住吉大社「御田植神事」

住吉大社で御田植神事 | やさしいニュース | TVO テレビ大阪 「斎牛」奉仕にも拍手 住吉大社で「御田植神事」 - 大阪日日新聞  大阪市住吉区の住吉大社(高井道弘宮司)で14日、伝統行事「御田植(おたうえ)神事」(重要無形民俗文化財)が古式ゆかしく執り行われた。参拝者約3千人が見守る中、すげがさにたすき姿の奉仕者が、境内南側の御田(おんだ)で青々とした苗を手植えした。  住吉大社鎮座の際、祭神・神功皇后が御田を定め、長門国(山口県)から「植女(うえめ)」を召したことが同神事の起源とされる。  約400人の奉仕者は、第一本宮での本殿祭で秋の豊作などを祈願した後、列をなして御田へ移動。実際に御田に入る「替(かえ)植女」が、植女から苗を受け取って田植えを行い、傍らで代かきを行う神聖な牛「斎牛(さいぎゅう)」が奉仕する姿にも大きな拍手が送られた。御田中央の舞台では、同大社のみこ・神楽女(かぐらめ)8人による「八乙女」をはじめ、「御稔女(みとしめ)」が豊作を願う舞や踊りを奉納 和歌山)高野山で青葉まつり 「花御堂渡御」に歓声:朝日新聞デジタル 青葉まつり:高野山に青葉の季節 空海誕生祝う、見物客らで盛況 園児ふんする稚児ら行列 /和歌山 - 毎日新聞  弘法大師空海の生誕を祝う恒例の「青葉まつり」が15日、和歌山県高野町の中心部で開かれた。  青空が広がる中、県警音楽隊や地元小学校の鼓笛隊などが奥の院の一の橋を正午すぎにスタート。高野山真言宗総本山金剛峯寺の前…

続きを読む

熊野那智大社で紫陽花祭

熊野那智大社で紫陽花祭 自然の恵みに感謝 - 読んで見フォト - 産経フォト 和歌山)自然の恵みに感謝 熊野那智大社で紫陽花祭:朝日新聞デジタル 熊野那智大社で紫陽花祭 梅雨時期の無病息災願う:紀伊民報AGARA アジサイに感謝の舞…熊野那智大社 : 地域 : 読売新聞オンライン  自然の恵みへの感謝と梅雨時期の無病息災の願いをアジサイの花に込めて神前に供える「紫陽花(あじさい)祭」が14日、和歌山県那智勝浦町那智山の熊野那智大社であった。  アジサイの花を添えた野菜や魚などを神職が神前に供えたのに続き、青とピンクのアジサイの花を髪に飾り、手にアジサイの小枝を持った巫女(みこ)2人が神楽「豊栄の舞」を奉納した。旧宮司職舎前の名所「紫陽花園」は今月末まで一般開放 阿夫利神社 高校生2人が舞奉納 祖霊社で権田祭 | 伊勢原 | タウンニュース  大山阿夫利神社(目黒仁宮司)の社務局祖霊社で6月8日、初代宮司を務めた権田直助と同神社の歴代の社司をしのぶ慰霊祭「権田祭」が執り行われた。  同祭は、6月8日が「大山近代の祖」と称される権田直助の命日にあたることから毎年この日に行われている。  この日は権田直助が生前好んで食したとされる蕎麦など、さまざまな供え物が奉じられ、宮司による祭祀奏上のあと地域の高校生が「神教歌舞」を披露。権田直助の作とされる神教歌に合わせて厳かに舞う姿に、出席者らは皆神妙な面持ちで見入っていた。既出。「緊張したけれど練習してきた成果が出せた…

続きを読む

福岡・住吉神社「お田植え祭」

早乙女姿のみこら「お田植え祭」 福岡・住吉神社|【西日本新聞ニュース】 住吉神社で五穀豊穣を祈るお田植祭(九州朝日放送) - Yahoo!ニュース  今年の五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する「お田植え祭」が13日、福岡市博多区住吉の住吉神社であり、花がさをかぶった早乙女姿のみこらが約300株の苗を広さ20平方メートルほどの神田に植えた。  種もみをまいた3月の御田祭から続く伝統の稲作行事の一つ。稲は10月に収穫され、11月23日の新穀感謝祭で神前に供えられる。新人巫女さん(19)「秋に向けて大きく育ってほしい」名前すごい 令和にゆかり 梅の実どうぞ 新潟中央区・白山神社|地域|新潟県内のニュース|新潟日報モア  新潟市中央区の白山神社と隣接する白山公園で13日、梅の実をもぐ作業が行われた。令和の元号のゆかりとなり話題を集めた福岡・太宰府から送られた梅の木など約40本から、神主やみこらが一つ一つ丁寧に収穫した。  収穫して希望者に無料配布するようになったのは、昨年から。新潟開港150周年を記念して始めた。  みこら約20人は、傷つけないよう気を付けながら実を採り、袋に詰め込んだ。15日午前9時から、先着約100人に配布 鈴鹿 豊穣願い御田植祭 椿大神社、紋帷子姿の氏子ら 三重 - 伊勢新聞 【鈴鹿】三重県鈴鹿市山本町の椿大神社(山本行恭宮司)は9日、同町の神饌田瑞宝稲荷社で御田植祭を開き、五穀豊穣を祈念した。 悪天候の中、一文字がさに紋帷子、手甲…

続きを読む

みなべ・東農園で「黄梅祭」

東農園で梅に感謝の黄梅祭 | 日高新報  みなべ町東本庄、梅加工業の㈱東農園(東善章社長)で10・11の2日間、梅に感謝する収穫祭「黄梅祭(こうばいさい)」が行われた。  以前から交流がある日本三大祭りの一つ、天神祭で有名な大阪天満宮の寺井種伯宮司や巫女らが訪れ、同社敷地内の施設で神事が執り行われ、2人の巫女が華麗な舞を奉納。豊作を祝うとともに梅産地の発展を祈願した。東本庄地内の畑ヶ谷パイロット内にある同神社の「御神園」でも神事が行われた。  東農園と大阪天満宮のつながりは、40年ほど前に東農園が南高梅の木を寄贈したのがきっかけ。その後、同神社で収穫した梅の実が東農園に送られ、同社が梅干しに加工して送り返すという交流が続いている。11日にはみなべ町内にある熊野本宮大社御神園に田辺市の熊野本宮大社の九鬼家隆宮司や巫女らが訪問 五穀豊穣祈り 「お田植祭」 薩摩川内・新田神社 | 鹿児島のニュース | 南日本新聞 | 373news.com  薩摩川内市の新田神社で9日、五穀豊穣(ほうじょう)を願う伝統行事「お田植祭」があった。地域住民らが稲の苗を植え、700年の歴史があるとされる「奴(やっこ)振り」を奉納し、豊作を祈った。  神田には、近くの幼稚園と保育園の園児ら約80人が行列になり、清められた苗を運んだ。園児4人と、留学生や地元住民ら約20人が早男、早乙女に 清末小児童、丁寧に苗植え 赤間神宮「御田植祭」(山口新聞) 下関市阿弥陀寺町の赤間神宮の御田植祭が…

続きを読む

伏見稲荷大社「田植祭」

田植祭:豊作祈り 伏見稲荷大社で /京都 - 毎日新聞  伏見稲荷大社(京都市伏見区)で10日、一年の豊作を祈る神事「田植祭」があった。  4月にまいて種もみから育てた早苗を神職らが本殿に供えた後、唐櫃(からひつ)に入れて約330平方メートルある境内の神田に運び、大阪府摂津市の「三島初穂講(みしまはつほこう)」の奉耕者の男女約20人が茜襷(あかねたすき)、…有料記事 御田植祭 豊作祈願|ニュース|伊那谷ねっと 伊那市東春近田原の白山社の田んぼで1日、豊作を祈願する御田植祭さいが行われました。 御田植祭は神に供える米を栽培する斎田と呼ばれる田んぼで行われました。 早乙女の衣装に身を包んだ女性5人と氏子総代8人が、筋着という苗を等間隔に植える道具を使いながら田植を行いました。 白山社は斎田を神社名義で登記していて、全国的にも珍しいということです。写真では早乙女さんは一人だけ 愛媛)伝統の一人角力 豊作を約束 今治・大山祇神社:朝日新聞デジタル  愛媛県今治市大三島町の大山祇(おおやまづみ)神社で7日、豊作を願う御田植祭(おたうえさい)があった。県無形民俗文化財の一人角力(ずもう)があったほか、島内から選ばれた早乙女16人が斎田に苗を植えた。紹介済み

続きを読む

櫛田神社で博多祇園山笠の縁起物作り

【動画あり】櫛田神社で山笠の縁起物作り大詰め イムズで地鎮祭も|【西日本新聞ニュース】 山笠の無事願い「てぼ」作り 博多区・櫛田神社 |【西日本新聞ニュース】 博多祇園山笠を前に 櫛田神社で縁起物作りが“大詰め” イムズでは初の飾り山 福岡市(TNCテレビ西日本) - Yahoo!ニュース  福博の夏の風物詩・博多祇園山笠(7月1~15日)を控え、福岡市博多区上川端町の櫛田神社では、参加者が体を清めるお汐井(しおい・海砂)が入った竹籠の「てぼ」など祭りの縁起物作りが大詰めを迎えている。  縁起物は「てぼ」のほか、参加者が身に着ける「たすき守(まもり)」や山笠絵馬など計10種類。今年は計9300個近くを製作し、7月末まで境内の授与所で販売する。新人巫女さん(22)は「今年は令和最初の山笠。参加者の意気込みに応えられるよう祭りの無事を祈りながら作業しました」と笑顔 「時の記念日」に漏刻祭 大津・近江神宮 - サッと見ニュース - 産経フォト 時の神様、これが最新型時計です 時刻制度発祥の神社で祭事 : 京都新聞 時の記念日、近江神宮で漏刻祭 1350年前に「時刻」が生まれた:滋賀:中日新聞(CHUNICHI Web) 「時の記念日」に漏刻祭、大津 天智天皇祭る近江神宮 | 共同通信 新作時計を奉納「漏刻祭」(関西テレビ) - Yahoo!ニュース  「時の記念日」の10日、時刻制度の発祥地とされる近江神宮(大津市神宮町)で「漏刻祭」が営まれた。最新型の時計が奉納さ…

続きを読む

名古屋で「国府宮はだか祭」の大鏡餅用米の御田植祭

国府宮はだか祭りに使う大鏡餅用の稲を植える御田植祭 名古屋市西区で | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ  「国府宮はだか祭り」で奉納する大鏡餅用の米の苗を植える「御田植祭(おたうえさい)」が名古屋市西区で行われました。  「国府宮はだか祭」で奉納される直径およそ2メートル40センチの大鏡餅。  54年ぶりに奉納を担当する名古屋市西区で、この大鏡餅の一部に使用する米の苗を植える「御田植祭」が行われました。  華やかな田植え衣装で着飾った早乙女と呼ばれる小学生から高校生までの女性16人が国府宮に伝わる田植え歌に合わせて苗を植えました。早乙女さん「リズムに合わせて植えたり、束の数を合わせるのが難しかった」 後楽園に太鼓響く「お田植え祭」 すげがさ姿の早乙女が手植え披露:山陽新聞デジタル|さんデジ  岡山市の後楽園で9日、「お田植え祭」が開かれた。太鼓や歌に合わせて早乙女たちが苗を手植えする「太鼓田植(たうえ)」(岡山県重要無形民俗文化財)が披露され、観光客が伝統的な農作業風景を楽しんだ。  新見市の「哲西はやし田植え保存会」と「神代(こうじろ)郷土民謡保存会」が園内の井田(せいでん)約500平方メートルでそれぞれ実演。紺がすりにすげがさ姿の早乙女たちが横一列に並び、男衆が打ち鳴らす太鼓や田植え歌に合わせてテンポよくもち米の苗を植えていった。江戸時代に園内で行われていた行事を1962年から再現しており、今年で58回目 御田植祭:山口大留…

続きを読む

大山阿夫利神社で高校生が「神教歌舞」奉納

中興の祖をしのぶ 大山阿夫利神社で高校生が神楽舞 | 話題 | カナロコ  伊勢原市大山の大山阿夫利神社社務局で8日、「大山近代の祖」と呼ばれる初代宮司の権田直助(1809~87年)と歴代宮司を慰霊する「権田祭」が行われた。子孫や地元旅館組合など約40人が出席する中、権田の作と伝わる「神教歌」が地元高校生によって奉納された。  神社によると、埼玉出身の権田は医者、国学者、神道家、歌人などさまざまな顔を持ち、神仏分離後の混乱期にあった1873(明治6)年に初代祠官(しかん)に迎えられ、大山信仰の発展に尽くした。慰霊祭は命日に当たる6月8日に毎年行われている。高校2年生の二人 早乙女姿で手植え 宮崎神宮御田植祭 - Miyanichi e-press 宮崎神宮で御田植祭(MRTニュース) - MRT宮崎放送 宮崎市の宮崎神宮で御田植祭がありました。宮崎神宮の御田植祭は、一時、途絶えていましたが、日本の稲作文化を受け継ぎ、地域活性化につなげようと、2009年に39年ぶりに復活して以降、毎年、行われています。8日はまず、神事があり、今年の五穀豊穣を祈願した後、早乙女姿に扮した宮崎農業高校の女子生徒8人と、地域住民らが御新田に入り、ヒノヒカリの苗を丁寧に植えていきました。(参加した高校生・3人)「緊張したけど楽しかったです」「こけそうになって、ちょっと大変だったけど最後までやり遂げてよかったです」「いいお米がたくさん育ってほしいです」 豊作を願って 古熊神社がイセヒカリ御田植…

続きを読む

北野天満宮で「大福梅」の梅の実収穫

「大福梅」の梅の実収穫 京都・北野天満宮(読売テレビ) - Yahoo!ニュース 令和初の正月に向け 「大福梅」の実の摘み取り 京都・北野天満宮(ABCテレビ) - Yahoo!ニュース 京都の北野天満宮で、令和初めてのお正月に向け、縁起物「大福梅」にする梅の実の摘み取りが始まりました。 北野天満宮の境内には約1500本の梅の木があり、今年も大粒の梅を実らせました。この梅の実は、「大福梅」として、元日、お茶に入れて飲むと一年間無病息災で過ごせるとされています。8日は巫女さんら約30人が、実を傷めないよう一つ一つ丁寧に摘み取っていきました。例年並みの約2トンを収穫 6月6日は「梅の日」 日本一の生産地で『梅漬け神事』 和歌山県田辺市(関西テレビ) - Yahoo!ニュース 6月6日は「梅の日」です。 梅の生産日本一を誇る和歌山県では、豊作を願い、梅を神に供える神事が行われました。 和歌山県田辺市の熊野本宮大社では、地元で採れた「南高梅」を樽に漬け込み、「梅干し」を作る「梅漬け神事」が行われました。神事では巫女の舞を奉納 梅の日に下鴨神社で奉納の梅道中 紀州梅の会 - 産経ニュース  全国一の梅の産地、和歌山県田辺市とみなべ町などでつくる「紀州梅の会」が「梅の日」の6日、下鴨神社(京都市左京区)と上賀茂神社(北区)に青梅を奉納する梅道中を行った。  午前10時過ぎ、「紀州 梅道中」と銘打ったのぼりを先頭に、平安装束に身を包んだ約50人が下鴨神社境内を…

続きを読む

大三島・大山祇神社「御田植祭」

稲の精霊と3番勝負、一人角力 今治・大山祇神社|愛媛新聞ONLINE 愛媛・大三島の大山祇神社で600年の伝統「御田植祭」(あいテレビ) - Yahoo!ニュース 「はっけよい!」大山祇神社で精霊相手に一人角力 今年の稲の出来は? - FNN.jpプライムオンライン  愛媛県今治市大三島町宮浦の大山祇神社で五穀豊穣を願う伝統の御田植祭が7日あり、稲の作柄を占う県無形民俗文化財の一人角力(ずもう)や、早乙女姿の女児が斎田に苗を植える神事などを行った。動画は一人角力がメイン 早乙女姿で新品種「ひめの凜」作付け|愛媛新聞ONLINE 児童も参加 新品種「ひめの凜」でお田植祭|NNNニュース 早乙女姿で新品種「ひめの凜」作付け・愛媛新聞  愛媛県松山市上難波の県農林水産研究所で6日、伝統行事「お田植え祭」があった。かすりの着物に赤いたすきを掛けた早乙女姿の地元小学生らが手作業で、県育成の水稲新品種「ひめの凜(りん)」の苗を植えた。  農耕文化の伝承や食育推進を目的に、同研究所が毎年開催。今回は浅海、難波、立岩、正岡の4小学校の5年生31人や関係者ら計約90人が参加した。女子児童(10)「初めは難しかったが、まっすぐ植えられるようになった」、双子の妹(10)「昔の農家の大変さが分かった。みんなで協力できて楽しかった」 早乙女姿で田植え丁寧に、献上米の豊作祈願 静岡浅間神社|静岡新聞アットエス  静岡市葵区の静岡浅間神社は6日、同区安倍口新田の水田で「神饌田(しんせ…

続きを読む