北海道・福島町のソバ畑で松前神楽

松前神楽:巫女の舞とソバの花の競演 北海道福島町 - 毎日新聞 満開ソバ畑に「八乙女舞」 福島:どうしん電子版(北海道新聞)  【福島】渡島管内福島町千軒のソバ畑で27日、満開を迎えたソバの花をめでる「千軒そばの花観賞会」が開かれた。白い花々の中では道無形民俗文化財の松前神楽が披露され、来場者約200人が幻想的な光景にうっとりとした。  町特産のソバの生産に取り組む「千軒そば生産会」(佐藤孝男会長)の主催。約3ヘクタールの畑では、福島町松前神楽保存会が5演目を舞った。この日が初舞台の町内の小学5年生二人が「八乙女舞(やおとめまい)」を披露 震災の鎮魂祈り、神楽奉納 福島で「未来の祀り」 - サッと見ニュース - 産経フォト 創作神楽を奉納 福島で「未来の祀り」 | 東日本大震災 | 福島民報 創作神楽奉納へ真剣に 「未来の祀り」リハーサル | 県内ニュース | 福島民報  東日本大震災の犠牲者の鎮魂と福島再生、新しい文化の創造を目指す「未来の祀(まつ)りふくしま」は26日、福島市の福島稲荷神社で催された。創作神楽「ふくしま未来神楽」の第四番「大黒さま」、第五番「狼」、第六番「恵比寿さま」を奉納した。  いずれも市内の詩人和合亮一さんの詩を基に作った。和合さんをはじめ、笛や太鼓の奏者、舞手となる若手劇団員や子どもら約30人が上演した。紹介済み。写真の神楽は「狼」らしいです 【イマドキの仕事人】イラストレーター神主 カワイイがつなぐ神様と人の縁― スポニチ Spo…

続きを読む

行方・化蘇沼稲荷神社例大祭で巫女舞奉納

【茨城新聞】“静と動”で参拝客魅了 児童、巫女舞と相撲奉納 行方市内宿の化蘇沼稲荷神社で25日、例大祭が開かれ、伝統ある巫女(みこ)舞と奉納相撲を地元の小学生たちが披露した。女子児童たちによる優雅な舞と男子児童らによる迫力ある熱戦。“静と動”の二つの奉納行事が集まった多くの参拝客らを魅了した。 「関取稲荷」として知られる同神社は1478年に創祀(そうし)され、1534年に武田氏が再建。再建の際に五穀豊穣(ほうじょう)を祈願して奉納相撲を行ったのが始まりとされる。後に、地元の女子児童による巫女舞奉納も行われるようになった。 同日は、拝殿で華麗な衣装に身を包んだ女児たちが、扇と鈴を手に雅楽の音色とともにゆっくりとした動作で舞った。たしか浦安の舞ですが衣装が独特 福島)詩人・和合さんらが創作神楽 鎮魂と再生願い:朝日新聞デジタル 再生祈り「未来神楽」奉納へ 詩人和合さんが創作 福島で26日 | 河北新報オンラインニュース  東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの再生への祈りを込め、福島市の詩人和合亮一さん(49)が創作した「ふくしま未来神楽」が26日、同市の福島稲荷神社に奉納される。  神楽は冠雪の吾妻山(福島、山形両県)に浮かぶ白ウサギから着想した「大黒さま」と福島県飯舘村の山津見神社に復活した天井絵がモチーフの「狼(おおかみ)」、五穀豊穣(ほうじょう)を願う「恵比寿さま」。3番とも和合さんが新たに台本を書き、福島市の劇団員など県内外の約30人が踊りや演奏で参加…

続きを読む

東京・赤城神社で映画のヒットと安全祈願

【動画】『アナベル 死霊人形の誕生』のアナベルが神社で祈祷を受ける[ホラー通信] | ガジェット通信 GetNews 呪いの人形・アナベルと一緒に大ヒット祈願! 『アナベル 死霊人形の誕生』 | 映画がもっと面白くなる映画情報サイト「ムビッチ」 “実在する”呪いの人形<アナベル>誕生の秘密に迫る新作ホラー、『アナベル 死霊人形の誕生』。すでに公開中の全米では大作を抑えて初登場1位を飾り、公開から7日間で全世界興行収入1.1億ドルを突破している。世界に続き日本でも旋風を巻き起こすべく、23日(水)東京・赤城神社にて「大ヒット&宣伝活動安全祈願」が開催された。「あと、巫女さんがめっちゃ美人でした!」いろいろ突っ込みどころが… 神楽殿完成で奉祝祭 | 中区・西区 | タウンニュース  伊勢山皇大神宮(池田正宏宮司)の「神楽殿」がこのほど完成し、8月9日には同所で「奉祝祭」が執り行われた。氏子をはじめ工事関係者ら約180人が参列した。池田宮司は、今回の神楽殿竣功を2年後の創建150年に向けた記念事業のスタートと位置付けており、来年には新本殿の造営が始まる予定だ。 (中略)  奉祝祭では、ショウやヒチリキなどが奏でられるなか、池田宮司をはじめ神官が神楽殿に奉納。巫女による浦安の舞も披露された。横浜。紹介済み

続きを読む

福岡・愛宕神社で初詣のおみくじ作り

残暑の中で正月のおみくじ作り 50万個以上製作 福岡市の神社|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 【福岡】早くも初詣のおみくじ作り (九州朝日放送) - Yahoo!ニュース 残暑の中で正月のおみくじ作り 50万個以上製作 福岡市の神社 (17/08/21 18:55) 福岡市西区の愛宕神社では来年の正月に向けて2人の巫女が縁起物におみくじを詰める作業が始まっています。 準備しているおみくじは、ひとつひとつ表情が異なる「赤だるまみくじ」やタイの形をした「目出鯛みくじ」など全部で16種類。縁起物として飾ることができることから人気を集めています。 愛宕神社によりますと来年の初詣の参拝客数をおよそ50万人と見込んでいるためおみくじはそれ以上の数を用意するということです。巫女さん「初詣にお越しになられる皆様に手に取っていただいたときに、良かったなと思っていただけるように心を込めて作っております」 阿礼祭:花笠に浴衣姿で女児が踊り奉納 大和郡山 /奈良 - 毎日新聞 ニュース【浴衣姿で踊りを奉納 賣太神社で「阿礼祭」】 | 奈良日日新聞 賣太神社の阿礼祭(奈良テレビ放送)  日本最古の書物「古事記」を口伝したとされる稗田阿礼(ひえだのあれ)をまつる大和郡山市稗田町の売太(めた)神社(藤本保文宮司)で、「第88回阿礼祭」があり、花笠に浴衣姿の女児約40人が踊りを奉納した。  「稗田阿礼を『お話の神様』として顕彰しよう」と1930(昭和5)年に始まり、毎年8月16日に開…

続きを読む

伊勢で日米学生会議始まる

日米学生会議始まる…伊勢で県内プログラム : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  日本と米国の学生が世界の諸問題について議論する「第69回日米学生会議」(一般財団法人国際教育振興会主催)の県内プログラムが18日、伊勢市で始まった。計67人の参加者が皇学館大学や伊勢神宮内宮などを訪れ、地元の大学生らと交流を深めた。 (中略)  この日は、皇学館大学で「神道的な考え方」について学び、同大雅楽部の学生による「浦安の舞」を鑑賞した。米国人で国際教養大学に留学中のリー・ロイさん(21)は雅楽について、「神の世界を思わせる不思議な感覚を味わった」と話していた。19日は鳥羽市で現役の海女らと交流 京都・野宮神社:斎宮代に吉岡さん 十二単で衣装合わせ - 毎日新聞 斎宮代に吉岡美保さん 京都、10月「行列」の主役 : 京都新聞  伊勢神宮に向かう皇女らの行列を再現する「第19回斎宮行列」(10月15日)の主役となる斎宮代に、京都市北区の会社員、吉岡美保さん(25)が選ばれ、右京区の野宮(ののみや)神社で20日、色鮮やかな十二単(ひとえ)の衣装合わせに臨んだ。  斎宮は古代、天皇の代替わりごとに伊勢神宮に遣わされて神事に奉仕した未婚の皇女。天武天皇の時代には既に制度として確立していたとされ、南北朝時代まで続いた。当時の行列は官人や女官らを合わせて数百人規模に上ったという。野宮神社は斎宮が伊勢に向かう前に身を清めるために籠もった宮の跡地で、1999年から行列を再…

続きを読む

和歌山・丹生都比売神社で雅楽奉納

南都楽所 優雅な舞 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)  世界遺産・丹生都比売(にうつひめ)神社(かつらぎ町上天野)に19日、奈良市の春日大社を拠点とする雅楽団体「南都楽所がくそ」の子供たちが訪れ、舞や演奏を奉納した=写真=。  同楽所は奈良の雅楽を担い、平安時代の1001年(長保3年)に始まった旧南都楽所の伝統を継承。2015年には「読売あをによし賞」の特別賞を受けている。江戸時代に同神社で雅楽を披露したとされ、今回の奉納が企画された。この日は小中学生や高校生、指導者ら約40人が参加し、極楽で舞う鳥を表現した「迦陵頻(かりょうびん)」などを披露 八幡宮本祭で浴衣姿の子どもたちが華やか踊りの輪【室蘭】|北海道ニュースリンク  室蘭八幡宮祭典は2日目の15日、本祭を迎え、室蘭市海岸町の境内「神楽殿」で恒例の神楽奉納が行われ、港まちのさらなる発展と活性化を願い、伝統の舞いが繰り広げられた。  33の演目からなる「室蘭神楽」は、新潟県無形文化財「三条神楽」を源流に、1901年(明治34年)から伝わる由緒ある民俗芸能として、室蘭市の民俗文化財に指定されている。  前日夜の宵宮祭に続く本祭では、13演目を上演。初お披露目となった「乙女舞」は、みこ姿の女性3人が榊(さかき)の枝と神楽鈴を手に厳かに舞った。紹介済みです

続きを読む

阿蘇・霜神社で「火焚き神事」始まる

「火焚き神事」豊作祈る 阿蘇市・霜神社(熊本日日新聞) - goo ニュース [TKU-NEWS 夕方 17.08.19 ] 霜神社で火焚き神事 霜害防ぐ阿蘇の神事「火たき乙女」(TBS系(JNN)) - Yahoo!ニュース  阿蘇の早霜から農作物を守り、豊作を祈る火焚[ひた]き神事の「乙女入り」が19日、阿蘇市役犬原の霜神社であった。10月16日にある「乙女揚げ」までの59日間、火をたき続けてご神体を温める。  国指定重要無形民俗文化財「阿蘇の農耕祭事」の一つ。下役犬原、上役犬原、竹原の3地区が輪番で神事を受け持ち、その地区の少女が火を見守る「火焚き乙女」を担う。「かつては乙女が59日間火焚殿にこもったが、近年は各地区の住民が交代で火をたき続ける」とのこと 女性千人、幻想的な光の渦 熊本・山鹿で灯籠踊り - サッと見ニュース - 産経フォト 山鹿灯籠まつり:柔らかな光の行列 女性千人優雅に舞う - 毎日新聞 頭上のあかり、ゆらめく 熊本・山鹿で「千人灯籠踊り」:朝日新聞デジタル 山鹿灯籠まつり:柔らかな光の行列 女性千人優雅に舞う  約千人の女性が頭に和紙の灯籠を乗せ、幾重にも輪になって優雅に踊る「千人灯籠踊り」が16日夜、熊本県山鹿市の山鹿小のグラウンドであり、暗闇に幻想的な金色の光の渦が浮かび上がった。  笛や太鼓、三味線の音色が響く中、そろいの白い浴衣を着た女性たちが地元の民謡を改作した「よへほ節」に合わせて、ゆったりと舞った。周囲では見物客が写真を撮るな…

続きを読む

鶴岡・荘内神社御鎮座百四十年式年大祭

荘内神社 御鎮座140年(荘内日報)  鶴岡市の荘内神社(石原純一宮司)の御鎮座140年式年大祭が17日、同神社拝殿などで行われた。ゆかりのある市民らが大勢参列し、神社創建から140年の節目を祝った。  荘内神社は1877(明治10)年、酒井家の歴代藩主を慕う庄内一円の人々によって鶴ケ岡城本丸跡に創建された。祭神は酒井家初代忠次公など4人の歴代藩主。多くの人々に「神社はん」として親しまれ、今年140年の節目を迎えた。  午前11時から行われた大祭には総代や崇敬者などをはじめ、神社本庁からの献幣使として山形県神社庁長の渋谷宣寛さんら約80人が参列。献饌や祝詞奏上、献幣、祭詞奏上に続いて、巫女による豊栄の舞の奉納、参列者による玉串拝礼などの神事が執り行われた。式典後は参集殿に会場を移し、茶道裏千家流淡交会の呈茶と祝賀会が 女子高生、優雅に舞う 室蘭神楽の「乙女舞」復活:どうしん電子版(北海道新聞)  少なくとも半世紀以上途絶えていたという室蘭市指定民俗文化財「室蘭神楽」の演目「乙女舞(おとめまい)」を、室蘭市内の女子高校生3人が14、15の両日、室蘭八幡宮祭典で舞った。ルーツの三条神楽(新潟県)を参考に同神楽保存会が創作し、復活させたもので、3人は「うまくできた」と笑顔を見せた。  1901年(明治34年)に伝えられた33演目のうちの一つで、鈴とサカキの枝を持ち優雅に踊る。14日は雨のため社殿で舞ったが、15日は約1週間ぶりに晴れ、本来の舞台である神楽殿で

続きを読む

浜松・東美薗八幡宮で浦安の舞奉納

地元小学生が舞奉納 浜松・浜北区の神社で宵宮祭り|静岡新聞アットエス  夏の例大祭を15日に控えた浜松市浜北区の神社で14日、宵宮が行われた。若衆によるおはやしや地元小学生の舞の奉納などが繰り広げられた。  東美薗八幡宮では氏子や神職が神事を執り行った後、地元の女児4人が浦安の舞を奉納。厳かな雰囲気の中、扇や鈴を手に優雅な舞を披露した。境内には焼きそばや綿菓子などを販売する露店が並び、浴衣姿の家族連れでにぎわった。小松八幡神社には氏子7町の豪華絢爛な祭り屋台が集結 「天王祭舞楽」厳かに奉納 森町・山名神社|静岡新聞アットエス  国の重要無形民俗文化財に指定されている森町の舞楽の一つ「天王祭舞楽」が15日、同町飯田の山名神社で行われた。地元の小中学生らが八つの演目を厳かに舞い、地域の安泰を願った。  同神社の舞楽は動物のかぶり物を着けて舞うのが特徴。清めの舞「八初児(やつはち)」に始まり、境内中央の舞台で「獅子」「龍」「蟷螂(とうろう)」などの舞が奉納された。「鶴」の舞では、笛や太鼓の調べに合わせ、背中に羽根飾りを着けた児童2人が両手を広げたり片足を上げたりして巧みに鶴を演じた。ひと月前の記事ですが… 伊勢山皇大神宮で神殿竣功祭 書家が作品を奉納 - 産経ニュース  横浜市西区宮崎町の「伊勢山皇大神宮」で9日、新設された屋内神殿の竣功祭が行われ、巫女(みこ)による舞の奉納などが行われた。  同神宮は明治3年創建。平成32年の創建150年を控え、30年から建て替…

続きを読む

福島・浪江で震災後初の「請戸の田植踊」奉納

復興祈願祭:「田植え踊り」に涙 福島・浪江で6年半ぶり - 毎日新聞 【東日本大震災】旧避難区域の福島・浪江町で伝統の踊り 原発事故後初めて奉納、豊作祈る - 産経ニュース 請戸の田植踊復活 浪江で震災後初 | 県内ニュース | 福島民報 原発事故後初「請戸の田植踊」奉納 女性6人が浪江復興へ舞う:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet  東日本大震災の津波で本殿などが流失した浪江町請戸の苕野(くさの)神社で12日、震災と東京電力福島第一原発事故後初めて、請戸芸能保存会の田植踊が奉納された。奉納は6年半ぶりで、踊り手らは古里での復活を喜び、同神社の再建を願った。  仮の社殿で神事が行われた後、境内跡で中学生から社会人までの女性6人が田植踊を披露した。請戸行政区長の鈴木市夫さん(77)=鈴木酒造店社長=ら地域住民が手拍子をしながら温かく見守った。勇壮な神楽も繰り広げられた。出演した大学1年生(19)「残さなければならないとの気持ちが強くなった。10年、20年とやっていきたい」 牧山零羊崎神社 夏季大祭 伝承願い高校生が舞う 牡鹿法印神楽を奉納 - 石巻日日新聞  石巻市湊の牧山零羊崎神社(櫻谷鎭雄宮司)で9日、夏季大祭が開かれた。県指定の無形民俗文化財に登録されている「牡鹿法印神楽」を奉納し、家内安全や五穀豊穣などを祈願した。保存会の会員と高校生男女4人が厳かな舞台を作り上げ、参拝者は関心深く見入っていた。高校生は神楽を一緒に学んだ鹿妻小学校の同窓生

続きを読む

リトアニアで鶴岡八幡宮による御神楽公演

リトアニアで御神楽の公演など 鶴岡八幡宮 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  バルト海に面するリトアニア共和国で六月二十一日から二十四日にかけて、神奈川県鎌倉市・鶴岡八幡宮の吉田茂穗宮司以下神職や巫女が、日本文化や神道についての講演並びに御神楽の公演をおこなひ、両国間の文化交流を図った。雰囲気良さげですね ⇒鶴岡八幡宮による御神楽公演等 : 在リトアニア日本国大使館 白山比め神社奉祝大祭 世紀超えた恵み 感謝:北陸写真ニュース:北陸中日新聞から:中日新聞(CHUNICHI Web)  石川県白山市の白山比め(しらやまひめ)神社の白山開山1300年記念奉祝(ほうしゅく)大祭は10日、祭典が営まれた。長年にわたって恵みをもたらし、信仰を集めてきた白山(2、702メートル)に、県内外の神社関係者や氏子ら約400人が感謝した。  祭典は3日間の奉祝大祭で最大規模の神事。村山和臣(かずおみ)宮司(65)が祝詞を奏上し、御神楽(みかぐら)「人長(にんちょう)の舞」が奉納された。白山市の山田憲昭市長や氏子、崇敬者代表らが玉ぐしをささげた。最終日の11日は慶賀祭や奉納芸能祭が

続きを読む

神田明神で「うち水っ娘大集合!2017」

うち水っ娘大集合!:秋葉原メイドら20人が打ち水 小雨の中でも元気いっぱい「涼しくな~れ!」 - MANTANWEB(まんたんウェブ)  秋葉原の夏の風物詩となるイベント「うち水っ娘大集合!2017」が11日に開催され、秋葉原エリアで働くメイドら20人が神田明神(東京都千代田区)で打ち水を行った。小雨の中でのイベント開催となったが、参加者たちは神田明神の御神殿の前で、「涼しくな~れ!」というかけ声とともに元気いっぱいに水をまき、観光客らの注目を浴びた。巫女さんの写真少ない… hibakama / 緋袴白書RT @kanda_myoujin: つい先ほど社殿前において打ち水っ娘大集合!2017が開催されました。 当社大鳥居宮司、江戸っ子みこしー、巫女さんが参加し境内が涼しげになりました! https://t.co/CssNF2fgAv at 08/11 12:49 銀座で打ち水 路上に幾重もの“アーチ” - 産経ニュース 800人が打ち水 銀座のホコ天に涼しい風  真夏の東京・銀座の歩行者天国を打ち水で冷ます「銀座涼風計画」が6日行われ、浴衣姿の女性ら約800人がおけにくまれた水をまいて、路上に幾重もの“アーチ”を描いた。「48・9度の路面温度が2度の打ち水で40・9度まで低下」暑すぎ 打ち水で豊岡に「涼」 | 鶴見区 | タウンニュース  浴衣姿で一斉に打ち水を行うイベント「地球を冷ませ2017in豊岡」が、7月30日、JR鶴見駅西口の豊岡通りで行われた。今年…

続きを読む