熊本・阿蘇神社で御田祭

熊本・阿蘇神社で御田祭 豊作祈願し神輿に稲投げる:朝日新聞デジタル 復興、豊作祈り白装束の行列 阿蘇神社で御田祭 | 熊本日日新聞  熊本地震で被災し、社殿の復旧が進む阿蘇市の阿蘇神社で28日、恒例の御田祭[おんだまつり]があった。4基のみこしや白装束の宇奈利[うなり]ら約200人の神幸行列が周辺集落や水田沿いをしずしずと進み、復興と豊作へ祈りをささげた。  御田祭は、国指定重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」の中で最大規模。みこしに乗る神々に稲の成長を見せて秋の豊作を祈る。国指定重要文化財6棟が地震で被災しましたが、全壊の楼門を除く5棟は昨年度で修復を完了 地元産織物でショー 中能登町祭、3年ぶり曳山登場 - 石川県のニュース | 北國新聞社  第15回中能登町祭「織姫夏ものがたり」(本社後援)は27日、町レクトピアパークで行われ、地元産織物を使ったファッションショーが繰り広げられ、舞台上を華やかに彩った。  地元児童によるショーに続き、障害者らが暮らしやすいまちづくりを進める町などのチーム「障害攻略課」が令和ファッションショーを実施した。車いすの人でも着やすいデザインの神主と巫女(みこ)の衣装が披露され、繊維スポーツを紹介した。ショーの最後に「織り守り」が来場者に向かって投げて贈られた。繊維スポーツとは… 助成金で舞楽装束を庁舎神殿で披露の会 県神道雅楽会 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【山梨】県神道雅楽会(秋山忠也会長)では六月十八日、秋…

続きを読む

阿蘇・国造神社で御田祭

白装束で青田練る 阿蘇市の国造神社で御田祭 | 熊本日日新聞  熊本県阿蘇市の国造神社の御田祭が26日、あった。稲の生育具合を見て回り、豊作を祈る農耕祭事。稲が青く茂った水田の脇を、神幸行列が練り歩いた。  約70人の行列は道案内の神・猿田彦を先頭に、供え物を納めるひつを頭に載せた白装束の宇奈利や、みこしを担ぐ駕輿丁[かよちょう]らが約1キロ離れた御仮屋を目指した。御仮屋では駕輿丁が御田歌を奉納。氏子たちがみこしに稲の苗を投げ入れ、今年の作柄を占った。御田祭は28日、阿蘇市の阿蘇神社でも 亀津で高千穂神社六月灯 徳之島町 | 南海日日新聞  徳之島町亀津の「高千穂神社六月灯」が20日、亀津中央通りであった。同神社の「ご神体」みこしや園児たちの子どもみこしパレード、芸能大会が繰り広げられ、家族連れでにぎわった。  亀津高千穂神社(藤田善一宮司)の六月灯は2014年を最後に休止していた。伝統行事の復活を望む住民らの声を受け、亀津地区の青年団らで17年に再開させた。今回は同地区の青年団員ら約20人で実行委員会を組織して運営した。実行委員長「高千穂神社のご神体は亀津地区の守り神でもある。六月灯の開催を望む住民のためにも、青年団で協力して継続していきたい」 神戸新聞NEXT|三田|勇壮な神楽奉納 三田の天神祭に家族連れら500人  無病息災や五穀豊穣を祈る「天神祭」が25日夜、三田天満神社(兵庫県三田市天神3)であった。旧市街地の4地区の氏子らが勇壮な神楽を奉納し…

続きを読む

宮崎・美郷の田代神社で御田祭

宮崎・美郷で990年続く「御田祭」 112人の早乙女が田植え - 日向経済新聞  宮崎・美郷の田代神社(美郷町田代)で7月7日、約990年続く伝統行事「御田祭」が行われた。  平安時代の1032年、神社が創建した時から行われているという祭り。土地の五穀豊穣(ほうじょう)、住民の無病息災を祈願し、「牛馬入れ」「豊年神楽奉納」「子どもみこし入れ」などが行われた。  神社では年間を通して、5月の「床上げ」から10月の「稲刈り」、11月には「カマド御払い神事」と農耕行事が開催される。これらは「田代神社の御田祭と農耕行事」として1988(昭和63)年に県指定無形民俗文化財に指定された。祭りの最後には、町の中学生や周辺地域の女性など一般公募で集まった112人の「早乙女さん」による田植えも 大分市の長浜神社で夏祭り始まる 子どもみこしの声高らかに - 大分経済新聞  大分市の長浜神社(大分市長浜町1、TEL 097-532-6452)で7月5日、市内最初の夏祭り「長浜神社夏季大祭」が始まった。初日は子どもみこし行われ、法被姿の小さな担ぎ手が元気いっぱいの声をまちなかに響かせた。  同神社は1406年創建。600年の歴史があるという夏祭りは毎年7月5日から3日間の日程で行っている。梅雨の時期に開かれることから雨が降ることが多く、別名「雨の長浜さま」とも呼ばれている。  歩行者天国となった塩九升(しょくじょう)通りや長浜通りなどには100店以上の露店が軒を連ねた。神社の境内…

続きを読む

会津坂下・栗村稲荷神社御田植祭で「扇の舞」復活

御田植祭:「扇の舞」復活 会津坂下 /福島 - 毎日新聞 「扇の舞」復活 早乙女踊り・第4章、会津農林高生が初披露:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet 70年ぶりに扇踊り 坂下で御田植祭 会津農林高生参加 | 福島民報  会津坂下町の夏の伝統行事「栗村稲荷神社 御田植祭」は七日、町中心部で催され、五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。伝統の早乙女踊りの第四章「扇踊り」がおよそ七十年ぶりに奉納された。  早乙女踊りは三章までは毎年奉納されているが、四章のみ第二次世界大戦を境に踊られなくなったとされる。地元会津農林高の生徒が七十年以上前に四章を踊った経験のあるお年寄りを訪ね、振り付けや歌を再現した。  早乙女踊り保存クラブの生徒約三十人が町役場前と道の駅あいづ湯川・会津坂下で披露した。着物姿で扇を手に取り、笛や太鼓、歌に合わせて華やかに舞った。扇の舞なのか扇踊りなのか… 富士登山、安全と好天祈願 御殿場、裾野で開山式|静岡新聞アットエス  世界遺産富士山の本県側3登山道の開山を控え、御殿場市の新橋浅間神社と裾野市の須山浅間神社で1日、開山式が行われた。地元関係者らが登山者の安全や夏山シーズンの好天を祈願した。  御殿場口登山道の起点となる新橋浅間神社では、若林洋平市長らがテープカットを行い、拝殿で神楽や稚児舞を奉納した。有志が登山者の健脚などを願い制作した高さ3メートルの「大わらじ」に魂を吹き込む神事も合わせて執り行った。写真はこちら↓から 富士山開山式・…

続きを読む

喜多方・慶徳稲荷神社「お田植え祭り」

児童、五穀豊穣願う 慶徳稲荷のお田植え祭り 国文化財指定後初 | 福島民報 豊作へ北限の「御田植祭」 喜多方、国の重要無形民俗文化財:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet 国の重文指定後初の御田植祭が行われ、地元の小学生が早乙女踊りを奉納(福島県喜多方市)(福島テレビ) - Yahoo!ニュース  福島県喜多方市の慶徳稲荷神社などで2日、「会津の御田植祭」として国の重要無形民俗文化財に指定されて初めてとなる御田植祭が行われ、参加者が豊作を願った。  慶徳稲荷神社の御田植祭は日本北限の神事として、約200年の中断を経ても昔ながらの伝統行事が残る。  神事の後、地元慶徳小4、5年の女子児童が早乙女踊りを奉納し、御輿が神社周辺を練り歩いた。男子児童は白狐にふんし、苗を田んぼに投げ入れ 東京新聞:風鈴の涼楽しむ「夏詣」 浅草神社「新しい日本の風習に」:東京(TOKYO Web)  台東区の浅草神社(浅草二)で一日、新しい日本の風習として神社が打ち出す「夏詣(なつもうで)」のイベントが始まり、社殿向かって左側の特設掲示板では今年の三社祭フォトコンテスト(東京新聞後援)の全ての入賞作品二十点が展示された。 (井上幸一)写真「境内に掲示された三社祭フォトコンテストの入賞作品」 富山県 文字が浮かぶ「水みくじ」いかが 高岡・射水神社|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 水みくじ 涼やか 射水神社、授与始まる:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) …

続きを読む

伊予市で献穀田お田植え祭

新嘗祭献上へ、伊予市でお田植え祭|愛媛新聞ONLINE  宮中行事の「新嘗祭(にいなめさい)」に献上するコメのお田植え祭が19日、伊予市上三谷の水田であり、かすりの着物に赤いたすきを掛けた早乙女姿の女性が苗を植え付けた。  毎年11月23日に営まれる新嘗祭は、その年に収穫した穀物を供えて天皇が神に感謝する儀式。県内では毎年、旧12郡が持ち回りで献納しており、今年は伊予市上三谷の佐々木卓行さん(76)が選ばれた。JAえひめ中央(松山市)の職員5人が早乙女に 早乙女姿、古式ゆかしく 綾川で「お田植まつり」(四国新聞)  大正天皇即位に伴う大嘗祭(だいじょうさい)に米を献納した綾川町山田上の主基(すき)斎田跡で16日、「主基斎田お田植まつり104」(主基斎田保存会主催)が行われた。「斎田ゆかりの地」として2日に交流提 ...有料会員限定 【茨城新聞】豊作祈る神田の早乙女 大子・近津神社で中田植 夏至の日に豊作を願うお田植祭「中田植(ちゅうだうえ)」が22日、大子町下野宮の近津(ちかつ)神社で行われた。鮮やかなあさぎ色のじゅばんに、赤いもんぺの早乙女たちが手植えをしていくと、多くの見物客が写真に収めていった。 祭りは約800年前から続くとされ、この時期のお田植祭は全国でも珍しいという。二十四節気の中(ちゅう)に当たる夏至に、田植えを終わらせるという風習から由来し、同神社の氏子である4地区が毎年順番で当番を務めている。笛や太鼓に合わせた田植え歌が流れる中、15人の早…

続きを読む

祐徳稲荷神社で「お田植え祭」

巫女ら豊作祈り 祐徳稲荷神社で「お田植え祭」 330年以上続く伝統行事|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  鹿島市古枝の祐徳稲荷神社で18日、「お田植え祭」が開かれた。創建以来330年以上続く伝統行事。巫女たちは五穀豊穣を祈り、斎田で苗を植えた。  11人の巫女たちは田植えを行う女性「早乙女」の着物に身を包み、本殿でお田植えの舞を奉納した。斎田では、笏拍子や笛で奏でるみやびな音に合わせて、一列ずつ丁寧に植えていった。巫女さん(18)は今回が初めてで「足がなかなか抜けずに大変でした。豊作になってほしい」と この投稿をInstagramで見る    🌾御田植祭🌾   斎田にて御田植神事が行われ、 巫女が田植え歌を歌い 稲の生育と秋の収穫を願って お田植えしました☺️✨   #お田植え祭 #田植え #riceplanting #祐徳稲荷神社 #稲荷神社 #神社 #⛩ #ศาลเจ้า #신사 #巫女 #mikosan #miko #佐賀県 #鹿島市 #yutokuinari #shrine #yutokuinarishrine #japan #saga #trip #camera #Instagram #photo  #佐賀 #九州 #観光 #旅行 #写真 #カメラ  祐徳稲荷神社《公式》さん(@yutokuinari.shrine)がシェアした投稿 - 2019年 6月月17日午後10時20…

続きを読む

住吉大社「御田植神事」

住吉大社で御田植神事 | やさしいニュース | TVO テレビ大阪 「斎牛」奉仕にも拍手 住吉大社で「御田植神事」 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で14日、伝統行事「御田植(おたうえ)神事」(重要無形民俗文化財)が古式ゆかしく執り行われた。参拝者約3千人が見守る中、すげがさにたすき姿の奉仕者が、境内南側の御田(おんだ)で青々とした苗を手植えした。  住吉大社鎮座の際、祭神・神功皇后が御田を定め、長門国(山口県)から「植女(うえめ)」を召したことが同神事の起源とされる。  約400人の奉仕者は、第一本宮での本殿祭で秋の豊作などを祈願した後、列をなして御田へ移動。実際に御田に入る「替(かえ)植女」が、植女から苗を受け取って田植えを行い、傍らで代かきを行う神聖な牛「斎牛(さいぎゅう)」が奉仕する姿にも大きな拍手が送られた。御田中央の舞台では、同大社のみこ・神楽女(かぐらめ)8人による「八乙女」をはじめ、「御稔女(みとしめ)」が豊作を願う舞や踊りを奉納 和歌山)高野山で青葉まつり 「花御堂渡御」に歓声:朝日新聞デジタル 青葉まつり:高野山に青葉の季節 空海誕生祝う、見物客らで盛況 園児ふんする稚児ら行列 /和歌山 - 毎日新聞  弘法大師空海の生誕を祝う恒例の「青葉まつり」が15日、和歌山県高野町の中心部で開かれた。  青空が広がる中、県警音楽隊や地元小学校の鼓笛隊などが奥の院の一の橋を正午すぎにスタート。高野山真言宗総本山金剛峯寺の前…

続きを読む

みなべ・東農園で「黄梅祭」

東農園で梅に感謝の黄梅祭 | 日高新報  みなべ町東本庄、梅加工業の㈱東農園(東善章社長)で10・11の2日間、梅に感謝する収穫祭「黄梅祭(こうばいさい)」が行われた。  以前から交流がある日本三大祭りの一つ、天神祭で有名な大阪天満宮の寺井種伯宮司や巫女らが訪れ、同社敷地内の施設で神事が執り行われ、2人の巫女が華麗な舞を奉納。豊作を祝うとともに梅産地の発展を祈願した。東本庄地内の畑ヶ谷パイロット内にある同神社の「御神園」でも神事が行われた。  東農園と大阪天満宮のつながりは、40年ほど前に東農園が南高梅の木を寄贈したのがきっかけ。その後、同神社で収穫した梅の実が東農園に送られ、同社が梅干しに加工して送り返すという交流が続いている。11日にはみなべ町内にある熊野本宮大社御神園に田辺市の熊野本宮大社の九鬼家隆宮司や巫女らが訪問 五穀豊穣祈り 「お田植祭」 薩摩川内・新田神社 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com  薩摩川内市の新田神社で9日、五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事「お田植祭」があった。地域住民らが稲の苗を植え、700年の歴史があるとされる「奴(やっこ)振り」を奉納し、豊作を祈った。  神田には、近くの幼稚園と保育園の園児ら約80人が行列になり、清められた苗を運んだ。園児4人と、留学生や地元住民ら約20人が早男、早乙女に 清末小児童、丁寧に苗植え 赤間神宮「御田植祭」(山口新聞) 下関市阿弥陀寺町の赤間神宮の御田植祭が…

続きを読む

伏見稲荷大社「田植祭」

田植祭:豊作祈り 伏見稲荷大社で /京都 - 毎日新聞  伏見稲荷大社(京都市伏見区)で10日、一年の豊作を祈る神事「田植祭」があった。  4月にまいて種もみから育てた早苗を神職らが本殿に供えた後、唐櫃(からひつ)に入れて約330平方メートルある境内の神田に運び、大阪府摂津市の「三島初穂講(みしまはつほこう)」の奉耕者の男女約20人が茜襷(あかねたすき)、…有料記事 御田植祭 豊作祈願|ニュース|伊那谷ねっと 伊那市東春近田原の白山社の田んぼで1日、豊作を祈願する御田植祭さいが行われました。 御田植祭は神に供える米を栽培する斎田と呼ばれる田んぼで行われました。 早乙女の衣装に身を包んだ女性5人と氏子総代8人が、筋着という苗を等間隔に植える道具を使いながら田植を行いました。 白山社は斎田を神社名義で登記していて、全国的にも珍しいということです。写真では早乙女さんは一人だけ 愛媛)伝統の一人角力 豊作を約束 今治・大山祇神社:朝日新聞デジタル  愛媛県今治市大三島町の大山祇(おおやまづみ)神社で7日、豊作を願う御田植祭(おたうえさい)があった。県無形民俗文化財の一人角力(ずもう)があったほか、島内から選ばれた早乙女16人が斎田に苗を植えた。紹介済み

続きを読む

名古屋で「国府宮はだか祭」の大鏡餅用米の御田植祭

国府宮はだか祭りに使う大鏡餅用の稲を植える御田植祭 名古屋市西区で | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  「国府宮はだか祭り」で奉納する大鏡餅用の米の苗を植える「御田植祭(おたうえさい)」が名古屋市西区で行われました。  「国府宮はだか祭」で奉納される直径およそ2メートル40センチの大鏡餅。  54年ぶりに奉納を担当する名古屋市西区で、この大鏡餅の一部に使用する米の苗を植える「御田植祭」が行われました。  華やかな田植え衣装で着飾った早乙女と呼ばれる小学生から高校生までの女性16人が国府宮に伝わる田植え歌に合わせて苗を植えました。早乙女さん「リズムに合わせて植えたり、束の数を合わせるのが難しかった」 後楽園に太鼓響く「お田植え祭」 すげがさ姿の早乙女が手植え披露:山陽新聞デジタル|さんデジ  岡山市の後楽園で9日、「お田植え祭」が開かれた。太鼓や歌に合わせて早乙女たちが苗を手植えする「太鼓田植(たうえ)」(岡山県重要無形民俗文化財)が披露され、観光客が伝統的な農作業風景を楽しんだ。  新見市の「哲西はやし田植え保存会」と「神代(こうじろ)郷土民謡保存会」が園内の井田(せいでん)約500平方メートルでそれぞれ実演。紺がすりにすげがさ姿の早乙女たちが横一列に並び、男衆が打ち鳴らす太鼓や田植え歌に合わせてテンポよくもち米の苗を植えていった。江戸時代に園内で行われていた行事を1962年から再現しており、今年で58回目 御田植祭:山口大留…

続きを読む

大三島・大山祇神社「御田植祭」

稲の精霊と3番勝負、一人角力 今治・大山祇神社|愛媛新聞ONLINE 愛媛・大三島の大山祇神社で600年の伝統「御田植祭」(あいテレビ) - Yahoo!ニュース 「はっけよい!」大山祇神社で精霊相手に一人角力 今年の稲の出来は? - FNN.jpプライムオンライン  愛媛県今治市大三島町宮浦の大山祇神社で五穀豊穣を願う伝統の御田植祭が7日あり、稲の作柄を占う県無形民俗文化財の一人角力(ずもう)や、早乙女姿の女児が斎田に苗を植える神事などを行った。動画は一人角力がメイン 早乙女姿で新品種「ひめの凜」作付け|愛媛新聞ONLINE 児童も参加 新品種「ひめの凜」でお田植祭|NNNニュース 早乙女姿で新品種「ひめの凜」作付け・愛媛新聞  愛媛県松山市上難波の県農林水産研究所で6日、伝統行事「お田植え祭」があった。かすりの着物に赤いたすきを掛けた早乙女姿の地元小学生らが手作業で、県育成の水稲新品種「ひめの凜(りん)」の苗を植えた。  農耕文化の伝承や食育推進を目的に、同研究所が毎年開催。今回は浅海、難波、立岩、正岡の4小学校の5年生31人や関係者ら計約90人が参加した。女子児童(10)「初めは難しかったが、まっすぐ植えられるようになった」、双子の妹(10)「昔の農家の大変さが分かった。みんなで協力できて楽しかった」 早乙女姿で田植え丁寧に、献上米の豊作祈願 静岡浅間神社|静岡新聞アットエス  静岡市葵区の静岡浅間神社は6日、同区安倍口新田の水田で「神饌田(しんせ…

続きを読む

霧島神宮「狭名田の長田」でお田植え祭

「日本最古の水田」お田植え祭 霧島 : 地域 : 読売新聞オンライン 最古の水田でお田植え祭 霧島・狭名田の長田 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com  霧島神宮のお田植え祭が2日、水田発祥の地とされる霧島市霧島田口の狭名田(さなだ)の長田(おさだ)であった。そろいのすげがさ、白装束姿の早男、早乙女25人が苗を手植えし、秋の豊作を祈った。  狭名田の長田は、ニニギノミコトが日本で初めて水稲を作った最古の水田と伝えられる。戦後途絶えていたお田植え祭を同神宮と地元が1998年に復活 にぎやかに豊作祈願「壬生の花田植」 ユネスコ無形文化遺産 広島・北広島 - 毎日新聞 山里に田園絵巻 壬生の花田植 | 中国新聞デジタル  ユネスコ無形文化遺産に登録されている豊作祈願の伝統行事「壬生(みぶ)の花田植(はなだうえ)」が2日、広島県北広島町であった。  華やかに飾り立てられた牛たちが代かきした田んぼで、「田楽団(でんがくだん)」が笛や太鼓のお囃子(はやし)を演奏。菅笠(すげがさ)にかすり姿の女性らが一列に並び、田植え歌を歌いながら手際よく苗を植えた。県内外から約6000人が訪れました 多賀大社で「お田植祭」 早乙女58人:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  多賀町の多賀大社で二日、五穀豊穣(ほうじょう)や農業の安全を祈願する「お田植祭」があった。  本殿祭の後、すげがさにはかま姿の早乙女五十八人が神田へ移動。歌と踊りに合わせ…

続きを読む

諏訪大社上社「御田植祭」

Nagano Nippo Web » 早乙女23人豊作祈り 諏訪大社上社御田植祭 早乙女23人、心を込めて「御田植祭」 諏訪大社上社 | 信濃毎日新聞[信毎web]  諏訪大社上社の「御田植(おたうえ)祭」が2日、諏訪市中洲の上社本宮近くにある藤島社の斎田であった。白装束に赤いたすきを掛けた早乙女23人が横一列に並んで「スワヒカリ」の苗を植え、豊作を願った。  早乙女は諏訪市、茅野市、諏訪郡富士見町、同郡原村の10〜20代の未婚女性から選ばれた。この日は本宮での神事を終えた後、約500メートル離れた斎田へ歩いて移動。草履を脱いで素足で水田に入り、後ずさりしながら丁寧に苗を植えていった。ぬかるみに足を取られる早乙女もいたが、家族や氏子ら大勢が見守る中で大役を果たした。高校3年生(17)は「大きく育ってほしい」と笑顔 お田植祭:五穀豊穣を願い、早乙女が苗植え 多賀大社 /滋賀 - 毎日新聞  多賀大社(多賀町多賀)で2日、五穀豊穣と農業の安全を祈るお田植祭があった。  本殿で祈願をした後、中学生から大学生の早乙女(さおとめ)58人が菅笠(すげがさ)に茜(あかね)たすき姿で本殿北東にある神田へ。笠の上にアヤメの花を載せた4人の「あやめ」の歌に合わせて、田踊女(たおどりめ)が畦(あぜ)で舞い…続きは有料 早乙女姿の11人ら 愛西でお田植え祭 津島神社 | お知らせ | 高校ニュース | 私立中学・高校受験ガイド | 中日進学ナビ  津島神社(津島市)のお田植え祭…

続きを読む

京丹波・八坂神社神饌田「御田祭」

祇園祭に奉納へ 早乙女たちたおやかに田植え、京都・京丹波 : 京都新聞 雅楽の調べとともに・・・五穀豊穣願う”御田祭”(ABCテレビ) - Yahoo!ニュース  八坂神社(京都市東山区)に奉納する稲を手植えする「御田祭」が26日、京都府京丹波町下山の神饌(しんせん)田で営まれた。陽気に包まれる中、早乙女たちがたおやかに稲の苗を手植えした。  御田祭は、同町下山の尾長野地区に八坂神社の分社の尾長野八坂神社があることから、地元の田を舞台に1970年から始まった。  祭りでは、神職が水田を清めた後、神前に供えられた稲の苗を田長の藤田正則さん(59)が、尾長野八坂神社と八坂神社の関係者が務める早乙女の8人に手渡した。すげがさをかぶり、白と赤の着物に金の帯を締めた早乙女は一列に並び、雅楽の奥ゆかしい音色や、みこの舞に合わせてゆっくりと苗を植えた。地元住民らが獅子舞や丹波八坂太鼓を奉納 両丹日日新聞:豊作願い、大原の産屋でお田植祭 | ニュース  早乙女が苗を手植えする「お田植祭」が26日、京都府福知山市三和町大原にある産屋(うぶや)そばの田んぼであった。地元の女性のほか大学生も加わって、もち米の苗を植えた。強い日差しの中で行われたが、200人ほどが訪れて見守り、写真に収める人もいた。  豊作と農業振興、地域活性化を願うとともに、府有形民俗文化財に指定されている産屋のPRを兼ねて、2006年から地元住民らでつくる実行委員会(小林英夫委員長)が催している。看板を設置するな…

続きを読む

下関・住吉神社「御田植祭」

山口)八乙女扮して田植え 下関:朝日新聞デジタル 御田植祭:八乙女と早乙女、稲を植え舞奉納 五穀豊穣願う 下関・住吉神社 /山口 - 毎日新聞  五穀豊穣(ほうじょう)を願う「御田植祭(おたうえさい)」が19日、下関市の住吉神社であった。地元の市立勝山中学校の生徒たちが奉仕者として参加。緋袴(ひばかま)にすげ笠姿の八乙女に扮した女子生徒らがイセヒカリの苗を植えた。稲の害虫など災厄をはらう「弓鎮治(ちんじ)舞」、豊作を祈る「田植舞」といった舞の奉納もあった。5月第3日曜の伝統行事で、1953年からは市の農業祭として催行 hibakama / 緋袴白書RT @CityShimonoseki: 5月19日(日)、住吉神社で御田植祭が開催されました。御田植祭は、本市の農業の発展と豊穣を祈る農業祭として、毎年5月第3日曜日に開催されている古式ゆかしい伝統行事です。地元の勝山中学校の生徒が奉仕者として参加し、八乙女舞や早乙女舞な… at 05/20 21:07 早乙女姿の児童が田植え 高岡・大伴神社(北日本新聞)  大伴家持を祭る大伴神社(高岡市伏木一宮)に献穀する古代米の田植え祭りが18日、近くの水田で行われた。地元の児童が、かすりの着物に赤いたすきをした早乙女姿で苗を植えた。  伏木錬成館のバトントワリング教室に通う前田桃和さん(伏木小5年)、守護愛來さん(同)、浦心美さん(万葉小5年)、前畑栞奈さん(同)が参加し、古代米の一種「赤米」を手植えした。地元の伏木雅楽演奏会…

続きを読む

伊勢神宮専用水田でお田植え初め

伊勢神宮の専用水田でお田植え初め 恵みの雨も太陽の光も - 伊勢志摩経済新聞  伊勢神宮の専用水田「神宮神田(しんでん)」(伊勢市楠部町)で5月18日、「神田御田植初(しんでんおたうえはじめ)」が行われた。  約10ヘクタールの内の約3ヘクタールの栽培面積を持つ神宮神田では、伊勢神宮の祭典で神饌(しんせん)として奉納され、また神饌の中の酒などの原料として使用するうるち米ともち米を栽培する。子持帷子に烏帽子、黄色のたすきをかけた男性と菅笠に白衣、赤いたすきをかけた女性合計20人が早苗を手植え 岐阜)「恵奈の里」でお田植え祭 恵那農業高の生徒:朝日新聞デジタル  献上米づくりの祭事「恵奈の里次米(すきまい)みのりまつり」のお田植え祭が18日、岐阜県恵那市長島(おさしま)町正家(しょうげ)の水田であった。県立恵那農業高校の生徒らが、早乙女姿になって田植え踊りを舞い、苗を手植えした。  飛鳥時代の677(天武6)年、恵奈(恵那)から朝廷に新嘗祭(にいなめさい)の主基(すき)米(次米)が献上された木簡の記録をもとに、祭事を復活させて今年で8回目。恵那農高の2年生たちは、事前に田植え踊りを練習してこの日に臨み、歩調を合わせて水田を回り踊った。1年生たちは横一列になって早苗を丁寧に手植えした。生徒(15)は「うまく植わらなかったけど、楽しかった」と笑顔で 大嘗祭に「富富富」を 黒部で早乙女ら手植え:富山:中日新聞(CHUNICHI Web) 大嘗祭へ「富富富」手植え 黒部(…

続きを読む

宮崎で御田植祭

宮崎)早乙女や園児らが御田植祭、水田にぎわう:朝日新聞デジタル 御田植祭(MRTニュース) - MRT宮崎放送  宮崎市花ケ島町で17日、早乙女や保育園児らが水稲の苗を手植えする「御田植(おたうえ)祭」があり、約30アールの水田に歓声が響いた。40歳以下の神職でつくる県神道青年会の主催。神職や農業関係者ら約120人が参加し、秋の豊作を願った。 (中略)  6人の早乙女はJA宮崎中央の職員や保育園教諭らが務めた。普段はJAバンクで窓口業務をしているという井星綺華(あやか)さん(18)は「ジブリ映画のキャラみたいな服装なのでテンションが上がりました。風が強かったけど子どもたちと楽しく田植えができました」と笑顔を見せた。この日、植えたのは伊勢神宮で生まれたイセヒカリと、もち米のマンゲツモチ 早乙女姿の女子学生、苗を手植え 京都・美山「お田植え祭」 : 京都新聞  京都府南丹市美山町北の「かやぶきの里」で12日、五穀豊穣(ほうじょう)を願う「お田植え祭」が営まれた。伝統行事を再興して10年目を迎え、早乙女が美しいかやぶき屋根の民家をバックに稲の苗を手植えした。  お田植え祭は、かやぶきの里保存会や知井八幡神社などが2010年から地域活性化につなげようと、毎年、実施。早乙女は南丹市にキャンパスがある京都伝統工芸大学校の学生らが務めた。女子学生(18)は「足が重くて大変だったけど、普段経験したことがないことなので楽しかった」と笑顔 田植えで3世代交流 魚津・上中島公…

続きを読む

愛媛県愛南町で「お田植え祭り」

愛南 柏小児童が農業体験|愛媛新聞ONLINE  子どもたちが昔ながらの農業を体験するとともに、五穀豊穣を願う「お田植え祭り」が7日、愛媛県愛南町柏の金峯神社前の水田であり、地元の柏小学校女児が早乙女姿でもち米の苗を丁寧に手植えしていった。  平成元年から始まった恒例行事は令和でも柏地区自治会を中心に地域が支えて31回目を迎えた。かすりの着物に、手ぬぐいを頭に巻いた5、6年生の女児5人は神事の後、しめ縄を張った田に入り、真剣な表情で、時には隣の友達と笑顔を交わし合いながら植えた。6年の女子児童(11)は「4年生から毎年やっているが、昔の人はすごいなといつも思う」と腰を伸ばしました 豊作願い 早乙女手植え 笠間稲荷「御田植祭」 | きたかんナビ 笠間稲荷神社の神事「御田植祭(おたうえさい)」が10日、笠間市石井の同神社神饌(しんせん)田で厳かに執り行われた。初夏の日差しが降り注ぐ中、かすりの着物と花がさ姿の早乙女らが苗を手植えした。 御田植祭は、その年の豊作を祈願する神事で、収穫されたコメは御米(みけ)として毎朝、神前に供えられる。 祝詞奏上や伝統の舞の奉納などに続き、御田植の儀が始まった。地元の市立笠間中の生徒たちが歌う御田植祭歌に合わせるように、県立水戸農高の女子生徒が務める6人の早乙女が稲の苗を丁寧に植えた。早乙女を務めた3年生(17)は「田んぼの泥が温かくて気持ちよかった。苗を手で植えるのは楽しい。またやってみたいです」と笑顔 赤ちゃん力士 令和初横…

続きを読む

東川町・北海道神宮神饌田「御田植祭」

早乙女姿で豊作祈る 東川で御田植祭(動画):どうしん電子版(北海道新聞) 北海道神宮(札幌)に奉納するコメを育てる町内の神饌田で5月9日、豊作を祈る神事「御田植祭」が催された。地元農協や町役場の女性職員12人が早乙女となり、雪解け水の張られた水田に「ゆめぴりか」の苗を1株ずつ植えた。神饌田は三田常男さん(71)の水田18アールで1979年から道内唯一の指定を受け、毎年、この時期に神事を行っている。今春は関係者ら約120人が出席した。巫女が舞う神楽などの後、田植え歌に合わせて 宮司や巫女らが“お守り”渡して安全運転呼び掛け 11日から全国交通安全運動 石川・小松市(石川テレビ) - Yahoo!ニュース  11日から始まる全国交通安全運動に合わせて、石川県小松市内では神社の宮司や巫女がドライバーに交通安全を呼び掛けました。  石川県小松市の安宅住吉神社では、春の全国交通安全運動にあわせて毎年マナー向上を呼び掛けるキャンペーンを行っています。  キャンペーンは安宅関近くの市道で行われ安宅住吉神社の宮司や巫女、それに警察官などが通りがかった車にお守りを渡して安全運転を呼びかけました。小松市のキャラクター「カブッキー」も参加 「太鼓田植」早乙女手際よく披露 新見で「鯉が窪湿原まつり」:山陽新聞デジタル|さんデジ  第30回鯉が窪湿原まつり(新見市などでつくる実行委主催)が3日、同市内であり、大勢の観光客が伝統的な田植え「太鼓田植(たうえ)」(岡山県重要無形民俗文化…

続きを読む