北野天満宮で大福梅の土用干し

京都「大福梅」の土用干し| ytv 読売テレビ ニュース&ウェザー ABC WEBNEWS|【京都】北野天満宮 大福梅の土用干し 京都・北野天満宮「大福梅」土用干し始まる 京都の北野天満宮では、境内でとれた梅を天日干しする「大福梅」の土用干しが始まりました。 梅雨が明け、青空が広がる京都の北野天満宮では、塩漬けされた梅およそ2.2トンを神職や巫女らが、すのこに並べていきます。これから…

続きを読む

京都Comment (0)

大神神社で新人巫女さんが神楽舞の稽古

大神神社 新人の巫女が神楽舞稽古(奈良テレビ放送) 大神神社 新人の巫女が神楽舞稽古  大神神社には現在22人の巫女がいて、そのうち4人が今年3月に採用された新人です。きょうの講習会では「磯城(しき)の舞」などの練習が行われました。講師を務めたのは神社音楽協会の先崎徑子さんです。巫女たちは手の角度や榊(さかき)を上げ下げする位置、そしてほかの巫女と息を合わせることに気をつけながら、集中して練…

続きを読む

京都・松尾大社で御田祭

豊作祈願、植女担がれ巡る 京都・松尾大社で御田祭 : 京都新聞  京都市西京区の松尾大社で16日、市無形民俗文化財の神事「御田祭(おんださい)」が行われた。蒸し暑い陽気の中、黄緑色の装束に花笠をかぶった「植女(うえめ)」役の女児が早苗をささげ持ち、秋の豊作を祈った。 (中略)  3人は本殿で宮司から早苗を受け取った後、ナスやトマトなど地域の農家が奉納した野菜が並ぶ拝殿を、父親に…

続きを読む

熱海・来宮神社例大祭

【来宮神社】厳かに例大祭神事、熱海の繁栄と恒久の平和を祈願 | 熱海ネット新聞 山車コン開幕、泉都熱気 装飾、木彫り33台アピール―熱海 - 伊豆新聞 来宮神社神社の例大祭は7月15日、本殿で例大祭奉幣の神事が厳かに執り行われた。秋葉山本宮秋葉神社(浜松市)の河村基夫宮司が神社本庁から来宮神社の例大祭に捧げられた幣帛料(へいはくりょう)を供進する使者を務め、雨宮宮司が拝殿に備え、熱海の…

続きを読む

東海Comment (0)

白山比め神社の御朱印帳

白山さん御朱印帳「牛首紬」を表紙に 3種類販売:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)  石川県白山市の白山比め(しらやまひ)神社は、白山開山千三百年に合わせ、同市白峰地域に伝わる県無形文化財の絹織物「牛首紬(うしくびつむぎ)」を表紙に使った御朱印帳を作り、同神社授与所で十五日、販売を始めた。  白山ろくの伝統産業を多くの人たちに知ってもらおうと、地元の西山産業開発の牛首紬を使っ…

続きを読む

北陸・甲信越Comment (0)

尼崎えびす神社の女性宮司さん

【24hours 私のタイムスケジュール】尼崎えびす神社宮司 太田垣亘世さん(47)「宗教は無償の愛情注ぐこと」 - 産経WEST  外資系航空会社の客室乗務員を経て、実家の尼崎えびす神社(兵庫県尼崎市)で宮司を務めています。参拝者の願い事を受け付けて祈祷(きとう)をしています。  願い事は、愛情や仕事、健康に関することにきれいに分類され、幸福になるには人間関係を円滑にすることが大切…

続きを読む

下関・内日御田植祭

下関・内日で御田植祭 中学生が早乙女役に、舞も披露(山口新聞) 下関市内日地区で9日、内日御田植祭があり、地域住民ら約50人が五穀豊穣(ほうじょう)を祈った。同市植田の内日神社と地元有志でつくる実行委員会(下田賢吾委員長)の主催。 白木綿の衣装に身を包んだ内日中学校の女子生徒11人が早乙女役となり、同神社の神饌(しんせん)田で「田植舞」を披露。ヒノヒカリの苗を手にしとやかな舞を奉納し…

続きを読む

会津坂下・栗村稲荷神社で御田植祭

五穀豊穣、商売繁盛祈る 坂下の栗村稲荷神社で御田植祭 | 県内ニュース | 福島民報  会津坂下町の栗村稲荷神社御田植祭は7日、町中心部で催された。伝統の早乙女踊りを奉納し、五穀豊穣(ほうじょう)や商売繁盛などを願った。  今年、活動10年目となる会津農林高早乙女踊り保存クラブの1~3年生19人が地元の保存会員と共に早乙女踊りに臨んだ。栗村稲荷神社がかつてまつられていた定林寺や現在の神社…

続きを読む

熊野速玉大社で檜扇を蔵出し

檜扇を蔵出し 熊野速玉大社 - 産経WEST 和歌山)祭を前に華麗な「檜扇」蔵出し 熊野速玉大社:朝日新聞デジタル 檜扇:蔵出し 14日の「扇立祭」前に 新宮・熊野速玉大社 /和歌山 - 毎日新聞 檜扇を蔵出し 熊野速玉大社/AGARA 紀伊民報 夏の風物詩「扇立祭」控え国宝の檜扇を蔵出し熊野速玉大社 | 紀南新聞ONLINE  熊野速玉大社で14日(金)に行われる扇立祭(おうぎた…

続きを読む

奈良・率川神社「三枝祭」[2]

奈良)電車に揺られササユリ奉納 奈良・率川神社:朝日新聞デジタル  6月17日、ササユリで飾った酒だるを神前に供えて無病息災を祈る三枝祭(さいくさのまつり)があった。祭神・媛(ひめ)蹈鞴(たたら)五十鈴姫命(いすずひめのみこと)が住んでいた三輪山のふもとにササユリが咲いていたという故事にちなむ祭りで、1300年以上の歴史があるという。  ユリの花を手にした巫女(みこ)が雅楽に合わせて…

続きを読む