高岡・射水神社で戦前の新嘗祭神楽歌を復興

富山)新嘗祭で唱歌を元にした神楽歌 高岡・射水神社:朝日新聞デジタル 「新嘗祭神楽歌」72年経た音色は 射水神社であす奉奏:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 戦前の神楽歌再興 射水神社、23日新嘗祭で奉納|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン] 射水神社 新嘗祭で戦前の神楽歌を再興 | チューリップテレビニュース  射水神社(高岡市古城、松本正昭宮司)は、五穀豊穣(ほうじ…

続きを読む

七尾・大地主神社で赤柏祭

創建1300年へ豊作祈る 七尾・大地主神社で赤柏祭 - 石川県のニュース | 北國新聞社  七尾市山王町の大地主(おおとこぬし)神社で15日、赤柏祭(せきはくさい)が営まれ、氏子や市内の各町会長らが秋の実りに感謝し、来年の豊作を祈った。大森重(しげ)宜(のり)宮司は、能登立国1300年の来年が、神社創建からも1300年の節目となり、弐ノ鳥居の復元に向けた準備が進んでいると紹介した。 …

続きを読む

氷見・柳田布尾山古墳まつりで浦安の舞

浦安の舞 厳かに 氷見・柳田布尾山古墳まつり (北日本新聞) - Yahoo!ニュース  氷見市の柳田布尾山古墳まつりが3日、同古墳公園で開かれた。来場者は多彩な催しを通じて古代のロマンに触れた。  同古墳は1998年に発見され、当時日本海側最大の前方後方墳として注目された。一帯が公園に整備された2006年から毎年まつりを開き12回目。小学5・6年生 広島)150人の「お通り」…

続きを読む

砺波・比売神社大祭で浦安の舞奉納

厳かに浦安の舞 比売神社大祭で児童:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  砺波市柳瀬、比売(ひめ)神社の秋の大祭が一日あり、地元の砺波東部小学校の女子児童四人が伝統の浦安の舞を奉納した。  奉納は今年で七十八回目。先月から週二回、小林愛梨さん(五年)、山川未来さん(四年)、武波司紗さん(同)、小谷内春香さん(三年)が地元の雅楽グループ始聞社の堀稔穆(としあつ)さん(72)の指…

続きを読む

長野県南箕輪村・白山社八幡社合殿で神楽の舞奉納

神子柴の白山社八幡社合殿秋の例大祭 神楽の舞奉納(伊那谷ねっと)  南箕輪村神子柴の白山社八幡社合殿秋の例大祭が、8日に行われ、小学生が神楽の舞を奉納しました。  奉納したのは、南箕輪小学校の6年生6人と南部小学校の6年生2人の合わせて8人です。  神楽は、神事で神様に奉納するための舞で、神子柴では平成4年に復活し、以来毎年6年生が奉納しています。両手に扇というと何だろう…浪速神楽? …

続きを読む

鶴来・金剱宮で「浦安の舞」奉納

感謝の神楽披露 鶴来・金剱宮で舞女 奉納:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山市鶴来日詰町の金剱宮(きんけんぐう)で二日、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する例大祭があり、氏子総代ら約四十人が参列した。  守部元(はじめ)宮司が祝詞を奏上。同市朝日小学校五年の織田綾乃さん(11)と成瀬愛さん(11)が舞女(まいひめ)を務め、神楽「浦安の舞」を奉納した。秋季祭「ほうらい祭り」…

続きを読む

糸魚川・日吉神社で「おててこ舞」

きらびやか おててこ舞 糸魚川市|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア おててこ舞、優美に 伝統の舞楽奉納 根知山寺の延年 糸魚川市山寺の日吉神社秋季大祭(上越タイムス)  国の重要無形民俗文化財に指定されている「根知山寺の延年(えんねん)」の本祭りが1日、糸魚川市山寺集落の日吉神社で開かれた。市民や観光客らが見守る中、華やかな衣装を身にまとった児童らが「おててこ舞」など計10曲を披…

続きを読む

「立山。山の日ウィーク」で稚児舞「立山の舞」

立山で山の日イベント 「見る」「体験する」「食べる」テーマに催し用意 - 富山経済新聞  室堂ターミナル屋上で8月8日、イベント「立山。山の日ウィーク」が始まった。  昨年8月11日に制定された国民の休日「山の日」にちなんで行われる同イベント。「見る」「体験する」「食べる」という3つのテーマで、期間中さまざまな企画を用意する。  「見る」では、雄山神社の例大祭で奉納されている少…

続きを読む

甲府・演劇「峠の少女」で巫女舞

山梨)演劇「峠の少女」 体験もとに引き上げ描く:朝日新聞デジタル  開設から10周年を迎えた山梨平和ミュージアム(甲府市朝気1丁目)は終戦の日の15日、演劇「峠の少女」を近くの「ぴゅあ総合」で上演する。脚本・演出は市内在住の作家水木亮さん(74)。終戦前後の混乱の中、現在の北朝鮮から引き揚げた体験を元に書き下ろした。市内で5日、追い込みの稽古があった。 (中略)  物語は、父母を旧ソ連…

続きを読む

加賀・菅生石部神社で天神講

茅の輪くぐって無病息災 加賀・菅生石部神社で天神講:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  加賀市大聖寺敷地の菅生石部神社で創祀以来千四百年以上続く夏の祭事「天神講」が二十四日、始まった。二十六日まで神事や伝統芸能の奉納、模擬店の出店などがある。  初日は「夏越(なごし)の祓(はらえ)」と「茅(ち)ノ輪神事」で始まり、周辺住民らが無病息災や五穀豊穣(ほうじょう)などを願った。参…

続きを読む

白山比め神社の御朱印帳

白山さん御朱印帳「牛首紬」を表紙に 3種類販売:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  石川県白山市の白山比め(しらやまひ)神社は、白山開山千三百年に合わせ、同市白峰地域に伝わる県無形文化財の絹織物「牛首紬(うしくびつむぎ)」を表紙に使った御朱印帳を作り、同神社授与所で十五日、販売を始めた。  白山ろくの伝統産業を多くの人たちに知ってもらおうと、地元の西山産業開発の牛首紬を使っ…

続きを読む

高岡・射水神社の「人形代祓え」

人形代 いにしえの清め 高岡・射水神社 川の水使い:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  高岡市古城の射水神社は30日に斎行する「夏越(なごし)の大祓(おおはらえ)」の「人形代祓(ひとかたしろはら)え」で、「射水川」(小矢部川河口)の清純な斎水に、罪穢(けが)れを移した紙の人形代を浮かべて身を清める儀式を初めて行う。29日に斎水を満たす斎樽(いみだる)と川に見立てる斎串(いぐし)御…

続きを読む

尾山神社で金沢百万石まつりの祈願祭

金沢百万石まつりが開幕 - 石川県のニュース | 北國新聞社  城下町金沢の初夏を彩る第66回金沢百万石まつりは2日、金沢市内で3日間の日程で開幕した。尾山神社で祈願祭が営まれ、厳かな雰囲気の中、実行委員会の役員ら35人が加賀藩の栄華を伝えるまつりの成功と無事を願った。神社では生け花展も始まり、祭りムードが高まる境内を華やかに飾った。  祈願祭では加藤治樹宮司の祝詞奏上に続き、巫女…

続きを読む

燕・戸隠神社春季例大祭

戸隠神社春季例大祭は夏の陽気が熱気に拍車(ケンオー・ドットコム) 燕・戸隠神社春季祭礼は熱気に包まれて2日間の日程を終える(同) 燕市宮町、戸隠神社(星野和彦宮司)の春季祭礼は、宵宮の20日に続いて21日の本祭も青空が広がって夏を思わせる暑さとなり、万灯、みこし行列、舞い込みと2日間にわたった春祭りは、心身ともに熱気に包まれたまま無事に幕を閉じた。 (中略) 戸隠神社では午後1時半…

続きを読む

三国祭で「浦安の舞」奉納

児童ら優雅に「浦安の舞」 三国祭幕開け:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  北陸三大祭の一つで県無形民俗文化財の「三国祭」は十九日、坂井市三国町山王六の三國神社で神事が営まれ、幕を開けた。  神事には氏子代表ら六十人が参列。玉串をささげ、二十一日までの祭りの安全などを願った。坂井市三国南小学校の六年生四人が平和を祈る「浦安の舞」を奉納。「最初は緊張したけど、皆で息を合わせて…

続きを読む

三条市・八幡宮の春季大祭

三条まつり幕開きの八幡宮春季大祭の宵宮は日中から近年にない人出でにぎわう(ケンオー・ドットコム) 三条祭りは14日、三条市・八幡宮の春季大祭の宵宮で幕を開け、好天の日曜とあって日中から大勢の参拝者でにぎわった。 露店は、昨年より12店多い238店が出店し、八幡宮の境内や八幡小路などにことしもぎっしりと並んだ。写真【三条祭りグッズを販売する三条若衆会のテントで販売にあたる巫女】 …

続きを読む

小松・那谷寺と白山比め神社の大祭

白山信仰支え1300年 小松 那谷寺と比ひ神社が祝う:北陸写真ニュース:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web) 石川)白山開山1300年 神仏習合の神式大祭 那谷寺:朝日新聞デジタル  霊峰白山をともに信仰の対象としてきた那谷寺(石川県小松市)と白山比ひ(しらやまひめ)神社(同県白山市)の大祭が三十日、神道と仏教が結びついた「神仏習合」の形式で二百五十人が参列して同寺で営…

続きを読む

伊那東大社で浦安の舞を奉納

伊那東大社で浦安の舞 奉納(伊那谷ねっと) 伊那市の伊那公園にある伊那東大社の例大祭が23日行われ、地元の小学生16人が浦安の舞を奉納しました。 例大祭には伊那市の中央、日影、境、上新田、下新田、上の原の総代や区の役員などが出席しました。 例大祭では地元の小学6年生の女子児童が浦安の舞を奉納しました。「伊那東大社は明治時代の神社合併策により竜東地区にあった69の神社が合祀されたもの」多…

続きを読む

山梨県富士河口湖町・河口浅間神社「孫見祭」

山梨)国重要無形文化財の稚児の舞:朝日新聞デジタル 富士山:「噴火しないで」稚児の舞 山梨・河口浅間神社 - 毎日新聞  富士河口湖町河口の河口浅間(あさま)神社で25日、国の重要無形民俗文化財に今年3月に指定された「河口の稚児の舞」が奉納された。  神社は平安時代の貞観大噴火(864年)の翌年、富士山の平穏を願って創建された。町教委によると、稚児の舞は室町時代から江戸時代にかけ…

続きを読む

飯田・大宮諏訪神社で春祭り

大宮諏訪神社で春祭り開く « ミナミシンシュウ.jp  飯田市宮の前の大宮諏訪神社で2日、春祭りが行われ、氏子総代らが見守る中、みこ姿の地元小中高生4人が拝殿で「浦安の舞」を奉奏するなど、氏子の安泰や天下泰平が祈願された。  浦安の舞は、雅楽楽器の音色に合わせ、みこが舞う女舞。前半は扇を手に、後半は鈴を手に優雅な所作をみせる。高校2年生の二人「体に動きが染み付いている」「勉強も部活…

続きを読む