宮崎神宮で御田植祭

早乙女姿で田植え 宮崎神宮、五穀豊穣祈る祭り - Miyanichi e-press 宮崎神宮で御田植祭(MRTニュース) - MRT宮崎放送  今年の五穀豊穣を祈願です、宮崎市の宮崎神宮で、御田植祭がありました。宮崎神宮の御田植祭は、1970年から一時途絶えていましたが、日本の稲作文化を受け継ぎ、地域活性化などにつなげようと2009年、39年ぶりに復活して以降、毎年、行われています。9日はまず、神事で、今年の五穀豊穣を祈願。このあと、早乙女姿に扮した宮崎農業高校の女子生徒8人と地域住民らが御神田に入り、一列に並んでヒノヒカリの苗を丁寧に植えていきました。「地域の方とも交流もできて、自分にとっても新鮮な体験ができました。」「初めての経験で楽しかったです。いっぱいお米がとれるといいなと思います。」 五穀豊穣願い御田植祭 鈴鹿の椿大神社 早乙女姿で氏子ら 三重 - 伊勢新聞 【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)は10日、同町の神饌田・瑞宝稲荷社で御田植祭を開き、五穀豊穣を祈念した。 小雨が降る中、一文字がさに紋帷子、手甲脚半、あかねだすき姿の氏子ら41人が一列に並び、約10アールの神饌田にキヌヒカリの苗を丁寧に植え付けた。 特設舞台では、みこらの神楽舞や地元老人会などによる舞踊が奉納された。昭和51年に復活、今年で43回目 お田植祭・子ども田植体験教室|お知らせ|淡路島テレビジョン(ATV) 厳島神社の恒例行事「お田植え祭」と 「子ども田植…

続きを読む

博多・櫛田神社で「お汐井てぼ」作り

博多祇園山笠:縁起物「お汐井てぼ」作り - 毎日新聞 山笠へ向け お汐井てぼ : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 山笠 無事祈る 櫛田神社で「てぼ」作り|【西日本新聞】 博多祇園山笠 縁起物作り 櫛田神社 福岡県|ニュース・天気|TNC テレビ西日本 山笠に向け「お汐井てぼ」作りピーク(RKB) 【福岡】山笠授与品の準備大詰め(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース  福博に夏の到来を告げる「博多祇園山笠」(7月1~15日)を前に、福岡市博多区の櫛田神社では、祭りの参加者が身を清めるのに使う「お汐井(しおい)」(海砂)の入った「てぼ」と呼ばれる竹かごなどの縁起物作りがピークを迎えている。  縁起物は「てぼ」のほか、参加者が身につける「たすき守(まもり)」や山笠絵馬、山笠扇子など10種類。5月の大型連休明けから作業を始め、今年は計約8千個を作る。7月末まで境内の授与所に並ぶという。巫女さん(21)「山笠に参加する方々の無病息災を祈る気持ちを込めて作りました」 滋賀・近江神宮で漏刻祭 時計業界の関係者ら300人参加、時計の新製品奉納 - 産経WEST 「時の記念日」祝う漏刻祭、大津 天智天皇祭る近江神宮 - 共同通信  「時の記念日」の10日、日本で初めて水時計(漏刻=ろうこく)を設置した天智天皇ゆかりの近江神宮(大津市神宮町)で、恒例の「漏刻祭」が行われた。  日本書紀によると、天智天皇は671年4月25日、近江大津宮に漏刻を設置し…

続きを読む

淡路島・厳島神社「お田植祭」

神戸新聞NEXT|淡路|農の催し多彩に 小麦収穫や早乙女姿でお田植え 早乙女姿で「お田植祭」小学生ら五穀豊穣など願う 淡路島・厳島神社の伝統行事 - 産経WEST  兵庫県洲本市本町の厳島神社は9日、五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを願う「お田植祭」と「子ども田植体験教室」を開催し、梅雨の晴れ間のなか、早乙女姿の小学生ら約40人が水田で苗を植えた。  実体験を通じて子供らに稲作の苦労やありがたさを知ってもらおうと、同神社と同神社青年奉賛会が約40年前から開催。9月下旬の「稲刈り神事・稲刈り体験教室」で収穫し、同神社の秋の例大祭で奉納する。5年生(10)「最初はぬるぬるして気持ち悪かったけど、慣れると気持ちよくなった。『どんなお米になるのかなあ』と思いながら植えました」 岡山・後楽園で「お田植え祭」 太鼓に合わせ早乙女が苗植え: 山陽新聞デジタル|さんデジ  岡山市の後楽園で10日、恒例の「お田植え祭」があり、早乙女たちが太鼓などに合わせて苗を手植えする「太鼓田植(たうえ)」(岡山県重要無形民俗文化財)を披露した。  新見市の「哲西町はやし田植え保存会」と神代(こうじろ)郷土民謡保存会」がそれぞれ午前と午後、園内の井田(せいでん)(約500平方メートル)で実演。男衆がリズミカルに打ち鳴らす太鼓の音に合わせ、紺がすりの着物に花がさ姿の早乙女が計4千株ほどのもち米の苗を手際よく植えた。作業中、男女の掛け合いで田植え歌も歌った。江戸時代に園内で行われていた行事を1962年か…

続きを読む

大山阿夫利神社・権田祭で「田舞」奉納

10年ぶり「田舞」奉納  伊勢原市の神社で権田祭|カナロコ|神奈川新聞ニュース  神奈川県伊勢原市大山の大山阿夫利(あふり)神社で8日、「大山中興の祖」と呼ばれる初代宮司の権田直助(1809~87年)と歴代宮司を慰霊する権田祭が開かれた。中高生が権田ゆかりの田舞(たまい)を10年ぶりに披露し、歴史に思いをはせた。  埼玉出身の権田は医者、国学者、神道家、勤王の志士などさまざまな顔を持ち、幕末から明治期にかけて活躍した人物。日本初の句読点についての学術書『国文句読考』を出版し、現在の句読点法に大きな影響を与えた。  田舞は田植えの時期に豊作を願う巫女(みこ)舞の一つ。宮司に就任した1873(明治6)年の大山は神仏分離で混乱しており、権田は落ち着かせようと春日大社(奈良県)から田舞を学んで、大山に定着させた。中学2年生「失敗せずに舞うことができてよかった」行けばよかった… 田園に響く鈴音にぎやかに 岩手、チャグチャグ馬コ - 読んで見フォト - 産経フォト チャグチャグ馬コ、練り歩く 「日本の音風景100選」:朝日新聞デジタル 「チャグチャグ馬コ」 滝沢―盛岡 初夏のまちに 鈴の音軽やか【岩手】|Iwanichi Online 岩手日日新聞社  みちのくに初夏を告げる伝統行事「チャグチャグ馬コ」が9日、滝沢市と盛岡市で行われた。華やかな装束を着けた81頭の馬が鈴の音を響かせながら14・2キロの道のりを練り歩き、沿道に詰め掛けた見物客を楽しませた。  田植えで…

続きを読む

東京・日枝神社山王祭「神幸祭」

東京新聞:都心彩る江戸装束 日枝神社・神幸祭 元気に「ワッショイ!」:東京(TOKYO Web) 東京新聞:ビル街ゆったり、王朝絵巻 日枝神社・神幸祭:社会(TOKYO Web)  王朝装束の行列が都心を彩り、江戸時代にタイムスリップしたよう-。千代田区永田町の日枝神社山王祭(まつり)は八日が神幸祭(じんこうさい)。日本橋や銀座を含む広大な氏子域で「神霊の巡幸」が行われ、沿道を埋めた多数の人たちを楽しませた。 (原尚子)  山王祭は京都の祇園祭、大阪の天神祭と並ぶ日本三大祭の一つとされる。神幸祭は江戸時代に始まり、三代将軍徳川家光が城の楼上で行列を見て以来、みこしの入城が許され、「天下祭」とも称される。氏神が氏子の安否を気遣い、その暮らしぶりを見て回る巡幸の行事で二年に一度行われる。一九三七年ごろから戦争の激化とともに中断していたが、五二年に再開。王朝装束に身を包んだ氏子ら約五百人が、三百メートルにわたって行列をなす。見に行きました。暑かった… hibakama / 緋袴白書RT @sannoumatsuri: 皇居坂下門にて https://t.co/cGYUZDrh0U at 06/08 11:23hibakama / 緋袴白書今日は東京・日枝神社の山王祭神幸祭へ。暑かったです。皇居坂下門での駐輦祭、巫女さんの剣の舞は今回もうまく撮れなかった… https://t.co/Z4Nhhx28bj at 06/08 11:55 御田植祭で五穀豊穣を祈願 | J…

続きを読む

山形県朝日町「空気神社」で空気まつり

山形)「空気神社」で空気まつり 山形県朝日町:朝日新聞デジタル 感謝の舞「空気まつり」 朝日・空気神社|山形新聞  世界で唯一空気をご神体にしている朝日町白倉の空気神社で2日、「空気まつり」が始まった。神社本殿が一般開放され、新緑のブナ林に囲まれた鏡盤のステージで、地元の小学生がみこの舞を厳かに奉納した。  和合地区の小学4~6年生5人が、五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「豊栄(とよさか)の舞」を披露。白と赤の衣装を身に着けた子どもたちの舞う姿がステージに映り、観客は盛んにシャッターを切っていた。今回で舞い手を卒業する6年生「下級生の見本となるように空気に感謝して踊った。初めて舞ったときの気持ちを思い出して頑張った」 石川)百万石まつり開幕 祈願祭で舞、お水とりの儀式も:朝日新聞デジタル  加賀藩祖・前田利家の功績をしのぶ「第67回金沢百万石まつり」が1日、金沢市で開幕した。まつりの始まりを告げる「お水とりの儀式」や、まつりの成功を祈る祈願祭があった。  儀式では金沢の地名の由来とされる「金城霊沢(きんじょうれいたく)」(金沢市兼六町)の湧き水を金澤神社の厚見正充宮司が柄杓(ひしゃく)ですくい、奉納した。この霊水は2、3日に兼六園などである百万石茶会に使われる。尾山神社(同市尾山町)で開かれた祈願祭は厳粛な雰囲気のなか、巫女(みこ)が「浦安の舞」を披露した。紹介済みです

続きを読む

静岡浅間神社「神饌田御田植祭」

早乙女姿で豊穣祈願 静岡浅間神社「神饌田御田植祭」|静岡新聞アットエス  静岡市葵区の静岡浅間神社は5日、同区安倍口新田の水田で、「神饌田(しんせんでん)御田植祭」を行った。早乙女姿の女性ら7人が苗を植え、五穀豊穣(ほうじょう)を願った。  植えたのは伊勢神宮(三重県伊勢市)からもみだねを譲り受けた「イセヒカリ」。あかねだすきとすげがさを身に着けたみこや地元の女性が約80平方メートルの水田の中で横一列に並び、足を泥だらけにしながら丁寧に作業した。10月の抜穂(ぬきほ)祭で収穫する予定 「百選」の棚田で田植え 日本の原風景の中、早乙女姿の女性ら「農家の苦労わかった」大阪・千早赤阪村 - 産経WEST すげがさの早乙女が田植え 大阪・千早赤阪村の棚田 - 共同通信  日本棚田百選の一つ、大阪府千早赤阪村にある「下赤阪の棚田」で3日、ボランティアの早乙女9人が昔ながらの田植えをした。  早乙女はかすりにたすき、すげがさ姿で苗を手に取るとはだしで田に入り、リーダーの「はい、いきまーす」という合図に合わせて田植え綱を目安にひと株ずつ丁寧に植えた。「農家のみなさんの苦労が分かりましたが、すごく楽しかった」 育て「奇跡の復興米」 被災地・岩手県大槌町で生き延びた3株の稲穂が始まり 大阪・河南町で田植え - 産経WEST  平成23年に発生した東日本大震災の記憶を受け継ごうと、被災地・岩手県大槌町で生き延びた「奇跡の復興米」の田植えが27日、大阪府河南町の水田で始まった。隣…

続きを読む

加賀・山中温泉で菖蒲湯祭

石川県 源泉振りまく 山中温泉で菖蒲湯祭|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  加賀市山中温泉南町の長谷部神社で4日、春季例祭「菖蒲湯祭(しょうぶゆまつり)」が営まれ、巫(み)女(こ)が温泉の源泉を振りまく「湯立(ゆたて)神楽」を奉納し、約70人が無病息災を願った。  長谷部神社は、今年、没後800年を迎えた鎌倉期の武将長谷部信連を祀(まつ)る。能登の地頭を務めた信連は、タカ狩りのため山中を訪れた際、温泉で足を癒やすシラサギを見かけ、山中温泉を再興したと伝わる。巫女さんが山中温泉の源泉をササの葉で境内に振りまきました Nagano Nippo Web » 早乙女手植え豊作祈願 諏訪大社上社御田植祭 豊作願い丁寧に 23人の早乙女上社斎田で | 信州・市民新聞グループ 諏訪大社上社の御田植祭が3日、諏訪市神宮寺の本宮近くにある藤島社斎田であった。白装束、赤だすき、すげがさ姿の早乙女23人が、秋に豊かな収穫を迎えることを祈りながら、青々とした苗を植えた。 14~25歳の早乙女たちは本宮で奉告祭をした後、約400メートル離れた藤島社に移動。神事に引き続いて、スワヒカリの苗を一株ずつ手で植え付けた。早乙女さん「暑かったが何とか役目を果たせた。母も早乙女を務めたことがありあこがれていたので、念願がかなってうれしい」 みやびな平安絵巻 明和町 斎王まつりで斎王群行 三重 - 伊勢新聞 あでやか平安装束 明和町で斎王群行を再現:三重:中日新聞(CHUNICHI Web) …

続きを読む

多賀大社「お田植祭」

お田植祭:豊作の歌に踊り 多賀大社 /滋賀 - 毎日新聞 早乙女舞い、豊穣祈る 滋賀・多賀大社 : 京都新聞  五穀豊穣(ほうじょう)を祈る「お田植祭」が3日、滋賀県多賀町多賀の多賀大社で行われた。青空の下、すげがさにはかま姿の早乙女が、境内の神田に苗を植えた。  氏子や豊年講関係者から選ばれた中学生から20歳までの女性56人が、早乙女役を担った。歌や踊りを披露する「あやめ」と「田踊女(たおどりめ)」、苗を植える「田植女(たうえめ)」に分かれて神事を務めた。もち米「マンゲツモチ」の苗を植えました 新嘗祭献上へ田植え 西予・野村|愛媛新聞ONLINE  宮中行事「新嘗祭(にいなめさい)」に献穀するコメのお田植え祭とアワの播種式が3日、愛媛県西予市野村町阿下の久保谷集落であった。地元の小学校から高校まで女子児童・生徒6人が「早乙女」を務め、豊作を祈って田植えや種まきをした。続きは会員限定 山口市・古熊神社でお田植え祭 | 宇部日報社 このまちメディアWeb 古熊神社(真庭宗雄宮司)=山口市古熊1丁目=のお田植え祭は3日、惣太夫町の神田で開かれた。赤いはかまのみこ姿にかさを被った八乙女(やおとめ)13人が、山口天神祭で奉納される「イセヒカリ」の苗を植えた。 総代の一人、雨村明倫さんが所有する約150平方㍍の神田で、周囲には結界が張られた。真庭宮司が祝詞などを奏上し、大拝司と小拝司がおはらい。田男による草刈りや田起こしの儀の後、小学生以上の地域住民から選ばれた八乙女が…

続きを読む

伊那市東春近・白山社で御田植祭

伊那市東春近で「御田植祭」(伊那谷ねっと) Nagano Nippo Web » 成美さんら早乙女が初参列 白山社で御田植祭 伊那市東春近田原の白山社御田植祭が2日、区内の斎田であった。今年は氏子総代のほか初めて早乙女が参列。同市出身のタレント成美さんら5人が大役を務め、すげがさに赤だすき姿で豊作を願いながら苗を植えた。 他の4人はいずれも成美さんの友人で、芸能活動をする市外の2人と伊那市、駒ケ根市の一般女性。神事に続いて3アールの斎田に足を入れ、横一列になって植えていった。「貴重な体験をさせていただいた。神聖な気持ちで苗を植え、いまは誇らしい気持ちにもなっています」 献穀米 御田植祭が行われました。 - いまCh.(いまチャン)|北海道今金町 ひとが真ん中のWebマガジン 本日28日、町内 鈴岡地区の水田にて「献穀米 御田植祭」が行われました。   この祭事は、皇室行事の「新嘗祭(にいなめさい)」に献上する献穀米の田植えとされ、JA今金町関係者や農業関係者などが出席する中、花がさをかぶった早乙女姿の4人が 品種「ふっくりんこ」の苗を献穀田にひとつひとつ丁寧に植えていきました。今年が平成最後の新嘗祭 いまch.にも記事を載せています。 http://ima-channel.com #今金町 #今金 #道南 #北海道 #檜山 #桧山 #献上米 #御田植祭 #宮内庁 #献穀米 #献上 #式典 #rice #献穀田 #豊作祈願 #地域おこし協力隊 #皇室 #皇室献…

続きを読む