羽咋で御抜穂式

羽咋で御抜穂式 冷え込み今季一番 - 石川県のニュース | 北國新聞社  羽咋市土橋町の農業髙田昌信さん(69)の水田では、宮中の新嘗祭(にいなめさい)で用いる米を栽培する「献穀田(けんこくでん)」の御抜穂式(おんぬきほしき)が営まれ、早乙女役の女性5人が青空の下、黄金色の稲穂を収穫した。  紺色の絣(かすり)と赤いたすき姿の早乙女は献穀田に入り、コシヒカリの稲を丁寧に刈り取った。…

続きを読む

出羽三山神社献饌田で抜穂祭

神前に供える稲刈り取り|2017年09月28日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社 豊かな秋の実りに感謝 鶴岡・抜穂祭で奉納米収穫|山形新聞 秋の恵みに感謝 鶴岡で「抜穂祭」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  秋の恵みに感謝する「抜穂祭(ぬきほさい)」が27日、鶴岡市羽黒町玉川の水田で行われ、巫女(みこ)や山伏が青空の下、近くの出羽三山神社の新…

続きを読む

平川・猿賀神社神饌田で苅穂祭

猿賀神社神饌田で「苅穂祭」/平川市 - 青森のニュース - 都道府県別 - 47NEWS(よんななニュース) 津軽に実りの秋 苅穂祭(ATV青森テレビ) 平川市にある猿賀神社の神饌田で行われた苅穂祭には、白装束に身を包んだ猿賀小学校の5年生や英語を教えている外国語指導助手など12人が参加しました。始めに宮司による祝詞が捧げられ、実った穂を宮司が刈り取る「刈り初め」が行われたあと、さっそく…

続きを読む

塩釜神社で抜穂祭

塩釜神社:五穀豊穣祝う抜穂祭 地元の児童30人参加 - 毎日新聞  宮城県塩釜市の塩釜神社で16日、神田の稲を収穫して五穀豊穣(ほうじょう)を祝う抜穂祭(ぬいほさい)があった。編みがさ姿の刈女(かりおんな)、刈男(かりおとこ)を務める地元の児童約30人が参加した。  同市内には離島を除いて水田が無いため、「米作りを子どもたちに伝えよう」と25年前に神田約5アールを整備し、氏子らが毎年…

続きを読む

市原・島穴神社で抜穂祭

実りの秋、たわわに 抜穂祭で感謝ささげる 梶さん「豊栄の舞」奉納 市原・島穴神社 | 千葉日報オンライン 青空の下で「豊栄の舞」を奉納する舞姫の梶さん=9日、市原市島野会員登録しないと記事本文が読めない 米短生、十二単に目を輝かせ 講義の一環|山形新聞  米沢市の県立米沢女子短大(鈴木道子学長)で6日、平安時代の文化などを学ぶ講義が行われ、学生が十二単(ひとえ)などを身にまとい…

続きを読む

京都・松尾大社で御田祭

豊作祈願、植女担がれ巡る 京都・松尾大社で御田祭 : 京都新聞  京都市西京区の松尾大社で16日、市無形民俗文化財の神事「御田祭(おんださい)」が行われた。蒸し暑い陽気の中、黄緑色の装束に花笠をかぶった「植女(うえめ)」役の女児が早苗をささげ持ち、秋の豊作を祈った。 (中略)  3人は本殿で宮司から早苗を受け取った後、ナスやトマトなど地域の農家が奉納した野菜が並ぶ拝殿を、父親に…

続きを読む

下関・内日御田植祭

下関・内日で御田植祭 中学生が早乙女役に、舞も披露(山口新聞) 下関市内日地区で9日、内日御田植祭があり、地域住民ら約50人が五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。同市植田の内日神社と地元有志でつくる実行委員会(下田賢吾委員長)の主催。 白木綿の衣装に身を包んだ内日中学校の女子生徒11人が早乙女役となり、同神社の神饌(しんせん)田で「田植舞」を披露。ヒノヒカリの苗を手にしとやかな舞を奉納し…

続きを読む

会津坂下・栗村稲荷神社で御田植祭

五穀豊穣、商売繁盛祈る 坂下の栗村稲荷神社で御田植祭 | 県内ニュース | 福島民報  会津坂下町の栗村稲荷神社御田植祭は7日、町中心部で催された。伝統の早乙女踊りを奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛などを願った。  今年、活動10年目となる会津農林高早乙女踊り保存クラブの1~3年生19人が地元の保存会員と共に早乙女踊りに臨んだ。栗村稲荷神社がかつてまつられていた定林寺や現在の神社…

続きを読む

伊弉諾神宮「御田植祭」

早乙女姿で「御田植祭」 五穀豊穣を祈る 兵庫・伊弉諾神宮 - 産経ニュース  五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る「御田植(おたうえ)祭」が18日、淡路市多賀の伊弉諾神宮で開かれた。赤いたすきに笠(かさ)をかぶった早乙女姿の県立淡路高校(同市富島)の女子生徒や氏子の女性ら約20人と地元の保育園児8人が参加し、神前に供える米を育てる「御斎田(ごさいでん)」で田植えを行った。  台風や…

続きを読む

祐徳稲荷神社で「お田植え祭」

五穀豊穣祈り「お田植え祭」 祐徳稲荷神社|佐賀新聞LiVE 佐賀)祐徳稲荷神社で「お田植え祭」 鹿島:朝日新聞デジタル  五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「お田植え祭」が16日、鹿島市古枝の祐徳稲荷神社(鍋島朝倫宮司)の斎田で行われた。創建以来300年以上続く伝統行事で、菅笠(すけがさ)やかすりの着物をまとった早乙女姿の巫女(みこ)たちが秋の豊作を願い、優雅な「田植え歌」に合わせて苗を植え込…

続きを読む

上田で「オーナーお田植まつり」

◆上田市で「オーナーお田植まつり」を殿城の棚田で開く!「浦安の舞」奉納など!稲倉の棚田保全委員会が主催!長野県 上田市 | 東信ジャーナル[Blog版]  上田市の稲倉の棚田保全委員会(金澤正明委員長)は27日、「オーナーお田植まつり」を殿城の棚田で開いた。  棚田のオーナーが田植えを行う恒例行事で、今回は初めて「お田植まつり」と称し神事を行った。新設した「大曲の舞台」で石清水神社と…

続きを読む

薩摩川内・新田神社「お田植え祭」

お田植え祭:豊穣祈り 古代の農耕儀礼継承 薩摩川内・新田神社 /鹿児島 - 毎日新聞  薩摩川内市宮内町の新田神社で11日、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る6月の風物詩「お田植え祭」があった。  古代の農耕儀礼を継承し、入梅の頃の日曜に開催される。氏子や市内の外国人留学生、国際交流員らが狩衣(かりぎぬ)やはかまを着けて早男(さおとこ)、早乙女となり、神田に苗を植えた。「奴(やっこ)振り踊…

続きを読む

多賀大社「お田植祭」

早乙女52人が「お田植祭」 多賀大社:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  多賀町の多賀大社で四日、伝統の「お田植祭」が営まれた。中学生から二十歳までの早乙女五十二人が、昔ながらの菅笠(すげがさ)にはかま姿で神事を行った。  参列者は本殿で五穀豊穣(ほうじょう)を祈った後、大社近くの約十アールの神田に移動。「田植女(たうえめ)」の役割を持つ早乙女たちが、県産もち米「滋賀羽二重…

続きを読む

諏訪大社上社の御田植祭

Nagano Nippo Web » 早乙女豊作願う 諏訪大社上社の御田植祭:長野日報のニュースサイト 諏訪大社上社の御田植祭が4日、諏訪市神宮寺の本宮近くにある藤島社斎田であった。白装束に赤だすき、すげがさ姿の早乙女23人が、秋の豊かな実りを願いながら青々とした苗を植えた。 14~26歳までの早乙女は、本宮で奉告祭と藤島社での神事に引き続き、スワヒカリの苗を一列になって一株一株植え…

続きを読む

今治・大山祇神社「御田植祭」

御田植祭:厳かに 今治 /愛媛 - 毎日新聞 豊作祈り一人角力に歓声 今治・大山祇神社| 愛媛新聞ONLINE  一年の豊作を祈る「御田植祭」が30日、今治市大三島町宮浦の大山祇(おおやまづみ)神社であった。新緑に包まれた斎田では白衣に赤いたすき姿の小学生の早乙女たちが田植えの神事を披露し、見物客は目に焼き付けていた。  旧暦の5月5日に催される御田植祭は1364年の記録にも残る伝…

続きを読む

久留米市草野町で播種祭

播種祭:豊作願い 新嘗祭に米と粟献上 久留米・草野町 /福岡 - 毎日新聞 久留米市から60年ぶり献上米 草野町で「播種祭」 [福岡県] - 西日本新聞  11月23日に皇居である「新嘗祭(にいなめさい)」への献上米を久留米市草野町の農家、大塚昭生さん(64)が栽培することになり、豊作を祈る「播種祭(はしゅさい)」が28日、草野町であった。献上米を作るのは毎年、県内1カ所のみ。久留米市の…

続きを読む

山形県河北町谷地で「お田植え行事」

豊かな実り、早乙女姿で祈る 昔ながらの「お田植え行事」|山形新聞  河北町谷地の水田で28日、昔ながらの「お田植え行事」が行われ、古式ゆかしい早乙女姿の女性たちが地元住民と共に、秋の豊かな実りを祈りながら苗を植えた。  10~20代の町民10人が参加。豊作を祈願する神事の後、白い衣装にすげがさをかぶって田んぼに入り、ぬかるむ泥に足を取られながらも「はえぬき」の苗を丁寧に植えた。谷地中…

続きを読む

西宮・廣田神社「めぐみ広田の大田植え」

めぐみ広田の大田植え:泥んこ、西宮・広田神社で /兵庫 - 毎日新聞  西宮市大社町の広田神社で28日、「めぐみ広田の大田植え」があり、地元の子供たちが泥に足を取られながら懸命に苗を植えた。  本殿の神事で苗と御神水を供えた後、菅笠をかぶった早乙女や田童(たわらべ)姿の子供たちが参道を練り歩き、境内にある水田(約300平方メートル)へ向かった。豊作を願う神主の祝詞と御神水による水田の…

続きを読む

羽咋で献穀田の御田植式

早乙女、豊作願い田植え - 石川県のニュース | 北國新聞社  11月に宮中で営まれる新(にい)嘗祭(なめさい)に献上する米を栽培する「献穀田(けんこくでん)」の御田植式(おたうえしき)は26日、羽咋市土橋町の農業髙田昌信さん(69)の水田で営まれ、早乙女役の12~25歳の女性5人がコシヒカリの苗を植え、秋の豊作を願った。  関係者や住民約100人が見守る中、早乙女は紺色のかすりと…

続きを読む

下関・住吉神社「御田植祭」

御田植祭:早苗植え舞奉納 勝山中の生徒、八乙女務め 下関 /山口 - 毎日新聞  五穀豊穣(ほうじょう)を願う御田植祭が21日、下関市一の宮住吉の住吉神社(鳴瀬道生宮司)であり、市立勝山中の生徒45人が八乙女や早乙女を務め、早苗を植え、舞を奉納した。  御田植祭は1800年以上続く行事。舞台では悪霊をはらう舞が奉納され、約160平方メートルの神饌田(しんせんでん)では八乙女が次々に早…

続きを読む