2017年02月18日

南砺・高瀬神社で祈年祭

豊穣と安泰 祈りの舞 南砺・高瀬神社:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2017021702100199_size0.jpg
 南砺市高瀬の越中一宮高瀬神社で十七日、祈年祭があり、氏子や地域の代表者ら四十五人が五穀豊穣(ほうじょう)や国の安泰を願った。

 藤井秀弘宮司が祝詞を奏上した後、二人のみこが本殿で神楽「浦安の舞」を披露。

 太鼓や箏の音色に合わせ、扇と鈴を鳴らしながら優雅に舞った。
地元の詩吟グループ「井波松風会」のメンバー八人による奉納吟詠も

「十二音会」極上の調べ・雅楽八戸公演(2017/2/12 08:50)(デーリー東北)
201702120P164987.jpg
 宮内庁式部職楽部の元楽師らでつくる雅楽団体「十(じゅう)二(に)音(おん)会」(東京)による青森県初の本格的な雅楽公演が11日、八戸市公会堂で開かれた。千数百年にわたって脈々と受け継がれてきた世界最古のオーケストラ≠フ極上の調べが、千人を超える観衆で満席となった会場を包み込んだ。
【荘厳でみやびな舞楽「蘭陵王」を披露する十二音会のメンバー=11日、八戸市公会堂】

大館アメッコ市:「風邪ひかない」 100店軒連ねる /秋田 - 毎日新聞
20170212dd0phj000063000p.jpg
 冬の風物詩「大館アメッコ市」が11日、大館市大町の「おおまちハチ公通り」で始まった。12日まで。

 「無病息災」「風封じ」「五穀豊穣(ほうじょう)」と記されたのぼりがはためく中、色彩豊かな切りアメや枝アメ、細工アメを販売する約100店が軒を連ねた。「この日にアメを食べると風邪をひかない」という言い伝えがあり、観光客らは足を止めてじっくり品定めしていた。

 また、伝説の「白ひげ大神」が巫女(みこ)を伴って練り歩いたほか、秋田犬のパレード、大館曲げわっぱ太鼓の演奏なども目白押し。
賑わいました
posted by naive at 16:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

山梨「河口の稚児の舞」が国の重要無形民俗文化財に

山梨)河口の稚児の舞、国の重要無形民俗文化財に:朝日新聞デジタル
国文化審:「河口の稚児の舞」答申 重要無形民俗文化財に /山梨 - 毎日新聞
「河口の稚児の舞」重文に【社会/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版
20170128dd0phj000120000p.jpg
 「河口の稚児の舞」は、富士河口湖町の河口浅間神社の祭礼として行われる少女による神楽。毎年4月の孫見祭(まごみまつり)と、同7月にある太々御神楽祭(だいだいみかぐらまつり)で奉納されてきた。

 富士山信仰で河口御師が行っていた太々神楽の神子(みこ)舞の流れをくむ。今回「富士山信仰の近世から今日にいたるまでの変遷過程を推量でき、地域的な特色や芸能の変遷の過程を示しており、重要」と評価された。

 演目は、御幣の舞、扇の舞、剣の舞、八方の舞、宮めぐりの5番で構成される。現在は小学生ぐらいの女児が、錦の陣羽織を着て、鈴や剣、扇などを持ち、太鼓や笛の音に合わせて舞う。四方八方へと舞い、舞う際の独特な足の運び方などが特徴とされている。
昨年7月に見に行きました。アルバムはこちらから
河口の稚児舞(平成28年)

節分へ「福豆」袋詰め本格化 浜松・中区の五社神社|静岡新聞アットエス
福豆の袋詰め作業が最盛期 浜松の五社神社で:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)
IP170126TAN000060000[1].jpg
 2月3日の節分を前に、浜松市中区利町の五社神社で豆まきに使う福豆の袋詰め作業が最盛期を迎えている。月末までに8000袋を用意し、2月3日の「散豆式(さんとうしき)」で紅白餅や菓子と一緒にまかれる。

 毎年恒例の行事で、今年もいり豆160キロを用意した。26日には早朝から、神職やみこら7人が袋に20グラムずつ手際良く詰めていた。
散豆式は午後4時から

「もち花」鮮やか 吉兆づくり : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
20170127-OYTNI50045-L.jpg
 節分(2月3日)を前に、新宮市の世界遺産・熊野速玉大社で、縁起物の「吉兆」作りが最盛期を迎えている。

 商売繁盛や家内安全の願いが込められ、玄関などに飾り付けると幸福が訪れるとされる。

 同大社の双鶴殿の大広間では、巫女の奥田聖野さん(26)と川脇鈴奈さん(21)が、境内で切り出した柳の小枝に色鮮やかな球状の「もち花」や小判、大福帳、サイコロなどを取り付けている。
紹介済み。巫女さん二人でこの量は大変そう
posted by naive at 18:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

金沢・尾山神社「七草健康祈願祭」

石川)七草供え健康祈る 尾山神社で祈願祭:朝日新聞デジタル
AS20170107001637_comm.jpg
 一年の無事を祈る「七草健康祈願祭」が7日、金沢市尾山町の尾山神社であった。拝殿にスズナ(かぶ)やスズシロ(大根)など春の七草を供え、加藤治樹宮司が前田家当主や参列者らをおはらいし、祝詞(のりと)を読み上げ狂言小舞を奉納した。祭事の後は七草がゆが提供された。
写真【七草の前で「末広の舞」を奉納する巫女】

MBCニュース | 薩摩川内市 七草の日の伝統行事「武射祭」
七草 子どもの成長願う(KKB)
2017010700021029.jpg
薩摩川内市の新田神社では、七草の日の伝統行事「武射祭」が開かれました。五穀豊穣と無病息災を祈願するもので、今年で7歳になる子どもら30人がはかまにハチマキ姿で弓矢を持ち、5.5メートル離れた大的に向って矢を放ちます。子どもたちの姿に見物客からは大きな拍手が送られていました。
凛々しい

富山の芦峅寺雄山神社で「立山護符」販売 「越中えびす」デザイン初登場も - 富山経済新聞
1483498987_photo.jpg
 富山の芦峅寺(あしくらじ)雄山神社(立山町芦峅寺)で正月三が日、「立山護符」が販売された。

 立山は日本三霊山の一つで、古来より山岳信仰が特に盛んな山として知られており、「立山権現」の伝説が残っている。約1300年前に少年の佐伯有頼が白鷹と黒熊に導かれて立山を開山し、その白鷹と黒熊の正体が神様(権現様)とされ、古くから立山信仰ではこの2つをシンボルとしてあがめていた。白鷹と黒熊をあしらった護符は、厄よけや火の用心に効果があるとされ、民家の玄関先で新年ごとに貼り替える風習が地元では残っている。
「越中えびす」が人気を呼び、元日に完売
posted by naive at 11:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

大相撲で金沢・石浦神社が話題に

石浦の星 羽ばたけ 新入幕で快進撃10勝 同姓熱く:北陸発:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2016112702100146_size0.jpg
 新入幕ながら大相撲九州場所で十勝と活躍する石浦(26)=宮城野部屋=に、北陸地方をはじめ全国の「石浦さん」が熱い視線を送っている。石浦姓のルーツは金沢の豪族「石浦」とされる。戦国時代に全国に離散したとか。その絆は固く、三年前には「全国石浦会」が発足。多くの石浦さんが同姓力士の活躍をわが事のように喜んでいる。
(中略)
 会事務局を担う石浦家具製作所専務の石浦秀幸さん(44)=高岡市上北島=は、場所が始まると、のぼり旗を揚げ、テレビ前にお守りを並べる。「十両の時から真っ正面からぶつかる相撲だった。相撲を見るのが楽しい」。初場所には国技館へ行こうと考えている。

 秀幸さんのお守りを作ったのが金沢市本多町の石浦神社。神社の名前は「石浦郷」に由来する。お守りは丸い石の裏に「浦」と書いてあり、サミットの時に全国の石浦さんに配った。

 「みんな、お守りを握りしめて応援しているでしょう」と宮司の長谷吉憲さん(41)。神社ではサミット以降、全国の石浦さんの健康と石浦関らの必勝を毎月、祈願し続けている。
写真「石浦が送ってきた番付表と、本人の手形=金沢市本多町の石浦神社で」

【茨城新聞】巫女姿の稚児先導、ご神体が地区渡御 小美玉・貴布禰神社
175690201877906936.jpg
小美玉市堅倉の貴布禰(きふね)神社(島田知正宮司)で22、23の両日、例祭が開かれた。23日には、ご神体が地区内の氏子宅・当屋(とうや)から同神社境内まで渡御。巫女(みこ)姿の稚児2人を先導役に、氏子総代の飯沼洋さんはじめ、役員や地元区長ら約40人が行列をつくって地区内を歩いた。

例祭は、御神体が22日午後、当屋に1泊し、23日朝に神事を行った後、境内まで約30分の道のりをご神体が渡御した。先導役を務めた咲季(さき)ちゃん(5)、佳穂ちゃん(1)の孫2人と歩いた中山義熙(よしてる)さん(71)は「めったに巡ってこない当屋で、大きな誉れになった。孫もきれいな衣装を着られてうれしそうだった」と喜んだ。
創建は平安時代の1030年と古く、例祭も986年前から、戦時中も途切れずに続けられてきたとされています

山陰中央新報 - 十二単実演に出雲市民うっとり 平安女性の美
5621661791.jpg
 平安時代から伝わる宮廷女性の正装「十二単(ひとえ)」の着装を実演するイベントが6日、島根県出雲市浜町の縁結び交流館であり、市民100人が美しい平安の衣装に見入った。

 出雲文化伝承館が企画。霞会館衣紋道(えもんどう)研究会京都支部の久世建子さんと冷泉通子さんを講師に迎え、2人でモデルに着付けをした。
来場した小学6年生は「マンガでは見たことがあったけど実際は初めてでとても良かった」と感激
posted by naive at 20:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

金沢・石浦神社で「碁盤の儀」

成長願いジャンプ 金沢・石浦神社、七五三で「碁盤の儀」 - 撮れたてニュース | 北國新聞社
TR20161116701_1main.jpg
 「七五三」の15日、金沢市本多町3丁目の石浦神社で子どもの健やかな成長を祈願する「碁盤の儀」が執り行われ、子どもたちが碁盤の上から元気いっぱいにジャンプした。

 碁盤の儀は平安時代の宮中行事に由来する。碁盤の上に立つ行為は「一人前になって自立する」という意味合いがあり、勢いよく飛び降りることで運が開けると言い伝えられている。
いい跳びっぷりです

わが子の成長...家族に笑顔あふれる 福島稲荷神社で「七五三」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
161116news6-thumb-300xauto-12204.jpg
 子どもたちの健やかな成長を願う「七五三」の15日、県内各地の神社で参拝する家族連れらの姿が見られた。

 福島市の福島稲荷神社では、約30組の参拝客が訪れ、境内では両親や祖父母に手を引かれた晴れ着の子どもたちの姿があった。
日曜日の参拝客が増える傾向

健やかな成長祈願し七五三参り(2016/11/12 23:30)(デーリー東北)
201611120P158952.jpg
 子どもの健やかな成長を祈願する「七五三」を15日に控え、八戸市の櫛引八幡宮は週末を中心に参拝に訪れる家族連れでにぎわっている。12日もピンクや青などの鮮やかな和装で着飾った子どもたちで境内が華やいだ。
続きは会員限定
posted by naive at 18:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

南砺・高瀬神社で七五三の子供用塗り絵

神さまは いろいろ 南砺の高瀬神社 七五三で塗り絵:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2016102802100212_size0.jpg
 南砺市高瀬の高瀬神社が、七五三参りの子ども用にオリジナルの塗り絵「いろいろな神さま」(B5判十四ページ)を作った。漫画家志望のみこ、山下翔子さん(23)が絵を担当した。十一月一日から祈祷(きとう)を受けた子どもに千歳(ちとせ)あめやお守りなどと一緒に授ける。(山森保)

 山下さんは大阪のデザイン学校を卒業した後、みこをしながらプロの漫画家を目指して作品を描き続けている。これまでにも七五三参りの授与品に塗り絵はあったが、「いまの子どもには絵が少しかたい印象」と、自前の制作を提案した。
「本来はバトル系少年漫画が得意」とのこと

神のお戻り祝い - 特別な「太平楽」奉納/第60次春日大社式年造替 | 社会 | 奈良新聞WEB
春日大社・式年造替 正遷宮祝い舞楽奉納 - 産経WEST
0e606756ce2640e574bb08ad1ac4fc56.jpg
 春日大社(奈良市)の20年に1度の社殿大修理「式年造替(しきねんぞうたい)」でご神体が本殿に戻った「正遷宮(しょうせんぐう)」(本殿遷座祭)から一夜明けた7日、天皇陛下からの供え物が奉納される「奉幣祭(ほうべいさい)」に続き、「後宴之舞楽(ごえんのぶがく)」があり、特別な儀式に舞われる曲「太平楽(たいへいらく)」などが奉納された。
「延喜楽」「賀殿(かてん)」や「地久(ちきゅう)」も

「健やかに」ただただ願う 山形・一足早い七五三|山形新聞
img_2016110700133.jpg
 時折冷たい風が吹き、晴れや曇りとなった6日の県内。山形市の県護国神社(宮舘厚悦宮司)には、一足早く七五三参りに訪れる家族連れが相次いだ。

 七五三は男児が3歳と5歳、女児は3歳と7歳の年の11月15日に神社に参拝し、子どもの健やかな成長を願う行事。近年は仕事の都合や写真業界のPR効果などがあり、早めの参拝も一般的になってきたという。

 同神社では午前9時ごろから、両親や祖父母に手を引かれた羽織はかま姿の男児や振り袖姿の女児らが見られ、境内は華やいだ雰囲気に包まれた。神前では子どもたちも神妙な表情でかしわ手を打ち、頭を下げていた。
次の日曜日(13日)は大安
posted by naive at 19:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

白山比盗_社で七五三詣の準備

子の笑顔待つ 千歳飴 白山比め神社:北陸写真ニュース:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)
七五三、「すくすく育って」願い込め 準備がピーク - 撮れたてニュース | 北國新聞社
PK2016110102100129_size0.jpg
 七五三詣でが盛んになる十一月を前に石川県白山市の白山比め神社で三十一日、千歳飴(ちとせあめ)やお守りなど子供たちに配る「お下がり」の袋詰め作業が本格化した。白衣に緋袴(ひばかま)の舞女(まいひめ)が子供たちの健やかな成長を願い、福鈴が付いた袋に千歳飴、お守りのほか、祝い箸、年齢で違う玩具などを入れていった。

 神社によると、今年は「お下がり」を昨年より二百袋多い、三千二百袋準備する。既に七五三詣での参拝客は散見されるが、ピークは十二〜二十三日の土日祝日という。七五三詣での初穂料は五千円から。
舞女さん(21)「お下がりを受け取る子供からは無邪気で幸せなオーラを感じる。やりがいがある」

願いを詰めて 住吉大社で撤下袋詰め - 大阪日日新聞
IP161031TAN000132000_02.jpg
 15日の七五三参りを前に大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で参拝の子どもたちに渡す撤下(おさがり)の袋詰めがピークを迎えた。31日は同大社の神楽女(かぐらめ)5人が協力し、千歳あめやお守り、鉛筆などの縁起物一式を色鮮やかな袋に丁寧に詰めていった。

 子どもの安全な成長を祈願する儀礼である七五三。同大社によると例年の参拝者数は約6千人に上る。以前は15日前後に集中していたが近年は前倒し傾向にあり、今年も10月中に約千人がすでに参拝している。袋詰めも同月から始まり、この日で計約6千個の準備を終えた。
紹介済みです

宮崎)秋の宮崎彩る「神武さま」 初日は8万人が見物:朝日新聞デジタル
AS20161029002220_comm.jpg
 宮崎の秋を彩り、「神武さま」の名で親しまれている宮崎神宮大祭が29日、宮崎市で始まった。荘厳で華やかな御神幸(ごしんこう)・神賑(しんしん)行列に約1400人が参加。市中心部は歩行者天国となり、初日は約8万人(主催者発表)の見物客が訪れた。

 行列は午後1時、宮崎神宮を出発。子どもたちの稚児行列や天照大御神の巨大なモニュメント、全国公募による15人が日向神話の神々に扮した「神々のパレード」、新婚夫婦の鵜戸神宮参拝を再現した「ミスシャンシャン馬」などがJR南宮崎駅近くの大淀御旅所まで約4キロを練り歩いた。
写真「沿道の家族に手を振る稚児行列=宮崎市」
posted by naive at 17:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

甲府・武田神社で千歳飴の袋詰め

七五三へ向け、千歳あめの袋詰め【エンタメ/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版
181359303140.JPG
11月15日の七五三に向けて県内の神社で準備が進められる中、甲府・武田神社では17日、千歳(ちとせ)あめの袋詰め作業が行われた。
続きは有料会員限定…

ABC WEBNEWS|【兵庫】七五三へ準備着々・・・千歳飴の袋詰め
161015abc.jpg
七五三参りを前に、兵庫県の西宮神社で千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が進んでいます。

千歳飴を手際よく、丁寧に袋詰めしていきます。「えべっさん」の総本社として知られる西宮神社は、毎年この時期、七五三の準備に追われます。千歳飴は子どもの健やかな成長を願って、縁起の良い紅白に着色されています。袋から飴を取り出す時に正面になるよう、巫女は全て手作業で、お守りと一緒に袋に詰めます。
巫女さんの一人「子どもたちが飴を受けとった時に喜んでくれたら嬉しいと思いながら、飴を詰めました」

雅楽の調べ市民ら満喫 鳥取でコンサート | 日本海新聞 Net Nihonkai

 “世界最古のオーケストラ”ともいわれる雅楽のコンサートが、鳥取市のとりぎん文化会館フリースペースであった。楽器に触れる体験コーナーもあり、来場者が日本古来のみやびな音色を楽しんだ。 

 地元で活躍するアーティストによる文化芸術を広く楽しんでもらおうと同会館が企画した。

 鳥取県内の雅楽愛好者でつくる「鳥取雅友会」(森川道弘楽長)のメンバー15人が、古式ゆかしい衣装に身を包み「越殿楽(えてんらく)」「五常楽(ごしょうらく)」など3曲を演奏。美しい顔立ちの将軍が兵士を鼓舞しようといかめしい仮面をかぶって出陣したという中国の伝説をモチーフにした舞楽「陵王」も披露された。
女性もいるようです
posted by naive at 20:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

佐久・新海三社神社秋祭

長野県 「君の名は。」に登場?「浦安の舞」 佐久の新海三社神社にファン|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ
NEWS000000847501.jpg
 佐久市田口の新海三社(しんかいさんしゃ)神社で2日、秋祭が開かれ、地元の田口小学校児童が浦安の舞を披露した。新海誠監督(南佐久郡小海町出身)の大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」で、主人公が神事で舞いを踊る場面の衣装と似ていることや監督と神社の名前が同じ―と一部のファンの間で話題になっており、ファンを含め、約100人の観客が訪れて見入った。

 浦安の舞は氏子らが参加した神事の後に披露。田口小6年の女子4人が笛などの演奏とともに舞った。
いわゆる聖地巡礼

福島・飯坂「けんか祭り」開幕 例大祭式典で五穀豊穣に感謝、1日は「宮入」 :福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
160930sokuhou4kenkamaturi-thumb-300xauto-11043.jpg
 「けんか祭り」として知られる福島市飯坂町の八幡神社例大祭は30日開幕、2日まで飯坂温泉街を熱気で包む。

 30日は、同神社で五穀豊穣(ほうじょう)に感謝、氏子の平安を祈願する例大祭式典が行われ、浦安の舞などが奉納された。
御神体を本殿からみこしに移す移御式( いぎょしき)や御神火(ごじんか)の採火式も

「オクシズ」初集結 静岡浅間神社で大神楽祭|静岡新聞アットエス
IP161001TAN000093000.jpg
 静岡市の山間地に伝わる神楽が一堂に集まる「大神楽祭」(市主催)が1日、同市葵区の静岡浅間神社で開かれた。「オクシズ」の神楽が初めて同神社に集結した。
 井川、清沢、梅ケ島新田、有東木、横沢・口坂本・大日の5神楽を舞う葵区の7団体が、国指定重要文化財「舞殿」で舞を披露した。笛と太鼓に合わせ、舞役が鳴らす神楽鈴の音が響き渡り、多くの人が荘厳な舞に見入った。
オクシズとは?オクシズ - 静岡市中山間地域 奥静岡
posted by naive at 19:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

伊那・福島合社で浦安の舞を奉納

福島合社で浦安の舞を奉納(伊那谷ねっと)
0000023836.jpg
伊那市福島にある福島合社の例大祭が10日行われ、地元の子どもたちが浦安の舞を奉納しました。
例大祭では地元の伊那北小学校に通う6年生の女子児童8人が舞を奉納しました。
福島合社の神職、唐沢光忠さんによりますと「浦安」とは心が安らかという意味で平和を祈る「心の舞」と言われているということです。
大正3年に当時の福島村にあった8つの神社が一つになったもの

あす巫女ら舞、雅楽演奏 熱海の来宮神社で仲秋観月祭 − 伊豆新聞
20160914iz2000000013000c.jpg
 熱海市西山町の来宮神社は15日夜、「仲秋観月祭 演奏会」を開く。同神社の巫女(みこ)や神職が、舞や雅楽を演奏する。午後6時半から神事、7時から演奏。
 巫女舞、琴曲、管絃、舞楽の演奏を予定し、伊豆の国市の大仁雅楽会も出演する。当日は、社殿前に300席を用意し、参拝者にはこがしまんじゅうを振る舞う。
観覧無料。雨天の場合は、社殿内で実施

奉納米、女児が収穫 大麻比古神社で抜穂祭【徳島ニュース】- 徳島新聞社
大麻比古神社で「抜穂祭」 | NNNニュース
200_2Sff7XXP.jpg
 鳴門市大麻町の大麻比古神社に奉納する米の稲穂を刈り取る「抜穂祭(ぬきほさい)」が11日、神社近くの神饌田(しんせんでん)と呼ばれる田んぼであった。

 圓藤恭久宮司が祝詞を読み上げて、収穫の安全を祈願。すげがさをかぶり、白衣に赤だすきを掛けた板東小学校の女子児童11人が約6アールの田んぼに入り、約80センチに育った稲を鎌で刈り取った。
6年生「お米が付いていて重かったけど、奉納される稲を収穫できてうれしい」
posted by naive at 21:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月11日

羽咋・千里浜神社で浦安の舞奉納

ドキドキ 初の舞奉納 羽咋・千里浜神社 4児童がみこ役:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2016091002100245_size0.jpg
 家内安全と五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する羽咋市の千里浜神社の秋季祭礼は十日始まり、千里浜町内の小学六年生の女子児童四人がみこを務め、初めて浦安の舞を奉納した。(小塚泉)

 いずれも羽咋小の中島亜依子さん、吉野友菜さん、吉田華さん、北野琴理さんが舞った。夏休み前から練習を重ね「緊張したけどうまくできました」「覚えるのは大変だったけど楽しかった」などと振り返った。高井勇学宮司は「すごく良かった」とほめていた。今後、新嘗祭や歳旦祭、春の例祭でも奉仕する。
壮年団長「皆が喜ぶいい祭りにしたい。子どもたちの思い出に残る祭りになれば」

震災からの復興祈る 福島板倉神社で例大祭 | 県内ニュース | 福島民報
IP160905AX0000449000_0001_COBJ.jpg
 福島藩祖・板倉重昌を祭った板倉神社の例大祭は4日、福島市の同神社本殿で開かれ、関係者が東日本大震災からの復興などを祈った。
 板倉家第二十代当主・板倉敏和さん(66)と妻の幸枝さん(62)=東京都在住=ら関係者約30人が参列した。祝詞奏上の後、豊栄の舞が奉納され、板倉さん夫妻や小林香福島市長が玉串をささげ、地域に愛される神社になるよう願った。
震災で本殿や社務所が被災
posted by naive at 10:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

新潟・護国神社で最後の満州開拓県民慰霊祭

満州開拓県民へ最後の慰霊祭|社会|新潟県内のニュース|新潟日報モア
0036260400225924.jpg
 開拓のために旧満州(中国東北部)に渡り、現地で亡くなった県人を追悼する県開拓民殉難者慰霊祭が9日、新潟市中央区の護国神社で行われた。1959年から続けてきたが、開拓経験者の高齢化により今回が最後となる。
1万3000人が入植し、およそ5000人が亡くなったとされています

中央道(8月7日)【社会/山梨】 | さんにちEye 山梨日日新聞電子版
000403735.jpg
…神社や雅楽など日本の伝統文化を紹介するイベントが7日まで、JR甲府駅北口よっちゃばれ広場で開かれている。
 ▽…県神社庁が設立70周年を記念して開催。初日の6日は会場で雅楽や神楽舞を披露。みこや神職の衣装を着用できるコーナーが人気を集めた=写真。
ドイツからホームステイで訪れている16歳は「和装ができて楽しかったけれど、とても暑い。涼しい衣装があったらいいのに」と苦笑い

五社堂800年、本祭厳かに 男鹿市の赤神神社|秋田魁新報電子版
20160724ak0005_01_l.jpg
 秋田県男鹿市の赤神神社「五社堂」(国重要文化財)の建立800年祭本祭が23日、五社堂境内で行われた。記念神事が執り行われたほか、参拝客が奉納した願い木を積み上げた記念モニュメント「千年杉の塔」が完成し、訪れた大勢の人たちが800年の節目を祝った。
宮司が祝詞を上げた後、剣舞やみこ舞、雅楽を奉納
posted by naive at 21:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月08日

上田・生島足島神社「祇園祭」

東信ジャーナル[Blog版] | ◆生島足島神社「祇園祭」2016を開催! みこしや浦安の舞、上田市指定無形民俗文化財の「下之郷三頭獅子舞」を奉納!
HqvpMKNG.jpg
 上田市下之郷の生島足島神社(武藤美登宮司、依田延嘉氏子総代長)は7月31日、恒例の「祇園祭」を行った。
 みこしや浦安の舞、市指定無形民俗文化財の下之郷三頭獅子舞を奉納し、観光客も見物した。
 子どもみこしは早朝から開始。約100人が2基のみこしを担ぎ、二手に分かれて区内全域を巡った。大人みこしは夕方に出発した。
浦安の舞は小学6年生の3人が舞いました

新潟まつり:最終日 稚児衣装で練り歩く 花火大会も盛大に /新潟 - 毎日新聞
20160808dd0phj000073000p.jpg
 新潟市の夏の風物詩「新潟まつり」(同実行委員会主催)が5〜7日、市中心部を主会場に開かれた。最終日の7日は住吉行列や花火大会が盛大に行われ、市内は多くの人出でにぎわった。

 住吉行列には約400人が参加し、午前10時に同市中央区上大川前通5番町を出発。平安時代をイメージした稚児衣装を身にまとった子どもたちや御座船(ござふね)などが列を作り、同区稲荷町の市立日和山小学校までの約2キロを練り歩いて、沿道で見守った市民の目を楽しませた。
この時期は暑そうですね…

京都)斎宮代の衣装、袖通し「幸せ」 右京・野宮神社:朝日新聞デジタル
AS20160804002100_comm.jpg
 天皇に代わって伊勢神宮に仕えた皇女・斎宮(さいくう)が伊勢神宮へ旅立つ様子を再現する「斎宮行列」のヒロイン・斎宮代に、右京区の足立奈々紀(ななき)さん(18)が選ばれ、4日、同区の野宮(ののみや)神社で衣装合わせがあった。

 足立さんは嵯峨で生まれ育ち、2002年に斎宮代を務めた田附(たづけ)史恵さんから日舞を習っている。自身も幼稚園と小学生のころに計2回、稚児役などで行列に参加したという。衣装に袖を通し、「歴史の中に入れたみたいで幸せ。たくさんの方に日本の伝統を感じてもらいたい」と話した。
10月16日正午、野宮神社を出発
posted by naive at 19:49| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

山梨・河口浅間神社で「稚児の舞」奉納

山梨)河口浅間神社で稚児の舞:朝日新聞デジタル
AS20160729002775_comm.jpg
 世界文化遺産富士山の構成資産のひとつ、富士河口湖町河口の河口浅間(あさま)神社で28日、富士山が噴火しないよう神様の木花開耶姫(このはなさくやひめ)に舞を奉納する「稚児の舞」があった。
(中略)
 稚児の舞は県の無形民俗文化財。4月25日と7月28日に奉納される。毎年、氏子から選ばれた小学生女子6〜10人が、赤い陣羽織と白足袋を身につけて演じる。右手に鈴、左手に御幣(ごへい)や扇子を持った稚児たちは横笛や太鼓に合わせ、拝殿で約1時間にわたり優雅な舞を披露した。
小学6年生「鈴を鳴らしたり、足を送ったりするタイミングを合わせるのが難しかった」

見に行きました。
記事では約1時間とありますが、午前10時半から休憩2回をはさんで午後4時過ぎまでと結構長いです…

【山田】神楽や歌で仮設住宅に笑顔 花巻の中学生が訪問
h1607062.jpg
 花巻市円万寺の湯口中(加藤暢之校長、生徒110人)の3年生37人は5日、復興教育の一環で山田町を訪れた。生徒たちは仮設住宅や集会所を巡って円万寺神楽を披露し、被災住民らに笑顔と元気を届けた。

 生徒らは東日本大震災発生当時の映像や講話を見聞きし、着々と進む同町の復興を学んだほか、同町大沢の浜川目仮設集会所と同町山田のいきがいデイサロンを2班に分かれて訪問。一日も早い復興への願いを込めて神楽や歌を披露したり、住民らと交流した。
仮設住宅に暮らす女性「はつらつと踊る子どもたちに元気をもらった」
posted by naive at 20:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月05日

白山比盗_社「御贄講大祭」

豊漁を祈願 御贄講大祭:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)
大漁祈願を白山に 平安期からの大祭 - ホッとニュース | 北國新聞社
PK2016060402100214_size0.jpg HT20160605401_1main.jpg
 白山比盗_社の御贄講(みにえこう)大祭は4日、白山市の同神社で行われ、県内の漁業関係者約120人が大きなタイやワカメ、昆布などの海産物を奉納し、白山の神に海上安全と大漁満足を祈願した。

 村山和臣宮司が祝詞を奏上し、献幣使(けんぺいし)を務める県漁業協同組合金沢港支所の浜田満副運営委員長が祭文(さいもん)を読み上げた。2人の舞女(まいひめ)がタイをつり上げる所作を神楽にした「大漁神楽」を幽玄に舞い、同組合美川支所の8人が祝い歌「御酒(ごんしゅ)」を奉納した。
見てみたいですが漁業関係者ではないので…

豊穣祈り早乙女手植え 宮崎神宮 - Miyanichi e-press
20160604-1465027500.jpg
 宮崎市の宮崎神宮(杉田秀清宮司)の御神田で4日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る御田植祭があった。かすりの着物に編みがさをかぶった早乙女らが、氏子や地元住民ら約80人に見守られながら、雨が降りしきる中、稲の苗を植えた。
読売新聞によると早乙女は宮崎農高の生徒9人

京都)北野天満宮 大福梅の収穫始まる:朝日新聞デジタル
AS20160603003039_comm.jpg
 正月の縁起物「大福梅」を仕込むため、北野天満宮(上京区)で3日、神職や巫女(みこ)、氏子らが境内に植えられた梅の木から実を摘み取った。

 境内には約50種1500本の梅の木がある。同宮権禰宜(ごんねぎ)の東川楠彦さん(33)は「今年は良い気候が続き、比較的大きな実をつけた」と話した。例年通り2・2トンの収穫を見込む。
既出。12月13日から25日にかけて参拝者に授与されます
posted by naive at 10:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月03日

尾山神社「金沢百万石まつり」祈願祭

節目の舞、厳かに 第65回金沢百万石まつり  - 石川県のニュース | 北國新聞社
E20160603001_1main.jpg
 初夏の城下町を彩る「金沢百万石まつり」は3日、金沢市内で3日間の日程で幕を開けた。尾山神社で祈願祭が営まれ、参列者約30人がまつりの成功を期し、加賀百万石の伝統を受け継ぐ決意を新たにした。

 1952(昭和27)年に始まったまつりは65回の節目を迎えた。加藤治樹宮司の祝詞奏上に続き、巫女(みこ)が天下の平安を願う「浦安の舞」を厳かに奉納した。
いい角度

山王まつり成功祈る 富山・日枝神社で宵祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社
T20160531203_1main.jpg
 県内最多の露店が並ぶ日枝神社の春季例大祭「山王まつり」の宵祭は30日、富山市の同神社で営まれ、関係者が31日から本番を迎える祭りの無事と成功を願った。

 神職が本殿や境内をはらい清め、平尾旨明宮司が祝詞を奏上した。巫女(みこ)2人が浦安の舞を奉納し、参列者が玉串をささげた。
こちらは二人舞

20年ぶり献穀田の御田植式 野々市の住宅地 - ホッとニュース | 北國新聞社
HT20160530401_1main.jpg
 新嘗祭で用いる米を栽培する「献穀田(けんこくでん)」の御田植(おたうえ)式が29日、野々市市で20年ぶりに、藤平田1丁目にある農業千田努さん(68)の水田で行われた。水田は市役所から約300メートル離れた住宅地に位置し、市によると、市街地にある献穀田は県内でも珍しい。
野々市中の女子生徒10人が早乙女姿で
posted by naive at 22:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

滑川・田中天満宮春季例大祭

児童、優雅に浦安の舞 滑川の神社で春季例大祭 - 撮れたてニュース | 富山新聞社
TT20160526711_1main.jpg
 滑川市田中町の田中天満宮の春季例大祭は25日、同社で営まれ、小学生による「浦安の舞」が奉納された。

 祝詞が奏上され、野尻洋也奉賛会長(73)=田中新町=らが神殿に玉串をささげた。田中小5年の上間涼夏さん、高木咲緒さん、上口ももさん、松本舞聖さんが「浦安の舞」の扇舞、上間さんと同4年の岡本真菜子さん、高柳明菜さん、西部小4年の金城花伶さんが榊(さかき)の舞を優雅に演じ、五(ご)穀(こく)豊穣(ほうじょう)を祈った。
浦安の舞なら扇の舞と鈴の舞なのでは…

お宮で結婚、地域ぐるみ祝福 岐阜・本荘神社、新郎の参道整備が縁:岐阜:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2016052802100186_size0.jpg
 岐阜市敷島町の本荘神社で二十八日、四年ぶりに結婚式が開かれた。新郎の営む会社がかつて参道を整備した縁から、地域ぐるみで祝福することに。中高生三人がみこ役を務め、神楽を奉納した。

(中略)

 みこ役の中高生三人は、神社の祭礼のため、小学生のころから神楽を習ってきたという。新郎新婦の指輪交換後、優雅な舞を披露した。
住民ら計七十人で祝福しました

とんさんえびす祭り:郷土の発展を祈願 家族連れらでにぎわう 佐賀市・佐嘉神社 /佐賀 - 毎日新聞
とんさんえびす盛況 松原神社で記念祭|佐賀新聞LiVE
20160507dd0phj000291000p.jpg SAG2016050899000042_id1_20160508090517.jpg
 佐賀市の松原神社内にある松原恵比須社でえびす像の鎮座を記念する「とんさんえびす祭り」が、3日と4日に開かれた。神事のほか、ラジオの公開生放送や親子連れを対象にした「ちびっ子コーナー」も設けられ、来場者でにぎわった。

 4日には、御鎮座記念祭があり、高さ2・5メートルの巨大えびす像を前に祝詞奏上などがあった。境内では、小学生未満の幼児を対象にしたぬりえ大会の表彰式や、豪華景品が当たるタイ釣りみくじなど、来場者を楽しませた。
今年で11回目
posted by naive at 12:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

坂井・三国祭で浦安の舞奉納

晴れやか三国祭開幕 安全祈り「浦安の舞」:福井発:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2016052002100118_size0.jpg
 ○…三國神社の拝殿では神事が営まれ、神職や氏子代表らが玉串をささげて期間中の安全を祈願した。

 神事に続いて「浦安の舞」が奉納され、三国南小学校六年の隅田結衣(ゆい)さん(12)、斉藤楓果(ふうか)さん(11)、近藤汐理(しおり)さん(11)、西島帆乃香(ほのか)さん(11)の四人が、みこ装束で扇や短剣を手に見事な舞を披露した。
「(舞う)合図出しには気を付けたので皆うまく踊れた。出来は百五十点」

新嘗祭へ 豊かに実れ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
20160520-OYTNI50018-L.jpg
 五穀豊穣に感謝して11月に宮中で行われる「新嘗祭」に献上する県産コシヒカリの田植えが20日、福井市波寄町、農業長谷川忠夫さん(70)の水田であった。

 県内からは、1892年(明治25年)から持ち回りで決まる代表の農家が粟あわと米を献上している。
稲穂を収穫する「抜穂式」を9月中旬に行い、10月下旬に献上するとのこと

豊作願い献穀斎田で田植え 智頭・森下さん夫妻ら | 日本海新聞 Net Nihonkai

 皇居で秋に行われる新嘗祭(にいなめさい)に献上されるコシヒカリの田植え式が17日、本年度の奉仕者に選ばれた智頭町慶所の森下順平さん(62)、恵さん(56)夫妻の「献穀斎田」で行われた。森下夫妻や平井伸治知事、早乙女ら関係者が秋の豊作を祈願しながら昔ながらの手植えで苗を植えた。

 祝詞奏上や玉串奉てんなど豊作を祈願する神事の後、2アールの献穀斎田に入り、地域住民や関係者が見守る中、森下夫妻ら19人が並び、1人20株ずつ丁寧に植えていった。
厳重に選別して約1・5キロの米を献上
posted by naive at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

気多大社「御贄祭」

アジつるし海の安全と豊漁願う 羽咋・気多大社 - 石川県のニュース | 北國新聞社
H20160502101_1main.jpg
 羽咋市の気多大社で1日、豊漁と海の安全を祈願する御贄祭(みにえさい)が営まれ、生魚をつり下げた神前で神職が祈りをささげた。

 本殿の柱2本に横通しに結い付けた竹から、アジ48匹がつり下げられた。参拝者約70人を前に、神職が祝詞を奏上し、巫女(みこ)が舞を披露した。
どんな巫女舞か気になります

春の藤原まつり開幕 平泉 あす、東下り行列 | Iwanichi Online 岩手日日新聞社
稚児華やか、笑顔あふれ 平泉で春の藤原まつり(岩手日報)
hiraizumi160502.JPG
 平泉町の春の藤原まつりは1日開幕した。同日の県内は低気圧の影響で雨となり、気温も上がらなかったが、中尊寺では恒例の稚児行列が行われ、本堂内は華やかに着飾った子どもや家族らの笑顔であふれた。

 県内外の3〜6歳児83人が参加。本堂から金色堂まで練り歩く予定だったが、雨のため本堂内で行われた。男子は烏帽子(えぼし)、女子は宝冠をかぶり、狩衣(かりぎぬ)、直垂(ひたたれ)姿で家族に手を引かれ、少し緊張した表情を浮かべながら歩みを進めた。
藤原まつりは5日まで、最終日には延年舞など

日高火防祭:はやし屋台、豪勢に 奥州 /岩手 - 毎日新聞
はやし屋台きらびやか 日高火防祭 | 河北新報オンラインニュース
連休初日 火防祭にカキまつりにぎわう | IBC NEWS
20160430dd0phj000209000p.jpg
大型連休初日のきょう、奥州市では伝統の日高火防祭が行われ、山田町ではカキまつりが開かれ、多くの人でにぎわいました。
奥州市水沢区では春の訪れを告げる伝統行事、日高火防祭が行われました。日高火防祭は藩政時代に江戸で起きた大火事をきっかけに、火事の防止を祈願して始まったとされています。祭りの呼び物は絢爛豪華な囃子屋台。今年は去年より1台多い、9台の屋台が中心部を練り歩きました。屋台には「お人形さん」と呼ばれる、華やかな和服に身を包んだ女の子達が乗り、可愛らしい掛け声とともに、太鼓の音を響かせました。
紹介済み。屋台も色鮮やか
posted by naive at 12:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月01日

高岡御車山祭

富山県 豪華に山車ライトアップ 1日、高岡御車山祭|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ
NEWS000000692401.jpg
 1日に高岡市中心部で行われる国重要有形・無形民俗文化財「高岡御車山(みくるまやま)祭」を前に30日、宵祭が山町筋で開かれた。絢爛(けんらん)豪華な山車(やま)に照明が当てられ、ひときわ美しい輝きを放つ金工や漆工の装飾が訪れた人を魅了した。

 ライトアップされた山車は、高岡御車山会館に展示中の守山町、臨時山倉に置かれた御馬出(おんまだし)町と小馬出(こんまだし)町の3基。

 臨時山倉ではお囃子(はやし)の演奏や巫女(みこ)舞の奉納があり、祭り前夜の厳かな雰囲気が漂った。
記念品の配布や山宿を巡るスタンプラリーも

四日市 茶業の繁栄を祈願 足見田神社で新茶まつり(伊勢新聞)
news04.jpg
【四日市】八十八夜(五月一日)を前に、すいざわ新茶まつり実行委員会(矢田宗久会長)は二十九日、四日市市水沢町の足見田神社で同まつりを開き、新茶を奉納して茶業の繁栄を祈願した。

 水沢茶農業協同組合から足見田神社まで約一・五キロを、のぼりを立てた荷台で威勢よく太鼓を演奏しながら走るトラックや、オープンカーで献茶パレードをし、同神社前から巫女(みこ)や雅楽隊らが献茶行列を先導した。

 祈願祭は、神社神殿で雅楽が流れる中、横山正純宮司が祝詞をあげ、神官装束の矢田会長がおごそかに献茶。水沢小六年の女子児童十二人が、巫女装束で神楽「浦安の舞」と「乙女舞」を奉納した。
写真小さい…関連リンク
新茶まつり速報 | 水沢地区ホームページ

神戸新聞NEXT|明石|稚児行列きらびやか 御厨神社で国恩祭 明石
神戸新聞NEXT|淡路|「稚児行列」華やか お釈迦様の誕生祝う 洲本
b_09036659.jpg
 地域の繁栄と安泰を願って江戸時代後期から続くとされる「国恩祭(こくおんさい)」が29日、11年ぶりに兵庫県明石市二見町東二見の御厨神社で開かれた。二見地域などの1〜12歳の子どもたち391人が、色鮮やかな稚児衣装に身を包み、本殿で静かにおはらいを受けていた。
洲本のほうは動画も
posted by naive at 21:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする