稲沢・国府宮で御田植祭

豊作を願う早乙女の舞 国府宮で御田植祭:中日新聞Web  稲沢市の尾張大国霊(おおくにたま)神社(国府宮)で二十八日、豊作を祈願する御田植祭(おたうえさい)があった。新型コロナウイルス感染症の影響で、早乙女姿の女性たちによる田植えはせず、略儀で実施した。  JA愛知西の女性職員十人が、早乙女や歌い手を務めた。花がさと赤いはかま姿の早乙女たちは、笛や太鼓の音、歌い手の田植え歌に合わせて神社…

続きを読む

防府天満宮「御田植祭」「夏越神事」

山口)輪くぐり抜けて夏の健康祈る 防府天満宮 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル  山口県防府市の防府天満宮で30日、今年の豊作を祈る「御田植祭(おたうえさい)」があった。早乙女役の3人の巫女(みこ)が、約16平方メートルの神田にヒノヒカリの苗を植えた。苗には病害虫を防ぐとの言い伝えがあり、田植えが終わると参拝者らが神田に駆け寄り、苗を持ち帰った。  この日は境内で「夏越神事…

続きを読む

大神神社「御田植祭」

豊作祈り心込め 桜井・大神神社で御田植祭 /奈良 - 毎日新聞  大神(おおみわ)神社(桜井市三輪)の神饌(しんせん)田で25日、豊作を祈る神事「御田植祭」があった。今年は新型コロナウイルス感染防止のため、一般参列は取りやめた。  約200平方メートルの神饌田では、神社を信仰する農家でつくる豊年講員が祭典で供える米を育てている。神事で植えたのは、5月の「播種(はし…写真「早苗を植える…

続きを読む

伏見稲荷大社「田植祭」

稲作豊穣、平安装束で祈る 伏見稲荷で田植え神事|社会|地域のニュース|京都新聞  稲作の豊穣(ほうじょう)を祈る神事「田植祭」が10日、京都市伏見区の伏見稲荷大社であった。平安時代の夏の装束「汗衫(かざみ)」を身にまとった神楽女が優雅な「御田舞(おたまい)」を披露する中、すげがさ姿の奉仕者約20人が神田に苗を植え付けた。時折小雨が降る中 お田植え祭 早乙女姿の園児が手植え 静岡市(テ…

続きを読む

平川市・猿賀神社「御田植祭」

田男、早乙女 豊作願い/平川市・猿賀神社で「御田植祭」|農林水産,文化,教育|青森ニュース|Web東奥 猿賀神社(平川)で御田植祭 by 陸奥新報  平川市の猿賀神社は29日、神社近くの神饌田(しんせんでん)で毎年恒例の神事「御田植祭」を行った。手甲・脚絆(きゃはん)の白装束と花がさを身に着けた早乙女や田男たちが、今年の豊作を願いながらもち米(あかりもち)の苗を植えた。  御田植祭は1…

続きを読む

萩で献穀米のお田植式

萩・「献穀米」のお田植え式|tys テレビ山口 - 県内ニュース 山口・献穀米のお田植式|山口朝日放送 皇室献上米「お田植式」 萩 /山口 - 毎日新聞 今年は萩市のコシヒカリが献上されます。11月の宮中行事・新嘗祭に献上する米の苗を植える「お田植式」が行われました。 献上する米を作る奉耕者に選ばれたのは萩市上小川の橋本忠男さんです。 橋本さんは2013年に起きた豪雨災害の復興に…

続きを読む

中能登町で新嘗祭献穀田の御田植式

石川県 早乙女豊作願い 中能登、新嘗祭へ田植え|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 「稲育て」早乙女心込め 御田植式 中能登町9年ぶり:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  天皇陛下が秋の収穫を感謝する宮中行事「新嘗祭」(十一月二十三日)に供えるコシヒカリを植える神事「御田植式(おたうえしき)」が十八日、中能登町東馬場の水田であった。同町内では九年ぶりの開催で、今年は農事組合…

続きを読む

下関・住吉神社で御田植祭

山口)豊作願い「御田植祭」、新型コロナ退散の舞も:朝日新聞デジタル 災い払って御田植祭/住吉神社 神事のみに / 山口新聞 電子版 「御田植祭」異例の形で 本殿祭と神事のみ 下関・住吉神社 /山口 - 毎日新聞  五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統の神事「御田植祭」が17日、下関市一の宮住吉の住吉神社であった。今年は新型コロナウイルス感染拡大を受け、本殿祭と神饌田(しんせんでん)に早苗…

続きを読む

阿蘇で献上米の御田植祭

献上米、おいしく育て 阿蘇市で御田植祭、中学生が手植え | 熊本のニュース | ニュース | 熊本日日新聞社 阿蘇で10年ぶり 献上米の田植え|【西日本新聞ニュース】  皇室行事の新嘗祭[にいなめさい](11月23日)への献上米を植える御田植祭が10日、熊本県阿蘇市山田の水掛棚田であった。烏帽子[えぼし]姿の田男と、すげがさをかぶった早乙女が、苗を丁寧に植えた。  コメの献上は県地…

続きを読む

日南・鵜戸神宮で御田植祭

御田植祭「伝統守る」 日南・鵜戸神宮 - Miyanichi e-press  日南市の鵜戸神宮(黒岩昭彦宮司)は19日、旧鵜戸小前の御神田(2アール)で御田植祭を実施した。今年は新型コロナウイルス感染症拡大の影響で児童らの参加は見送り、神社職員や地元住民約10人が手植えして五穀豊穣(ほうじょう)を願った。【写真】丁寧に苗を植えるかすりの着物姿の早乙女たち お守りや御朱印、ネットでど…

続きを読む

春日大社で御田植神事

春日大社で御田植神事 (奈良テレビ放送) 奈良市の春日大社で、御田植祭が営まれました。これは平安時代末期から続く  五穀豊穣を祈る神事で、田んぼに見立てた境内の「林檎の庭」で、田の主に扮した神職が鍬入れをしました。続いて、牛の面をつけた男が馬鍬を引きながら耕していきます。暴れる牛をなだめながら進めるユーモラスな神事です。 そして、春日大社の象徴である藤の花を頭にあしらった「御巫(みか…

続きを読む

浜松・息神社「田遊祭」

田遊祭、豊作願う 住民が神楽歌唱和 浜松・西区の息神社|静岡新聞アットエス 今年の豊作祈る 浜松・息神社「田遊祭」:静岡:中日新聞(CHUNICHI Web)  五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願う神事「田遊祭(たうたさい)」が一日、浜松市西区雄踏町の息(おき)神社で執り行われた。鎌倉、室町時代から続く芸能で、地域住民らが今年の豊作を祈った。  木の枠で田んぼを模した「田所(たどころ…

続きを読む

諏訪大社上社で田遊神事

Nagano Nippo Web » 豊作願い「田舞」 諏訪大社上社で田遊神事 諏訪大社上社の田遊神事は15日、諏訪市の本宮の斎庭で行われた。豊作を願って神職が「田植唄」を歌い、みこが「田舞」を踊った。大総代、氏子総代、区役員らが参列し、多くの氏子が神事を見守りながら五穀豊穣や地域の安全を祈った。 田遊神事は、斎庭に水田に見立てたござを敷き、神職が四隅と中央で木製の農具を使って田起こ…

続きを読む

「小倉城大鏡餅」奉納もち米の抜穂祭

「小倉城大鏡餅」奉納、もち米、刈り取り 行橋 /福岡 - 毎日新聞  「小倉城大鏡餅」の奉納もち米の収穫を祝う抜穂祭(ぬきほさい)神事と稲刈りが28日、行橋市天生田の農業、松蔭(まつかげ)盛美さん(72)方の水田であった。  神事では、刈女(かりめ)姿の今川小5年の男女10人が鎌で稲穂を刈り取り神前に供えた。10歳の子は「大鏡餅になるのが楽しみ。お汁粉も食べてみたい」と 健やか…

続きを読む

大三島・大山祇神社で「抜穂祭」

黄金色の稲穂に感謝 大三島・大山祇神社で「抜穂祭」|愛媛新聞ONLINE 「一人角力」奉納 豊作に感謝し「抜穂祭」(愛媛県)(南海放送) - Yahoo!ニュース 精霊と三番勝負!大山祇神社で伝統の一人角力【愛媛・今治市】(テレビ愛媛) - Yahoo!ニュース  今治市大三島町宮浦の大山祇神社で7日、抜穂祭があり、島内各地区の女子児童16人による抜穂乙女が神に供える初穂を刈り取り豊作…

続きを読む

姫路で抜穂祭

神戸新聞NEXT|姫路|秋の豊作祝い「抜穂祭」 花がさ姿の女性ら収穫 姫路  秋の豊作を祝う神事「抜穂祭」が19日、兵庫県姫路市打越の「神饌田」で開かれた。花がさにかすり姿の女性たちが黄金に色づいた田んぼに入り、神事に使う稲穂を刈り取って祭壇に供えた。  市内約300の神社でつくる兵庫県神社庁姫路支部が、古来行われてきた神事にのっとって2015年に始めた。「刈女」役を務めるJA兵庫西…

続きを読む

宮崎市で抜穂祭

宮崎)早乙女らが水稲刈り取る「抜穂祭」:朝日新聞デジタル  宮崎市花ケ島町で9日、早乙女姿の女性や保育園児らが鎌で稲刈りをする「抜穂祭(ぬきほさい)」があった。40歳以下の神職でつくる県神道青年会の主催。5月に30アールの水田に植えた2種類の水稲を刈り取った。収穫した米は伊勢神宮や県内の神社などに奉納するという。  収穫された米は伊勢神宮で生まれた品種というイセヒカリと、もち米のマン…

続きを読む

熊本・阿蘇神社で御田祭

熊本・阿蘇神社で御田祭 豊作祈願し神輿に稲投げる:朝日新聞デジタル 復興、豊作祈り白装束の行列 阿蘇神社で御田祭 | 熊本日日新聞  熊本地震で被災し、社殿の復旧が進む阿蘇市の阿蘇神社で28日、恒例の御田祭[おんだまつり]があった。4基のみこしや白装束の宇奈利[うなり]ら約200人の神幸行列が周辺集落や水田沿いをしずしずと進み、復興と豊作へ祈りをささげた。  御田祭は、国指定重要無…

続きを読む

阿蘇・国造神社で御田祭

白装束で青田練る 阿蘇市の国造神社で御田祭 | 熊本日日新聞  熊本県阿蘇市の国造神社の御田祭が26日、あった。稲の生育具合を見て回り、豊作を祈る農耕祭事。稲が青く茂った水田の脇を、神幸行列が練り歩いた。  約70人の行列は道案内の神・猿田彦を先頭に、供え物を納めるひつを頭に載せた白装束の宇奈利や、みこしを担ぐ駕輿丁[かよちょう]らが約1キロ離れた御仮屋を目指した。御仮屋では駕輿丁が…

続きを読む

宮崎・美郷の田代神社で御田祭

宮崎・美郷で990年続く「御田祭」 112人の早乙女が田植え - 日向経済新聞  宮崎・美郷の田代神社(美郷町田代)で7月7日、約990年続く伝統行事「御田祭」が行われた。  平安時代の1032年、神社が創建した時から行われているという祭り。土地の五穀豊穣(ほうじょう)、住民の無病息災を祈願し、「牛馬入れ」「豊年神楽奉納」「子どもみこし入れ」などが行われた。  神社では年間を通…

続きを読む