初穂料は1体800円 国家の安泰祈る : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  橿原市の橿原神宮で3日、元始祭が営まれた。皇室の繁栄と国家・国民の安泰を祈る祝詞の奏上や神楽舞が奉納され、政財界の関係者ら約100人が参列した。  大勢の参拝客が見守る中、神職たちが稲や酒などを神前に供え、久保田昌孝宮司が祝詞を上げた。巫女2人がひちりきの雅な音が響く中、優雅な扇舞を奉納した。家族4人で訪れた橿原市の大学2年生(20)は「初詣は毎年、橿原神宮と決めている。今年は専攻している化学の勉強を頑張りたい」 新年の無病息災願う - 石川県のニュース | 北國新聞社  白山市の白山比咩神社で31日、「年越大祓(としこしのおおはらい)」が営まれ…

続きを読む

防府天満宮で「合格はちまき」の洗濯

「合格はちまき」洗濯 今春受験生の努力の汗 防府天満宮 - 毎日新聞 縁起物の「合格はちまき」洗濯始まる 山口・防府天満宮:朝日新聞デジタル  「学問の神様」菅原道真公をまつる山口県防府市の防府天満宮で、受験生に人気の「合格はちまき」の洗濯が15日から始まった。  今年志望校に合格した元受験生が返納した縁起の良いはちまきを、巫女(みこ)さんが洗濯。境内で天日干しした後、1枚ずつアイロンをかけて袋詰めにした。集まったのは約3200枚。合格への意気込みや後輩へのメッセージが書き込まれたものも。希望者には無料で配布 hibakama / 緋袴白書RT @hofutenmangu904: 受験生応援!!~合格はちまき洗濯~合格はちまきは、今春めでたく志望校に合格された受験生がお礼の気持ちを込めて神社に返納されたものです。希望される方に無料で差し上げています。詳細はこちらですhttps://t.co/nZ10iF0… at 12/16 17:11 「御湯立神事」で清らかに 奈良の春日若宮おん祭始まる  - 産経ニュース おん祭 古都華やぐ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 「サヨーサ」身清め - 世襲の巫女が御湯立/春日若宮おん祭|奈良新聞デジタル  師走の大和路を彩る伝統行事「春日若宮おん祭」(国指定重要無形民俗文化財)が15日、奈良市内で始まった。同市餅飯殿町の大宿所では、奉仕者や参拝者の身を清める儀式「御湯立(みゆたて)神事」が営まれた。…

続きを読む

金刀比羅宮の巫女さんが交通安全キャンペーン

交通安全キャンペーン:巫女ら60人が啓発 琴平署 /香川 - 毎日新聞  年末年始の交通安全県民運動に合わせ、琴平署で10日、金刀比羅宮(琴平町)の巫女(みこ)らが参加した交通安全キャンペーンが開かれた。  同宮で巫女を務める山崎あかりさん(22)と橋本恵斗さん(19)のほか、町のマスコットキャラクター「こんぴーくん」や交通安全協会、安全運転管理者協議会のメンバーなど関係…ゆるキャラの存在感 春日若宮おん祭 17日に「お渡り式」 - 産経ニュース  古都の師走を彩る春日大社摂社・若宮神社の例祭「春日若宮おん祭」が15~18日、奈良市の大社周辺で行われる。平安時代に始まり、今年で883回。17日は時代行列の「お渡り式」や神事の「お旅所祭」があり、古典芸能の数々が奉納される。  おん祭は、17日午前0時からの「遷幸(せんこう)の儀」で若宮神社のご神体がお旅所の仮殿に移り、「還幸(かんこう)の儀」で24時間以内に戻るまでの間に酒食を供え、芸能が奉納される祭り。今年はパリで開催中の「ジャポニスム2018‥響きあう魂」の一環として、10月に「お渡り式」などが披露された。写真「パリで行われた春日若宮おん祭の公演(春日大社提供)」銀髪の巫女さん? 昭和初期の民家活用 新施設「式彩」10日誕生 熱海・来宮神社|静岡新聞アットエス  熱海市西山町の来宮神社は10日、同神社近くの築約90年の民家を再生し、新施設「式彩」としてオープンする。結婚式を挙げた新郎新婦と親族の休憩場所…

続きを読む

宇部で年末ジャンボ宝くじの当選祈願

山口・年末ジャンボ宝くじの販売始まる|山口朝日放送 夢が広がる年末ジャンボ宝くじの販売が始まりました。 21日は六曜で大安ということもあり各地で多くの人がくじを買い求めました。 ☆佐原記者リポート「きょうは年末ジャンボ宝くじの発売日です。こちらの祭壇にお供えされているのは縁起をかついだ『あたりめ』です」 ゆめタウン宇部店では金運の神様をまつる宇部市内の神社が祭壇を設けました。 今回、1等の賞金は前後賞と合わせて10億円。夢を求めて宝くじを買った人に巫女が当選祈願を行いました。金家来(かなやご)神社が祭壇を設置 稚児 練り歩く 富山上行寺移転150年記念法要(北日本新聞)  富山市楡原(細入)の法華宗上行寺(金子光昭住職)は11日、現在の場所に移った「中興転地」の150年を記念した法要を行い、華やかな衣装に身を包んだ檀家(だんか)の子どもたちが寺を練り歩いた。  同寺は元々楡原地区の中心部にあったが、明治元年に今の位置に場所を移した。稚児行列では、寺のたすきを掛けて太鼓をたたく総代らに続き、県内外から集まった子どもたちや保護者が僧侶らと一緒に、150年前に建てた山門から本堂へと歩いた。参加人数や年齢は不明 成長祈る「赤ちゃん手形朱印帳」 全国初、日光二荒山神社が作製|県内主要,社会,地域の話題|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン)  日光市山内の世界遺産日光二荒山神社は、子どもの無事な成長を祈る「赤ちゃん手形朱印帳」を作製した。参拝…

続きを読む

福山・吉備津神社「市立大祭」で巫女舞奉納

福山・吉備津神社「巫女舞」奉納 25日まで豊穣感謝「市立大祭」: 山陽新聞デジタル|さんデジ  福山市新市町宮内の備後一宮吉備津神社で22日、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する恒例の「市立(いちだて)大祭」が4日間の日程で始まった。初日は国重要文化財の本殿で例大祭が執り行われ、地元小学生による巫女(みこ)舞などが奉納された。  氏子ら約200人が見守る中、追林貴之宮司が祝詞を奏上。地元の網引小6年の千葉百音さん、佐藤夏菜さん、中村心那さん=いずれも(12)=が巫女の姿で登場し、「浦安の舞」を優雅に舞った。参列者は一年間の感謝の気持ちを込めて玉串を奉納した。千葉さんは「見ている人の数が多く、緊張したが練習通りできてほっとした」と より酒願う 「杉玉」作り - きょう小雪|奈良新聞デジタル  きょう22日は二十四節気の一つ、小雪(しょうせつ)。暦の上では日差しが弱まり、冷え込みも厳しくなるころとされ、いよいよ冬本番を思わせる。  小雪を前に、酒の神様として知られる、桜井市三輪の大神神社では酒の醸造を見守り、おいしい酒ができることを祈る「しるしの杉玉」作りがピークを迎えている。  店先や蔵に掲げられる杉玉は同神社のご神体、三輪山の杉枝を使い、巫女(みこ)や職員が手作りする。酒造メーカーなどで構成する「酒栄講」の講員約300社を中心に配られます

続きを読む

松江・八重垣神社で七五三の行事「ひも落とし」

島根)山陰に伝わる「ひも落とし」 園児らの成長願って:朝日新聞デジタル  山陰で「ひも落とし」と呼ぶ七五三の行事が、松江市の八重垣神社であった。市内の育英保育園、幼稚園の今年度中に3歳になる園児24人が健やかな成長を願う祈禱(きとう)を受けた。  神社拝殿で2日、園児らの前で神職が祝詞(のりと)をあげ、みこが舞った。おごそかな雰囲気の中、泣き出してしまう子どももいた。「大きな太鼓が怖かった」 健やかに育って、七五三で参拝 山形・県護国神社|山形新聞  子どもの健康と成長を願う「七五三」。祝い日とされる15日を前に、山形市の県護国神社(宮舘厚悦宮司)に家族連れが参拝に訪れている。  七五三は幼児が健やかに育つのが困難だった時代、男児が3歳と5歳、女児が3歳と7歳になった年に神社にこれまでの無事を感謝し、さらなる健勝を祈願する行事だ。写真「男児の健やかな成長を願い、両親が神前に参拝した」 晴れ着姿 七五三参りで神社を参拝 | サンテレビニュース 子どもの健やかな成長を願う七五三参りのため、兵庫県西宮市の神社にも晴れ着姿の家族連れらが参拝に訪れています。 七五三参りは、数え年で7歳・5歳・3歳の節目に神社に参拝し、子どもの成長に感謝するとともに今後の健やかな成長を祈願するものです。 西宮神社では大安の15日、天気にも恵まれ、朝から七五三参りに訪れる家族連れの姿が目立ちました。 晴れ着などを着た子どもたちは少し緊張した面持ちで祈祷を受けたあと、千歳飴…

続きを読む

金刀比羅宮で紅葉祭

歴史絵巻の中へ 金刀比羅宮で紅葉祭 | 香川のニュース | 四国新聞社  琴平町の金刀比羅宮(琴陵容世宮司)で10日、恒例の神事「紅葉祭(もみじさい)」が営まれた。爽やかな秋空の下、伝統装束に身を包んだ神職や巫女(みこ)らの行列が優雅に練り歩き、参拝客を歴史絵巻の世界にいざなった。  行列はモミジの枝を飾り付けた太玉串(ふとたまぐし)を先導に、冠に小枝を挿した舞人(まいびと)や伶人(れいじん)ら約30人が参列。笛や笙(しょう)の音色が響く中、大門から本宮までをゆっくりと進んだ。祭典では巫女さんが「八少女舞(やおとめまい)」を奉納 和装文化に親しんで 15日のきものの日を前に十二単まとう 前橋|文化・イベント|上毛新聞ニュース  11月15日の「きものの日」を前に、和装文化に慣れ親しんでもらおうと、NPO法人群馬着好会(辻延子理事長)などは3日、県庁で平安装束の着装実演や着物の着付け教室を行った。約80人が参加し、華麗な着物に見入っていた。  高崎高松中の3年生3人がモデルを務め、十二単や束帯を身にまとった=写真。十二単の着付けは二人がかり 京都に一夜限りの「明治酒場」、夜のにぎわい - 産経ニュース  京都市左京区の平安神宮など岡崎公園周辺の文化施設で26日、明治時代をテーマにした食やアートのイベント「岡崎明治酒場」が開催された。明治150年を記念した催しで、明治の軍人や女学生にふんしたスタッフの姿も。京料理や酒蔵などの屋台約30軒が並び、来場者が飲み歩き…

続きを読む

鳥取・大山寺で稚児行列

深まる秋に稚児行列 開山1300年の大山寺・鳥取 - 読んで見フォト - 産経フォト 山陰中央新報社|華やかに参道練り歩く 大山で稚児行列 幼児の無病息災願い 秋色参道、愛らしく 大山寺で伝統の稚児行列 | 日本海新聞 Net Nihonkai  今年開山1300年を迎えた国立公園・大山中腹の大山寺(鳥取県大山町大山)で24日、幼児の無病息災を願う稚児行列があり、金の烏帽子(えぼし)や天冠をかぶり、きらびやかな衣装を着た子どもたちが華やかに参道を練り歩いた。  地元自治会などでつくる大山紅葉まつり実行委員会が主催。同町や米子、鳥取両市などから4~6歳の26人が参加した。大山寺境内では護摩法要が営まれました 稚児行列、30年ぶり住職交代祝う | 中国新聞アルファ  山口県周防大島町日前の浄土真宗本願寺派、荘厳寺で21日、住職が交代する「住職継職奉告法要」が30年ぶりにあった。稚児行列が地区を練り歩き、新住職の門出を祝った。 (ここまで 81文字/記事全文 294文字)続きは会員限定 稚児行列華やか 安居寺(福野)、ご本尊奉安1300年で大法要(北日本新聞)  南砺市安居(やすい)(福野)にある真言宗の古刹(こさつ)、弥勒山安居寺(みろくさんあんごじ)(大谷龍寳住職)は21日、ご本尊奉安1300年記念の大法要を開き、稚児行列などを行った。  安居寺は718(養老2)年、インドから渡来した高僧、善無畏三蔵(ぜんむいさんぞう)により開かれたとされる。今年は130…

続きを読む

岡山県奈義町・西現寺で「晋山式」

奈義・西現寺で「晋山式」 新住職披露と稚児行列練り歩き : 山陽新聞デジタル|さんデジ  岡山県奈義町柿の真言宗・西現寺(さいげんじ)で14日、新住職を披露する晋山(しんざん)式が行われ、稚児行列が寺周辺を練り歩くなどして祝った。  行列には檀家(だんか)の子どもら64人が参列。華やかな衣装に身を包み、みこ姿の女性4人や、同じ宗派で近隣にある寺の僧侶らと一緒に、地元の公会堂から寺までの約300メートルを歩いた。沿道からは保護者らが愛らしい姿をカメラに収めていた。動画あり 立坂神社の例祭で稚児行列 | 伊勢新聞 - This kiji is  【桑名】桑名市新矢田の立坂神社周辺で19日、稚児行列が繰り広げられた。  18、19日の同神社の「例祭」の行事。同市東矢田町にある表具店前から出発し、唐櫃(からひつ)を担いだ氏子や舞姫の女児らに続いて、お父さんやお母さんに手を引かれ、きれいに化粧して着飾った子どもたちの計約200人の行列が、同神社までの約1・5キロを練り歩いた。舞姫さん見切れてる… 秋晴れの下 稚児行列 志賀・恵光寺:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  志賀町富来領家町の恵光寺で十四日、親鸞聖人七百五十回御遠忌法要があった。合わせて本堂・鐘楼修復完了奉告法要と前々住職と前々坊守の五十回忌、前住職の十三回忌法要が営まれて稚児行列も行われた。  法要は、真宗大谷派の能慈院・大谷暢裕門首後継者を迎えて行われた。稚児行列には、九十人の稚児が参加…

続きを読む