太宰府天満宮で「飛梅ちぎり」

福岡)「生涯ご利益」の梅、今年は少なく 太宰府天満宮:朝日新聞デジタル 太宰府天満宮:飛梅ちぎり 一生一代のお守りに 福岡 - 毎日新聞 神職ら飛梅ちぎり…太宰府天満宮 : 最新ニュース : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 青空の下「飛梅」ちぎり 太宰府天満宮 [福岡県]|【西日本新聞】  太宰府天満宮(福岡県太宰府市)で1日、飛梅(とびうめ)ちぎりがあった。菅原道真を慕って京から一夜で飛んできたと伝えられる本殿前の神木、飛梅の実を採取する恒例の神事。参拝客や修学旅行生らが興味深そうに見守り、カメラを向けていた。  狩衣(かりぎぬ)姿の神職2人が竹ざおで枝をたたき、落ちてきた梅の実をみこ5人が三方(さんぼう)に拾い集めて神前に奉納した。この日取れたのは75個で、昨年の135個の約半分。実は一生一代のお守り「飛梅御守(おまもり)」(10万円)になる。10万円のお守りがどれぐらい売れるのか気になる ウメ、大きく実って奉納 - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  大分市牧の県護国神社で1日、初夏恒例の「神梅(しんばい)収穫祭」があり、境内にある豊後梅の実を収穫、奉納した。  八坂秀史宮司(57)ら神職やみこが梅の枝を引き寄せ、黄色く色づいた実をもいで神前に供えた。50年以上続く神事で、権禰宜(ごんねぎ)の海野真さん(45)は「今年も無事にお供えすることができ、よかった」と喜んだ。今年も例年同様、約1トンの収穫を見込んでいます …

続きを読む

北野天満宮で梅の実の収穫

京都)縁起物「大福梅」の梅、収穫始まる 北野天満宮:朝日新聞デジタル 梅の実、巫女たち収穫 京都・北野天満宮 : 京都新聞  梅の名所として知られる北野天満宮(京都市上京区)で31日、正月の縁起物「大福梅(おおふくうめ)」を作るための梅の収穫が始まった。境内に約1500本ある梅の木から、神職や巫女(みこ)、氏子ら約50人が実を摘んだ。巫女さん(21)「本殿前のすだれに干すまで、梅の実を傷つけないようきれいな状態に保ちたい」 新緑に映えるショウブ 宮地嶽神社で初刈り神事|【西日本新聞】  福岡県福津市の宮地嶽神社で初夏を告げる江戸ショウブが見頃を迎え、31日、初刈り神事が行われた。青々とした葉の間に白と紫のショウブが映え、大勢の観光客がおごそかな神事を見守った。  同神社の江戸ショウブは1965年に明治神宮(東京)から株分けされたもので、現在は菖蒲(しょうぶ)園のほか境内に約100種10万株が咲くという。神事では祝詞奏上のあと、神職が鎌で花を刈り取り、みこが花を手に榊舞(さかきまい)を奉納した。6月10日まで菖蒲まつりを開催 李参平の功績に感謝 陶山神社で「陶祖祭」 有田焼のさらなる発展誓う|まちの話題|佐賀新聞ニュース|佐賀新聞LiVE  泉山陶石を発見し、日本で初めて白磁焼成に成功した陶祖・李参平の偉業に感謝する「陶祖祭」が4日、有田町大樽の陶山神社山頂にある陶祖の碑前であった。関係者が陶祖に、有田焼のさらなる発展を誓った。先月の記事。写真【陶祖の碑を前に、…

続きを読む

広島・住吉神社で児童巫女が必勝祈願

児童みこ、W杯代表勝利祈願 | 中国新聞アルファ  6月14日に開幕するサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する日本代表を後押ししようと、勝負の神を祭る広島市中区の住吉神社は、小学生の「応援みこ」によるおはらいを始めた。日本サッカー協会公認の特製のお守りと絵馬も用意。日本代表を応援する参拝客を迎える。今回は色々と厳しそうですね… 神戸新聞NEXT|阪神|小中学生、昔ながらの田植えに挑戦 西宮で神事 めぐみ広田の大田植え:豊作願い丁寧に 西宮 /兵庫 - 毎日新聞  兵庫県西宮市大社町の広田神社に500年以上前から伝わる神事「めぐみ広田の大田植え」が27日、同神社と神社近くの水田「御饌田」であった。地元の小中学生が、すげがさをかぶった早乙女姿などで田植えに挑戦した。1961年に途絶えましたが、地元住民らが89年に復活させたとのこと 4年ぶり「塩原の大山供養田植」 庄原、牛馬の健康や家内安全願う: 山陽新聞デジタル|さんデジ 五穀豊穣願い 早乙女田植え 庄原 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE) 広島・東城町で国の重要無形民俗文化財「塩原の大山供養田植」4年ぶり開催(RCC) 広島・庄原市東城町で国の重要無形民俗文化財に指定されている塩原の大山供養田植が4年ぶりに行われました。備北地域に伝わる大山供養田植は農作業で使う牛や馬の安全や五穀豊穣を祈る大山信仰の祭りです。中でも、東城町北部に伝わる「塩原の大山供養田植」は最も古い形を残していて、…

続きを読む

伊勢神宮「延寿大々神楽」

長寿祈願で杖贈式 伊勢神宮で延寿大々神楽 三重 - 伊勢新聞 伊勢神宮から120センチのヒノキの杖 今年80歳になった高齢者1362人に - 伊勢志摩経済新聞 伊勢神宮でお年寄りの長寿と健康を祈願する「延寿大々神楽」 神宮林の檜製の杖も贈呈 - FNN.jpプライムオンライン  伊勢神宮は5月30日・31日の2日間、伊勢市内に住む数え歳で80歳以上の高齢者(対象者=1万5989人)を招待し、長寿と健康を祈願する「延寿大々神楽(えんじゅだいだいかぐら)」を行った。 (中略)  初日の30日は、あいにくの雨にもかかわらず約300人の高齢者が伊勢神宮を訪れた。神楽殿では「倭舞(やまとまい)」「人長舞(にんじょうまい)」「蘭陵王(らんりょうおう)」の神楽を奉奏し長寿を祈願した。対象の高齢者にはその後、お守り、紋菓、湯飲みの記念品が贈られ、さらに今年80歳を迎える1940(昭和15)年生まれの高齢者(対象者=1362人)には、御用材のヒノキでできた延寿杖(えんじゅつえ)も贈られる。今年でちょうど70回目を迎えます 日田の本格復興に弾みを 「川開き観光祭」開幕 安全とにぎわい祈念 多彩なイベントで「水郷」満喫 [大分県]|【西日本新聞】 日田川開き観光祭開幕 「復興」願い込め - 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate  水郷に夏の訪れを告げる「第71回日田川開き観光祭」が26日、日田市中心部や三隈川河畔で始まった。27日まで。昨年7月の福岡・大分…

続きを読む

鳴門・大麻比古神社「お田植え祭」

早乙女姿で「お田植え祭」 大麻比古神社近くの水田に奉納米|徳島ニュース|徳島新聞  鳴門市大麻町板東の大麻比古神社近くの水田で「お田植え祭」が行われた。板東小4~6年の女子児童14人が、すげがさに赤いたすきの早乙女姿で参加。はだしで水田に入り、ぬかるみに足を取られながらキヌヒカリの苗を植えた。動画あり。初めて参加した5年生(10)は「真っすぐに植えられた」と笑顔で 鳴門市の大麻比古神社「お田植え祭」女子児童が参加 「富富富」献上へ田植祭 氷見・布施 - 撮れたてニュース | 北國新聞社  11月の新嘗祭に献上する献穀米の斎圃田植祭は27日、氷見市布施の布施営農組合で、営農組合のメンバーや関係者ら約80人が出席して行われた。今年は富山米新品種の「富富富(ふふふ)」を初めて植えた。  布勢神社の安松康代権禰宜が神事を執り行った。田植えの儀では、山下利邦地元協力会長がくわで田を耕す「忌鍬の儀」を行った後、早乙女役の川邊愛美さん(高岡龍谷高2年)ら5人が、奉耕主の山下茂昭さんから苗を受け取り、10平方メートルの斎圃で田植えを進めた。氷見市からの献穀は11年ぶり 伝統衣装で豊作祈願 川場小32人が「田植祭」|社会・話題|上毛新聞ニュース  豊作を祈願する「田植祭」が29日、群馬県川場村の道の駅川場田園プラザ内の水田で開かれた。烏帽子(えぼし)やすげがさの伝統衣装を身に着けた川場小の5年生32人が、丁寧に苗を植えた=写真・AR。  住民や保護者が見守る中、児童は一…

続きを読む

吉備津神社で巫女体験研修

みこ体験研修 歴史や礼儀作法学ぶ 岡山で県神社庁、記者も参加: 山陽新聞デジタル|さんデジ  白衣に朱色の緋袴(ひばかま)を身にまとい、清らかな雰囲気に包まれた「みこ」。人気アニメ映画に登場するなど、近年若者たちを中心に注目を集める中、「みこ体験研修」が27日、吉備津神社(岡山市北区吉備津)で初めて開かれた。岡山県内から応募した20人とともに記者も参加。歴史的背景や役割を知ることで、これまでとは違うみこの姿が見えてきた。  みこ体験をきっかけに伝統文化や神社に親しみを持ってもらおうと、県内の神社を取りまとめる県神社庁(同市中区奥市)が企画。15~41歳の参加者が歴史や礼儀作法、舞の動作を学んだ。高校1年女子(15)「憧れの衣装を着られてよかった。神社やみこさんに親しみを感じるようになった」 【動画】楠公さん勇壮に、700人が武者行列 神戸・湊川神社 - 産経WEST  「楠公(なんこう)さん」の愛称で親しまれる南北朝時代に活躍した武将、楠木正成(まさしげ)を祭る湊川神社(神戸市中央区)周辺で26日午前、「楠公武者行列」が始まった。行列は5年ぶりで、約700人が甲冑や直垂(ひたたれ)などの装束を身につけ、神戸の街を勇壮に練り歩いた。女性の騎馬武者も 熊本)ハナショウブが見ごろ 玉名・裏川水際緑地:朝日新聞デジタル  熊本県玉名市高瀬地区の裏川水際緑地で25日、「高瀬裏川花しょうぶまつり」が始まった。初日は、紺のかすり、赤いタスキにすげ笠姿の早乙女に扮した高校生ら4…

続きを読む

静岡県森町・小国神社「御田植祭」

五月女、五月男 古式ゆかしく御田植祭 森町・小国神社|静岡新聞アットエス  森町の小国神社の伝統行事「御田植祭」が27日、同神社近くの水田で行われた。五月女、五月男(さおとこ)の装束に身を包んだ地元中学生が豊作を願い、古式ゆかしく苗を植えた。  町立旭が丘中の生徒12人が静かに田に足を踏み入れ、雅楽の演奏に合わせて、苗を掲げたり体を左右に振ったりする独特の所作を披露した。2007年に関係者が本格的に復活させたとのこと 御田植祭:早乙女、豊作願い丁寧に 福知山 /京都 - 毎日新聞 両丹日日新聞 : 早乙女が豊作の願い込め 大原でお田植祭  京都府の有形民俗文化財に指定されている福知山市三和町大原の産屋そばにある水田で27日、恒例のお田植祭があった。地元の女性と女子大学生が編み笠ともんぺ姿の早乙女に扮して、手でもち米の苗を植えていった。  豊作と地域活性化を願い、06年から地元住民らでつくる実行委員会(大槻兄市委員長)が催している。  今年の早乙女は、地元女性8人と、地域交流と民俗学に関心が高い福知山公立大、佛教大の各3人が務めた。神事のあと、7アールの田に入り、横一列に並んで丁寧に苗を植えた。大学1年生「早乙女の衣装を着てテンションが上がりました」 豊作願い、「つや姫」手植え 鶴岡で御田植祭|山形新聞  鶴岡市の出羽三山神社(宮野直生宮司)に奉納するコメの「御田植祭(おたうえさい)」が24日、同市羽黒町玉川の献饌田(けんせんでん)で行われた。みこたちが…

続きを読む

輪島で献穀田の御田植式

陛下に献上 新嘗祭(にいなめさい)|県内NEWS PICKUP|石川テレビ 小学生が早乙女に 新嘗祭献上米の御田植式(MROテレビ) - Yahoo!ニュース 毎年11月に皇居で行われる新嘗祭で献上されるコメの御田植式が25日石川県輪島市内で行われました。 能登地区から献穀田に選ばれた輪島市房田町の農業、坂下正幸さんの水田では、住民らが見守る中、神事が執り行われました。今年、苗を植える早乙女役には、地元の小学生ら6人が選ばれ、丁寧に苗を植えていきました。きょうの県内は広く高気圧に覆われ日中の最高気温は金沢で27.3度加賀菅谷で28.9度となるなど7月上旬から中旬並みの暑さとなりました。「最初 緊張したけど楽しかった」「(Q.植えたお米は?)おいしくなればいい」 石川県 五穀豊穣願う 白山・若宮八幡宮で田植え|北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ  若宮八幡宮の御田植(おたうえ)神事は26日、白山市若宮1丁目の境内にある神饌田(しんせんでん)で営まれた。強い日差しの下、児童8人を含む早乙女姿の女性16人がコシヒカリの苗を植え、五穀豊穣(ほうじょう)を願った。  同神事は春季例大祭の行事で、菅笠(すげがさ)と袴(はかま)を身に着けた早乙女は、御田植踊り保存会による歌と囃子(はやし)が響く中、丁寧に苗を植えた。氏子や住民らが見守り、同保存会は神饌田前で御田植踊りも奉納した。社務所前では餅まきが行われました 田植え唄に乗って 日野高と黒坂小が交流 | 日本海新聞 Net…

続きを読む

神戸・湊川神社で「楠公祭」始まる

南北朝絵巻700人で再現 あす5年ぶり楠公武者行列 - 産経WEST  「楠公(なんこう)さん」として親しまれる南北朝時代の武将、楠木正成(くすのきまさしげ)を祭る湊川神社(神戸市中央区)で24日、正成を供養する「楠公祭」が始まった。最終日の26日には「楠公武者行列」が5年ぶりに行われる予定で、関係者らは武者行列に使う甲冑(かっちゅう)や神具を運び出す荷出し作業に追われた。  楠公祭は湊川神社が創建された明治5年から100年以上続いており、7月の例祭と並ぶ同神社の大祭。24日夕に宵宮祭(よいみやさい)、正成の命日にあたる25日には本祭が営まれ、祝詞奏上や巫女(みこ)による舞の奉納などで楠公さんの遺徳をたたえる。写真【楠公武者行列に使われる神輿の準備をする巫女ら=24日、神戸市中央区】 過疎地域神社活性化推進施策の認定書 富山県下新川郡の鹿嶋神社で伝達式 / 神社界唯一の新聞社 神社新報社  【富山】各地での過疎地域神社活性化推進施策が始められるなか、下新川郡朝日町の鹿嶋神社(九里文子宮司)では、松本正昭県神社庁長が訪れての認定書の伝達式が四月二十五日におこなはれた。「幾千年にわたって先人がはぐくんできたかけがえのないふるさと」と町民憲章に謳ふ同町で、地域活性化に向けた新しい第一歩が踏み出された。写真【五月四・五の両日には今年の稚児舞奉納がおこなはれた】

続きを読む

伊勢・二見興玉神社「藻刈神事」

神石の霊草刈り取る 伊勢の二見興玉神社で「藻刈神事」 三重 - 伊勢新聞 伊勢・二見興玉神社の夫婦岩沖合で神事 宮司が船に乗り藻を刈る - 伊勢志摩経済新聞 不浄はらうアマモ刈る 二見興玉神社が藻刈神事:三重:中日新聞(CHUNICHI Web) 三重)伊勢・二見浦沖で藻刈神事:朝日新聞デジタル 夫婦岩沖合のご神体で藻刈神事 三重県伊勢市 | CBC NEWS(CBCニュース) | CBCテレビ 神主らが船に乗り込み…お守りにする“アマモ”を刈る『藻刈神事』 三重・伊勢市 夫婦岩沖(東海テレビ)  二見興玉神社(伊勢市二見町江)の夫婦(めおと)岩の沖合で5月21日、海中のアマモを刈り取る特殊神事「藻刈神事(もかりしんじ)」が行われた。  藻刈神事とは、夫婦岩の沖合約770メートル先の海中に鎮座する猿田彦大神ゆかりの興玉神石(おきたましんせき)に生えるアマモを刈り取る神事で、刈り取ったアマモを天日に干し、「無垢塩草(むくしおくさ)」として同神社のおはらい時に使う「祓具(はらいのぐ)」やお守り「無垢塩草」(200円)にする。どの写真も巫女さんが遠い… 伊勢山皇大神宮 神楽殿で例祭 本殿建替え工事進む | 中区・西区 | タウンニュース  西区の伊勢山皇大神宮(池田正宏宮司)で5月15日、例祭が行われた。  神社の祭典のなかで最も重要とされる例祭。今年は創建150年記念事業の本殿建替え工事の関係で、仮殿となっている神楽殿で執り行われた。舞姫2人が「浦安の舞」を優…

続きを読む