三嶋大社で千歳飴の袋詰め

成長願い千歳飴袋詰め 三嶋大社、1万袋を用意|静岡新聞アットエス 千歳あめ:七五三前に袋詰め - 毎日新聞 11月の七五三を前に 千歳飴の袋詰め作業 (静岡放送(SBS)) - Yahoo!ニュース 来月の七五三に向け 千歳飴の袋詰め(テレしず)  七五三詣でが本格化するのを前に、三島市の三嶋大社内にある伊豆魂神社で2日、祈とう者らの健康を祈願する千歳飴(ちとせあめ)の袋詰め作業が行われた。  大社の敬神婦人会の会員や神職、みこ25人が参加。色鮮やかな袋に紅白の棒あめを1本ずつ詰め込み、1万袋を用意した。参拝のピークは10月下旬から七五三祝祭が開かれる11月15日にかけての土日の見込み 太宰府天満宮:七五三準備始まる 早めの参拝増え - 毎日新聞 健やかな成長願い 太宰府天満宮で七五三準備 - 西日本新聞  太宰府天満宮(福岡県太宰府市)で28日、七五三祝い袋の袋詰め作業が始まった。みこ4人と男性神職2人がお守りや千歳飴(ちとせあめ)、昔遊びセットなど計13点を丁寧に袋に入れた。今年は新たに福岡市在住のアーティスト、鹿児島睦(まこと)さんデザインのコットンバッグも加わった。10月末ごろまでに計8千袋を用意する。祝い袋は祈願料を含めて1人分5千円、2人分8千円、3人分1万円 すくすく育て 千歳飴、絵馬、お守り 七五三の準備着々:朝日新聞デジタル  七五三を前に、福岡市西区の愛宕神社で、子どもたちに渡す千歳飴(ちとせあめ)や絵馬、お守りの準備が進んでいる。社務所…

続きを読む

鶴来・金剱宮で「浦安の舞」奉納

感謝の神楽披露 鶴来・金剱宮で舞女 奉納:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  白山市鶴来日詰町の金剱宮(きんけんぐう)で二日、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する例大祭があり、氏子総代ら約四十人が参列した。  守部元(はじめ)宮司が祝詞を奏上。同市朝日小学校五年の織田綾乃さん(11)と成瀬愛さん(11)が舞女(まいひめ)を務め、神楽「浦安の舞」を奉納した。秋季祭「ほうらい祭り」は七、八両日に 秋田・太平山三吉神社が「巫女」募集 初詣に向け - 秋田経済新聞  太平山三吉神社(秋田市広面字赤沼)が現在、年末年始の「巫女(みこ)」を募集している。  初詣の参拝客が10万人を超える同神社。例年、30人ほどが年末年始に巫女として神社に奉仕する。「年末年始の境内は大変冷えることから体力に自信のある方で、明るくあいさつができる方に応募いただければ」 詳しくは→年末年始巫女奉仕者募集について | 更新情報 | 太平山三吉神社

続きを読む

名取・熊野堂神楽の「巫女の舞」が復活

巫女役25年ぶり 名取の神楽小3が決心:朝日新聞デジタル  名取市高舘熊野堂の熊野神社で800年以上続いてきた県無形民俗文化財・熊野堂神楽。地元の高舘小3年生、吉田聖来(みく)さん(9)が、四半世紀途絶えていた演目「巫女(みこ)の舞」を、受け継ぐ決心をした。デビューは8日、秋の例祭だ。  熊野堂神楽と熊野堂舞楽には計20近い演目があり、神社周辺の7家族が世襲で伝えてきたことで知られる。この番外として「巫女の舞」「稚児の舞」があり、地域の女性や女児が担ってきた。25年ぶり。熊野神社の巫女は妊婦という珍しい設定 【社寺】温泉に感謝 厳かに神事、熱海の繁栄願う 湯前神社秋季例大祭 | 熱海ネット新聞 【観光】将軍家献上の「湯くみ道中」を再現 裃姿の道中奉行など100人 | 熱海ネット新聞 盛大に「湯汲み道中」 湯前神社湯まつり―熱海 - 伊豆新聞 華やかに「湯汲み道中」 ミス熱海ら練り歩き|静岡新聞アットエス  熱海温泉の守り神、湯前神社(熱海市上宿町、雨宮盛克宮司)の秋季例大祭「熱海湯まつり」が30日、開幕し、呼び物の「湯汲み(く)み道中パレード」が盛大に繰り広げられた。熱海温泉の芸妓(げいぎ)衆やミス熱海、神社関係者ら約100人がJR熱海駅前から同神社までの市街地を練り、市民や行楽客の目を引き付けた。まつりは1日まで。写真は湯くみ道中パレードに先立つ、熱海駅前での湯くみ神事 温泉郷の繁栄祈る 熊野本宮大社で「献湯祭」(熊野新聞) 温泉の恵みに感謝する「献湯祭」(…

続きを読む

羽咋で御抜穂式

羽咋で御抜穂式 冷え込み今季一番 - 石川県のニュース | 北國新聞社  羽咋市土橋町の農業髙田昌信さん(69)の水田では、宮中の新嘗祭(にいなめさい)で用いる米を栽培する「献穀田(けんこくでん)」の御抜穂式(おんぬきほしき)が営まれ、早乙女役の女性5人が青空の下、黄金色の稲穂を収穫した。  紺色の絣(かすり)と赤いたすき姿の早乙女は献穀田に入り、コシヒカリの稲を丁寧に刈り取った。新米のうち、5合が10月下旬に皇居に献納され、11月23日の新嘗祭に使われる。29日 「新嘗祭」献上米を収穫 朝日:富山:中日新聞(CHUNICHI Web)  宮中の恒例儀式「新嘗祭(にいなめさい)」に献上する米の収穫神事「献穀斎圃抜穂祭(けんこくさいほぬきほさい)」が二十三日、朝日町舟川新の山崎久夫さん(75)方の献穀田であり、小学生の女の子が務める「刈女(かりめ)」が稲穂を刈り取った。  神事には、山崎さんの家族や地元の農業関係者ら約九十人が参加。紺のかすりの着物に赤いたすき姿の刈女五人が竹垣で囲まれた献穀田に入り、黄金色に実った稲穂を手で抜き取った。刈女を務めた小学三年生(8つ)「すくすく育ってくれて良かった。稲は思ったより堅く、抜くのが大変でびっくりした」 いちほまれ初献上へ 丸岡の献穀田で抜穂式:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  毎年十一月二十三日に皇居で営まれる新嘗祭(にいなめさい)に供える献穀米の稲刈り「抜穂式」が十五…

続きを読む

神戸・湊川神社で千歳飴の袋詰め

神戸新聞NEXT|社会|七五三シーズン控え千歳飴袋詰め 神戸・湊川神社  子どもたちの健やかな成長を願う「七五三」シーズンを前に、神戸市中央区多聞通3の湊川神社で29日、参拝者に配る千歳飴(ちとせあめ)の袋詰めを行った。神社の巫女(みこ)や神職ら25人が2時間ほどかけ、約4千セットを用意した。  11月15日を中心に兵庫県内各地でも参拝がピークを迎える七五三。同神社では近年、参拝が始まる時期が早まっているといい、9月にも既に約30組の家族連れが訪れたという。巫女さん(20)「すくすく成長してほしいという祈りを込めました。晴れ着姿の子どもたちを笑顔で迎えたい」 髪型の時代行列、祇園練り歩く 京都で櫛まつり : 京都新聞  使い古した櫛(くし)に感謝し、供養する「櫛まつり」が25日、京都市東山区の安井金比羅宮で営まれた。境内で行われた神事の後、古墳時代から現代までの髪型に結い上げ、時代衣装をまとった女性たちが、祇園かいわいを練り歩いた。  時代ごとの髪型や着付けなどを研究、伝承する京都美容文化クラブなどが主催し、1961年から毎年開いており、今年で57回目。動画もあります 【戊辰150年・不朽の心】薙刀隊で力強さ表現、歴史を受け継ぐ:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  戊辰戦争に立ち向かった会津藩の女性は多い。  会津若松市で23日に行われる「会津藩公行列」には、会津若松市の「会津なぎなたスポ少」の女子中高生30人が「薙刀(なぎなた)隊」…

続きを読む

桜井・笠山荒神社大祭

心を洗う巫女の舞 - 笠山荒神社大祭 | 社会 | 奈良新聞WEB  日本三大荒神の一つで、かまどの神さまとして信仰を集める、桜井市笠の笠山荒神社(一木毅宮司)で28日、笠山三宝荒神大祭が営まれ、多くの参拝者が訪れた。  地元の氏子ら約20人が、地区内の竹林寺にまつられている板面荒神の御霊を分霊、みこしで同神社に移すお渡りが行われ、本殿に到着すると、神職による祝詞(のりと)や巫女(みこ)による舞が行われた…神仏習合ですね 山口)田布施町で抜穂式 刈女らが稲刈り:朝日新聞デジタル 新嘗祭の献穀米収穫 田布施の久光さんの田で抜穂式(山口新聞) 宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に県内から献上する「献穀米」を収穫する抜穂式が21日、本年度の奉耕者である田布施町中央南の農業、久光博明さん(69)の田であった。 長信正治町長やJA南すおう職員ら約80人が出席。神事の後、久光さんは早乙女姿の田布施農工高校の生徒ら17人と横一列となって田んぼに入り、黄金色に実る「はえぬき」の稲を3束ずつ鎌で刈り取った。JAのサイトにも→献穀田 抜穂式 | もっと人に、あったかい JA南すおう 山陰中央新報社|伯耆の献穀田で抜穂式 豊作に「納める日、今日から楽しみ」  11月に宮中で営まれる「新嘗祭(にいなめさい)」に県から献上するコメの抜穂(ぬきほ)式(稲刈り)が13日、鳥取県伯耆町小町の献穀田であった。献穀奉仕者に選ばれた地元の農業遠藤光明さん(56)らがたわわに実った稲を収穫した…

続きを読む

出羽三山神社献饌田で抜穂祭

神前に供える稲刈り取り|2017年09月28日付け紙面より|荘内日報ニュース−山形・庄内|荘内日報社 豊かな秋の実りに感謝 鶴岡・抜穂祭で奉納米収穫|山形新聞 秋の恵みに感謝 鶴岡で「抜穂祭」 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  秋の恵みに感謝する「抜穂祭(ぬきほさい)」が27日、鶴岡市羽黒町玉川の水田で行われ、巫女(みこ)や山伏が青空の下、近くの出羽三山神社の新嘗祭(にいなめさい)(11月23日)に奉納する米を収穫した。  羽黒山の玄関口にあたる大鳥居近くの水田で毎年行われており、この日は、JA庄内たがわと同神社の関係者ら約70人が参加。神事を行った後、巫女と山伏が水田に入り、大鳥居を背にして、黄金色に実った「つや姫」を丁寧に刈り取っていった。市立羽黒第一小学校1、2年生の17人も、刈り取ったばかりの稲を運ぶ手伝いをした。巫女さんより山伏が目立ってる… 石川県 新嘗祭へ感謝の収穫 金沢の献穀田、中学生が刈乙女役|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ 新嘗祭へ御抜穂式 犀生中生ら手作業:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  秋の恵みに感謝する宮中祭祀「新嘗祭(にいなめさい)」に使用される米を収穫する献穀田御抜穂式(おんぬきほしき)が二十三日、金沢市末町にある村上成行さん(60)の田で開かれた。金沢市の農家が米を献納するのは二〇〇八年以来九年ぶり。戦後から数えて村上さんは八人目の献穀者になった。  村上さんと妻の充子さん(59)らを…

続きを読む

太宰府天満宮「千灯明」

悠久の舞を彩る千灯明 太宰府天満宮 - 西日本新聞  福岡県太宰府市の太宰府天満宮で25日夜、境内の心字池に架かる太鼓橋などにろうそく千本をともす「千灯明」があった。水上の特設舞台ではみこが神楽「悠久の舞」などを披露した。  1101年以来続く、祭神・菅原道真をしのび五穀豊穣(ほうじょう)に感謝する神幸(じんこう)式の最後を飾る行事。照明が落とされ、灯明が水面にも映って揺れる中、雅楽の調べでみこが悠然と舞い、参拝客を魅了した。写真の画質がいまいち… きものの祭典:振り袖や十二単でファッションショー 奈良 - 毎日新聞  和装文化や装束衣装を広く知ってもらおうと、奈良市三条宮前町のなら100年会館で18日、「きものの祭典」(民族衣裳文化普及協会など主催)が開催された。振り袖や十二単(ひとえ)に身を包んだ京都きもの学院京都本校の生徒ら約40人が舞台に立ち、華やかなファッションショーを披露した。十二単の重さは約13キロ、全ての布を合わせると約70畳分

続きを読む

伊勢神宮秋季神楽祭

伊勢神宮で神楽祭‥秋雨の影響も | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ 伊勢神宮で神楽祭、15年ぶりに「八仙」披露 : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  伊勢神宮(三重県伊勢市)の秋季神楽祭が22日始まり、内宮(ないくう)神苑の特設舞台で公開された舞楽に多くの参拝者が見入った。  舞台を清める「振鉾(えんぶ)」で始まり、続いて極楽にすむ鳥が舞い遊ぶ様子を表した「迦陵頻(かりょうびん)」。鳥の顔を模した独特の面をつけた4人舞「八仙」が15年ぶりに披露されたが、雨あしが強まり、舞を伴わずに演奏する「長慶子(ちょうげいし)」は中止となった。残念…今日まで 秋の華 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  別府市鉄輪地区の恒例行事「第58回鉄輪湯あみ祭り」は最終日の23日、鉄輪温泉を開いたとされる一遍上人に感謝する「湯あみ法要」や稚児行列があり、多くの人でにぎわった。  温泉山永福寺での法要後、きれいな衣装を身にまとった稚児31人の先導で、お室に乗った一遍上人像が出発。  念仏が唱えられる中、渋の湯、鉄輪むし湯の湯で上人像を清めた。むし湯広場では稚児らがひしゃくを使って上人像に優しく湯を掛け、手を合わせて無病息災などを祈った。お稚児さん(5)は「飾りがちょっと重かったけど、楽しかった」と笑顔で 東京)牛嶋神社、5年に1度の大祭 牛車が練り歩き:朝日新聞デジタル  墨田区の牛嶋神社(向島1丁目)で5…

続きを読む

平川・猿賀神社神饌田で苅穂祭

猿賀神社神饌田で「苅穂祭」/平川市 - 青森のニュース - 都道府県別 - 47NEWS(よんななニュース) 津軽に実りの秋 苅穂祭(ATV青森テレビ) 平川市にある猿賀神社の神饌田で行われた苅穂祭には、白装束に身を包んだ猿賀小学校の5年生や英語を教えている外国語指導助手など12人が参加しました。始めに宮司による祝詞が捧げられ、実った穂を宮司が刈り取る「刈り初め」が行われたあと、さっそく早乙女たちが黄金色の穂が垂れる田んぼに入りました。刈り取ったのは、5月の御田植祭で植えたアカリモチというもち米で、早乙女たちは順調に育った稲を鎌で丁寧に刈り取っていました。さわやかな秋晴れのもと 新嘗祭の献上米 実り豊か 共和・小野さんの水田で収穫:どうしん電子版(北海道新聞)  【共和】皇居で行われる新嘗(にいなめ)祭への献上米を収穫する抜穂(ぬいぼ)祭が19日、町発足の農家小野宏将(ひろゆき)さん(44)の水田で行われた。  共和町からの献上米は2007年以来10年ぶりで小野さんが7人目。小野さんは5月から献穀田で「ゆめぴりか」を栽培してきた。きょうわ農協の女性職員3人と小野さんの長女(6)が刈女を務めました

続きを読む

生田神社秋季大祭で「浦安の舞」奉納

神戸新聞NEXT|神戸|世の平穏願い「浦安の舞」奉納 生田神社秋季大祭  神戸市中央区の生田神社で20日、秋季大祭の「氏子奉幣祭」があった。氏子ら約70人が見守る厳かな雰囲気の中、巫女4人が神楽「浦安の舞」を奉納した。  奉幣祭は毎年春と秋にある恒例の祭りで、地域の安全と繁栄を願って執り行われる。「浦安の舞」は昭和天皇が詠んだ和歌が歌詞となっており、世の平穏無事などの願いが込められている。22日は午前10時から献茶祭、午後7時から雅楽の夕べ 例大祭:小豆島、豊かに 阿豆枳島神社で舞奉納 /香川 - 毎日新聞  小豆島の最高峰、星ケ城山(標高817メートル)にある阿豆枳島(あずきしま)神社の例大祭が16日あり、関係者ら約130人が島の繁栄や平安を祈願した。  東峰と西峰にそれぞれにある本殿を参拝後、寒霞渓山頂にある三笠拝殿で、小豆島雅楽会が奏でる古式ゆかしい調べが流れる中、島内の神職6人が神事を行い、みこの久綱彩友実さん(27)と日向優さん(22)が、昭和天皇が詠まれた和歌をもとに作られた「浦安の舞」を舞った。紹介済み。「四海水軍太鼓」を14人の会員が披露 <島原太夫>慰霊の舞 福島・南相馬で道中披露 | 河北新報オンラインニュース  芸妓(げいこ)の最高峰とされる京都の島原太夫の2人が18日、福島県南相馬市原町区の神社で道中と慰霊の舞を披露した。東日本大震災から6年半たったのを受け、地元関係者の招きで訪問した。24日までの間、被災3県の神社などを訪れて舞を…

続きを読む

福島県石川町・石都々古和気神社例大祭

情緒豊かな舞奉納 福島・石川の神社例大祭、威勢良く神輿競演:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  福島県石川町の石都々古和気(いわつつこわけ)神社例大祭は19日までに、同町で行われた。17日には同町のクリスタルロードで行われた例大祭に合わせて御神輿パレードが行われ、威勢の良い掛け声とともに神輿が練り歩いた。 (中略)  例大祭では、遷座祭などが古式ゆかしく執り行われた。当番町の北町にある御仮屋では浦安の舞が奉納された。石川小6年の女子児童らが情緒豊かに舞を披露した。初企画の「子ども神輿パレード」も開催 400年超の伝統 どぶろく造り 新見・船川八幡宮: 高梁・新見: 地域: 山陽新聞デジタル|さんデジ  新見市新見の船川八幡宮で、400年以上の伝統があるどぶろく造り(市重要無形民俗文化財)が進んでいる。秋季大祭に合わせ一帯で行われる御神幸武器行列(土下座まつり)などで振る舞われる。  18日には烏帽子(えぼし)姿の4人が境内の酒造殿で仕込み作業をした。しめ縄を張ったタンクに市産の蒸し米とこうじ米、水を入れ、かいを使ってかき混ぜると甘酸っぱい香りが立ち込めた。宮司の長女(21)「小まめな温度管理を徹底し、参拝者らに喜んでもらえるどぶろくにしたい」 宗像大社 辺津の宮 第二宮 第三宮の修復終わる 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 宗像大社 辺津の宮 第二宮 第三宮の修復終わる 福岡県 (17/09/16 19:30) 15日夜、宗…

続きを読む