宮崎・美郷町西郷で御田祭

宮崎・美郷町西郷で御田祭 雨にも負けず、牛馬が神田駆ける - 日向経済新聞  980年の伝統を持つ田植え祭り「御田祭」が6月30日・7月1日の2日間、美郷町西郷田代の「御田祭の里ふれあい広場」などで開かれた。 祭りのクライマックスは牛馬による「代かき」  本番を迎えた1日は、ふれあい広場にある約20アールの神田(しんでん)で牛馬入れや御輿(みこし)入れ、早乙女による田植えなどが行われた。朝からあいにくの雨模様にかかわらず、町内外から大勢の観客が詰め掛けた。同祭のフォトコンテストが開催されることもあり、神田の周りを多数のカメラマンが取り囲んだ。 (中略)  代かきが終わり静けさが戻った神田では、早乙女による田植えが行われた。町内の中学生や婦人会、一般公募で集まった町外の女性たち90人がそろいのかすりに笠という出で立ちで、催馬楽(さいばら)が歌われる中、左右一列に並んで神田いっぱいに苗を植えた。写真は「早乙女による田植え」 神戸新聞NEXT|北播|花嫁行列で20回目の節目祝う ジュンサイまつり  初夏の風物詩「ジュンサイまつり」が24日、兵庫県多可町中区曽我井の逆池周辺であった。女子高校生2人が早乙女姿でたらい舟に乗り、昔ながらのジュンサイ採りを再現。20回目を迎えた今年は、花嫁行列も披露され、町内外から訪れた約400人でにぎわった。  ジュンサイは、スイレン科の水草。寒天質の膜で覆われた若芽の“つるん”とした食感が特徴で、逆池で自生している。まつりは地…

続きを読む

防府天満宮「御田植祭」

豊作祈り御田植祭 防府天満宮 | 中国新聞アルファ  防府市の防府天満宮は30日、豊作を祈る「御田植祭(おたうえさい)」を開いた。約300人の参拝客が見守る中、早乙女役の天満宮のみこが丁寧に苗を植えた。緋襷姿がいいですね 御田植祭:豊作祈り丁寧に 桜井・大神神社 /奈良 - 毎日新聞 ニュース【太鼓の音に合わせ田植え 大神神社で御田植祭】 | 奈良日日新聞  自然の恵みに感謝し、秋の豊作を祈る神事「御田植(おたうえ)祭」が25日、桜井市の大神(おおみわ)神社・神饌田(しんせんでん)であった。  ご神体の三輪山から湧き出る水を引き込んだ田は約200平方メートル。祝詞奏上の後、神職からヒノヒカリの早苗を受け取った田長(たおさ)らが、水をたたえた田に苗を投げ入れた。  厳しい暑さの中、すげかさに色鮮やかな青と赤のたすき、白装束に身を包んだ田作り男4人、早乙女7人が横一列に並び、田長が打ち鳴らす太鼓の音に合わせて、一列ずつゆっくりと植えていった。順調に育てば100キロの収穫が見込まれるとのこと 豊作願い古式ゆかしく 善通寺でお田植え祭 | 香川のニュース | 四国新聞社  県神社庁献穀米のお田植え祭が24日、善通寺市中村町の斎田で行われた。早乙女の装束に身を包んだ筆岡小5、6年生10人が豊作を願いながら、古式ゆかしく苗を手で植え付けた。  お田植え祭は、県神社庁の12支部が毎年持ち回りで実施。今回は善通寺支部の主管で、斎田近くの木熊野神社(後藤浩久宮司)が…

続きを読む

志摩・伊雑宮「御田植祭」

天照大御神祭る伊勢神宮「伊雑宮」のお田植祭最中に虹色の光 - 伊勢志摩経済新聞 志摩市の伊勢神宮「伊雑宮」でお田植祭 7年振りの「岩戸開き」 - 伊勢志摩経済新聞 伊勢神宮の別宮、伊雑宮で御田植祭 三重県志摩市 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  志摩市にある伊勢神宮内宮(ないくう)別宮「伊雑宮(いぞうぐう・いざわのみや)」(志摩市磯部町)で6月24日に執り行われた「御田植祭(おみた・おたうえさい)」の祭典中に、珍しい大気光学現象「ハロ・日暈(ひがさ)」と「環水平アーク」が同時に現れた。  「ハロ」と「環水平アーク」は、雲の中にある氷の粒や結晶が太陽の光に反射、屈折して七色に見える 自然現象で、勇壮な裸男たちの「竹取神事」が終わり、田楽の調べが流れ早乙女(さおとめ)らによる静かな田植えを行う「御田植神事」の中休みに入った頃、今年の祭り担当区の下之郷地区だけの催しの「岩戸開き」の舞が終わった直後の12時30分ごろに出現した。いいことがあるといいですね 世界遺産そばで早乙女手植え 福津市の新原・奴山古墳群 [福岡県] - 西日本新聞 沖ノ島の関連資産として昨年、世界文化遺産になった福津市の「新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群」。古墳を囲む豊かな田園地帯は現在、田植えの最盛期だ。24日は前方後円墳そばの田んぼで、早乙女姿の女性たちが「御田植祭」を行った。 近くの障害者支援施設「昭和学園」などを運営する社会福祉法人「玄洋会」が所有する田の一部…

続きを読む

大子・近津神社「中田植」

【茨城新聞】大子・近津神社 早乙女姿で「中田植」 夏至に豊作を祈願する大子町下野宮の近津神社のお田植祭「中田植(ちゅうだうえ)」が21日、多くの見物客が見守る中行われ、あさぎ色のじゅばんに赤いもんぺ、たすきにすげがさ姿の早乙女が、腰を折って手植えした。 15人の早乙女は拝殿での神事後、約4アールの水田で横一列になり、笛や太鼓に合わせて保存会が田植歌を歌う中、約20分間かけて丁寧に苗を植えた。境内では餅つきなどでにぎわったとのこと 富山)伝説再現の仮装行列にぎやか 愛本姫社まつり:朝日新聞デジタル さあ愛本姫社へ…黒部・大蛇お光行列 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 毎年恒例 愛本姫社まつり お光伝説再現仮装行列 | チューリップテレビニュース  黒部川にすむ水の守り神の大蛇に嫁いだ村娘・お光の伝説を再現する「愛本姫社まつり」が21日、富山県黒部市宇奈月町下立であった。恒例の仮装行列は地域活性化のために1988年に始まり、今年で31回目。  お光役を務めた高岡向陵高校1年の草野瑞葵(みずき)さん(15)はバスケットボール部員。普段は高岡市内の寮暮らしだが、行列に参加するために帰省した。「地元の伝統行事の役に立ててうれしい。たくさんの人たちが見守る中へ踏み出す時は、バスケ以上に緊張しました」 華やか稚児行列 17年ぶり 親子300人 飯野善性寺|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  富山市飯野の善性寺(赤田見心住職)は17日、親…

続きを読む

香川県綾川町「主基斎田お田植まつり103」

古式ゆかしく手植え 綾川 主基斎田でまつり | 香川のニュース | 四国新聞社  古式ゆかしい大正時代の田植え風景を再現する「主基斎田(すきさいでん)お田植まつり103」が17日、綾川町山田上の主基斎田跡で行われた。大正天皇即位に伴う大嘗祭(だいじょうさい)に米を献納した歴史ある水田で、早乙女姿に扮(ふん)した農業経営高校の女子生徒が田植え歌や太鼓の音に合わせて手植えを披露した。  同まつりは、大正天皇即位後の1915(大正4)年に旧綾上町の田が主基斎田に選ばれたことを後世に伝えようと、主基斎田保存会(岡田昌勝会長)が85年から開催。2000年には町の無形文化財に指定された。斎田は大嘗祭に納める新米を作る田のことで、天皇即位のたびに西日本の「主基」と東日本の「悠紀(ゆき)」が各1カ所選ばれる。田植えの後は、女子生徒と地元婦人会メンバーが伝統の「斎田踊り」を披露 御田植祭:「一人角力」 稲の精霊と立ち合い 今治 /愛媛 - 毎日新聞 五穀豊穣祈り一人角力 大山祇神社で御田植祭|愛媛新聞ONLINE  愛媛県今治市大三島町宮浦の大山祇神社で18日、伝統の御田植祭があった。稲の作柄を占う一人角力(ずもう)のほか、早乙女姿の子どもたちが五穀豊穣(ほうじょう)を祈り、斎田に苗を植えた。県無形民俗文化財 神戸新聞NEXT|西播|豊作願い早乙女姿の学生田植え 赤穂・大石神社 赤穂民報|梅雨晴れに早乙女ら「お田植祭」  赤穂義士をまつる大石神社(兵庫県赤穂市上仮屋)の「お田…

続きを読む

祐徳稲荷神社「お田植祭」

巫女11人、早乙女姿で豊穣祈る 祐徳稲荷 お田植え祭|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 豊作祈り御田植え祭 祐徳稲荷神社と斎田 [佐賀県]|【西日本新聞】 祐徳稲荷神社で「御田植祭」|NHK 佐賀県のニュース 鹿島市の祐徳稲荷神社で、早乙女姿のみこたちが、ことしの豊作を願って稲の苗を手植えする伝統の「御田植祭」が行われました。 御田植祭は、鹿島市の祐徳稲荷神社が創建された江戸時代から300年以上続く伝統行事で、豊作を願って、梅雨入り後の毎年この時期に行われています。 18日は神事のあと、神職と、すげ笠にかすりの着物を着た早乙女姿の11人のみこたちが、神社近くの広さおよそ2アールの斎田に移動しました。 そして素朴な田植え歌と笛の音が流れる中、みこたちは横一列になって15センチほどに育ったうるち米の稲の苗を丁寧に植えていました。初めて参加した巫女さん「豊作を祈りながら、心を込めて苗を植えました。伝統的な行事の御田植祭が、ずっと残ってほしいと思います」 各社で表記が違いますが神社によると「お田植祭」。 早乙女姿 五穀豊穣願う 博多区 住吉神社で御田植行事|【西日本新聞】  今年の五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈願する「御田植(おたうえ)行事」が15日、福岡市博多区の住吉神社であった。境内の神田で、花笠をかぶった早乙女姿のみこらが、伊勢神宮(三重県)から贈られたイセヒカリの種もみから育てた苗300株を植えた。  3月の「御田祭」に続く稲作行事。…

続きを読む

住吉大社「御田植神事」

住吉大社で御田植神事 | やさしいニュース | TVO テレビ大阪 たすき鮮やか、豊作願い 住吉大社で御田植神事 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で14日、国の重要無形民俗文化財「御田植(おたうえ)神事」が盛大に執り行われた。奉仕者が境内南側に広がる御田(おんだ)(20アール)で古式ゆかしく早苗を植えたほか、豊作を願う舞や踊りを奉納し、初夏の伝統行事をみやびやかに飾った。  神事は住吉大社鎮座の際、祭神である神功皇后が御田を定め、長門国(現・山口県)から植女(うえめ)を召したことが起源と伝わる。御田中央の舞台で同大社の神楽女8人による八乙女が「田舞」などを奉納 大山阿夫利神社 中高生8人が田舞を奉納 権田祭で10年ぶり | 伊勢原 | タウンニュース  大山阿夫利神社社務局祖霊社(目黒仁宮司)で6月8日、初代宮司を務めた権田直助と同神社の歴代の社司を偲ぶ慰霊祭「権田祭」が開催された。  これは6月8日が「大山近代の祖」と称される権田直助の命日にあたることから毎年この日に行われているもの。今年は権田直助の没後130年を記念し10年ぶりに「田舞」が復活した。見に行きたかった…(いまだに悔やんでる) みこ役女児ら田植え 福井 伊勢神宮へ12月コメ献上:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市西木田二丁目の木田神社の氏子らでつくる同神社天王会は十九日、同市別所町の田んぼで、伊勢神宮(三重県)に…

続きを読む

淡路島・厳島神社「お田植祭」

神戸新聞NEXT|淡路|農の催し多彩に 小麦収穫や早乙女姿でお田植え 早乙女姿で「お田植祭」小学生ら五穀豊穣など願う 淡路島・厳島神社の伝統行事 - 産経WEST  兵庫県洲本市本町の厳島神社は9日、五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを願う「お田植祭」と「子ども田植体験教室」を開催し、梅雨の晴れ間のなか、早乙女姿の小学生ら約40人が水田で苗を植えた。  実体験を通じて子供らに稲作の苦労やありがたさを知ってもらおうと、同神社と同神社青年奉賛会が約40年前から開催。9月下旬の「稲刈り神事・稲刈り体験教室」で収穫し、同神社の秋の例大祭で奉納する。5年生(10)「最初はぬるぬるして気持ち悪かったけど、慣れると気持ちよくなった。『どんなお米になるのかなあ』と思いながら植えました」 岡山・後楽園で「お田植え祭」 太鼓に合わせ早乙女が苗植え: 山陽新聞デジタル|さんデジ  岡山市の後楽園で10日、恒例の「お田植え祭」があり、早乙女たちが太鼓などに合わせて苗を手植えする「太鼓田植(たうえ)」(岡山県重要無形民俗文化財)を披露した。  新見市の「哲西町はやし田植え保存会」と神代(こうじろ)郷土民謡保存会」がそれぞれ午前と午後、園内の井田(せいでん)(約500平方メートル)で実演。男衆がリズミカルに打ち鳴らす太鼓の音に合わせ、紺がすりの着物に花がさ姿の早乙女が計4千株ほどのもち米の苗を手際よく植えた。作業中、男女の掛け合いで田植え歌も歌った。江戸時代に園内で行われていた行事を1962年か…

続きを読む

静岡浅間神社「神饌田御田植祭」

早乙女姿で豊穣祈願 静岡浅間神社「神饌田御田植祭」|静岡新聞アットエス  静岡市葵区の静岡浅間神社は5日、同区安倍口新田の水田で、「神饌田(しんせんでん)御田植祭」を行った。早乙女姿の女性ら7人が苗を植え、五穀豊穣(ほうじょう)を願った。  植えたのは伊勢神宮(三重県伊勢市)からもみだねを譲り受けた「イセヒカリ」。あかねだすきとすげがさを身に着けたみこや地元の女性が約80平方メートルの水田の中で横一列に並び、足を泥だらけにしながら丁寧に作業した。10月の抜穂(ぬきほ)祭で収穫する予定 「百選」の棚田で田植え 日本の原風景の中、早乙女姿の女性ら「農家の苦労わかった」大阪・千早赤阪村 - 産経WEST すげがさの早乙女が田植え 大阪・千早赤阪村の棚田 - 共同通信  日本棚田百選の一つ、大阪府千早赤阪村にある「下赤阪の棚田」で3日、ボランティアの早乙女9人が昔ながらの田植えをした。  早乙女はかすりにたすき、すげがさ姿で苗を手に取るとはだしで田に入り、リーダーの「はい、いきまーす」という合図に合わせて田植え綱を目安にひと株ずつ丁寧に植えた。「農家のみなさんの苦労が分かりましたが、すごく楽しかった」 育て「奇跡の復興米」 被災地・岩手県大槌町で生き延びた3株の稲穂が始まり 大阪・河南町で田植え - 産経WEST  平成23年に発生した東日本大震災の記憶を受け継ごうと、被災地・岩手県大槌町で生き延びた「奇跡の復興米」の田植えが27日、大阪府河南町の水田で始まった。隣…

続きを読む

多賀大社「お田植祭」

お田植祭:豊作の歌に踊り 多賀大社 /滋賀 - 毎日新聞 早乙女舞い、豊穣祈る 滋賀・多賀大社 : 京都新聞  五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「お田植祭」が3日、滋賀県多賀町多賀の多賀大社で行われた。青空の下、すげがさにはかま姿の早乙女が、境内の神田に苗を植えた。  氏子や豊年講関係者から選ばれた中学生から20歳までの女性56人が、早乙女役を担った。歌や踊りを披露する「あやめ」と「田踊女(たおどりめ)」、苗を植える「田植女(たうえめ)」に分かれて神事を務めた。もち米「マンゲツモチ」の苗を植えました 新嘗祭献上へ田植え 西予・野村|愛媛新聞ONLINE  宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に献穀するコメのお田植え祭とアワの播種式が3日、愛媛県西予市野村町阿下の久保谷集落であった。地元の小学校から高校まで女子児童・生徒6人が「早乙女」を務め、豊作を祈って田植えや種まきをした。続きは会員限定 山口市・古熊神社でお田植え祭 | 宇部日報社 このまちメディアWeb 古熊神社(真庭宗雄宮司)=山口市古熊1丁目=のお田植え祭は3日、惣太夫町の神田で開かれた。赤いはかまのみこ姿にかさを被った八乙女(やおとめ)13人が、山口天神祭で奉納される「イセヒカリ」の苗を植えた。 総代の一人、雨村明倫さんが所有する約150平方㍍の神田で、周囲には結界が張られた。真庭宮司が祝詞などを奏上し、大拝司と小拝司がおはらい。田男による草刈りや田起こしの儀の後、小学生以上の地域住民から選ばれた八乙女が…

続きを読む

伊那市東春近・白山社で御田植祭

伊那市東春近で「御田植祭」(伊那谷ねっと) Nagano Nippo Web » 成美さんら早乙女が初参列 白山社で御田植祭 伊那市東春近田原の白山社御田植祭が2日、区内の斎田であった。今年は氏子総代のほか初めて早乙女が参列。同市出身のタレント成美さんら5人が大役を務め、すげがさに赤だすき姿で豊作を願いながら苗を植えた。 他の4人はいずれも成美さんの友人で、芸能活動をする市外の2人と伊那市、駒ケ根市の一般女性。神事に続いて3アールの斎田に足を入れ、横一列になって植えていった。「貴重な体験をさせていただいた。神聖な気持ちで苗を植え、いまは誇らしい気持ちにもなっています」 献穀米 御田植祭が行われました。 - いまCh.(いまチャン)|北海道今金町 ひとが真ん中のWebマガジン 本日28日、町内 鈴岡地区の水田にて「献穀米 御田植祭」が行われました。   この祭事は、皇室行事の「新嘗祭(にいなめさい)」に献上する献穀米の田植えとされ、JA今金町関係者や農業関係者などが出席する中、花がさをかぶった早乙女姿の4人が 品種「ふっくりんこ」の苗を献穀田にひとつひとつ丁寧に植えていきました。今年が平成最後の新嘗祭 いまch.にも記事を載せています。 http://ima-channel.com #今金町 #今金 #道南 #北海道 #檜山 #桧山 #献上米 #御田植祭 #宮内庁 #献穀米 #献上 #式典 #rice #献穀田 #豊作祈願 #地域おこし協力隊 #皇室 #皇室献…

続きを読む

広島・住吉神社で児童巫女が必勝祈願

児童みこ、W杯代表勝利祈願 | 中国新聞アルファ  6月14日に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表を後押ししようと、勝負の神を祭る広島市中区の住吉神社は、小学生の「応援みこ」によるおはらいを始めた。日本サッカー協会公認の特製のお守りと絵馬も用意。日本代表を応援する参拝客を迎える。今回は色々と厳しそうですね… 神戸新聞NEXT|阪神|小中学生、昔ながらの田植えに挑戦 西宮で神事 めぐみ広田の大田植え:豊作願い丁寧に 西宮 /兵庫 - 毎日新聞  兵庫県西宮市大社町の広田神社に500年以上前から伝わる神事「めぐみ広田の大田植え」が27日、同神社と神社近くの水田「御饌田」であった。地元の小中学生が、すげがさをかぶった早乙女姿などで田植えに挑戦した。1961年に途絶えましたが、地元住民らが89年に復活させたとのこと 4年ぶり「塩原の大山供養田植」 庄原、牛馬の健康や家内安全願う: 山陽新聞デジタル|さんデジ 五穀豊穣願い 早乙女田植え 庄原 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 広島・東城町で国の重要無形民俗文化財「塩原の大山供養田植」4年ぶり開催(RCC) 広島・庄原市東城町で国の重要無形民俗文化財に指定されている塩原の大山供養田植が4年ぶりに行われました。備北地域に伝わる大山供養田植は農作業で使う牛や馬の安全や五穀豊穣を祈る大山信仰の祭りです。中でも、東城町北部に伝わる「塩原の大山供養田植」は最も古い形を残していて、…

続きを読む

鳴門・大麻比古神社「お田植え祭」

早乙女姿で「お田植え祭」 大麻比古神社近くの水田に奉納米|徳島ニュース|徳島新聞  鳴門市大麻町板東の大麻比古神社近くの水田で「お田植え祭」が行われた。板東小4~6年の女子児童14人が、すげがさに赤いたすきの早乙女姿で参加。はだしで水田に入り、ぬかるみに足を取られながらキヌヒカリの苗を植えた。動画あり。初めて参加した5年生(10)は「真っすぐに植えられた」と笑顔で 鳴門市の大麻比古神社「お田植え祭」女子児童が参加 「富富富」献上へ田植祭 氷見・布施 - 撮れたてニュース | 北國新聞社  11月の新嘗祭に献上する献穀米の斎圃田植祭は27日、氷見市布施の布施営農組合で、営農組合のメンバーや関係者ら約80人が出席して行われた。今年は富山米新品種の「富富富(ふふふ)」を初めて植えた。  布勢神社の安松康代権禰宜が神事を執り行った。田植えの儀では、山下利邦地元協力会長がくわで田を耕す「忌鍬の儀」を行った後、早乙女役の川邊愛美さん(高岡龍谷高2年)ら5人が、奉耕主の山下茂昭さんから苗を受け取り、10平方メートルの斎圃で田植えを進めた。氷見市からの献穀は11年ぶり 伝統衣装で豊作祈願 川場小32人が「田植祭」|社会・話題|上毛新聞ニュース  豊作を祈願する「田植祭」が29日、群馬県川場村の道の駅川場田園プラザ内の水田で開かれた。烏帽子(えぼし)やすげがさの伝統衣装を身に着けた川場小の5年生32人が、丁寧に苗を植えた=写真・AR。  住民や保護者が見守る中、児童は一…

続きを読む

静岡県森町・小国神社「御田植祭」

五月女、五月男 古式ゆかしく御田植祭 森町・小国神社|静岡新聞アットエス  森町の小国神社の伝統行事「御田植祭」が27日、同神社近くの水田で行われた。五月女、五月男(さおとこ)の装束に身を包んだ地元中学生が豊作を願い、古式ゆかしく苗を植えた。  町立旭が丘中の生徒12人が静かに田に足を踏み入れ、雅楽の演奏に合わせて、苗を掲げたり体を左右に振ったりする独特の所作を披露した。2007年に関係者が本格的に復活させたとのこと 御田植祭:早乙女、豊作願い丁寧に 福知山 /京都 - 毎日新聞 両丹日日新聞 : 早乙女が豊作の願い込め 大原でお田植祭  京都府の有形民俗文化財に指定されている福知山市三和町大原の産屋そばにある水田で27日、恒例のお田植祭があった。地元の女性と女子大学生が編み笠ともんぺ姿の早乙女に扮して、手でもち米の苗を植えていった。  豊作と地域活性化を願い、06年から地元住民らでつくる実行委員会(大槻兄市委員長)が催している。  今年の早乙女は、地元女性8人と、地域交流と民俗学に関心が高い福知山公立大、佛教大の各3人が務めた。神事のあと、7アールの田に入り、横一列に並んで丁寧に苗を植えた。大学1年生「早乙女の衣装を着てテンションが上がりました」 豊作願い、「つや姫」手植え 鶴岡で御田植祭|山形新聞  鶴岡市の出羽三山神社(宮野直生宮司)に奉納するコメの「御田植祭(おたうえさい)」が24日、同市羽黒町玉川の献饌田(けんせんでん)で行われた。みこたちが…

続きを読む

輪島で献穀田の御田植式

陛下に献上 新嘗祭(にいなめさい)|県内NEWS PICKUP|石川テレビ 小学生が早乙女に 新嘗祭献上米の御田植式(MROテレビ) - Yahoo!ニュース 毎年11月に皇居で行われる新嘗祭で献上されるコメの御田植式が25日石川県輪島市内で行われました。 能登地区から献穀田に選ばれた輪島市房田町の農業、坂下正幸さんの水田では、住民らが見守る中、神事が執り行われました。今年、苗を植える早乙女役には、地元の小学生ら6人が選ばれ、丁寧に苗を植えていきました。きょうの県内は広く高気圧に覆われ日中の最高気温は金沢で27.3度加賀菅谷で28.9度となるなど7月上旬から中旬並みの暑さとなりました。「最初 緊張したけど楽しかった」「(Q.植えたお米は?)おいしくなればいい」 石川県 五穀豊穣願う 白山・若宮八幡宮で田植え|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  若宮八幡宮の御田植(おたうえ)神事は26日、白山市若宮1丁目の境内にある神饌田(しんせんでん)で営まれた。強い日差しの下、児童8人を含む早乙女姿の女性16人がコシヒカリの苗を植え、五穀豊穣(ほうじょう)を願った。  同神事は春季例大祭の行事で、菅笠(すげがさ)と袴(はかま)を身に着けた早乙女は、御田植踊り保存会による歌と囃子(はやし)が響く中、丁寧に苗を植えた。氏子や住民らが見守り、同保存会は神饌田前で御田植踊りも奉納した。社務所前では餅まきが行われました 田植え唄に乗って 日野高と黒坂小が交流 | 日本海新聞 Net…

続きを読む

山形県高畠町で「受験合格米」の田植え式

受験合格米、真心込めて田植え式 高畠・「つや姫」の苗を手植え|山形新聞  日本三文殊の一つに数えられる高畠町の亀岡文殊で祈願を受け、受験生向けの縁起物として販売する「受験合格米」の田植え式が22日、同町亀岡の水田で行われた。青空の下、関係者が真心を込めて「つや姫」の苗を手植えした。 [動画付き記事 動画はコチラ]  合格米は全農ライフサポート山形(天童市、落合規幸社長)が1991年から販売。JA山形おきたま(木村敏和組合長)の高畠南部共乾施設利用組合(井上孝一組合長)が亀岡地区の水田1.8ヘクタールで栽培する。  田植え式には約40人が出席。亀岡文殊大聖寺の青山永三住職が受験生の学業成就などを祈り、白装束の男性とみこ姿の女性計13人が水田に入って丁寧に植え付けた。お寺のお田植は珍しいのでは 早乙女姿 私たちが継承/五農・全校田植え/Web東奥・ニュース  青森県五所川原市の五所川原農林高校(菊地建一校長、全校生徒404人)は22日、同校の水田で「全校田植え大会」を開いた。3月で閉科した生活科学科に代わり各科の3年生女子生徒27人が恒例の早乙女姿を引き継ぎ、実りの秋を願って苗を植えた。動画もあります 竹駒神社で御田植祭 田人や早乙女姿の学生ら、豊作願いコメ手植え | 河北新報オンラインニュース  岩沼市の竹駒神社で21日、御田植(おたうえ)祭があり、県農業大学校(名取市)の学生約50人がひとめぼれの苗を手植えし、豊作を願った。  境内の神田「穂徳田(すい…

続きを読む

東近江・太郎坊宮お田植え大祭

五穀豊穣願いお田植え大祭 東近江・太郎坊宮:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)  東近江市小脇町の太郎坊宮の神饌(しんせん)田で二十日、お田植え大祭があり、市内の滋賀学園中学・高校の生徒ら約三十人が色鮮やかな着物姿で苗を植えた。  五穀豊穣(ほうじょう)を願う恒例の神事で、一九四〇(昭和十五)年から続けられている。地元の子どもが減ってきたため、近年は同校の女子バレー部員が中心となり早乙女役を務めている。  もんぺ、すげがさ姿の生徒らは、はだしになって田んぼへ。一列に並ぶと、お田植え歌や太鼓の合図に合わせて五十平方メートルほどで丁寧に植え付けた。一年生(15)は「機械での田植えが多い中、手で植えられたのは良い経験になった」と笑顔を 自然の恵み祈る 下関・住吉神社で御田植祭 - 産経ニュース  豊作を祈る伝統の「御田植(おたうえ)祭」が20日、山口県下関市の住吉神社であった。地元、勝山中学校の生徒が「早乙女」や「八乙女」にふんし、自然の恵みを祈る舞を披露しながら、田植えをした=写真。  同神社の御田植祭は約1800年前、神功皇后が神前に供える稲を植えたのが始まりとされる。大阪・住吉大社のお田植え神事(国重要無形民俗文化財)の原型といわれています 山口朝日放送 » 「周防の国」右田お田植祭・山口県防府市 防府市・右田のお田植え祭 子供たちが昔ながらの装いで田植えをする儀式が、山口県防府市で行われました。 「右田お田植え祭」に参加したのは、地元の小中…

続きを読む

塩釜神社「お田植え祭」

<塩釜神社>お田植え祭 豊穣の祈り苗に込め | 河北新報オンラインニュース  宮城県塩釜市の塩釜神社で12日、「お田植え祭」があり、御神田にササニシキの苗を植えて五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。  神事奉納の後、すげ笠(がさ)をかぶる早乙女、早乙男(さおとこ)の装束を着た小学生約30人が約5アールの田んぼにはだしで入り、手で植えた。ぬかるむ土に脚を取られながらも4、5株ずつ丁寧に植えていった。例年並みの180キロの収穫を見込んでいます 早乙女姿と法被姿の児童が舞を披露 | 東日新聞  新城市東郷東小学校(森誠校長)の学校田約6アールで11日、豊作を祈る「お田植え踊り」があり、早乙女姿と法被(はっぴ)姿の5年生児童36人が息の合った舞を披露した。  早乙女姿の女子児童は菅笠(すげがさ)とかすりの着物に身を包み、法被の男子児童は粋なはちまき姿。横二列に並び、「どうかこの苗すくすく育て」との唄に合わせて舞いながら苗を植えた。「去年5年の踊りを見て、がんばりたいと楽しみにしていた。着物はきゅうくつだったけど、うれしくてわくわくだった」 1年間の豊作を祈願。献穀田お田植え祭 | 【公式】壱岐新聞社 県神社庁壱岐支部(榊原伸支部長)は4月30日、芦辺町箱崎大左右触の佐肆布都(さしふつ)神社神田で、献穀田お田植え祭を開き、約130人が参加した。 田長は同神社氏子の西寛さん、耕作長は川﨑裕司さんが務めた。同支部によるお田植え祭は平成2年から始まり、今年で29回目。今回は…

続きを読む

伊勢神宮「神田御田植初」

伊勢神宮の水田でお田植え初め 「はえや、はえ」生えや、栄えの祈り - 伊勢志摩経済新聞 白衣にたすき横一列 伊勢で「神田御田植初」:三重:中日新聞(CHUNICHI Web) 伊勢神宮で豊作を祈る神事“御田植初” 太鼓や笛に合わせ苗植える | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  伊勢神宮の祭典で神前に供える米の収穫に向け、稲の苗を植え始める行事「神田御田植初(おたうえはじめ)」が十二日、伊勢市楠部町の神宮神田であった。  室町時代から続くとされ、県無形民俗文化財に指定されている。現在は、地元住民でつくる「神宮神田御田植祭保存会」が伝統を受け継いでいる。  おはらいを受けた保存会員らが烏帽子(えぼし)や菅笠(すげがさ)を着け、白衣に赤や青、黄色のたすき姿で登場。笛や太鼓などの音色が流れる中、水田に入った男女二十人が横一列に並び、放り込まれた苗をゆっくりと手植えした。田植え後は、稲を食い荒らすイナゴを扇や大うちわで追い払う動作を披露 豊作願い早乙女手植え 笠間稲荷御田植祭 | きたかんナビ 豊作願い「御田植祭」…笠間稲荷神社 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  1年の豊作を祈願する「御田植祭」が10日、笠間稲荷神社(笠間市)の水田「御神饌田(ごしんせんでん)」で行われ、水戸農業高校の女子生徒6人が、早乙女として田植えをした。  雨が降る中、カッパ姿に花がさをかぶった生徒が田んぼで一列に並び、県産米「ゆめひたち」の早苗を…

続きを読む

出羽三山神社祈年祭・三神合祭殿再建二百年奉祝大祭

出羽三山神社 五穀豊穣願い祈年祭(荘内日報)  鶴岡市羽黒町手向の出羽三山神社(宮野直生宮司)の祈年祭と三神合祭殿再建200年奉祝大祭が8日、羽黒山頂の三神合祭殿で行われた。農耕神事で五穀豊穣(ほうじょう)を祈願するとともに、再建200年の節目を祝った。 (中略)  この日、拝殿には約220人が参列。宮野宮司が神事で五穀豊穣を祈願するとともに、覚諄別当が羽黒山復興を担い再建した歴史をたたえる祝詞を奏上した。農耕神事は田作りを模した「御田植神事」や優雅な「田舞」を奉納。本殿を田に見立てて、神職が鎌やくわを手に田を耕す所作、牛の面を着けて代かきし、種をまくなどの農作業を披露した。引き続き、巫女(みこ)たちも加わり田舞歌に合わせて男女10人がゆったりとした田舞を厳かに繰り広げた。国宝羽黒山五重塔内部の特別拝観などを実施中 富山県 早乙女姿で児童ら苗植え 射水・十社大神の献穀田|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 献穀田で田植え体験 射水市小杉、太閤山小児童 - ホッとニュース | 北國新聞社  射水市三ケの十社大神(じゅっしゃおおかみ)に隣接する水田で6日、お田植え祭が行われ、同市小杉小、太閤山小の児童ら約30人が伊勢神宮献穀田(けんこくでん)にイセヒカリの苗を植えた。  田植えに先立ち、農事組合法人ファーム三ケ北部や三ケ地域振興会の役員らが玉串を奉納し、豊作を祈願した。  地域住民約170人が見守る中、早乙女衣装や法被に身を包んだ児童は泥に足を取られ、悪戦苦…

続きを読む