2017年05月21日

大神神社で「三麺献麺式」

奈良)三つの麺束ねて繁栄祈願 大神神社:朝日新聞デジタル
AS20170520001702_comm.jpg
 奈良県桜井市の三輪素麺(そうめん)、島根県出雲市の出雲そば、香川県琴平町の讃岐うどん――。西日本の有名な三つの麺を一緒に献上する「三麺献麺式」が20日、桜井市の大神(おおみわ)神社であった。3市町の観光振興や三麺の繁栄を、3人の首長ら計約30人が祈った。

 3市町はいずれも麺文化が根強いうえ、桜井市の大神神社、出雲市の出雲大社、琴平町の金刀比羅(ことひら)宮は同じ祭神をまつるという共通点もある。その縁で、三麺一体になったPR活動を3市町の観光協会が企画した。

 三麺献麺式は昨年3月、出雲大社で初めて開かれ、今回が2回目。この日の式では三つの麺が神前に供えられ、その前で巫女(みこ)たちが神楽を舞った。
来年は琴平町で開催予定

田植え:早乙女姿で 熊野 /三重 - 毎日新聞
20170520oog00m010083000p.jpg
 世界遺産の花の窟(いわや)神社や産田神社(いずれも熊野市有馬町)に奉納する古代米「紫黒(しこく)米」の田植えが19日、近くの田んぼであり、早乙女姿の女性と白装束の男性が作業に励んだ。収穫した玄米は「イザナミ米」の名で花の窟前にある休憩所「道の駅熊野・花の窟」で販売される。
9月上旬には900キロの玄米が収穫される見込み

早乙女姿で苗植え 恵那市でお田植え祭 - 岐阜新聞 Web
201705211050_11257.jpg
 飛鳥時代に奈良の朝廷に恵那の米を献納していたという史実にちなんだ「恵奈の里 次米(すきまい)みのりまつり」の幕開けを告げる「お田植え祭」が20日、恵那市長島町正家の正家斎田で執り行われた。

 斎田近くには奈良時代の寺院跡(国指定史跡)が残り、奈良の法隆寺に似た様式が見られるため、朝廷との交流があったと推測されている。奈良の飛鳥池遺跡からは美濃国「恵奈」の里から献納米(次米)が届いたことを記す木簡が見つかっている。
神事では恵那北中学校の1年生が舞を披露
恵那市ウェブサイト : 明日香へ届け、次米お田植え祭り
posted by naive at 10:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西(京都以外) | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

三国祭で「浦安の舞」奉納

児童ら優雅に「浦安の舞」 三国祭幕開け:福井:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2017051902100213_size0.jpg
 北陸三大祭の一つで県無形民俗文化財の「三国祭」は十九日、坂井市三国町山王六の三國神社で神事が営まれ、幕を開けた。

 神事には氏子代表ら六十人が参列。玉串をささげ、二十一日までの祭りの安全などを願った。坂井市三国南小学校の六年生四人が平和を祈る「浦安の舞」を奉納。
「最初は緊張したけど、皆で息を合わせて練習通り踊れた」と

奈良)春日大社で万葉雅楽会 小中学生が舞楽を披露:朝日新聞デジタル
こどもの日:笑顔あふれ 各地でイベント /奈良 - 毎日新聞
20170506oog00m010070000p.jpg AS20170505001636_comm.jpg
 奈良市春日野町の春日大社神苑万葉植物園では舞楽演奏会があり、奈良で雅楽を伝承する「南都楽所」に所属する小中学生8人が、笛やひちりきの調べに合わせて優雅な舞を披露した。

 日本の古典芸能である雅楽に親しんでもらおうと企画された恒例行事。植物園の中央にある池に舞台が設置され、美しい鳥の羽飾りを背負った4人の子どもたちが極楽の霊鳥を表現する「迦陵頻(かりょうびん)」を舞った。

 続いて、大きなチョウの羽を背負い、山吹の花を飾った冠姿の4人の子どもが登場。羽を揺らしながら花に遊ぶチョウを表した「胡蝶」を披露し、多くの観光客らが拍手を送った。
5月5日でした
posted by naive at 10:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

日光東照宮春季例大祭

春季例大祭、みこしが新装陽明門へ 千人行列は15年ぶり中止 日光東照宮【動画】|下野新聞「SOON」
千人武者 雨にかなわず : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
20170519-OYTNI50044-L.jpg
 日光市山内、世界遺産日光東照宮の春季例大祭最終日は18日、降雨のためハイライトの「百物揃(ひゃくものぞろい)千人武者行列」が中止となり、徳川家康(とくがわいえやす)らを祭るみこし3基が約40年ぶりに新装された国宝「陽明門」をくぐる神事などが行われた。

(中略)

 本社では中止を祭神に告げる神事が行われ、本来は行列の目的地「御旅所(おたびしょ)」で披露される舞「八乙女舞」「東遊(あずまあそび)」が奉納された。
写真は「東遊」。八乙女舞は動画で一瞬だけ

「眞子さまにもぜひ」高知県本山町で新嘗祭への田植え|高知新聞
新嘗祭に向け田植え 高知・本山町 (テレビ高知) - Yahoo!ニュース
6e5ea4ba52db74f2193486eefa6e768a.jpg
 11月23日に皇居で行われる「新嘗(にいなめ)祭」に使うコメの献穀者に高知県長岡郡本山町下津野の農業、川村隆重さん(55)が選ばれた。川村さんの水田で18日、田植え式が行われ、早乙女が丁寧に苗を植え付けた。
植え付けたのは本山町のブランド米「土佐天空の郷(さと)」の苗「にこまる」

燕戸隠神社春季例大祭2017のおけいこ見学ツアーに参加【きよ里リポート】(ケンオー・ドットコム)
photo4.jpg
20日(土)を宵宮、21日(日)を本祭に行われる燕市宮町、戸隠神社(星野和彦宮司)春季例大祭で、木場小路万灯組と横町万灯組の2団体による万灯が行われ、呼び物の女の子による舞も披露される。

木場小路万灯組は14日、横町万灯組は15日から毎晩、全体でのけいこを行っており、ケンオー・ドットコム16日夜、参加者を募ってけいこの見学を行い、10人が参加した。
かなり賑やかな伴奏です
posted by naive at 21:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関東 | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

島根県大田市「水上町花田植」

山陰中央新報 - 大田・伝統の花田植 古代ゆかしい時代絵巻
早乙女華やか「水上町花田植」 | 中国新聞アルファ
5651651791.jpg
 室町時代から現在の島根県大田市水上町に伝わるとされる市無形民俗文化財の伝統行事「水上町花田植」が14日、町内の水田であり、田植え囃子(ばやし)が響く中、早乙女姿の地元女性が苗を植え付ける古式ゆかしい時代絵巻を、大勢の見物客が見守った。通常は4年に一度行うが、今回は7月の石見銀山遺跡の世界遺産登録10周年を記念し、変則的に3年ぶりに開いた。
早乙女として田植えに初めて参加した中学1年生(12)「いい記念になった」
2014年の記事→その1その2
2010年の記事→島根・大田「水上町花田植」

おいしいコメ献納したい 大館市の水田、厳かに御田植祭|秋田魁新報電子版
20170517ak0019_01_l.jpg
 収穫したコメを伊勢神宮(三重県)に献納する本年度の「献穀田(けんこくでん)」に選ばれた秋田県大館市根下戸の舟場地区の水田で17日、厳かに「御田植祭(おたうえさい)」が行われた。
続きは有料…

岐阜)御嵩町の中学校で60年続く茶摘み:朝日新聞デジタル
AS20170517003113_comm.jpg
 「舳五山茶(へごやまちゃ)」の栽培を約60年続けている御嵩町立上之郷中学校の茶園で17日、全校生徒40人や地域の人たちによる茶摘みがあった。31日には恒例の「茶話会」があり、大人が持ち寄った菓子や漬物と一緒に新茶を味わう。
早乙女姿の生徒(14)「一つ一つ自分の手で摘んで、お茶の葉が籠にたまっていくのが楽しい」
posted by naive at 21:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/御田植祭など | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

塩釜神社「お田植祭」

お田植祭:児童30人が丁寧に 塩釜神社 /宮城 - 毎日新聞
20170515dd0phj000034000p.jpg
 塩釜市の塩釜神社の神田(しんでん)で13日、恒例の「お田植祭」があった。朝から雨が降るあいにくの天気となったが、白装束に花笠(はながさ)の早乙女、編み笠の早乙男(さおとこ)姿の市内の小学生約30人がササニシキの苗を手植えした。
今年が25回目の田植え

かやぶきの里、早乙女が田植え 京都・美山で祭り : 京都新聞
20170515113028taue450.jpg
 京都府南丹市美山町北のかやぶきの里で14日、五穀豊穣(ほうじょう)を願う神事「お田植え祭」が開かれた。青空の下、編みがさにかすり姿の早乙女たちが、太鼓の響きに合わせて丁寧に苗を植えた。

 近くの知井八幡神社などでつくる「お米祭り実行委員会」が、伝統行事を再現しようと、2010年から続けている。
京都伝統工芸大学校の学生や地元の女性ら14人が早乙女に

東京)「神田祭」始まる:朝日新聞デジタル
AS20170511004695_comm.jpg
 「江戸三大祭り」の一つとされる「神田祭」が11日、東京都千代田区外神田の神田明神で始まり、最初の神事である「鳳輦神輿遷座祭(ほうれんみこしせんざさい)」があった。

 この神事は、3柱の御神霊を社殿から3基の神輿へとうつす儀式。雅楽の音色が響く中、白装束姿の神職らがおごそかに執り行っていた。
女性の神職さんが
posted by naive at 20:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/御田植祭など | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

京都・葵祭

京都三大祭り、葵祭始まる 王朝絵巻さながら優雅な行列:朝日新聞デジタル
葵祭:宮廷装束の500人練り歩く 沿道から歓声 京都 - 毎日新聞
20170515hpj00m040087000q.jpg AS20170515001310_comm.jpg
【動画】葵祭で斎王代を務めた富田紗代さん「平安時代のお姫様のよう。多くの人を笑顔にしたい」新緑の京都を - 産経WEST
【動画】葵祭で双子の姉妹参列 6年前にも参列 - 産経WEST
【動画】葵祭で親子4世代に渡る参列かなう - 産経WEST

斎王代、支える姉と笑顔で 京都・葵祭に三姉妹参列 : 京都新聞
88歳八瀬童子、葵祭に60年以上参加|MBS 関西のニュース
20170515140848saiou450.jpg thm_00000052.jpg
 15日に開催された葵祭。天候に恵まれた中、沿道には約5万人(府警調べ)が詰めかけ、初夏の京都を彩る平安絵巻に酔いしれた。行列では、斎王代が女人列に参列した2人の姉に支えられながら主役を務め、4世代にわたる参加者や双子の姉妹の女官役らが花を添えた。
3姉妹での参列は初めてでは、との話
posted by naive at 20:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

三条市・八幡宮の春季大祭

三条まつり幕開きの八幡宮春季大祭の宵宮は日中から近年にない人出でにぎわう(ケンオー・ドットコム)
photo2.jpg
三条祭りは14日、三条市・八幡宮の春季大祭の宵宮で幕を開け、好天の日曜とあって日中から大勢の参拝者でにぎわった。

露店は、昨年より12店多い238店が出店し、八幡宮の境内や八幡小路などにことしもぎっしりと並んだ。
写真【三条祭りグッズを販売する三条若衆会のテントで販売にあたる巫女】

着物、甲冑 大役に笑顔 百万石行列衣装合わせ:石川:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2017051302100239_size0.jpg
 金沢市中心部で六月二~四日に開かれる第六十六回金沢百万石まつりのメイン行事「百万石行列」で、加賀藩三代藩主・利常や妻の珠姫(たまひめ)など主な役柄を演じる十八人が十三日、金沢商工会議所で衣装合わせをし、近くの尾山神社で記念撮影をした。
珠姫役の女の子(5つ)「本番もすてきにやりたい」

色鮮やか稚児行列 米原の等倫寺:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web)
PK2017051402100147_size0.jpg
 米原市一色の等倫寺一帯で14日、稚児行列があり、一色公民館から寺にかけた約1キロを、子どもたちと住民ら約300人が1時間かけて練り歩いた。

 0歳児から12歳までの54人が、色鮮やかな平安時代の稚児衣装を着用。男の子は頭に烏帽子(えぼし)をかぶり、女の子は口紅などで化粧をして、きらびやかな天冠を頭に着けた。
親鸞聖人の750回と蓮如上人の500回の遠忌法要に合わせ開催
posted by naive at 11:48| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北陸・甲信越 | 更新情報をチェックする

2017年05月14日

下鴨神社で御蔭祭

新たな神霊に雅やかな舞 京都・下鴨神社で御蔭祭 : 京都新聞
葵祭を前に御蔭祭 京都 - 産経WEST
wst1705130053-p1.jpg
 葵祭に先立ち、比叡山ふもとの御蔭(みかげ)神社(京都市左京区)から、新しく生まれた祭神の神霊を迎える御蔭祭が12日、左京区の下鴨神社などで行われた。糺の森では雅楽や歌に乗せて舞う「東游(あずまあそび)」が披露された。
(中略)
 糺の森に設けられた「切芝」と呼ばれる祭場では、和琴(わごん)やひちりきなどの演奏に合わせ、おおらかな古代歌謡が歌われた。神霊を運ぶ神馬(しんめ)の前で、舞人(まいびと)6人がゆったりと舞った。
葵祭の3日前に行われます

伊勢神宮の専用水田で田植え 大雨と大風の中でも古式ゆかしく - 伊勢志摩経済新聞
伊勢神宮で「御田植初」、御料米の豊作を祈願 TBS NEWS
1494712513_b.jpg
 伊勢神宮の専用水田「神宮神田」(伊勢市楠部町)で5月13日、大雨と大風の中「神田御田植初(しんでんおたうえはじめ)」が行われた。
(中略)
 神田御田植初は、2人の奉仕員が早苗を3列植え、子持帷子(かたびら)に烏帽子、青いたすき姿の男10人と、菅笠に白衣、赤いたすきをかけた女10人が交互に並び、早苗を手で植えていく。その間、笛や太鼓で田楽を演奏する。
悪天候でも行うんですね

青葉まつり:「笑顔で頑張る」 青葉娘らお披露目 高野 /和歌山 - 毎日新聞
稚児大師&青葉娘が決定♪6月の空海降誕会で散華 | 高野山麓 橋本新聞
20170514oog00m010016000p.jpg
世界遺産・高野山(和歌山県高野町)の開祖・弘法大師・空海の降誕会(ごうたんえ)「青葉まつり」=6月15日(木)を控えて、幼少期の空海「稚児大師」と、祭典を古式豊かに彩る「青葉娘」4人が決まり、5月11日、高野山真言宗総本山・金剛峯寺などで報道陣にお披露目された。
山車に乗り、見物客にハスの花びらを模した縁起物の「散華」をまきます
posted by naive at 20:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都 | 更新情報をチェックする

2017年05月12日

新城・東郷東小でお田植え踊り

児童40人水田舞う | 東日新聞
news0_59143a2a81fb5.jpg
 五穀豊穣(ごこくほうじょう)の祈りを込めた「お田植え踊り」が11日、新城市東郷東小学校(星野真久校長)の学校田約6㌃で行われ、早乙女姿と法被(はっぴ)姿の5年生児童40人が息の合った舞を披露した。

 この踊りは、2002年に総合的学習の時間「米作り学習」の一環として始まり今年が16年目。

 昨年同様熱い太陽の光が照りつける中、菅笠(すげがさ)とかすりの着物を身に着けた早乙女姿の女子児童と、はちまきに法被姿の男子児童が横二列に並び、「どうかこの苗すくすく育て」という唄に合わせてゆっくりと舞いながら苗を植えた。
この日植えた苗は「ゆめまつり」

早乙女姿の生徒ら、豊作祈り御田植祭 笠間稲荷神社 | きたかんナビ
170510otauesai.jpg
豊作を祈願する笠間稲荷神社の「御田植祭(おたうえさい)」が10日、笠間市石井にある同神社の御神饌田(ごしんせんでん)で行われた。県立水戸農高の女子生徒が務める6人の早乙女らが稲の苗を植え、田の周りで約100人の市民が神事を見届けた。

祝詞奏上などに続いて田に入った早乙女たちは、かすりの着物と花がさの姿を水面(みなも)に映しながら、一列になって手植えした。これに合わせ、地元の市立笠間中の生徒たちが御田植祭歌を歌った。
既出。高校1年生「かわいい花がさを付けられ、うれしい。泥の中でバランスを取るのは難しかったが、貴重な経験になった」

神戸新聞NEXT|東播|加古川で「国恩祭」 健やかな成長祈り稚児参拝も
b_10168339.jpg
 地域の繁栄や安泰を願って旧印南郡、加古郡の神社が11年ごとに持ち回りで営む「国恩祭」が6、7の両日、粟津天満神社(兵庫県加古川市加古川町粟津)で開かれた。7日には子どもの健やかな成長を祈る稚児参拝があった。

 きらびやかな冠をかぶり、色鮮やかな衣装に身を包んだ氏子の幼児22人は、保護者らに手を引かれながら本殿の周りを練り歩いた。本殿内での神事では神妙な表情でおはらいを受け、玉串をささげた。
国恩祭は4月末、神吉八幡神社(同市西神吉町宮前)でも
posted by naive at 21:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/御田植祭など | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

笠間稲荷神社「御田植祭」

茨城)豊作祈って女子高生らが田植え 笠間:朝日新聞デジタル
AS20170510003090_comm.jpg
 笠間市の笠間稲荷神社で10日、今年の豊作を祈願し、お供え用の米の苗を植える「御田植祭」があった。70人ほどの人が見守る中、水戸農業高の女子生徒らが昔ながらの姿で、県産の米「ゆめひたち」の苗を植えた。

 女子生徒6人は水田に入ると、横一列に整列。太鼓が3度打たれたのを合図に、一斉に苗を植えていった。水田のそばでは笠間中学校の生徒12人が「御田植祭歌」を歌い、エールを送った。
高校1年生「足が抜けなくなって転びそうになったが貴重な経験です」

華やかな衣装で稚児行列 白河で花まつり:福島民友ニュース:福島民友新聞社 みんゆうNet
170508sokuhou2tigfo-thumb-300xauto-16221.jpg
 白河仏教会の「花まつり会・稚児行列」は8日、白河市のJR白河駅前などで行われ、華やかな衣装を身にまとった園児が同駅前周辺を歩いた。

 釈迦の生誕を祝い、子どもの健やかな成長を願うために毎年行われている行事。同仏教会員や同市の幼稚園児ら約120人が参加した。
北国はひと月遅れの花まつりが多いようです

花まつり 華やかに | 旭区 | タウンニュース
a000661305_01.jpg
 第13回旭区花まつりが4月9日、二俣川駅周辺で開催された。明るい社会づくり運動旭区協議会(永井和雄会長)主催。

 悪天候のため稚児行列は中止となったが、妙音太鼓の演奏が響く中、お稚児さんが通行人に甘茶を配布した。釈迦の像に甘茶をかけ、生誕を祝った。
今日付けですが先月の記事…
posted by naive at 20:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 特集/御田植祭など | 更新情報をチェックする