志摩・伊雑宮「御田植祭」

天照大御神祭る伊勢神宮「伊雑宮」のお田植祭最中に虹色の光 - 伊勢志摩経済新聞 志摩市の伊勢神宮「伊雑宮」でお田植祭 7年振りの「岩戸開き」 - 伊勢志摩経済新聞 伊勢神宮の別宮、伊雑宮で御田植祭 三重県志摩市 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  志摩市にある伊勢神宮内宮(ないくう)別宮「伊雑宮(いぞうぐう・いざわのみや)」(志摩市磯部町)で6月24日に執り行われた「御田植祭(おみた・おたうえさい)」の祭典中に、珍しい大気光学現象「ハロ・日暈(ひがさ)」と「環水平アーク」が同時に現れた。  「ハロ」と「環水平アーク」は、雲の中にある氷の粒や結晶が太陽の光に反射、屈折して七色に見える 自然現象で、勇壮な裸男たちの「竹取神事」が終わり、田楽の調べが流れ早乙女(さおとめ)らによる静かな田植えを行う「御田植神事」の中休みに入った頃、今年の祭り担当区の下之郷地区だけの催しの「岩戸開き」の舞が終わった直後の12時30分ごろに出現した。いいことがあるといいですね 世界遺産そばで早乙女手植え 福津市の新原・奴山古墳群 [福岡県] - 西日本新聞 沖ノ島の関連資産として昨年、世界文化遺産になった福津市の「新原(しんばる)・奴山(ぬやま)古墳群」。古墳を囲む豊かな田園地帯は現在、田植えの最盛期だ。24日は前方後円墳そばの田んぼで、早乙女姿の女性たちが「御田植祭」を行った。 近くの障害者支援施設「昭和学園」などを運営する社会福祉法人「玄洋会」が所有する田の一部…

続きを読む

益子・太平神社「献花祭」

みこ姿の稚児がアジサイ献花 益子・太平神社【動画】|地域の話題,動画,県内主要|下野新聞「SOON」ニュース|下野新聞 SOON(スーン) みこ姿の稚児がアジサイ献花 益子  春夏秋冬の四季を表す4人の稚児が旬のアジサイの花を献花する恒例の献花祭が24日、益子の太平(たへい)神社で執り行われた。氏子らが自然の恵みを感謝し、無病息災などを祈った。  35年前から氏子青年会がアジサイを植樹、栽培し境内には約5千株がある。神事では、神職からアジサイを受け取った4人が神妙な表情で、3回ずつ延べ12回花をささげた。回数は1年間12カ月を意味する。カメラマン多いですね 無病息災を願って 7月1日、亀ヶ池伝統行事 | さがみはら中央区 | タウンニュース  亀ヶ池八幡宮(上溝/根岸信行宮司)では7月1日(日)、伝統行事「夏越大祓式」が開催される。  今年の1月から6月までの半年間で知らぬ間に身に付いてしまった罪や穢れを祓い、残りの半年間を無病息災で過ごせるよう祈願するこの催し。当日は、午後3時からのお祓いの後、同宮の神職や参列者ら全員で列をつくり、「蘇民将来」と唱えながら、茅でできた大きな輪をくぐる「茅の輪くぐり神事」を行う。参列者には、御札と御守が授与される予定。  併せて、同日午前10時からは、古めかしくも華やかな衣装を身にまとった子どもたちが境内の中を練り歩く「お稚児さん行列」も開かれる。相模原市。写真は昨年の「お稚児さん行列」 初の「巫女体験」 実態学ぶ機会に…

続きを読む

大子・近津神社「中田植」

【茨城新聞】大子・近津神社 早乙女姿で「中田植」 夏至に豊作を祈願する大子町下野宮の近津神社のお田植祭「中田植(ちゅうだうえ)」が21日、多くの見物客が見守る中行われ、あさぎ色のじゅばんに赤いもんぺ、たすきにすげがさ姿の早乙女が、腰を折って手植えした。 15人の早乙女は拝殿での神事後、約4アールの水田で横一列になり、笛や太鼓に合わせて保存会が田植歌を歌う中、約20分間かけて丁寧に苗を植えた。境内では餅つきなどでにぎわったとのこと 富山)伝説再現の仮装行列にぎやか 愛本姫社まつり:朝日新聞デジタル さあ愛本姫社へ…黒部・大蛇お光行列 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 毎年恒例 愛本姫社まつり お光伝説再現仮装行列 | チューリップテレビニュース  黒部川にすむ水の守り神の大蛇に嫁いだ村娘・お光の伝説を再現する「愛本姫社まつり」が21日、富山県黒部市宇奈月町下立であった。恒例の仮装行列は地域活性化のために1988年に始まり、今年で31回目。  お光役を務めた高岡向陵高校1年の草野瑞葵(みずき)さん(15)はバスケットボール部員。普段は高岡市内の寮暮らしだが、行列に参加するために帰省した。「地元の伝統行事の役に立ててうれしい。たくさんの人たちが見守る中へ踏み出す時は、バスケ以上に緊張しました」 華やか稚児行列 17年ぶり 親子300人 飯野善性寺|北日本新聞ウェブ[webun ウェブン]  富山市飯野の善性寺(赤田見心住職)は17日、親…

続きを読む

相馬中村神社・遷宮祭で稚児行列

相馬中村神社で華やかに稚児行列 | 東日本大震災 | 福島民報 厳かに 相馬中村神社で26年ぶりに式年遷宮 | 河北新報オンラインニュース  相馬市の相馬中村神社の遷宮祭に合わせた稚児行列は17日、市内の中心市街地で行われ、華やかな衣装に身を包んだ子どもたちが練り歩いた。  26年前の1992(平成4)年の前回遷宮祭の際にも実施した。実行委員会の主催。幼稚園児や小学生ら42人が参加した。同神社では神楽の奉納や餅まきが 小中学生が神主・巫女体験 寒川JCが寒川神社で実施 | 寒川 | タウンニュース  一般社団法人寒川青年会議所(寒川JC)は6月17日、6月例会として、小中学生に寒川神社で神主・巫女体験をしてもらう「Jobrigado in 寒川神社〜神主さん・巫女さん半日体験〜」を行った。  寒川JCでは、寒川町にある全国的な大きさを誇る寒川神社でも「どういう神社なのかわからない」という声を聞くなど、あらためて親子で神社を学べる事業を実施することを計画。当日は20人の子どもたちと、その父母が集まり、衣装の着用から正座、拝礼作法実践、紙垂奉製、正式参拝、神苑見学など充実した半日を過ごした。JCメンバーも白い神服に身を包み、一緒に奉仕の心得や拝礼の作法などを学んだ。女の子が多かったようです 豊橋の藤ノ花女子高生が十二単を学ぶ | 東愛知新聞 華やかな平安世界を満喫 | 東日新聞  あなたも紫式部になってみませんか―。平安時代の正装として着用された十二単(ひとえ…

続きを読む

香川県綾川町「主基斎田お田植まつり103」

古式ゆかしく手植え 綾川 主基斎田でまつり | 香川のニュース | 四国新聞社  古式ゆかしい大正時代の田植え風景を再現する「主基斎田(すきさいでん)お田植まつり103」が17日、綾川町山田上の主基斎田跡で行われた。大正天皇即位に伴う大嘗祭(だいじょうさい)に米を献納した歴史ある水田で、早乙女姿に扮(ふん)した農業経営高校の女子生徒が田植え歌や太鼓の音に合わせて手植えを披露した。  同まつりは、大正天皇即位後の1915(大正4)年に旧綾上町の田が主基斎田に選ばれたことを後世に伝えようと、主基斎田保存会(岡田昌勝会長)が85年から開催。2000年には町の無形文化財に指定された。斎田は大嘗祭に納める新米を作る田のことで、天皇即位のたびに西日本の「主基」と東日本の「悠紀(ゆき)」が各1カ所選ばれる。田植えの後は、女子生徒と地元婦人会メンバーが伝統の「斎田踊り」を披露 御田植祭:「一人角力」 稲の精霊と立ち合い 今治 /愛媛 - 毎日新聞 五穀豊穣祈り一人角力 大山祇神社で御田植祭|愛媛新聞ONLINE  愛媛県今治市大三島町宮浦の大山祇神社で18日、伝統の御田植祭があった。稲の作柄を占う一人角力(ずもう)のほか、早乙女姿の子どもたちが五穀豊穣(ほうじょう)を祈り、斎田に苗を植えた。県無形民俗文化財 神戸新聞NEXT|西播|豊作願い早乙女姿の学生田植え 赤穂・大石神社 赤穂民報|梅雨晴れに早乙女ら「お田植祭」  赤穂義士をまつる大石神社(兵庫県赤穂市上仮屋)の「お田…

続きを読む

祐徳稲荷神社「お田植祭」

巫女11人、早乙女姿で豊穣祈る 祐徳稲荷 お田植え祭|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE 豊作祈り御田植え祭 祐徳稲荷神社と斎田 [佐賀県]|【西日本新聞】 祐徳稲荷神社で「御田植祭」|NHK 佐賀県のニュース 鹿島市の祐徳稲荷神社で、早乙女姿のみこたちが、ことしの豊作を願って稲の苗を手植えする伝統の「御田植祭」が行われました。 御田植祭は、鹿島市の祐徳稲荷神社が創建された江戸時代から300年以上続く伝統行事で、豊作を願って、梅雨入り後の毎年この時期に行われています。 18日は神事のあと、神職と、すげ笠にかすりの着物を着た早乙女姿の11人のみこたちが、神社近くの広さおよそ2アールの斎田に移動しました。 そして素朴な田植え歌と笛の音が流れる中、みこたちは横一列になって15センチほどに育ったうるち米の稲の苗を丁寧に植えていました。初めて参加した巫女さん「豊作を祈りながら、心を込めて苗を植えました。伝統的な行事の御田植祭が、ずっと残ってほしいと思います」 各社で表記が違いますが神社によると「お田植祭」。 早乙女姿 五穀豊穣願う 博多区 住吉神社で御田植行事|【西日本新聞】  今年の五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祈願する「御田植(おたうえ)行事」が15日、福岡市博多区の住吉神社であった。境内の神田で、花笠をかぶった早乙女姿のみこらが、伊勢神宮(三重県)から贈られたイセヒカリの種もみから育てた苗300株を植えた。  3月の「御田祭」に続く稲作行事。…

続きを読む

神奈川・寒川神社で小中学生が巫女体験

寒川神社で子どもたちが神主や巫女を体験 TBS NEWS  神奈川県寒川町の寒川神社で、子どもたちが神主や巫女の体験をするイベントが開かれました。  巫女さんの衣装に着替え、真剣な表情の子どもたち。およそ1600年の歴史を誇る寒川神社について地元の子どもたちにもっと知ってもらおうと、寒川町の青年団体が企画しました。小中学生とその保護者12組が参加 6月度例会「神主さん・巫女さん半日体験」について | 【公式】一般社団法人 寒川青年会議所 主基斎田90年祝い舞う 福岡市早良区脇山でお田植祭 児童が記念式典で披露 [福岡県]|【西日本新聞】 福岡市 脇山地区でお田植祭 90年前 昭和天皇即位で献上米 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本  福岡市早良区脇山の脇山小一帯で16日、お田植祭(たうえさい)が開かれた。脇山地区が昭和天皇即位の儀式「大嘗祭(だいじょうさい)」(1928年)への献上米を作る主基斎田(すきさいでん)に選ばれて90年になるのを記念し、脇山校区自治協議会や早良区でつくる実行委員会が主催。児童や地元の住民が参加した。  記念式典が脇山小体育館であり、自治協議会の重松重興会長(74)が「100周年に向けて盛り上げたい」とあいさつ。90年前に主基斎田の前で踊った「お田植舞」を児童が披露した。この後、学校近くの水田で児童と地元女性ら約60人が着物、すげがさ姿でお田植舞を 熊本)上天草で御田植祭 新嘗祭に米献上:朝日新聞デジタル  毎年11月…

続きを読む

奈良・率川神社「三枝祭」

巫女の舞、爽やか - 率川神社でゆりまつり|奈良新聞デジタル  奈良市本子守町の率川神社で17日、古都の夏の風物詩、「三枝祭」(=ゆりまつり)が営まれ、神事に続いて笹百合(ササユリ)を持つ巫女(みこ)らによる神楽が奉納された。午後には七媛女(ななおとめ)やゆり姫、稚児らによる約200人の列が市内中心部の商店街などを練り歩き、きらびやかな行列が本格的な夏の訪れを告げていた。境内は500人の参拝者らでにぎわいました 高野山で「青葉まつり」 弘法大師の誕生日祝う - 読んで見フォト - 産経フォト 和歌山)高野山 青葉まつり にぎやかに:朝日新聞デジタル 高野山・青葉まつり♪散華に感謝~雨あがり山車進む | 高野山麓 橋本新聞  弘法大師空海の生誕を祝う恒例の「青葉まつり」が15日、和歌山県高野町の中心部で開かれ、山上は大勢の人でにぎわった。  正午から「花御堂渡御(はなみどうとぎょ)」が行われた。一の橋などから総本山金剛峯寺前までの道を、子ども時代の弘法大師をかたどった像を中心に、信者や稚児行列などが練り歩いた。4人の青葉娘が山車に乗り、散華を撒きました

続きを読む

住吉大社「御田植神事」

住吉大社で御田植神事 | やさしいニュース | TVO テレビ大阪 たすき鮮やか、豊作願い 住吉大社で御田植神事 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で14日、国の重要無形民俗文化財「御田植(おたうえ)神事」が盛大に執り行われた。奉仕者が境内南側に広がる御田(おんだ)(20アール)で古式ゆかしく早苗を植えたほか、豊作を願う舞や踊りを奉納し、初夏の伝統行事をみやびやかに飾った。  神事は住吉大社鎮座の際、祭神である神功皇后が御田を定め、長門国(現・山口県)から植女(うえめ)を召したことが起源と伝わる。御田中央の舞台で同大社の神楽女8人による八乙女が「田舞」などを奉納 大山阿夫利神社 中高生8人が田舞を奉納 権田祭で10年ぶり | 伊勢原 | タウンニュース  大山阿夫利神社社務局祖霊社(目黒仁宮司)で6月8日、初代宮司を務めた権田直助と同神社の歴代の社司を偲ぶ慰霊祭「権田祭」が開催された。  これは6月8日が「大山近代の祖」と称される権田直助の命日にあたることから毎年この日に行われているもの。今年は権田直助の没後130年を記念し10年ぶりに「田舞」が復活した。見に行きたかった…(いまだに悔やんでる) みこ役女児ら田植え 福井 伊勢神宮へ12月コメ献上:ふくい地域ニュース:日刊県民福井から:中日新聞(CHUNICHI Web)  福井市西木田二丁目の木田神社の氏子らでつくる同神社天王会は十九日、同市別所町の田んぼで、伊勢神宮(三重県)に…

続きを読む

熊野那智大社「紫陽花祭」

熊野那智大社で紫陽花祭 2千株が見頃に - サッと見ニュース - 産経フォト 和歌山)自然の恵みに感謝 熊野那智大社で紫陽花祭:朝日新聞デジタル 無病息災を願う「紫陽花祭」 - FNN.jpプライムオンライン  熊野那智大社(和歌山県那智勝浦町那智山)で14日、神前にアジサイの花を供えて自然の恵みに感謝する「紫陽花(あじさい)祭」が営まれた。  まず神職がアジサイの花を添えた野菜や果物などのお供え物を神前に並べた。その後、青やピンクのアジサイの花を頭に飾り付け、手にアジサイの小枝を持った巫女(みこ)2人が神楽「豊栄の舞」を奉納した。巫女さん(24)「多くの方の無病息災も願いつつ、アジサイがきれいに見えるように舞うことができた」 加茂市・長瀬神社の春季祭礼「だんご祭り」の御神幸(ケンオー・ドットコム) 6世紀後半の創建と伝わる加茂市八幡1、長瀬神社(小池清彦宮司)の春季祭礼が14、15の2日間行われ、15日は総勢約350人で編成する御神幸(ごじんこう)行列が行われた。 15日は午後から舞殿で神楽が奉納されたあと、午後2時過ぎに行列が出発した。社殿は加茂川右岸の小高くなった土地に鎮座し、御霊(みたま)を載せた神輿(みこし)が石段を下って御神幸行列に合流し、加茂川左岸側の目抜き通り向かって行列を進めた。子供がふんする右大臣と左大臣がいるのも特徴的 長楽寺庫裏新築 300人が稚児行列 高岡 親鸞聖人750回大遠忌法要も  高岡市横田町2丁目の長楽寺(篠島善敏…

続きを読む