サハリンで樺太慰霊祭

樺太の記憶を次世代へ 七十周年に旧豊原市で慰霊祭 北海道神青 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【北海道】道神道青年協議会(村井一介会長)では六月十八日から二十日にかけてロシア連邦サハリン州ユジノサハリンスク市(旧・樺太庁豊原市)を訪問し、会員や元島民らが参列のもと樺太慰霊祭を斎行した。写真【慰霊祭での「みたまなごめの舞」】 楠木正成たたえ厳かな「橘の舞」 神戸・湊川神社で例祭 - 産経WEST  南北朝時代の武将、楠木正成が戦死した日の新暦に当たる12日、正成の遺徳をたたえる例祭が湊川神社(神戸市中央区)で営まれた。厳かな雰囲気の中、祝詞(のりと)の奏上や舞の奉納などが行われた。4人の巫女さんが神楽「橘(たちばな)の舞」を奉納 「両宮丸」国道巡行再開 阿治古神社例大祭―熱海 - 伊豆新聞  担い手確保のため昨年の祭典を週末に開催した熱海市網代の阿治古神社例大祭が今年は、本来の例大祭日である19日の宵宮祭、20日の本祭日程に戻して行われる。最大の呼びもので、人手不足から見送っていた御神船「両宮丸」の国道135号巡行も3年ぶりに再開。伝統を重んじ、地域一丸となって祭典の再興を図ることになった。【写説】道具を手に舞の稽古に励む網代小6年の女子児童4人

続きを読む

相馬中村神社・遷宮祭で稚児行列

相馬中村神社で華やかに稚児行列 | 東日本大震災 | 福島民報 厳かに 相馬中村神社で26年ぶりに式年遷宮 | 河北新報オンラインニュース  相馬市の相馬中村神社の遷宮祭に合わせた稚児行列は17日、市内の中心市街地で行われ、華やかな衣装に身を包んだ子どもたちが練り歩いた。  26年前の1992(平成4)年の前回遷宮祭の際にも実施した。実行委員会の主催。幼稚園児や小学生ら42人が参加した。同神社では神楽の奉納や餅まきが 小中学生が神主・巫女体験 寒川JCが寒川神社で実施 | 寒川 | タウンニュース  一般社団法人寒川青年会議所(寒川JC)は6月17日、6月例会として、小中学生に寒川神社で神主・巫女体験をしてもらう「Jobrigado in 寒川神社〜神主さん・巫女さん半日体験〜」を行った。  寒川JCでは、寒川町にある全国的な大きさを誇る寒川神社でも「どういう神社なのかわからない」という声を聞くなど、あらためて親子で神社を学べる事業を実施することを計画。当日は20人の子どもたちと、その父母が集まり、衣装の着用から正座、拝礼作法実践、紙垂奉製、正式参拝、神苑見学など充実した半日を過ごした。JCメンバーも白い神服に身を包み、一緒に奉仕の心得や拝礼の作法などを学んだ。女の子が多かったようです 豊橋の藤ノ花女子高生が十二単を学ぶ | 東愛知新聞 華やかな平安世界を満喫 | 東日新聞  あなたも紫式部になってみませんか―。平安時代の正装として着用された十二単(ひとえ…

続きを読む

山形県朝日町「空気神社」で空気まつり

山形)「空気神社」で空気まつり 山形県朝日町:朝日新聞デジタル 感謝の舞「空気まつり」 朝日・空気神社|山形新聞  世界で唯一空気をご神体にしている朝日町白倉の空気神社で2日、「空気まつり」が始まった。神社本殿が一般開放され、新緑のブナ林に囲まれた鏡盤のステージで、地元の小学生がみこの舞を厳かに奉納した。  和合地区の小学4~6年生5人が、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「豊栄(とよさか)の舞」を披露。白と赤の衣装を身に着けた子どもたちの舞う姿がステージに映り、観客は盛んにシャッターを切っていた。今回で舞い手を卒業する6年生「下級生の見本となるように空気に感謝して踊った。初めて舞ったときの気持ちを思い出して頑張った」 石川)百万石まつり開幕 祈願祭で舞、お水とりの儀式も:朝日新聞デジタル  加賀藩祖・前田利家の功績をしのぶ「第67回金沢百万石まつり」が1日、金沢市で開幕した。まつりの始まりを告げる「お水とりの儀式」や、まつりの成功を祈る祈願祭があった。  儀式では金沢の地名の由来とされる「金城霊沢(きんじょうれいたく)」(金沢市兼六町)の湧き水を金澤神社の厚見正充宮司が柄杓(ひしゃく)ですくい、奉納した。この霊水は2、3日に兼六園などである百万石茶会に使われる。尾山神社(同市尾山町)で開かれた祈願祭は厳粛な雰囲気のなか、巫女(みこ)が「浦安の舞」を披露した。紹介済みです

続きを読む

一関で稚児行列

狩衣姿、笑顔愛らし 花泉保育園稚児行列【一関】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社  一関市花泉町の花泉保育園(宇津野弘人園長)の園児による稚児行列は12日、同町花泉地内で行われた。同町の宝泉寺の釈迦(しゃか)の誕生を祝う「花まつり」に合わせた行事で、きらびやかな狩衣(かりぎぬ)を身にまとった園児が地区内を練り歩いた。 花まつりは釈迦の誕生日(4月8日)にちなんだ同園恒例の仏教行事で、稚児行列は2年に1度行われている。今年は年長児18人、年中児18人が参加。年少児19人は釈迦誕生の逸話にちなんだ白象の山車を引いた。 釈迦像への甘茶掛けなどの法要後、園児は保護者に手を引かれながら清水集落内の道のり約500メートルを歩いた。沿道には地域住民や親族が詰め掛け、園児の愛らしい姿を写真に収めていた。園児(5)は「衣装が重くて少し疲れたけど、楽しかった。また歩きたい」とにっこり 稚児行列華やかに 東本願寺別院で花まつり【函館】 | 北海道ニュースリンク 釈迦の生誕を祝う「花まつり」が12日、函館市元町の東本願寺別院で開かれた。大谷短大付属幼稚園や眞宗寺保育園など市内近郊7つの仏教系幼稚園や保育園の年長園児が色鮮やかな稚児の衣装を着て同寺院の周りを1周し、本堂では法要も執り行われた。  函館市仏教会(会長・鷲山宣裕萬年寺住職)の主催。稚児行列では、うららかな春の日差しの中を園児や教諭、保護者らが大きな行列を作り、同寺院の南門から出発。大三坂を経由し、沿道の声援も浴びながら寺院…

続きを読む

二本松・万人子守地蔵尊の例大祭

華やかな稚児舞奉納 二本松の万人子守地蔵尊例大祭 | 県内ニュース | 福島民報 きらびやかに「稚児舞」奉納 子どもの守護神・万人子守地蔵尊:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  奥州唯一の子どもの守護神として信仰を集める二本松市小浜の万人子守地蔵尊例大祭は3日、同地蔵尊で始まった。5日まで。  子どもの健やかな成長を願って貸し出された木彫りの「御尊体」を里帰りさせ、本堂で祈とうを受けた。新たに御尊体を借り受ける参拝者の行列ができた。  地元の小中学生12人が本堂で伝統の稚児舞を奉納した。きらびやかな衣装をまとい御詠歌に合わせ華やかに舞った。稚児舞奉納は4日午前10時と午後2時でした 晴れ舞台で笑顔満開 伝統継承へ「天冠の儀」 稚児流当番・西流から東流へ [福岡県]|【西日本新聞】 どんたく2日目 “博多松囃子”稚児舞を披露 パレードは午後3時から フィナーレは総踊り 福岡市|ニュース・天気|TNC テレビ西日本  どんたく最終日の4日、祭りの起源である博多松囃子(まつばやし)の稚児流(ながれ)の当番を引き継ぐ「天冠(てんがん)の儀」が、福岡市博多区千代の崇福寺(岩月海洞住職)であった。厳かな雰囲気の中、今年まで2年間を担当した西流が最後の稚児舞を披露した。  稚児流の当番は、東流と西流が2年交代で受け持つのが習わし。子どもたちは舞姫5人、囃子方16人の計21人で構成。今年は西流の2年目とあって息の合った演技。囃子方の太鼓や笛、大人たちの地謡に合わ…

続きを読む

鹿角・古川稲荷神社で「豊栄の舞」奉納

小学生の舞姫が神楽を奉納 鹿角市錦木の神社 | 鹿角きりたんぽFM  錦木の古川稲荷神社はおよそ380年前の江戸時代前期に創建され、地域の平安を祈る例大祭が毎年行われていますが、10年ほど前からは、小学生たちが舞姫を務める神楽を奉納しています。    ことしの例大祭が28日に社殿で行われ、地域の人たちおよそ30人が集まりました。  神殿に通じる扉を年に一度だけ開く「御開扉(ごかいひ)」と呼ばれる儀式などが行われたあと、地元の小学3年生から6年生までの4人が、「豊栄(とよさか)の舞」と呼ばれる神楽を奉納しました。6年生の女子児童「礼の姿勢と、指の先の伸ばし方を特に気をつけています。舞をできてうれしいです」 アジつり下げ豊漁祈願 気多大社で御贄祭 - 石川県のニュース | 北國新聞社  羽咋市寺家町の気多大社で1日、豊漁と海の安全を祈願する御贄祭(みにえさい)が営まれ、生魚がつるされた神前で神職が祈りをささげた。  本殿に掲げた竹2本にアジ48匹がつり下げられた。祝詞の奏上に続き、巫女(みこ)が舞を奉納し、参拝者が玉ぐしをささげた。「400年以上続くとされる神事で、毎年5月1日と9月1日に行われる」とのこと けっこうきついです... - 日高新報 Web Hidaka  地域活性化イベント、御坊日高博覧会(おんぱく)の高校生おんぱく部が主催の「学生限定ゴハン1一日巫女体験」が4月29日、御坊市の小竹八幡神社で開催され、日高地方のほか田辺市や和歌山市の中高生7人…

続きを読む

奥州・水沢「日高火防祭」

はやし屋台 城下華やぐ 日高火防祭 奥州・水沢|Iwanichi Online 岩手日日新聞社 おはやし、優美に響く 奥州・日高火防祭 - 岩手日報WebNews <日高火防祭>はやし屋台華やか 歴史絵巻夜まで | 河北新報オンラインニュース 絢爛豪華な囃子屋台 日高火防祭/岩手・奥州市 | IBC NEWS  藩制時代から続く岩手県奥州市の伝統行事「日高火防(ひぶせ)祭」が29日、市中心部であった。汗ばむ陽気の中、着飾った子どもたちを乗せたはやし屋台が市街地をゆっくり練り歩いた。  中心部の9町の屋台が太鼓や笛の音を響かせ、夜まで華やかな歴史絵巻を繰り広げた。300年以上前、防火対策に力を入れた水沢城主伊達宗景公が神社に祈願したのが始まりとされています 五年祭、まちに彩り 大船渡・盛町、手踊りや行列400人 | IWATE NIPPO 岩手日報  大船渡市盛町の天照御祖(あまてらすみおや)神社(長谷川瑞彦宮司)の式年大祭は29日、盛町商店街を中心に2日間の日程で始まった。地域住民から「盛町五年祭」として親しまれ、安全と五穀豊穣(ほうじょう)の願いを込めて4年に1度開催。勇壮な大名行列や八つの祭り組による華やかな踊りや山車がまちを彩り、多くの見物客でにぎわっている。写真「山車を先導して華やかな手踊りを披露する児童ら」 稚児舞奉納の練習に熱 二本松・万人子守地蔵尊3~5日例大祭:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  東北唯一の子どもの守護神として知…

続きを読む

盛岡で稚児行列

仏教系保育園の恒例行事 街中で稚児行列/岩手・盛岡市 | IBC NEWS 花まつりに稚児行列 お釈迦様の誕生日祝う - FNNプライムオンライン お釈迦(しゃか)様の誕生日を祝う「花まつり」が岩手・盛岡市で開かれ、園児たちが華やかな衣装で町を練り歩いた。 花まつりは、4月8日のお釈迦様の誕生日を祝う仏教の行事。 27日は、盛岡市内の園児およそ140人が参加して、誕生を祝う稚児行列が行われた。 貴族を思わせる優雅な衣装を着た子どもたちは、お釈迦様が乗った神聖な白い象を引きながら、盛岡八幡宮から盛岡劇場までを30分ほどかけて練り歩いた。「水みたいなのを頭をこうやったりした」 移民110周年慰霊法要 第14回花まつりで挙行 – サンパウロ新聞  【堀内登クリチバ支局長】お釈迦様の生誕を祝う潅仏会(第14回花祭り)が浄土宗、本門佛立宗、東本願寺及びチベット仏教の合同により、7日、8日の両日午前11時からパラナ州都圏のSJ(サン・ジョゼ)公園で行われた。日本移民110周年記念の開拓先亡者追悼法要並び花まつりの稚児行列が場内を一巡した。サン・ジョゼ・ドス・ピイアイス(SJP)市及びクリチバ市の日系「グループともだち」)が協力、商社が賛助後援した。例年より多い1万人以上の人が会場を訪れたとのこと 「巫女舞」継ぐホープ 豊田・稲武地区、小3~高1が稽古:愛知:中日新聞(CHUNICHI Web)  豊田市稲武町の少女たちが、日本の伝統芸能「巫女(みこ)舞」の継承…

続きを読む

北海道神宮で「開拓の父」島義勇の顕彰祭

「開拓の父」島義勇を顕彰 札幌の基礎築いた佐賀藩士 - サッと見ニュース - 産経フォト 「開拓の父」佐賀藩出身の開拓判官、島義勇 札幌で顕彰祭 佐賀県の山口祥義知事「地元でも偉業伝えたい」:イザ!  「北海道開拓の父」と呼ばれる佐賀藩出身の開拓判官、島義勇(よしたけ、1822~74年)の顕彰祭が14日、札幌市中央区の北海道神宮で行われ、市民や佐賀県の山口祥義知事や佐賀市の秀島敏行市長ら約220人が参加した。  島は幕末、佐賀藩主の鍋島直正の命で蝦夷や樺太を探検調査。明治2(1869)年、開拓判官となり、札幌の碁盤の目状の区画を構想し都市整備の基盤を築いた。「地元の佐賀では佐賀の乱で斬首になったこともあり、あまり顧みられてこなかった」とのこと 伝統脈々と、児童生徒らが「鮫神楽」熱演/八戸 - 東奥日報社  青森県無形民俗文化財「鮫の神楽」を受け継ぐ若い舞い手らによる恒例の「鮫神楽発表会」が8日、八戸市の鮫町生活館で開かれた。鮫神楽連中(細川清代表)、鮫神楽保存会(柾谷伸夫会長)の支援を受け稽古に励む小中高生に加え、大学生も出演。住民ら約120人を前に研さんの成果を披露した。高校1年生「伝統をつなぐため役に立ちたい気持ちはあるけれど、何より神楽が好きで楽しい」 沿道に笑顔と幸せ振りまき 藤沢・藤勢寺薬師如来祭典【一関】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社  一関市藤沢町の藤勢寺(渋谷英之住職)で8日、薬師如来祭典が行われた。稚児行列や釈迦(しゃか)の…

続きを読む

福島県玉川村「南須釜の念仏踊り」

少女たち鮮やかに伝統の舞 玉川で「南須釜の念仏踊り」:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet 春を彩る念仏踊り 玉川 | 県内ニュース | 福島民報  県重要無形民俗文化財「南須釜の念仏踊り」は3日、玉川村南須釜の東福寺で披露された。花がさをかぶり、色鮮やかな衣装を着た女児が先祖を供養する踊りを奉納した。  南須釜地区の園児、児童16人が、保存会員が演奏する笛やかねに合わせて12曲を踊った。地域に春の訪れを告げる行事として親しまれており、多くの住民やアマチュアカメラマンが見守った。  南須釜の念仏踊りは江戸時代初期の慶安年間に始まったとされる。毎年4月3日と8月14日に東福寺で披露 栗原市瀬峰でお屋敷まつり 行列華やか無病息災願う | 河北新報オンラインニュース 栗原市瀬峰泉谷地区の住民が集落の繁栄や無病息災を願う春の伝統行事「お屋敷まつり」が1日、同地区であった。きらびやかな衣装をまとった子どもたちが通りを歩く稚児行列があり、見物人らを楽しませた。  着物や法被に身を包んだ2~10歳の約30人が、裃(かみしも)姿の男衆約30人と共に参加。児童は道行く人たちに笑顔で手を振り、同地区の農村公園から近くの土手までの約1キロを練り歩いた。1歳のころから毎年参加している幼稚園児(5)は「(衣装の中で)冠がきれいで一番好き。歩くのが楽しかった。また出たい」とにこやかに 女児ら夢乗せ流しびな 奈良・五條市の吉野川 - サッと見ニュース - 産経フォト 流し雛:願い…

続きを読む

大船渡・綾里小で和装の入学式

震災後生まれの15人、晴れ着姿で入学式 岩手・大船渡:朝日新聞デジタル 日本一早い入学式 被災地を笑顔で照らす 大船渡・綾里小 | 河北新報オンラインニュース 綾里小学校 震災後に生まれた子どもたちの入学式(テレビ朝日) 早くも小学校で入学式 和装のピカピカ1年生/岩手・大船渡市 | IBC NEWS  岩手県大船渡市綾里小(児童97人)で1日、日本一早い入学式があった。東日本大震災後に生まれた新入生15人がはかまで登校し、元気に学校生活をスタートした。  男子13人、女子2人は、教室で手遊びをして緊張をほぐした。式で名前を呼ばれると、教わった返事やおじぎでしっかりと応えた。9日から授業が始まります 新小1の成長願い 越前町・劔神社で勧学祭:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)  新小学一年生の健やかな成長を願う勧学祭が一日、越前町織田の劔神社であった。本年度から小学校に入学する町内外の子どもたち二十四人が真新しいランドセルを手に参列し、学業成就や交通安全を祈願した。  上坂省一宮司が祝詞を奏上し、地元高校生のみこ二人が「浦安の舞」を奉納。子どもたちは上坂宮司からおはらいを受けた後、一人ずつ玉串を奉納した。巫女さんからノートや鉛筆、勧学のお守りなどのセットを受け取った子どもたちは大喜び 貝合わせ 気分は平安時代 くらしの博物館 子ども、着物姿で体験:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  子どもたちが着物を着て平安時代の遊び「貝合わせ」をす…

続きを読む

一関で鶏舞の団体「本寺地区神楽」結成

「鶏舞」継承、誓い新たに 一関、本寺中卒業生が団体結成 - 岩手日報WebNews 継承へ決意 「本寺地区神楽」始動【一関】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社  一関市の本寺中卒業生による鶏舞を愛する会(佐藤ひろの代表)は、同校で受け継がれてきた独自の鶏舞「本寺中神楽」をさらに受け継いでいくために、新団体「本寺地区神楽」を結成した。メンバー18人は地域に伝わる伝統芸能を後世に残していくために誓いを新たにした。  結団式は25日、同市厳美町の本寺中で行われ、約50人が参加した。「本寺地区神楽」は、同校卒業生という枠をなくし、同地区の神楽伝承に関わりたい人の参加を広く募る。来月1日から活動を開始し、神楽を舞う時に使うかぶとを修理するワークショップの開催などを予定している。今月末で中学校が閉校に 稚児行列 華やかに 社日稲荷神社で大祭 群馬・大泉町|社会・話題|上毛新聞ニュース  群馬県大泉町の社日(しゃにち)稲荷(いなり)神社(井上正俊宮司)の春季大祭が25日開かれ、3年に1度の稚児行列が行われた=写真。  稚児行列には30人が参加し、男児は烏帽子に緑色の衣、女児は冠にピンク色の衣装を身にまとった。保護者に手を引かれ、参道など神社周辺を一周した。いい天気

続きを読む

鶴岡・出羽三山神社で「倭楽」奉納

琴や笛の音に合わせ優雅な舞 鶴岡・出羽三山神社で「倭楽」奉納|山形新聞 伝統芸能の「倭楽」披露|NHK 山形県のニュース  鶴岡市の出羽三山神社に明治時代初期から伝わる舞「倭楽(やまとがく)」の奉納が12日、同神社三神合祭殿で行われた。神主やみこが優雅な舞を披露し、聴衆を魅了した。  冷たく澄んだ空気が厳かな雰囲気を醸し出す中、みこの舞の「君が代」や「色かへぬ」、神主による「白銀や」など18曲を奉納した。扇や鈴などを手に、琴や笛の音色に合わせて舞う姿に、訪れた約30人は引き込まれた様子で見入っていた。明治初期、奈良市の春日大社から伝わったとのこと はかまで卒業式、小学校でも人気:暮らし:中日新聞(CHUNICHI Web)  別れの季節の風物詩ともいえる女子学生のはかま姿。大学の卒業式では以前から定番だったが、最近は小学校の卒業式でもみられるようになってきた。ただ、「一生の思い出になる」という声の一方で「レンタル料が高く、着られない子は寂しい思いをするのでは」などと心配する意見もある。難しい問題

続きを読む

福島県浪江町請戸で七年ぶりに「安波祭」

福島)豊漁祈る浪江町請戸の安波祭、7年ぶり地元で開催:朝日新聞デジタル 伝統行事「安波祭」が7年ぶりに復活…福島県浪江町 : 動画 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 避難解除区域で祭り復活 田植え踊り、福島・浪江 - 共同通信 古里に安波祭再び 心つなぐ伝統の舞 | 県内ニュース | 福島民報 7年ぶり「安波祭」復活 浪江・請戸の風物詩、町民ら再開喜ぶ:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet hibakama / 緋袴白書RT @tshashin: 東京電力福島第一原発事故以来、7年ぶりに福島県 #浪江町 で約300年の伝統がある「#安波祭」が復活し、田植え踊りが披露されました(2月18日、関口寛人撮影) https://t.co/qcONUB2eco at 02/19 18:06 hibakama / 緋袴白書RT @kyodo_photo: #福島第1原発事故 による避難指示が昨年3月末に解除された #福島県 #浪江町 請戸地区で「#安波祭」が18日行われ、浜風が吹く中、鮮やかな衣装の子どもらが #田植え踊り を奉納しました(撮影・井沼睦)<喜> https://t.co/PmES… at 02/19 18:08  東日本大震災の津波で大きな被害を受けた浪江町沿岸部の請戸地区にある●野(くさの)神社で18日、豊漁や豊作を願う伝統行事「安波祭(あんばまつり)」が催された。東京電力福島第一原発事故に伴う避難指示の一部解除などを…

続きを読む

松前神楽「八乙女舞」の二人

八乙女舞の2人をコンブで激励 福島のコンブ細工名人、鳴海さん:どうしん電子版(北海道新聞)  【福島】松前神楽が3月に国指定重要無形民俗文化財となる見通しとなったことを受け、コンブ細工名人として知られる町日向の自営業鳴海健児さん(78)が、同神楽の演目の一つ「八乙女(やおとめ)舞」を舞う吉岡小の2人を激励しようと、コンブなどで作った飾り物を贈った。この二人です (情熱の瞬間)穏やかな一年に(函館新聞) 元日、今年一年の平穏を祈って--。福島町松前神楽保存会所属の小学5年生、佐々木いちかさん、西田彩桜(さくら)さんが、松前町の温泉旅館矢野で「八乙女舞」(やおとめまい)を披露した。 広島)最優秀に難波さん 三蔵稲荷神の初夢写真コン:朝日新聞デジタル  福山市の三蔵稲荷神社が新春をテーマに開いた第24回初夢写真コンテスト(全日写連備後地方本部、朝日新聞福山支局後援)の審査があった。262点の応募作の中から、最優秀賞に難波幹治さん(岡山市)の「嬉(うれ)い」、朝日新聞社賞に山本清博さん(三原市)の「願いがかないますように」、三蔵稲荷特別賞には三原伸治さん(福山市)の「初詣」がそれぞれ選ばれた。いいですね 節分気分、一足早く 道の駅「神鍋高原」でイベント 兵庫 - 産経ニュース  2月3日の「節分」を前に、豊岡市日高町の道の駅「神鍋高原」で28日、来場者らに豆餅や福豆などを振る舞う「節分イベント」が開催された。道の駅に隣接するゲレンデで、スキーやスノーボードなどを楽しんだ…

続きを読む

塩釜神社で福升作り

福枡作り:一つ一つ手書きで2500個 塩釜神社でピーク /宮城 - 毎日新聞 節分祭の福桝作り本格化 宮城・塩釜神社 | KHB東日本放送  塩釜市の塩釜神社で、来月の節分用の「福枡(ふくます)」作りがピークを迎えている。  邪気を払うとされる福豆を入れる福枡は、祈とう申込者用の2リットルと1リットル、一般頒布用の1リットル(3000円)と0・18リットル(1000円)の4種類あり、同神社は計2500個の福枡を作る。さすが達筆です 「福がたくさん届きますように」 櫛田神社で節分準備:朝日新聞デジタル 節分準備に大忙し 豆の袋詰めや縁起物作りに追われる 櫛田神社 福岡市|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 博多の総鎮守、福岡市博多区の櫛田神社では、2月の節分を前におはらいした豆を神職や巫女が丁寧に袋詰めしたり、縁起物を用意したりと準備に追われています。 2018年は商売繁盛を願って福をかき寄せる熊手の「福寄せ」や、ますます福が増すようにという願いを込めた「福桝」など6種類、約7800点が用意されます。巫女さん「たくさん福が来るように素敵な一年になればいいなと思って作業を行っております」 鬼面札作り:もうすぐ節分、災難封じ 那智勝浦・熊野那智大社 /和歌山 - 毎日新聞  那智勝浦町の熊野那智大社で、来月3日の節分祭を前に参拝客に授ける災難よけの「鬼面札」作りが進んでいる。  鬼面札は、赤鬼と青鬼をしめ縄で封じ込めた絵柄の木版画で、門や玄関などに貼…

続きを読む

函館八幡宮で新嘗祭

函館八幡宮で「新嘗祭」 実りに感謝、神楽奉納【函館】 | 北海道ニュースリンク  「勤労感謝の日」の23日、函館八幡宮(川見順春宮司)では、神の恵みを受けてできた五穀豊穣に感謝する「新嘗(にいなめ)祭」が開かれた。今年収穫された野菜などを供え、実りの秋に感謝した。  新嘗祭は、農耕文化中心の日本で、精を出して育てた新穀を天皇が神に奉り、食することでその年の収穫に感謝し、国家の安泰を願う。  この日は同八幡宮の奉賛会や敬神婦人会の氏子らが参列。御神体を奉っている本殿奥の扉が開かれると米などをささげ、続いて出席した氏子らが幣帛(へいはく)を供えた。昨年11月。石崎地主海神社雅楽会による神楽「浦安の舞」が奉納されました 新年迎える準備整え 富山市の日枝神社で除夜祭 - 富山県のニュース | 北國新聞社  富山市の日枝神社で31日、除夜祭が営まれ、神職や氏子らが一年の祭儀を無事終えたことに感謝し、新年を迎える準備を整えたことを神前に報告した。  平尾旨明宮司らが大祓(おおはらえ)を奏上。神職はサカキを持って本殿や社務所など境内を巡り、けがれを払い落とした。巫女さんが「浦安の舞」を披露しました まんじゅうで「福分け」 群馬・伊勢崎神社で「上州焼き饅祭」 - 産経ニュース  新春恒例行事の「上州焼き饅祭」(いせさき焼きまんじゅう愛好会主催)が11日、群馬県伊勢崎市本町の伊勢崎神社で行われた。  巨大まんじゅう(直径55センチ、重さ5キロ)に、今年の年男年女…

続きを読む

小樽・龍宮神社で松前神楽の合同公演会

松前神楽の合同公演会!龍宮神社 (小樽ジャーナル http://otaru-journal.com )  格調高い神事芸能・松前神楽の小樽ブロック保存会の合同公演会が、11月18日(土)13:00から、龍宮神社(本間公祐宮司)社殿で開かれた。  同ブロック保存会は、小樽・神恵内・鬼鹿・寿都・後志松前神楽保存会と松前神楽瀬棚保存会の6団体が所属。いなほ幼稚園園児や小学校児童と合わせて約80名が、20の演目で出演した。古くから伝承する巫女舞で天女のように舞う「八乙女舞」は、小学2年〜5年女子が出演 子ども巫女乗せ山車巡行獅子舞、踊りの奉納も | 紀南新聞ONLINE  紀宝町の神内神社(宮地秀直宮司)で23日、例大祭が行われた。おそろいの法被を着た子どもたちが山車(だし・だんじり)を引いて地区内を巡行。一緒に練り歩く踊り手らが巡行の途中数か所で『花笠音頭』や『浅草人情』を踊り、各所でご祝儀をもらうなど祭りを盛り上げた。  この日は朝から神社で神事が執り行われ、その後2台の山車が神内会館を出発、町内を巡った。ちょうちんや紅白の幕が掛けられた山車は2階建てで、上段に子ども巫女(みこ)が、下段には未就学の幼児らが乗り込み、小学生たちが綱を引いて歩を進めた。また、獅子舞を奉納する保存会のメンバーは厄払いの家庭や新築の家をまわった。  午後は神社の駐車場へ移動。会場では氏子たちの奉仕活動として綿菓子やポン菓子の機械が持ち込まれ、子どもに配られるなど祭ならではの雰囲気。神社に訪れる人…

続きを読む

青森・廣田神社新嘗祭で豊栄舞奉納

小中学生が優美な巫女舞を奉納 青森市の広田神社 - 産経ニュース 秋の実りに感謝 巫女厳かに舞う/青森・廣田神社で新嘗祭 (Web東奥) - Yahoo!ニュース 廣田神社で舞姫の奉納(ATV青森テレビ)  青森市の広田神社(田川伊吹宮司)で23日、新嘗祭が開かれた。市内の小中学生が優美な巫女舞を奉納し、今年、収穫されたコメや農作物への恵みに感謝の気持ちを伝えた。  同神社は市内で唯一、子供たちに巫女舞を指導しており、平成27年8月に「舞姫会」を結成。毎週金曜日の夜に稽古を重ね、これまで同神社の祭りなどで舞を披露している。この日は神事の後、小学3年~中学1年の7人が太陽の恵みや自然への感謝の意味が込められた「豊栄(とよさか)舞」を神前に奉納した。中学1年生は「神様への感謝の気持ちを込めて舞いました」と笑顔で 竹駒神社 新嘗祭祝う 稲穂手に「竹駒の舞」を奉納 | 河北新報オンラインニュース  今年一年の豊かな実りに感謝する新嘗(にいなめ)祭が23日、岩沼市の竹駒神社であり、9月に境内の神田「穂徳田(すいとくでん)」で収穫されたひとめぼれの新米などが奉納された。  神社役員ら約75人が参列。拝殿の神前には新米のほか、県内各地の生産者から寄せられたトマトやナシなどが供えられた。  千葉博男宮司は祝詞を奏上。稲穂を手にしたみこ4人も神楽「竹駒の舞」を奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)を祝った。第63回竹駒産業文化賞の授賞式も 倭舞と巫女舞奉納、1年の実りに感謝 鶴岡・出羽…

続きを読む

平泉で秋の藤原まつり

色づく参道 稚児愛らし 秋の藤原まつり開幕【平泉】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社 秋の藤原まつり 稚児行列/岩手・平泉町 | IBC NEWS  奥州藤原氏の栄華を偲ぶ、「秋の藤原まつり」が平泉町で始まり、恒例の稚児行列が行われました。  中尊寺で行われた稚児行列には、平泉町をはじめ県内外の3歳から6歳までの子ども9人が参加しました。きらびやかな平安の衣装を身にまとった子どもたちは、紅葉が見ごろを迎えた境内を元気に練り歩き、訪れた多くの観光客が足を止めて見入っていました。3日まで。稚児さん少ないような… 平安時代の餅つき儀式再現 京都・護王神社亥子祭 : 京都新聞  平安時代の宮中儀式にちなんだ「亥子(いのこ)祭」が1日、京都市上京区の護王神社で営まれた。神職や女房たちが餅をつく儀式を再現し、無病息災と子孫繁栄を祈った。  同祭は平安時代に陰暦10月亥の日に餅をついて宮中で配った年中行事が発祥。祭神・和気清麻呂を守ったというイノシシにゆかりが深い同神社が毎年開いている。あでやかな平安装束をまとった女房役の5人の女性たちが臼やきねなどの道具をゆったりと運びます 石川県 あぶりもち求め列 金沢・神明宮で神事|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  藩政期から300年以上続くとされる「あぶりもち神事」が15日、金沢市野町2丁目の神明宮で始まり、参拝者が無病息災を願い、おはらいで使われる「御幣」に見立てた餅を頬張った。  神事は毎年5、10月に…

続きを読む